ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ヌーナトーガ

2017年04月28日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 ヌーは「何」の沖縄語読み。ナトーガはナトーンに疑問のガがくっついたもの。ナトーンは「成っている」という意。ということで、ヌーナトーガは「何になっているのか?」となり、概ねの意味としては「どうなっているの?」となる。
 同じく「どうなっているの?」の意味ではチャーナトーガも使う。チャーは「どう」という意味で、ヌーより和語の意味に近くなる。私は沖縄語の専門家でもなく、沖縄語に精通している素人でもないので、正しいかどうか自信はないのだが、チャーナトーガはより冷静的で、ヌーナトーガはより感情的なニュアンスを私は受ける。
 現場仕事でミスが起きた場合、冷静な現場監督は「チャーナトーガ?」と作業員に問いかけ、その対処策を考える。感情的な現場監督は「ヌーナトーガ!」と怒鳴る。といったニュアンスの違いを私は感じる。素人の私なのでそれが正確かどうかは不明。

 テレビ観ない、新聞読まない私だが、世間のニュースはラジオで聞いている。3月から4月半ばまで介護施設の運転手というバイトをしていて時間の余裕はなかったのだが、車のラジオでニュースは朝夕ともに聴いていた。そんな中で「チャーナトーガ?」、「ヌーナトーガ!」と思わず口から出るような、気になるニュースもあった。

 先ずは共謀罪、共謀罪って前にも審議されて廃案になったのでは?とおぼろげに記憶している。共謀罪が何とかいう名前に替えられて今、審議中とのこと。犯罪を計画し、それを実行しようと準備した段階で逮捕できるらしい。それって怖くない?という感想。
 それから、自衛隊による隠し事というニュース。はっきりとは覚えていないが、確か、スーダンだったかどこかの紛争地帯で活動する自衛隊が、その日報を隠匿したとかいうニュース。文民統制ができていないんじゃない?大丈夫か?という感想。

 共謀罪についての感想はまだある。先日、近所の先輩農夫Nさん(テレビでも新聞でもその類のニュースはよく観て、よく読んでいる人)とユンタクしていて、共謀罪の話になって、彼からいろいろ詳しい情報を頂いた。
 「オリンピックに向けてのテロ対策だそうだ。」
 「オリンピックって2020年でしょ、まだ早いでしょ、何で今なの?」
 「急いでいるのはたぶん、オリンピックだけじゃないからだろう。辺野古に反対する市民団体も取り締まれるようにという考えだろう。辺野古は急いでいるからな。」
 「あっ、そういえば今日のニュースで、街に設置する監視カメラを大幅に増設するというのがあったけれど、それも市民団体取り締まりに関連しているかもね。」
 「そうかもな。訳の分からない内に市民が逮捕されるなんてことがあるかも。」
     

 平和のために運動している市民が、本物のテロリストに話しかけられ、そうとは知らず親切に受け答えしているところを監視カメラに撮られ、ある日突然逮捕される。
 「ヌーナトーガ?」という言葉はそんな時に使える。ロシア、アメリカ、中国などケンカ好きの指導者が多い中、荒れ心臓総理も同じ種に見える。この先、共謀罪を強行採決して、辺野古新基地建設も強硬に進め、さらにヌースル(何する)つもりだろうか。
     

 記:2017.4.28 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2017.4.28 コツコツの成果

2017年04月28日 | ガジ丸週一日記17-18

 今週日曜日は、可愛い(と言っても30過ぎ)A嬢とのデートがあり、午後の3時間ほどは彼女とのんびり過ごし、可愛いA嬢の顔を見ながらユンタクし、そのお陰で畑仕事の疲れも少し取れたのだが、翌月曜火曜日は頑張った。頑張って畑の一角を除草、芋掘り、土ほぐし、ヘチマ棚作り、ヘチマ苗植えを終えた。腰が痛い。
 水曜日は雨の予報であったが朝は降っていない。で、朝早く出勤する。2時間ほど作業していたらチラチラ降り始めたのでいろんな雑用を済ませるために畑を引き上げる。ところが、チラチラは30分ほどで止み、その後は降らない。昼前には畑へ戻って夕方まで働く。
 翌木曜日は夕方から雨の予報。しかし、午後2時頃からチラチラ降り出し、止みそうもないので早めに引き上げる。水曜木曜は共に5~6時間の労働であった。腰には良い休みとなったようで、今朝、腰痛はなかった。
 水曜木曜の労働時間が5~6時間でしかなかったけれど、作業はコツコツと進んでいる。種を播いて苗作りをした小葱の植付け、ハツカダイコンの種播きなどを終えた。作業はコツコツ進み、腰痛は無い。気分上々。
 
 ヘチマ棚完成
 去年採った種を播きヘチマの苗を作ったが、それを定植する箇所を考慮していなかった。で、慌ててヘチマ棚作り。種代はタダだが、資材代に金がかかる。素人農夫の成せる技。


この記事をはてなブックマークに追加

水を得た魚みたいな

2017年04月28日 | ガジ丸の日常

 今年1月6日付ガジ丸の日常『最高のおもてなし』で、部屋がきれい、庭がある、隣に住む大家さんが親切であることなど新居の住み心地の良さを述べ、また、静けさを好む私にとって、周りの環境が静かであることが最高のもてなしであるとも述べ、さらに、1月31日付沖縄の食物『島豆腐』では行商の豆腐屋池田屋の島豆腐がとても美味しくて、これも新居の良い点に加わったと述べ、新居とその環境にはとても満足していることを書いてきたが、その後、時が経つに連れて新居の利点は他にもあることに気付いた。

 車の運転が嫌いな私は、畑の近くにアパートを借りて、なるべく運転時間を短くし、環境問題というよりも経済問題の観点からガソリン消費量を抑えるように、できれば徒歩通勤したいと現在の畑ナッピバルを始めた頃から願っていた。そしてやっと、そう願ってから4年余も過ぎた去年の12月、その願いが叶った。家から畑まで車で約2分。ということで、車を運転する時間が短くなったということが利点の1つ。
 その2分間の道程には副産物もついた。道程はほぼ農道、行き交う車も少なく、歩く人も少ない。従って、運転に細心の注意を払うことなく行き帰りできる。交通量が少ないということはもう1つ利点がある。前のアパートからだと、朝夕のラッシュ時には道がとても混むので、その時間帯を避けて通勤しなければならなかったが、今はそれが無い。いつでも何時でも畑に行けて、いつでも帰ることができる。寝坊しても焦ることは全く無い。ということで、出勤退勤時間に制限が無いことも利点の1つに加わった。
     

 そして、良いことばかりの新居に先週、またも良い点を発見した。それは既に、噂では聞いていたことで、なかなかその機会を得ることができなかったのだが、今週水曜日(12日)、引っ越してからずっと気になっていたサシミヤーに、ついに入った。
 サシミヤー、漢字で書くと刺身屋、これを沖縄語読みするとサシミヤーとなる。和訳すると魚屋さん、または鮮魚店となる。子供の頃、近所にサシミヤーがあって、「サシミヤー行ってマグロの刺身を半斤買っておいで」などとお使いに出されたりした。
 今(いつ頃からか、もう30年くらい前からか?)、刺身はスーパーで買うものとなっているが、刺身やその他の料理に用いる魚は。昔は概ねサシミヤーで買っていた。昔ながらのサシミヤーは、私が子供の頃に比べたら激減している。そんなサシミヤー、

 新居に越す前、不動産屋に新居を案内された時にその存在は気付いていた。昔ながらのサシミヤーが近所(20mほど)にあることを。新居の大家さんから、そして、近所の爺様からも「美味しいよ」と噂を聞いていてずっと気にはなっていたが、楽しみは最後に取っておく性格の私、我慢に我慢を重ね、延ばしに延ばしていたサシミヤー訪問。
 中に入ると、先客が1人いて、その客が買い終わるのを待っている間、店内を眺める。子供の頃近所にあったサシミヤーと同じような造りで同じような広さ(6畳ほど)。鮨屋のようなカウンターがあって、その上に鮨屋で言うところのネタケースがあり、カウンターの一部には商品である寿司のパックがいくつも置かれている。中では右手に親父さんが調理している。左手には流しがあり、親父さんの息子らしき若者が何やら動いている。客が立つスペースも狭く2畳ほどしかない。右手の壁にホワイトボードがあり、今日の商品とその値段が書かれてある。マグロ1斤2000円とか書かれてある。
 「おっ、昔ながらの計量単位だ、昔堅気の親父かも」と少し嬉しくなる。ちなみに、
 斤(きん)は、「重さの単位。一斤は十六両。「食パン半斤」日本では、古くは唐代の制により一斤は約五九七グラム。」(広辞苑)とのこと。

 「白身魚はありませんか?アカジンとかアカマチとかシルイユーとか?」
 「無いねぇ。今、白身は高いんだよ、うちのような小さな店では扱えないよ。」
 「シロイカの生の刺身は無いですか?とても美味しいと噂に聞いているんですが?」
 「無いねぇ、茹でたものならあるけどね。それより何にする?」と言った親父の顔は少し苛立っているように見えた。「ゴタゴタ知ったかぶりしていないでさっさと買って、さっさと帰れよ。次が待っているだろう!」と思っていたのかもしれない。帰り際、
 「最近、近くに越してきたのでちょくちょく買いに来ます。」と言うと、
 「はいはい」とこっちを見ずに面倒臭そうに答えた。そんな扱いされても私はちっとも悪い気分ではない。「やはり、昔堅気の親父だぜ」と思っただけ。
     

 その日は、パック入りのマグロの寿司500円也を購入した。ネタは普通の大きさ、シャリは普通の半分の大きさの寿司、ネタのマグロが美味かった。久々に美味いマグロを食った。「新鮮で美味しいよという噂はガセではなかったようだな」と思った。
 家の住み心地は良く、周りの環境も良く、美味しい豆腐屋が来て、美味しいサシミヤーもあり、私の気分は水を得た魚みたいになっている。10年後には終の棲家を得て引っ越そうかと計画していたが、もしかしたら現住まいが終の棲家になるかもしれない。
     

 記:2017.4.22 島乃ガジ丸 →ガジ丸の生活目次


この記事をはてなブックマークに追加

豆腐燻製

2017年04月28日 | 沖縄の飲食:飲物・酒肴・嗜好品

 自作珍味

 高校生の頃から農業をやってみたい(具体的ではなく何となくの憧れ)と思っていた私は、その道へまったく向かないまま青春時代を過ごしてオジサン時代に足を踏み入れて行ったが、もう何年前になるか、30年近く前だったか、そろそろ農業の道へ向かおうかと思って、友人の同級生K子に同じく同級生のT女を紹介してもらい、しばらく(週一の数ヶ月)、T女の畑へ通い、彼女から農業を教わった。T女は自然農法をやっていた。
 そんなある日、燻製箱を作って、彼女の畑で燻製を作ったことがある・・・と記憶している。それがたぶん、私の燻製造りの始まり。燻製チップはホームセンターで購入。

 5年前の夏、300坪の畑を借りてから1年も経った頃、「そういえば、T女の畑で燻製を作ったなぁ」と思い出し、「いつかはここでも」と計画して、それから2年経った一昨年2015年夏、燻製箱を自作し、燻製に挑戦した。
     
 わざわざ作った燻製箱であったが、それは1回使っただけでお払い箱。できた燻製を食べるのは概ね私一人なので、わざわざ燻製箱で燻製を大量に作る必要がなかったから。そして、一人分ならダッチオーブンで十分であることに気付いたから。

 ダッチオーブンでの燻製作りは燻製箱をお払い箱にしたその年12月から挑戦、その月タマネギなどの野菜、鶏肉ササミなどの燻製を作り、翌2016年1月7日にはイカ、タコ、茹で玉子、豚肉レバー、サーモンなどの燻製を作っている。
     
     
 それ以降、燻し用のサクラチップはたっぷり残っていたのに燻製作りから長く遠ざかっていた。そして、2017年4月9日、久々の燻製作りに挑戦する。毎週火曜日の夕方やってくる池田屋豆腐の移動販売、そのメニューに豆腐燻製というのがある。それより1ヶ月ほど前の3月7日、それを買って食べたらまあまあ旨くて、「自分でも作ってみよう」と思い、介護施設のバイトもしていて忙しい中、決行。

 「豆腐の燻製とは珍しいなぁ」などと、豆腐燻製を食べたのは池田屋の豆腐燻製が初めてだと私は思っていたのだが、じつは、今回この記事を書く上で、前に燻製箱で燻製を作ったのはいつだったか、何を燻製にしたのかなどを日記を読み返していたら、その時に豆腐燻製を作っていることが判った。その時の燻製について感想も書いてある。

 結果、豆腐、ソーセージ、ニンジンの3種は「燻製にしなくても良い」という評価。ササミ、サーモン、マグロは旨い、・・・以下省略。

 とのこと。豆腐は「燻製にしなくても良い」という評価を私は与えている。なのに、それをすっかり忘れていて4月9日の燻製作りは豆腐をメインとした。
 豆腐はスーパーの安い島豆腐を使い水抜きした。料理人のH女によると「重しを乗せて水抜きする」とのことであったが、近所の先輩農夫Nさんの「一旦冷凍したものを解凍したら高野豆腐みたいになって水は抜き易い」という意見を取り入れ、そうする。
 冷凍して解凍した島豆腐は確かに高野豆腐のようにスポンジ状になって、両手で挟んで圧縮すると水はたっぷり抜けた。それを燻製する。ついでに芋の燻製も作る。
     
     

 結果、サクラチップの香りは十分に着いていたが、スポンジ状の豆腐は食感が軽く、味全体が薄い、はっきりしない、食べる必要を感じない、つまり、今回もまた、豆腐は「燻製にしなくても良い」という評価となった。しかし、池田屋の豆腐燻製はそうではない。食感はチーズのようであり、味にも存在感があった。池田屋の豆腐燻製は「燻製にしても良い」という評価である。水抜きの仕方に工夫が必要なのかもしれない。いつかまた挑戦しようと思う。サトイモが採れたらその燻製にも挑戦したい。
     

 記:2017.4.22 ガジ丸 →沖縄の飲食目次


この記事をはてなブックマークに追加

男の修業を怠けた結果

2017年04月21日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 過日、ラジオを聴いていたら本の紹介をやっていて、その時紹介された本が何だったか忘れたが、同じ作者による2、3年前に刊行された『察しない男、説明しない女』の話に私の耳は反応した。日常は動植物の図鑑しか読まず、本屋に行かなくなって5、6年となる私は当然、その題の本の存在も知らず、噂も聞いておらず、当然読んでもいない。
 何故、私の耳が反応したかというと、「あっ、それだよそれ、それが俺の結婚できない理由だよ」と思ったから。「察しない」という点では、私は男の中の男である。
 子供の頃から理数系(勉強は大嫌いだったが数学は得意な方であった)の私の脳は、日常のほとんどを論理的思考している。真っ直ぐ立って、真っ直ぐ前を見て、真っ直ぐ歩いてきた私は、常に直球を待っているので変化球に弱い。変化球に私は気付かない。
     
 付き合っている女性がいた頃、彼女が急に不機嫌になったりしてもそれが何故なのか男脳の私には全く判らない。「どうした?」と訊いても彼女は説明しない。説明しないので男脳の私は数学の問題が解けなかった時のようにイラっとする。そういったことが2度目3度目となると面倒臭いので放っておく。放っておくと女性はさらに不機嫌になる。私はさらにイラっとする。ちっとも楽しくない。で、「別れよう」となる。
 女性と付き合って、女性脳に翻弄されながらも耐えに耐えて何とか女性脳を少しずつ理解できるようになって、イラっとすることも減って行き、楽しい付き合いができるようになる。女性脳を理解できるようになることは幸せな結婚をし、幸せな結婚を長続きさせるための男の修業なのかもしれない。その修業を怠けてきた私、だから結婚できない。

 『察しない男、説明しない女』をネットで検索してみた。本を紹介するサイトに、
 男と女はこんなに違う!
 男は結果を重視する/女は過程を重視する
 男はナンバーワンになりたい/女はオンリーワンになりたい
 男は日常が好き/女は記念日が好き
 男は「初めての男」になりたい/女は「最後の女」になりたい
 男は使えないものを集める/女は使えそうなものを捨てられない
 男は子どもでいたい/女は女でいたい
などというのがあった。これを見ると、私は男の中の男では無いようだ。私は過程が楽しい、オンリーワンでいい、初めてでも最後でもどうでもいい、使えないものを集めない、子供でいたくない。この6項目の内、私が当てはまるのは「日常が好き」だけ。
 そうだよ、私の脳は全くの男脳ではないのだ。デートしている時、彼女が寒そうにしていたらそれを察することができる。そして、自分の着ている上着の半分を彼女の肩に掛け彼女の肩を抱く。そんな優しさも持っているのだ。そうだよ、私が結婚できない理由は他にあるはずなのだ。見た目の問題とか、経済力の問題とかいったものだ。
 「察する男」とは、もしかしたら相手を思いやる優しさの他、相手を思う時間を惜しまない余裕と寛容を持った男なのかもしれない。私に優しさは少々あるが、余裕と寛容がまったく不足している。「説明しない女」にイラッとするのはそれが理由になっていると思われる。だから結婚できない。後期オジサンとなった今、結婚は諦めているが。
     
 記:2017.4.21 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加