ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

結婚しないと罰金

2015年03月27日 | ガジ丸通信-社会・生活

 現在の私の住処であるアパートの近くにちょっと大きめの保育園がある。畑への出勤途中にそこを通る。私が寝坊して出勤時間が7時を大きく過ぎた時には、その保育園へ子供を預けるお母さんたちの車が保育園の駐車場に出入りするのと出くわす。
 子供の手を引いたお母さんたち、その多くが可愛い・・・と私は思う。園児のお母さんたち、若い頃の私から見るとオバサンでしかなかった彼女たちが、今は可愛く見える。何故か?と考えるまでも無く、それは、私が年取ったからだ。彼女たちの多くは、世代で言えば、私の娘(私が適齢期に結婚して娘がいたならの話)の年齢なのだ。
 「あー、あんな可愛い嫁さんがいて、可愛い子供がいるなんて生活もいいなぁ」と、ほんの少しだが、思わないでも無い。可愛い嫁さんが可愛いのも、可愛い子供が可愛いのも人生の中で言えばほんの一瞬のこと。あるいは、可愛い嫁さんをずっと可愛いと思う、可愛い子供がずっと可愛いと思う場合も稀にあるかもしれないが、それはたぶん、宝くじで一等を当てるほどの確立か、それより少し多いくらいの確立だと想像する。

 かように、冷めた心の持ち主である私は「結婚は幸せを阻害する危険要因」と信じ続けてきた。私はそうだが、しかし、世の男性の多くは「結婚は幸せ」と思っているのではないかとも信じていた。「多く」はたぶん、8~9割方に及ぶのではないか、そうだとすると結婚しない男は1~2割となる。ならば、大勢に影響はない、はず。
 ところが、昨今問題となっている少子化だ。結婚しない男は私の想像よりもずっと多いみたいだ。何故か?・・・それはたぶん、私のように自由を愛する男は「結婚して女房にあれこれ指図されるのは嫌だ」と思い、私のように貧乏な男は「結婚したら生活が大変かも」と思い、よって「結婚は幸せでは無い」と判断する者が増えたからだと考える。
          

 少子化、「1億2千万人が生きていける国土で1億人が生きるのであれば、国土に余裕ができる」という考えから、私はさほど困った問題だとは思っていないが、「働く人間を増やし、あくせく働かせて金を儲けなきゃ」と思っているらしい政府のために、少子化対策なるものを私なりに考えてみた。先ずは手っ取り早く「結婚しないと罰金」制度。
 恋愛関係(肉体関係もある)の男女に置いては、女性が結婚を求めた場合、男性はそれを断ることができない、断ったら罰金という制度。科料は二人の関係の深さと男性の収入によって数十万から数百万とする。「それは勿体無い」と、結婚する男が増える。
 「貧乏だから結婚できない」男性に対しては、もちろん、格差社会の是正が根本的な解決策だと思うが、政府はイケイケドンドン政策なので、格差はさらに広がりそう。でも、貧乏男にとって数十万円の罰金はきついので彼らも渋々結婚に踏み切るであろう。
 たとえ、「罰金を払ってでも結婚はしたくない」男が多くいたとしても、その罰金によって国の財政が増える。その金で子育て支援をすれば、若い夫婦が「それならもう一人」となって子供が増える。結婚は減ったとしても子供は増えるという寸法だ。

 子供一人、大卒まで育てるのに一千万円程かかると聞いた。現在でも「そんな金稼げ無ぇよ、無理」と思う人は多かろう。この先、格差社会が進めばそんな人がもっと増える。すると、少子化はさらに進む。で、少子化対策をもう一案考えた。それは次回。
          

 記:2015.3.13 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2015.3.27 日本酒飲む言い訳

2015年03月27日 | ガジ丸週一日記15-16

 3月6日のこの項で「自家醸造の日本酒があんまり旨くて休肝日が守れない」と書き、続く3月13日のこの項では「15日間で飲んだのは6日間、2合程は友人達にあげ残った量は1升2合程。私が飲んだのは6合程となる。なので、1回あたり1合だ」と書いたが、それから2週間経った今、残っている日本酒は2合程。
 つまり、2週間で1升の日本酒を私は飲んだことになる。1回で飲む量は概ね1合と変わらないので、14日間の内10日は日本酒を飲んだことになる。
 何で日本酒を飲む回数が増えたか?というと、言うまでも無く旨いからである。畑から帰って、料理して、パソコン作業をして、シャワーを浴びて、発泡酒を先ず1缶飲んで、それから自家醸造の日本酒。1口飲んで溜息が出る。そして、「あー、旨ぇ」としみじみ呟く。
 畑の野菜が旨いので、また、料理する人(私)が上手なので肴にも文句無し。旨い肴があれば旨い酒が飲みたくなるというもの。自家醸造の日本酒を飲む回数が増えた訳は全く、何の文句もつけようが無い言い訳なのである。あと2合しか無いというのが、今とても寂しい。
 
 思わぬ御馳走
 去年秋、東京、静岡、岐阜、愛知を旅した。その時、自分用酒の肴に鮎の煮物を買った。先日冷蔵庫の掃除をした際に、それを発見。消費期限内だ、酒の肴だ、酒はもち日本酒。


この記事をはてなブックマークに追加

エダマメ

2015年03月27日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

 何といってもビールのあて

 アパートの畑には今、常備のネギ、ニラの他、シマラッキョウ、キャベツ、ナス、ミニトマト、タマネギなどが植えられていて、ネギはいつでも、キャベツやミニトマトはもうすぐ、タマネギやシマラッキョウは3月の収穫を待っている。
 アパートの畑は今、私が管理している3坪の内、1坪は何も植えていない。何も植えていないが植物は大いに育っている。オニタビラコ、ヤエムグラなどだ。それらの雑草を取り除いて、堆肥を混ぜて、耕して、今月中には植付を終えたい野菜がある。ビールのつまみに最適のエダマメ。であるが、時間的にちょっと無理かもしれない。
 
 宜野湾の畑には今、主作物のカンショ(甘藷:サツマイモのこと)の他、レタス、ブロッコリー、サニーレタス、インゲンマメ、ウズラマメなどが植えられていて、カンショはいつでも、レタスやブロッコリーはもうすぐ、インゲンマメとウズラマメは・・・植えてまだ一ヶ月にもならないので、収穫がいつになるか不明。
 宜野湾の畑は今、3坪ほどを新たに開墾し、その作業の途中である。1日3時間ほどの作業で、あと4日あれば堆肥を混ぜ、耕して、種を植えることができる。アパートの畑を耕してエダマメを植えるより、こっちの畑にエダマメを植えるのを優先している。
 
 エダマメ(枝豆):豆類
 マメ科の一年生草本 原産地はアジア 方言名:無し
 ダイズが硬くなる前の未熟なものをエダマメという。2月から3月に苗の植付けをし、3ヵ月後に収穫する。放っておくと莢が黄色くなり、豆が硬くなって、ダイズとなるが、うっかりダイズにしてしまっても、大豆として食せる。
 沖縄でのダイズ栽培は18世紀初めからあったらしい。エダマメ栽培も古くからあったと想像される。昭和初期から復帰後までエダマメは県外出荷もしていたとある。現在では栽培農家は少ない。沖縄のスーパーに並ぶエダマメのほとんどは他県からのもの。
 私の畑に、少なくとも60粒以上は植えたエダマメの種は、たった2株だけが育った。厳しい生存競争を勝ち残って成育し、実をつけたたった2株のエダマメであったが、その内の1株は収穫が遅れてダイズとなってしまっている。

 記:2011.2.19 ガジ丸 →沖縄の飲食目次


この記事をはてなブックマークに追加

少子化の原因

2015年03月20日 | ガジ丸通信-社会・生活

 1月に千葉の弟が里帰りした時、彼を連れて従妹Tの家を訪ねた。その日は土曜日だったこともあって、夫のH、大学生の娘Hも在宅で、夫Hの淹れた美味しい(彼は専門学校でコーヒーの講師も務めるほどのプロ)コーヒーを飲みながらゆったりとした楽しい時間を過ごした。「ゆったり」の理由はそこに息子が不在だったからでもある。
 息子Rは7歳、4月から小学校2年生になる。その学年では、背は高い方で、体重も重い方らしいが、ぶよぶよでは無く筋肉質。彼は子供のくせに力が強い。その力のコントロールがまだ上手く出来なくて、同級生を泣かせることもままあるらしく、「何度も学校に呼び出されているよ」とTは苦笑いする。私もRの暴れん坊ぶりはよく知っている。
 「Rは今、学童に行っている、すぐそこだから呼んで来るね」とTが言うのに、
 「いやいや、呼びに行かなくていい。20年前ならRの相手も平気だったが、今は相手すると大変疲れる。今日はこれからS(弟)とあちこち行くから疲れたくない」と私は彼女を制し、「3月にジャガイモが採れるから、その時Rを畑に連れて来たらいい。畑なら思いっきり走り回れるし、Rも楽しめるだろう」と提案した。

 先週土曜日(3月14日)午前10時頃、従妹Tが娘Hと息子Rを伴って畑に来た。私はちょうど休憩時間、近所の先輩農夫Nさんと畑小屋前のテント下でコーヒーを飲みながらユンタク(おしゃべり)していたところ。車を停めた道路から畑小屋まで約30メートルほどある。暴れん坊Rはそこを満面笑みで、手を振りながら駆けてきた。
 「おはよう」と挨拶を交わし、
 「R、土の盛り上がったところは野菜を植えてあるから入ってはダメ、そこ以外のところならいくらでも走り回っていいからな」と注意する。
 「うん、知っているよ、去年も聞いたよ」との答え、そう、去年も彼は来ている。
 「よし、先ずはジャガイモを掘るか」とそれから30分ばかりの収穫作業となった。
 ジャガイモを4株(15~16個)、タマネギ1個、フェンネル1個、レタス1個を収穫し、小屋前のテント下で休憩。4人でお茶を飲みながらユンタク(おしゃべり)していると、Tの車の後ろにもう1台車が停まった。友人のMであった。
 Mは女房のYと末娘(名前失念)を伴っていた。末娘は暴れん坊Rと同じ7歳、4月から小学校2年生になる。背も横幅もRとほぼ同じ、ただ、筋肉質では無い。また、暴れん坊では全然無い。女の子らしい女の子。すぐに私を花遊びに誘った。
 女の子の相手をするのは楽なので私は好きである。花遊び(ムラサキカタバミの茎葉を使った遊び)をし、野菜採りたいと希望する彼女に付き合ってタマネギやフェンネルを収獲した。収穫後は小屋前のテント下に座って4人でユンタク(おしゃべり)、彼らも1時間ほど滞在した。子供とユンタクするのは私は嫌いでは無い。暴れん坊Rともユンタクしている間は楽。従妹T家族と、友人M家族と楽しい2時間を過ごさせて貰った。
          

 私は優しい(自分で言う)ので子供には好かれる方である。他所の子供ならたまにの相手なので良い時間を過ごせる。しかし、自分の子供だと相手が毎日だ、その面倒さに私はきっと耐えられないと思う。そうか、もしかしたら、私みたいな「子供は面倒、要らねぇよ」男が増えていて、それで、昨今の少子化なのかもしれない。
          

 記:2015.3.20 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2015.3.20 山越え山越え山越え

2015年03月20日 | ガジ丸週一日記15-16

 去年11月からコツコツやっているブログ引っ越し作業、少しずつ消化してはいるが、全て終了までにはまだまだ、あと2ヶ月くらいはかかりそう。でももう、急ぎのものは終えているので、あとはのんびりだ。
 確定申告は先週木曜日に確定した税金を振り込んで一段落、あとは姉に姉の取り分を振り込めば遺産相続に関わる私の肩の荷は全て降りることになる。振込先を知らせると姉からメールがあったのは1週間前、連絡はまだ無いけれど、振込はそう面倒な作業では無い。
 金曜日、翌週月曜火曜が雨の予報だったので、車屋に電話して車検に入れたいと連絡した。雨ならば畑仕事もできないので都合が良いのだ。ところが、日曜日の予報では両日とも晴れとなった。しかし、車検の約束はそのままとした。車検は1泊の必要があり、車が戻ってくるのは火曜日の午後の予定。車の無い2日間となる。
 よく晴れた月曜火曜、冬の布団を干し、年末できなかった部屋の大掃除をし、ブログ引っ越し作業もだいぶ進んだ。久々の散歩(2時間程)もした。気分の良い散歩だった。あれこれ山越えて、心も体もイイ調子。
 
 マットもエプロンも
 一昨年の11月に実家から持ってきた流し前に敷くマットと料理エプロン。エプロンは未使用のまま共に初洗濯。風呂場兼トイレも掃除して気分良し。


この記事をはてなブックマークに追加