ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

貧乏臭いオジサン

2016年08月26日 | ガジ丸通信-環境・自然

 概ね週に1~2回しか剃らないのでたいていは灰色の無精ひげを生やし、破れたTシャツに、泥(畑の土)で汚れたズボン、同じく泥で汚れた靴を履いている私の姿を見て、友人のM子は「浮浪者みたい」と言う。主食に芋を食い、副食は畑の野菜という食事が多いということも知っている従姉たちからは「貧乏臭い」などとも言われる。
 「浮浪者みたい」については、私は浮浪者ではないのでそう言われるのは心外。あまりに酷く破れたTシャツは着ないということで解消することにした。
 「貧乏臭い」については、確かに加齢臭がして体臭は臭いかもしれないが、貧乏臭いと言われるのは心外。「俺は貧乏臭いのでは無ぇよ、貧乏なんだよ」と反論したい。威張って言うほどのことじゃないので、今のところ心の中だけで叫んでいる。
 そう言えば、と昔のことを思い出した。私は大学時代にも友人から「貧乏臭い」と言われたことがある。親からの仕送りで質素倹約生活をしている頃のことだ。

 質素倹約は今でもやっている。例えば、これは普通のことなのかもしれないが、詰め替え用シャンプーを買い、ボトルに移して、ほぼ空になった詰め替え用の袋に水を入れ、よく振っておく。そのシャンプー水溶液で5~6回は髪を洗うことができる。
 もう1つ、シャワーで使う石鹸が小さくなると、洗面台の傍に置き、顔洗い手洗い用とする。これがさらにちびて、掴むことさえ困難になったら捨てている。
 その掴むことさえ困難になった石鹸、それが数個溜まるとお湯で溶かして石鹸水溶液なるものを大学時代の私は作っていた。石鹸水溶液は手洗い用に、また、拭き掃除にも使っていた。それを見た友人が「貧乏臭い奴だなぁ」と言ったのであった。

 去った8月17日は旧暦の7月15日で、旧盆のウークイ(御送り)の日であった。旧盆は、沖縄では大きな行事の1つで、その1週間ほど前の旧暦7月7日に墓掃除をし、お茶などを供え、「13日にはぜひいらしてください」と祈る。ご先祖様はグソー(後生)から先ずは墓へ下りて、それからトートーメー(位牌)のある家に来るらしい。なので、予め墓をきれいにしておき、ご先祖様へ失礼の無いようにするらしい。
 あの世からこの世にやってきたご先祖様は食欲も復活するらしく、この世にいる子孫たちはご先祖様への食べ物も準備しなければならない。ウンケー(御迎え)の日には仏壇を灯篭などで飾り付け、果物やお菓子も飾りの一つとして供える。
 母が生きている頃、母の手によって飾り付けられた我が家の仏壇は豪勢であった。母があの世に行った後も父が生きている間は、父の号令によって私や従姉達によって仏壇は飾り付けられた。母の頃ほどではなかったが、それでも豪勢であった。
     

 旧盆行事を私が仕切るようになって今年が6回目、トートーメー(位牌)が寺に移ってからは3回目となる。私が貧乏だからということもあるが、寺の仏壇が狭いということもあって飾り付けも供え物も質素になる。供える果物も買うことは無い、畑から採れるもので間に合わせている。従姉たちから「貧乏臭い」と非難されそうな果物飾り。しかし、そう言われた時の反論が私にはある。「俺が育てた果物だ、御先祖もきっと喜ぶ」と。
 徳川家康から400年以上経った今でも、質素倹約は美徳であると私は信じている。
     

 記:2016.8.26 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2016.8.26 帰ってきた日常

2016年08月26日 | ガジ丸週一日記15-16

 私はスポーツ観戦に興味がないのでスポーツに関する知識は薄い。今回のオリンピックに出ている選手の誰一人知らない、・・・と思っていたが、知っている選手が1人いた。卓球の福原愛、子供の頃の彼女が泣きじゃくっている姿を以前テレビで観ていて、福原愛という名前を聞けばその顔を思い浮かべることができる。団体女子が銅メダルを取って、愛ちゃんが嬉し泣きしたというニュースをラジオで聞いた。良かったね、おめでとう。
 オリンピックにも高校野球にも興味のない私だが、もちろん、頑張っている選手たちを冒涜するつもりは少しも無い。愛ちゃんの嬉し涙は美しいものであろうと想像する。ただ、私の興味は畑の雑草や虫たちに向いているだけのこと。手強い奴らだ。劣等農夫は勝てねぇ。
 畑から帰ってグッタリしている私は、概ねラジオを聴きながらグッタリしているが、オリンピック期間中は高校野球期間中でもあり、その期間中はラジオで無く、CDを聴く機会が多かった。それがやっと今週から私の日常が戻ってきた。ラジオから流れるどうでもいいような世間話こそが、私の心と体を癒してくれる。感謝。
 
 帰ってきた熱射
 8月上旬は雨が多く幾分暑さも和らいだが、先週からは暑さも夏のそれに戻ってしまい、今週はもう夏真っ盛りの激暑となっている。日向では30分持たない、影を慕っている。


この記事をはてなブックマークに追加

自然の逆風・害虫

2016年08月26日 | ガジ丸の日常

 300坪の畑を初めて満4年が過ぎたが、私は未だに農夫と言えるほどの収穫を畑から得ていない。作物が思うように育ってくれない。育ったとしても虫に齧られたりして売り物にならない。農夫の敵はさまざまいて、この夏の売り上げは0円。

 4株植えたヘチマは原因不明で全て枯れた。ただ、去年の茎から脇芽が出て、それが育ってそれから2本の収穫はあった。それでも、たったの2本でしかない。10株植えたゴーヤーは、2株は原因不明で枯れたが8株は残っている。残っているがどれも生育不良、蔓が十分に伸びてくれない。8株の内2株からそれぞれ1本ずつ、それも、通常販売されているゴーヤーの大きさの三分の一ほどの大きさにしかならなかった。
     
 キュウリは2株植えて、その内1株はすぐに枯れて、残りの1株は成長してくれたが2本の実を収穫して後、枯れてしまった。モーウイ(シロウリ)は1個収穫した後枯れた。シブイ(トウガン)はよく育ってくれているが、実は1個収穫しただけ、その後雌花を何個も着けてくれるが実は育ってくれない、犯人はカタツムリであろうと推理している。
 春収獲のエダマメ、初夏収穫のトウモロコシも不作だった。エダマメについては原因不明。トウモロコシについてはたぶんマングースが犯人だと思われる。
 「犯人はカタツムリ」などについては、今日もう1つの記事『自然の逆風・害虫以外』で述べているので、ここでは最大の難敵、害虫について愚痴りたい。
     

 3月23日にオクラの種を30粒ほど播いて、芽の出ない箇所は補植などして順調に育ち、5月下旬には花が咲き、6月からはポツポツ収穫できるようになり、7月からは1日20本程収穫できるようになった。その内2本ほどは虫喰いにより表面に傷が付き形も悪く、売れないものであったが、劣等農夫(私のこと)にしては上出来であった。
 10本100円だとし、1日に20本だと200円にしかならない。店に持って行く手間暇を考えると1日に50本以上収穫できたなら店に出そうと予定していた。ところが、7月中旬から虫喰いが増えていき、8月に入ると1日30本ほど収穫できるようになったが、その内20本ほどは虫喰で、売れないものとなった。で、オクラの売上も0円。
     
     
     
 今、畑からはオクラ以外に芋(サツマイモ)、ニラ、ネギ、グヮバなどが収穫できる。芋はやはり虫(イモゾウムシ、アリモドキゾウムシ)食いが多く、ニラ、ネギは売るほどの収穫はなく、グヮバは売れるほどの人気がなく、それらからも売上は0円。
 私の収入を0円にしている敵、害虫、薬剤を使用しない農夫にとって害虫は強敵であり難敵である。冬野菜のダイコンはアブラムシに、キャベツやカリフラワーはモンシロチョウの幼虫に食われてしまっている。劣等農夫(私のこと)は負け続けている。
     
     
     
     

 害虫とは何ぞや?と改めて調べてみた、広辞苑によるとその定義は「人畜に直接害を与え、または作物などを害することによって人間生活に害や不快感を与える小動物の総称。昆虫のカ・ハエ・ノミ・ヨトウムシ・ゴキブリ・ウンカ・シロアリなどのほか、ダニ・線虫などの類。」とのこと。害虫の虫は昆虫のみを指すわけではないようだ。
 ついでに、益虫も調べた。「有用物質を生産し、または、害虫に対する寄生・捕食、植物の受粉の媒介など直接間接に人間生活に利益を与える、虫類。蚕・蜜蜂・蜂・カマキリの類」のこと。さらについでに、害鳥、害獣、益鳥はそれぞれ以下。
 害鳥:「農林・水産業に有害とみなされる鳥類」
 害獣:「人間や家畜・農作物に被害を与える動物」
 益鳥:「作物や樹木の害虫を捕食するために、直接間接に人間に益するとみなされる鳥類。ツバメなど」

 そんなこと調べながら、「そうか!」と気付いた。害虫害鳥もいれば、益虫益鳥もいるのだ。私の畑ナッピバルの番鳥イソヒヨドリのバンサ(私の命名)は、間違いなく益鳥である。実を齧るカタツムリや葉を齧るイナゴを食べてくれる。
     
     
 「これは私の味方であろう」と思われる動物は他にもいて、ハチ類は作物に着いている蝶蛾の幼虫を食べてくれるし、実物野菜の受粉も手伝ってくれる。カマキリはハムシやらカメムシを食べてくれる。彼らの力を借りて何とかならないかと今考えている。
 益鳥益虫が住みやすい環境を保つことが今の私にできること。なので、薬剤など撒くわけにはいかない。そうやって少しずつ勉強して、実践していくつもり。
 そうやって少しずつでも前に進んで行くつもりだが、1人前農夫になる見通しはまだ立っていない。来年はたぶん無理、再来年にはいくらか見通しがつくと希望している。
     

 記:2016.8.25 ガジ丸 →ガジ丸の生活目次


この記事をはてなブックマークに追加

自然の逆風・害虫以外

2016年08月26日 | ガジ丸の日常

 「どうしようかなぁ~、東の農夫を虐めようかなぁ~、西の農夫を虐めようかなぁ~、それとも、南の農夫を虐めようかなぁ~。」と悩んでいたらしい台風10号に、「どうしようかなぁ~、台風対策した方がいいかなぁ~。」と悩んでいた南の島の農夫は、「奴が動き出してから考えよう。」と決めて、台風対策は何もせずにいた。
 今、畑には台風が襲来したら困る作物がたくさんある。オクラ30株ほど、ゴーヤー8株、パパイア10株、そして、3房の実を着けているバナナなど。これらは台風10号がラジオからの情報通りの風速でやってきたら倒されてしまう。
 台風対策をしないまま台風がやってきたら困る・・・どころでは無い、オジサンが号泣してしまうかもしれないものが今、作物以外にある。畑小屋と物置。もしも、強風でこれらが倒れたら号泣、一部損壊で中のものが濡れても号泣。今、畑小屋と物置の中には引っ越し準備のために家から持ってきたたくさんの荷物が収められているのだ。
 台風10号は大東島の農夫を長い時間虐め続けており、今日金曜日になってもまだ今後の行き先を明らかにしない。優柔不断な台風、私もまだ台風対策をしていない。
     

 300坪の畑を借りて、「なっぴばる」と名前を付けて「よっしゃ!農夫として生きていくぞ」と決めて農作業を始めたのは2012年の7月末、そして、既に4年が過た。その間私は、けして怠けていたわけではない。腰を痛めながら、夏は大量の汗をかきながら畑仕事に努めていた。それでもなお、私は未だに畑からほぼ稼げていない。
 この4年間で畑の作物を売って得た金は3万円に満たない。友人親戚へお中元お歳暮替わりにあげたり、自家消費したりして、それらも含めると実質利益はもっとずっと多くなるが、今のところ、農業で生活するは遥かなる夢、まだ幼稚園児みたいなもの。

 私が小学校へ入学するのを妨げているものが自然界にある。台風は、大きな換金作物であるバナナやパパイアを倒し、甚大な被害を与えるが、近所の先輩農夫たちも「台風はしょうがないよ」と言っているので、私も「しょうがない」と諦めている。干ばつや長雨も作物の生育に悪影響を与える。露地栽培に拘っている以上、これらも「しょうがない」と諦めざるを得ない。「農夫の都合のよい天気にしてくだせぇ」と祈るしかない。
 もう1つ私の進学を妨害しているものがいる、作物泥棒。泥棒には人間とその他の動物がいる。人間の泥棒による被害は、脚立やタライ、バケツなどがあるが、作物に関しては今のところ確認していない。その他の動物による作物の被害はたんとある。

 畑の周辺は森や原野になっていて、飼われていたものが捨てられたと思われる野良犬野良猫がいて、たびたび畑に不法侵入してくる。彼らがどんな悪さをしているか犯行現場を目撃はしていないが、畑小屋にあるゴミを荒らしているのはたぶん奴ら。
     
     
 鳥のシロハラがトマトを突っついている現場は目撃した。鳥では他に、タイワンシロガシラが葉物野菜を突っつく。私は目撃していないが、カラスが実物野菜や果物を食うということを近所の先輩農夫から聞いている。周辺にカラスはたんといる。
 オオコウモリやマングースも実物野菜や果物を齧る。これも犯行現場は見ていないが、トウモロコシを齧って甚大な被害を与えた奴は状況証拠からマングースであることが判っている。哺乳類では他にトガリネズミやハツカネズミが被害を与えるとのこと。
     
     
     
     
     
 
 貝類のカタツムリも農夫の大敵、葉を齧り、実を齧り、茎の根元を齧って作物丸ごと倒して枯らすこともある。倭国にはいないカタツムリの類が沖縄にはいる。しかも、そのカタツムリはでかい、殻長は10~18センチとなる世界最大のカタツムリだ。その名はアフリカマイマイ、こやつが畑の作物を食い荒らす。特に、果菜の被害が大きい。
     
     
 普通のカタツムリは小さくて目立たないし、無数にいるのでこ奴らの駆除は最初から諦めている。アフリカマイマイは目立つし、見た目気持ち悪いので見つけたら捕まえて、向かいの森や裏の原野に投げ捨てている。雨の後、畑が濡れている時に奴らは多く現れる。概ね週に10匹以上は捕まえて捨てているが、奴らは後から後から湧いてくる。
     
 奴らは文字通り湧いてくる。地面から湧いてくる。奴らは地中に卵を産みつける。数えたことは無いが1ヶ所(1回の産卵)に50~60個はある。それがおそらく、畑のあちらこちらにあり、捨てても捨てても湧いてくるのだ。
 ある程度の被害は「しょうがない」と諦めているが、いつかは何とか防御したいと思っている。化学薬品である殺虫剤などは使わずにだ。まだ何の目処もついていないが。
     

 記:2016.8.26 ガジ丸 →ガジ丸の生活目次


この記事をはてなブックマークに追加

熱中症スパイラル

2016年08月19日 | ガジ丸通信-環境・自然

 雨が多く、太陽が雲に隠れる時間が長かったお陰だと思うが、8月上旬から中旬にかけて酷暑がいくぶん和らいだ。夜もいくらか涼しくなって、先週月曜日から土曜日にかけては私もぐっすり眠ることができた。しかし、翌日曜日(14日)からは酷暑が戻り、私のグダグダ睡眠も戻り、今日まで寝不足の日々が続いている。
 酷暑の中、本来ならお昼前には畑仕事を切り上げるのだが、雨が多かったせいで作業が遅れているので、少々無理して午後1時とか2時頃までやっている。陽が照っていなくても汗が滴り落ち、「くそっ!うんこ!ばか!」などと悪態をつきながらなんとかやっている。陽が照っているととても辛い作業となる。その時はもう声を出す元気もない。
 畑仕事を終えて家に帰ると、後期オジサン(私のこと)はしばらく死んだようになっている。何かする元気は微塵も残っていない。ただ、ただ、ベッドで横になっているだけ。2時間ほど死んだ状態になってから料理、炊事、洗濯などに取り掛かる。
 今週のガジ丸の日常『料理三昧の日々』にある「日々」は、先週の、ぐっすり睡眠ができていた日々、畑仕事を終えた後も元気が残っていた日々のことで、今週、グダグダ睡眠に戻ってからは、料理も簡単に済ませ、急いでいるはずのアパート探しも怠けている。
     

 今、新居となるアパート探しをしているが、ネットで調べて、いくつか候補があって、それらを自分で探して見に行ったりして(先週まで)いる。不動産屋を呼んでいないので室内を見ることはできない。建物周辺の環境を見に行っている。隣に公園があったり畑があったり、あるいは原野とか墓地とかがあって、空間ができるだけ広々としていること。つまり、建物が密集していないことも、私の新居選びの条件の1つになっている。
 建物が密集していると、夏、クーラーの室外機から熱風が吐き出され、夜の風は自然の風より暑くなる。それは私の実家に夏泊った時に経験している。建物の密集する都会の夏の夜は、おそらく同じ理由で気象庁の計測値よりも高いに違いない。
 素人の私が考えることなので間違っているかもしれないが、自然の状態で気温30度だとし、クーラーが使用されている室内が25度だとすると、都会の、夥しい数のクーラーが吐き出す熱風は、夥しい数とはいえ熱風の量そのものは大気の量に比べると僅かなのだが、それでも地表面の空気を2~3度は上げているのではないだろうか?

 ラジオの天気予報ではこのところ、というか、2ヶ月ほども前からほぼ毎日「熱中症に気を付けてください」とアナウンスされる。「水分を摂り、冷房を使うなどして熱中症を予防しましょう」とも言う。熱中症を予防するには、クーラーは必要らしい。
 素人の私が考えることなので間違っているかもしれないが、クーラーに慣らされると人間の身体が本来持っている体温調整能力が弱まる。体温調整能力が弱まると熱中症に罹りやすくなる。なので、ちょっとした暑さでもクーラーを使うようになる。そうなると、彼らの体温調整能力は益々弱まって行く。これを熱中症スパイラルと言う、かも。
 という私も、まだ一度も使ったことのない、プラグをコンセントに挿してもいない部屋のクーラーを「今日は使ってみようか」と、この夏は何度か思った。窓の外に畑があり、樹木も茂っている私の部屋でさえそうなのだ。クーラーをガンガン使っている建物の密集した都会の中では、クーラー無しで過ごすのは困難かもしれない。
     

 記:2016.8.19 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加