ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

暴力による支配

2017年05月26日 | ガジ丸通信-科学・空想

 1ヶ月ほど前、図書館から借りたDVD『わたしはマララ』を観た。先週のガジ丸通信は、西原町図書館から初めて借りたDVD『太陽の子』の話をしたが、DVD『わたしはマララ』は、宜野湾市民図書館から借りた最後のDVDであった。
 『わたしはマララ』、2014年、最年少の17歳でノーベル平和賞を受賞した少女マララを主人公としたドキュメンタリー映画である。映画としては私の好みではなく、『太陽の子』は私の興味を惹き見入ったが、本作はたびたび早送りした。
 早送りしながらも、タリバンに支配された国に住み、教育が受けられない女性たち、それに抵抗する少女マララの賢さと勇気には感動した。であるが、私の頭は、マララとその国の女性たちに同情し、彼女たちを応援しながら、別の方向へ思考が飛んだ。

 女性が教育を受けられない。タリバンによるとそれはイスラムの教えらしい。女性は教育を受ける必要は無いらしい。早送りしているので映画の中で言っていたかどうか不明だが、女性は子供を産み、育て、家事をするものという位置付けなのかもしれない。
 そこには男尊女卑の思想がある。封建時代の日本もその傾向があったと思う。参政権は男だけという時代もあった。男尊女卑は世界中のどこにでもあったのだろう。
 男尊女卑は野放しの人間なら当然の思想なのかもしれない。それは何故かと考えた。
     
 原始の頃、男は闘っていた。動物と闘い食べ物を得ていた。同じ人間と闘い物を奪っていた。同じ人間と闘い女を奪い合っていた。生きて、女を勝ち取り、子孫を残すことが男の本能だったのであろう。今もその本能は概ね伝えられているはず。なので、
 人間は基本的に闘う動物であり、闘って強いものが上に立つことになる。概ねの男と概ねの女が闘えばたいてい男が勝つ。男から見れば女は弱い者、暴力による支配が当たり前の社会では、よって、男尊女卑となる、・・・のではないかと結論した。
     

 もう少し考えた。暴力が社会を制覇していた時代、なんて言っても、今だって根本はそう変わっていないように思うのだが、男尊女卑という意味で言えば、日本でも戦前まではそんな時代だったと思う。「男は女より強い、だから男が偉い」という思想の時代だ。
 江戸時代で言えば、侍は偉くて、町民は下賎。明治時代で言えば官尊民卑という思想。闘って強いものが上に立つ。上に立ったものは下の者から富を奪い、時間を奪い、下の者に命令し従わせる。そういうことに大きな満足を得る。そういう価値観が今もまだ残っている。だから、この世から暴力、さらには、戦争が無くならないんだと思う。
 とはいえ、人間は社会的動物となり、世界の多くの国や地域では「暴力による支配が当たり前」から卒業している。できるだけ周りとの摩擦を避け、できるだけ平和に生きたいと思うようになっている。ということで、今の世は概ね男女同権となり、さらに、体の不自由な人も健常者と同じく生きられるようにバリアフリーという考えも浸透している。
 ならば、そうやって人類が知恵を出し合えば、いつかこの世から戦争が無くなるのではないか?などということまで考えが及んで、そして、沖縄のことも考えた。
 暴力による主従関係が現代でも正しいとされるならば、暴力では勝てない日本国相手に沖縄は反抗できない。さらに、富でも勝てない日本国が「金やるから言うことを聞け」と命令したならば、反抗する力も鈍ってしまう。でも、知恵を出せば何とか・・・。
     

 記:2017.5.26 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2017.5.24 後顧の憂い無く

2017年05月26日 | ガジ丸週一日記17-18

 天気予報がよく外れるということをこの頁で何度も書いているが、今回もそれ。前夜の予報では「午前中雨、午後から曇り」であった今週日曜日、実際には、午前中はまったく降らず、お昼後に少し降っただけ。
 前夜の予報では「午前中曇り、午後から晴れ」であった翌月曜日、去年採種したオクラの種が見つかって、それを播くための1畝を数日前から耕していて、日曜日の作業を終えた時点で、あと2~3時間もあれば耕し終えるところまで作業は進んでいた。「明日降らなければ午前中で種播きまでできるな」とほくそ笑んだ私であったが、ところが、実際には未明から雨で朝も雨。
 その月曜日の予定は午前中で畑仕事を終え、午後は友人E子へ届け物をし、前にバイトしていた介護施設の友人K子に頼まれている仕事を片付けることであった。届け物と頼まれ仕事は予定通り終えたが、予定していたオクラの種播きは雨のせいでできなかった。
 しかし、翌火曜日は概ね予報通りの曇り時々晴れ。オクラの種播きを終え、畑仕事は一段落。日曜日にはクーラー工事も終え、後顧の憂え無く夏を迎える。
 
 夏の予感
 苗を買って、2月22日に植えたゴーヤー、2ヶ月余も過ぎた今週水曜日にやっと1個、生っているのを見つけた、今季初ゴーヤー。同じ水曜日にはホトトギスの声も聞こえた。


この記事をはてなブックマークに追加

消えた番鳥

2017年05月26日 | ガジ丸の日常

 これまでもこのブログで何度か紹介しているが、私の畑には番鳥がいた。畑を始めた頃からいた。畑のバッタなどを食べてくれるだけでなく、他の鳥が畑に来ると追っ払ってくれたりもする。なので番鳥。番鳥はイソヒヨドリという種。大いに役立っているので、私は彼に敬意を表し、河原万砂という名前を付けて、彼をバンサと呼んでいた。
 そのバンサがいつのまにか姿を見せなくなった。半年ほど前か、1年にもなるかはっきり覚えていないが、彼を見るのが2、3日に1回となり、1週間に1回となり、現在は月に1~2回となっている。しかも、久々にやってきても長くはいてくれない。10分、20分もいたかと思うとすぐに消える。畑に常駐するイソヒヨドリがいなくなった。
 たまに来るイソヒヨドリ、見た目は同じだがおそらくバンサでは無い。バンサは私の近くに寄って来た時には目が合うことが多かったのだが、彼はちっとも目が合わない。「オメェ、バンサの息子か?バンサはどうした?老衰か?」と訊いても全く無視。もっとも、バンサだって私の問いに答えることは無かったのだが、話しかけると目が合った。
 イソヒヨドリの寿命がどれくらいなのか知らないが、バンサは畑を始めた頃からいるので少なくとも6歳以上にはなる。もうあの世へ旅立ったのかもしれない。それはそれでしょうがないことだが、もしも今たまにやってくるイソヒヨドリがバンサの息子であるならば、「ナッピバル(私の畑の名前)の番鳥の役を引き継げよ」と思う。
     

 番鳥がいなくなって他の鳥が我が物顔でやってくるようになった。3月には迷い込んできたアヒルが1週間ほど居着いていた。4月になるとタイワンシロガシラが毎日のようにやってきている。彼らは畑のあちこちに留まって傍若無人の振る舞いをする。バンサは農夫の味方だったが、奴らは悪さをする。レタスなどの葉野菜を食う。
     
 彼らの傍若無人に初めに気付いたのは4月の中頃、鳴き声ですぐに奴らだと判る。声が煩くでかいのだ。一遍に5、6羽が畑を飛び交うのを何度も見ている。
 ある日、2羽のタイワンシロガシラが私の車の周辺を飛び交ったり、車に止まったりしているのに気付いた。しばらく見ていると、彼らはサイドミラーを見たり、窓の傍に止まって窓ガラスを見ている。おそらく、窓ガラスに映る自分の姿を見ている。そして、窓ガラスに向かって嘴で突っつく動作を時々見せる。たぶん、サイドミラーやガラスに映る自分の姿を、ライバルだと思って攻撃しているのかもしれない。
     
 そして、私の車に糞を垂れ流す。無視できないほどの量を垂れ流す。敵を攻撃して、興奮すると、糞が大量に出るのかもしれない。最初、その糞を拭き取った後、殺虫剤のゴキジェットをたっぷり吹きつけたのだが、奴らを遠ざける効果は無かった。
 で、どうするかと考えて、閃いた。「そうだ、車にネットを被せよう」と。そして、4月30日から、畑の虫除けに使っていたネットを車に被せるようにした。
 シロガシラは、その日と翌日までは車に寄ってきたが、鏡やガラスに映るライバルがはっきり見えなくなったのであろう。次の日からは車に寄らなくなった。
     
     

 5月になった今でも奴らはいる。畑仕事の休憩時間、私は畑小屋前に置いてあるテーブル前で、腰掛けに座って休んでいるが、そのすぐ傍まで奴は来る。
 「何という傍若無人!」と私は腹を立てる。「不味くて食えないだろうが、焼鳥にしちまうぞ」と奴に向かってテレパシーを送ったが、奴は全くの無視だった。
     

 記:2017.5.22 島乃ガジ丸 →ガジ丸の生活目次


この記事をはてなブックマークに追加

ウカライリチー

2017年05月26日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 安い健康食品

 5月9日は火曜日、美味しい豆腐屋の池田屋が行商に来る日、その4週間前から行商のお兄さんに、「おからある?」と訊いて、「すみません、売り切れています」という返事を貰っていた。おからは人気があるか、あるいは、近所におから大好きな人がいるのであろう。そんな会話が3回続いた5月2日、「来週は1つ取っておきます」とお兄さんが言い、そしてその来週となった5月9日、ついに池田屋のおからを手に入れた。
 せっかく手に入れた新鮮なおからではあったが、翌日は大家さんからの差し入れがあり肴は一杯、木曜日は休肝日、金曜日はおからのことを忘れていて、火曜日に購入したおからを料理したのは4日後の土曜日となった。でも、大丈夫。おからは痛んでいない。

 おから料理を、私は1種類しか知らない。それはウカライリチー。ウカラはおからの沖縄語読み、イリチーは料理法の1種で「炒め煮」といったようなもの。居酒屋のメニューにあるおからも、スーパーの総菜のおからも概ねイリチーである。
 おから料理を作ってみようと思ったのは、池田屋が行商に来る環境にあるから。今でもたまには、スーパーの惣菜のウカライリチーを買って食べているが、池田屋豆腐がおからも販売していることを知って、「池田屋の豆腐のおからなら、きっと美味いに違いない」と思い、池田屋のおからでウカライリチーを自作してみようと思ったわけ。
 ウカライリチーに初挑戦しながら、私はふと、子供の頃(たぶん小学生)のテレビ番組を思い出した。時代劇の『花山大吉』。主人公の花山大吉は酒が好きで、その肴にはおからを大好物としていた。私は『花山大吉』が大好きで番組は欠かさず観ていた。それで、子供ではあったが、日本酒は美味そう、あからは美味そうと思った。

 母のウカライリチーは記憶に無い。想像するに、花山大吉が食べるおからは美味そうではあったが、子供の私にその美味さは理解できなかったのかもしれない。私がおからをよく食べるようになったのは日本酒を飲むようになってからだ。花山大吉が仰る通り、おからは日本酒に合う。大学の5年間は東京に住んでいたが、その頃はよく食べた。
 そういえば、東京ではおからのことを卯の花なんて呼んでいたことを思い出した。卯の花っていうと「うーのはなーの匂う垣根に ほーととぎーす早やも来鳴きて・・・」と歌が出てくるが、広辞苑を引くと、その通り「ウツギの花」とあり、また、「豆腐のしぼりかす」ともあった。「豆腐のしぼりかす」とはつまり、おからのことだ。
 おからを広辞苑で引くと「→豆腐殻」とあり、豆腐殻を引くと「豆腐製造の際、豆汁を漉して搾ったかす。食用のほか餌料・肥料などに用いる」とのこと。
 
 さて、ウカライリチー作りの私の初挑戦、我が人生を振り返ってみればウカライリチーだけでなく、おからを使った料理を私はかつて経験したことが無い。ただ、スーパーで売られている惣菜のウカライリチーを思い描き、「千切りのニンジン、ヒジキ、千切りの蒲鉾などが入っていたなぁ」と思い出し、ニンジンの代わりのピーマンを千切りにし、ヒジキの缶詰を用意し、豚バラ肉を千切りにし、フライパンで作る。
 購入したおからは両手一杯ほどの量。5月13日に作ったウカライリチーはその量全部を使い、それにピーマン、ヒジキ、豚肉が加わってフライパンいっぱいの量になってしまった。頑張って一遍にたくさん食っても3食分くらいはある。実際には、そう頑張らずに5回に分けて食って、5月16日には完食。自画自賛ながら美味しかった。
     
     

 記:2017.5.22 ガジ丸 →沖縄の飲食目次


この記事をはてなブックマークに追加

太陽の子、ティーダヌクヮ

2017年05月19日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 初めに断っておくが、私は言語学者でも無く、ウチナーグチ(沖縄語)に精通している素人でも無いので、以下のことはちっとも確信は無い。私の思うところに過ぎない。ということを踏まえて、言いたいことを言わせてもらうと、和語のタ行はタ、チ、ツ、テ、トであるが、ウチナーグチのタ行はタ、ティ、トゥ、テ、トとなっている。
 ターヤガ(誰か?)、ティマ(手間)、ィヤートゥワン(お前と俺)などとなる。タ行がタ、ティ、トゥ、テ、トとなるのは、口の動きからして自然であると思う。前にもどこかで書いたと思うが、数字の2の英語発音トゥーを、和語はツーと発音したり表記したりする。それに私は子供の頃(英語を習い始めた中学生)から違和感があった。
 「ウチナーグチ(沖縄語)に精通している素人」でも無い私がウチナーグチについて長々と語ってもしょうがないので、話を先に進める。というか、これが本題。

 4月から通う図書館が替わった。宜野湾市民図書館から西原町立図書館へとなった。宜野湾市民図書館は住まいから徒歩5分ほどの場所にあり、月に何度も通っていたが、西原町立図書館は住まいから遠い、車で10分ほどかかる。ので、そう頻繁には通えない。それ以前にカードを作りに行っているが、初貸出は4月22日であった。
 初貸出は宜野湾の時もたびたび借りていた『沖縄昆虫野外観察図鑑』など3冊、同じのが西原町立図書館にもあった。書籍以外にDVDも1本借りた。図書館のAVコーナーを見ていたら1本の映画が目に付いた。『太陽の子 てだのふあ』。
 『太陽の子』という映画があることは知っていた。灰谷健次郎原作の同名小説があることも知っていた。小説は読んでいないが、映画は観たのではないかと覚えていた。であるが、その内容が少しも思い出せない。それと、「てだのふあ」という表記が気になった。太陽はティーダだが、ティダでもテダでも正解。だが、「の」の意味で言うなら「ヌ」が正確、子の意味で言うなら「クヮ」が正確。「元々、てだのふあという表記だったっけ?どういうつもりでそうしたのだろう?」と疑問に思って手に取り、借りた。
     
     

 若い頃観たかもと思っていた『太陽の子 てだのふあ』、記憶に残っているシーンは1つも無かった。ということで、観ていないということが判明した。制作年は1980年、その頃私は大学生で東京に住んでいた。近くでやっていれば観ていたはずだが、近くでやっていなかったのだろう。でも、仲間内で話題になり、それで小説『太陽の子 てだのふあ』を知っており、映画『太陽の子 てだのふあ』の存在も知っていたのだろう。
 全編140分の映画、主人公は両親が沖縄出身の娘ふうちゃん、時代は1970年代、ふうちゃんが小学校6年から中学1年に上がる頃、舞台は概ね主人公の住む神戸だが、テーマは沖縄。沖縄戦の悲惨であり、その後遺症、そして、沖縄差別。
 もう既にたくさんの沖縄戦関連の映画やドラマを観てきた私にとって、映画の言いたいことは特に目新しいものではなかったからだと思うが、『太陽の子 てだのふあ』の140分間、ずっと魅入ったということはなかった。晩酌の酒を飲みながらののんびり観賞。ただ、その日の肴となった刺身のワサビが辛くてというわけでなく、140分の間に何度かナダウルウルー(涙うるうる)はした。沖縄戦はやはり悲しい。ところで「てだのふあ」の「ふあ」、後日調べて判った。宮古八重山地方の言葉で子をファと言うらしい。
     

 記:2017.5.19 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加