ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

地道な抵抗

2017年03月31日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 3月から介護施設のバイトをやっていて週に4日、1日5時間ばかりそれに時間を割かれている。それに加え、雨が多かったせいで畑仕事があまりできていない。畑仕事は進んでいないが、その代わりガジ丸記事書きが進み、植物動物の説明文書きが、それぞれ3~4種できている。引っ越しで忙しいなどの理由で一時期、毎週金曜日にアップする記事が「多忙のため休み」もしばしばあったガジ丸記事については、もう左団扇の余裕。
 もう1つ、私は2週間に1回図書館に通い、沖縄の動植物の図鑑を借りて上記の「植物動物の説明文書き」をしているが、本以外にDVDもたいていは1回に3本借りている。3本借りて、2週間でそれを全部観ることは稀である。映像を観ることが好物というわけではないので、よほど興味をそそるものでない限り、「暇があれば」という条件が付くので観ないで返すことも多い。それが今回は2本は早送りしたが、1本はじっくり観た。
 じっくり観た1本(残る2つに特に感想は無い)、『あの日僕らは戦場で』はとても興味深く観賞できた。NHK制作のドキュメンタリー兼アニメ。番組の内容は護郷隊という少年兵士たちの証言とその周辺の取材を映し、それを基にした戦争物語を描く。
     
 国は、国の為なら民衆を虫けら扱いする。ここで言う国とは、けして日本の国土のことではなく、国を牛耳っている支配者層の命と財産のこと。彼らは、これを守るためなら他のものなどどうでもいいと思っているようだ。このDVDを観た翌日、

 3月19日(日曜)、第一回市民シンポジウム「今、何をなすべきか」というタイトルの講演、及び討論会に参加した。講演は「辺野古埋め立て承認撤回の意義と法的展開」というタイトルで、沖縄大学客員教授の憲法学者、小林武氏が講師。
 場所は小さな喫茶店、そこにざっと数えて30人余の人が集まった。主催は、今はまだ無名の宜野湾市民フォーラム木曜会という団体。無名の団体が小さな喫茶店で開く地味な催し物に30人余の市民が集まる。関係者の友人知人ばかりかと思われたが、会が進むにつれてそうでない人もいることが判り、そうであるらしき人たちも普通の人・・・学者でも政治家でも平和運動家でもない一般の人が多いことが判った。
 講演の主題はタイトル通り。翁長県知事による「辺野古埋め立て承認撤回」が辺野古新基地建設を中止させる、あるいは延期させることに果たして効果のある戦略なのかどうかについて。それは私のような貧乏農夫でも気になっていたことであった。
 効果のある戦略なのかどうかについてはシンポジウムでも明快な答えは出なかった。効果は多少あるかもしれないが、これがまた裁判になった時、今の司法が国家権力寄りである限り裁判で勝てる可能性は低いかもしれないとのこと。国がどう出るか。
     

 私が荒れ心臓総理なら、衆参とも与党が多数を占めている今の内に特別立法を成立させる。「国土防衛特別法」とか何とかの名前で、国家防衛に関わることにおいては地方自治の意向に関わらず国が決めて良しといったもの。「現在、日本国周辺に置いて有事の発生する危険度が高まっている」という理由付けで強引に進めるかもしれない。
 シンポジウムでは「選挙に置いて沖縄県民の意思を示すことが大事」とも意見が出されたが、私は、喩え荒れ心臓が辞めたからといって状況はそう変わらないと思う。この国を牛耳っている巨大な黒幕は永田町ではなく霞が関にいるのではないかと想像する。
     

 記:2017.3.31 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2017.3.31 癒しの飲物

2017年03月31日 | ガジ丸週一日記17-18

 先週、「雨が多い」と書いたが、そう書いたその日金曜日は降らず、土曜日は1日雨で日曜は明け方まで雨、しかし、翌月曜から昨日木曜までは概ね晴れた。お陰で遅れに遅れていた畑仕事に精を出すことができた。
 精を出しても、アルバイトに時間を割かれている今、予定通りにはちっとも進んでいない。なので、畑仕事をする時はいつもより休憩時間を少なく短くして頑張っている。で、疲れている。血圧も160台の高止まり。
 家の道路側窓は、開けると外から中が丸見えになるので、そこにアーチを設け、アサガオかヘチマを絡ませる計画がある。それは2ヶ月前から考えていたこと。設計図もできているが、まだ、材料も買っていない。同じく2ヶ月ほど前から大家さんに頼まれている仕事、花壇の樹木を鉢に植え替えるという仕事も延期しっ放し。
 それもこれも朝夕のバイトに5時間も時間を奪われているせい。バイトを早く辞めたいのだが、後釜がまだ見つかっていない。焦りを感じ、ストレスを感じる。しかし、私には癒しの飲物がある。もちろん、アルコールが第一だが、お茶もある。先日、久々に点てた。
 
 癒しのお茶
 茶を頂くには和菓子がなくてはならない。その和菓子を買い忘れて、正月以来の茶。スーパーで、20%オフの和菓子を見て、あっ、和菓子、あっ、お茶と思い出した。


この記事をはてなブックマークに追加

マガキガイ

2017年03月31日 | 沖縄の動物:魚貝類

 茹でて美味しい

 20年ほど前までキャンプによく行っていた。高校生の頃から沖縄島のあちこちにあるビーチやキャンプ場へ行き、遠くは同級生数名で久米島まで行った。オジサンとなって後も、アウトドア得意の友人Mをリーダーに、彼が声を掛けて、20代前半から30代前半の美女たち数人も参加してのワクワクドキドキキャンプに幾度も参加した。
 Mも含めキャンプ仲間にはダイビングを趣味にしているものがいて、その中には女子の数名もいて、彼らは時折、潜って獲物を手にしてきた。私は潜らない。概ね火の当番。彼らが採ってきた物を炭火で焼いて食べるための準備をしていた。

 彼らが採ってきた物の中にあったかどうかは記憶に無いが、Mや、キャンプ仲間のベテランダイバーTから聞いて、「ティラジャー」という貝のことは知っていた。
 私がガジ丸HPやブログをアップするために毎週金曜日に通っている事務所、そこの主のT夫婦、Tさんの姉や従妹たちは10年ほど前、釣りや潮干狩りを趣味にしていて、2006年4月のある日、「バーベキューするから」と呼ばれた。彼らが採ってきた物の中にティラジャーがあった。ティラジャーは炭焼きではなく茹でられてあった。
 「ティラジャーって和語では何て言うの?」と訊くと、「コマガイじゃない?」との答えだったが、後日調べてみてもコマガイという名の貝はなかった。で、海に関しては博識のキャンプリーダーMに訊いた。「マガキガイって言うんですよ」との答え。それは正しかった。ちなみに、Mは高校の1年後輩、なので、私にタメグチはきかない。

 
 マガキガイ(籬貝)
 スイショウガイ科の巻貝 房総以南~南西諸島に分布 方言名:ティラジャー
 名前の由来は資料がなく不明。「まがき」を広辞苑で引いたら籬という漢字で「竹・柴などを粗く編んでつくった垣」とあった。「これが関係あるかも」と勘の良い(自分で言う)私は、ちょっと怠けて図書館ではなくネットで調べてみた。「表面の模様や色が(籬)に似る」とあるサイトにあった。「なるほど、さもありなん」と思ったので、その裏付けを得るために図書館、にはまたも行かず、そのまま信用して籬貝とした。
 以下の説明は概ね『沖縄海中生物図鑑』による。
 砂礫質の潮間帯に住む。殻表はなめらかで殻皮は厚い。内唇は黒色で外唇内側は紅色。蓋は三日月状。成長に応じて生息深度を変える。食用となる。
 以上の内、私自身で確認できているのは「食用となる」だけ。
 『沖縄海中生物図鑑』にもう1つ、「殻口の紅色を利用してペンダントなどに加工される」とあったが、殻口の紅色は2006年の写真(食べ終わった後)で確認できた。
 

 記:2017.4.15 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『沖縄釣魚図鑑』新垣柴太郎・吉野哲夫著、新星図書出版発行
 『水族館動物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団監修・発行
 『磯の生き物』屋比久壮実著・発行、アクアコーラル企画編集部編集
 『沖縄海中生物図鑑』財団法人海中公園センター監修、新星図書出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『サンゴ礁の生き物』奥谷喬司編著、株式会社山と渓谷社発行


この記事をはてなブックマークに追加

経年劣化

2017年03月31日 | ガジ丸の日常

 2017年1月13日付ガジ丸通信『冥土への一里塚』で、自身の身体の不具合をあれこれ愚痴ったが、身体のあちらこちらで起きている不具合の、その後の経過。
 昨年12月半ばに縦2つに折れた右下奥歯、奥から2番目の歯について、『冥土への一里塚』では「右奥歯では物を噛むことができない。柔らかい物を噛んでも痛い。なので、歯折して以降は、物を噛むのは全て左奥歯に任せている。」という状況であったが、その後そのまま安静にしていたら痛みは薄れ、白米なら噛めるほどにまで回復した。
 同じ頃、左脇下に径3ミリほどのしこりができていた。「癌の卵かも」と思わぬでも無かったが放っておいた。いや、ただ放ってはおかなかった。シャワーを浴びている時にしばしば、そのしこりを指で揉んでいた。そうして数週間後しこりは消えた。
 これもその頃、「1週間ほど前から腰が痛い。腰痛は前から頻繁に起きていたが、今回の腰痛はいつもと違う。いつもは重いといった痛みだが、今回は叩かれたような痛みで、右腰のみが痛い。腰痛もしばらく止んでいたのに復活した。」とも何かに書いている。その腰痛もしばらくして消えた。今(3月)はもう何の不具合もない。2月3月は雨で畑仕事を休む日が多かったお陰かもしれない。「あっ、これって心筋梗塞なのかも」と疑うような胸の痛みも経験したが、それも一度きりで、その後はちっともない。 

 ということで、私の肉体の不具合は今のところ小康状態。でも、安心はしていない。私の肉体は間違いなく衰えている。若い頃できたことができないということでそれははっきりしている。肉体の衰えは筋力だけでなく内臓にも及んでいる。
 大家さんから時々食料を頂く。ビール、コーラ、スナック菓子などの他、大家さんの手料理も頂く。ビールは有難いが、私はコーラを飲まないのでコーラは人にやる。スナック菓子も概ね人にやる。手料理は、その気持ちが有難いのでできるだけ完食するようにしているのだが、過日、沖縄では有名な一品ポーク玉子を頂いた。若い頃普通に食べていたポーク(ランチョンミート)、大家さんから頂いた皿の上のそれは大きい。市販の弁当に入っているごく小さなものを除けば、これほどの大きさは10年ぶり位かもしれない。
     
 若い頃好きだったフライドチキンも10年以上食っていない。食いたいも思わない。トンカツ、天ぷらなどの揚物類も若い頃は大好きだったが、今はほとんど食わない。
 私の家にはフライパンも食用油もあるが、それらが活躍する機会はごく少ない。私の食卓に並ぶのは煮物、蒸し物、焼き物、漬物などが多い。私の体が脂っこい物、味の濃いものを望まなくなっているようだ。私の内臓が衰えている証拠だと思われる。
     

 このところ「介護施設の送迎で嫌いな運転をしている」ようなことをこのHPに再三書いているが、運転が嫌いな理由は自覚している。運転している間、大好きな妄想ができないから、である。妄想できないのは運転に集中するから。運転に集中するのは事故を起こさないため。車は人を殺すことのできる凶器でもあると私は認識している。
 車の運転は嫌いだけど、車の運転が苦手ということはない。車の免許を取って運転をするようになってから40年ほど経っているが、私が人身事故を起こしたのは1度、それも相手にすり傷も負わせないような軽いもの。私の不注意で他の車と接触したのは2度、若い頃配送の仕事をしている時に後ろからぶつけてしまったのと、後方確認不注意でUターンして、後ろから来る車がぶつかったこと。40年で2度は少ない方であろう。
 私もあと数年後には高齢者と呼ばれるランクに昇格する。歳取るに連れて運動神経も反射神経も、視覚も聴覚も衰えるであろう。肉体の経年劣化はしょうがないこと、頭も同様に劣化していく。それについては覚悟ができている。その衰え具合にもよるが、おそらく前期高齢者の内に、私は運転免許を返納するだろうと思う。事故を起こさない前に。
     
     
     

 記:2017.3.21 島乃ガジ丸 →ガジ丸の生活目次


この記事をはてなブックマークに追加

土方がまだ増し

2017年03月24日 | ガジ丸通信-社会・生活

 3月4日(土曜日)、友人のK子から「アルバイトしない?」と電話。彼女の妹I子が介護施設を経営していて、K子も、K子とI子の姉Hさんも、K子の娘A嬢もその施設の職員として働いている。男の職員が1人辞めたため男手が足りなくなったとのこと。
 5、6年前にもそこで3日間のバイトをしたことがある。たったの3日間で介護の仕事は大変難儀なものであると感想を持ち、大雑把な性格の私には細かい気遣いを必要とする介護の仕事は向かないと判断し、もう2度とやることはないと決めていた。しかし、「お願い」と頼まれたら簡単には断れない。「介護の作業はしなくていいから、年寄り達の送り迎えをする車の運転だけでいいから」とのことだったので、渋々応諾した。
 介護の仕事はきつい割には賃金が安いので成り手が少なく、雇ってもすぐに辞める人が多いと聞いている。職員達の仕事ぶりを見ていると、大変であることがよく解る。

 介護を要する老人は増えているのに、それに比して介護現場で働く人の数は増えていないとも聞いている。特に男の成り手が少ないようだ。それも若い男が少ない。
 その施設には責任者I子を含め、また、パートタイムの人も含め23人(調理担当の3人と送迎担当の私を除く)の相談員、看護師、及び介護担当職員がいる。23人いる中で男はたったの1人、しかも彼は週に2日出勤のパート。60代と彼も若くはない。
 職員のオバサン(差別用語ではない、その年頃の女性)の1人に訊いた。
 「若い男は正職員として居着かないの?」
 「いないねぇ、来てもすぐに辞めるねぇ」とのこと。細かい気遣いの要る仕事は男には不向きなのかもしれない。確かに、私がもしも若くて、失業していて、金を稼がなければ生きていけない状況にいて仕事を求めていても、介護よりは土方を選ぶ。土方は、肉体的には辛い作業かもしれないが精神的には楽だ。肉体的疲れは酒飲んで癒す。
     
     

 その施設の責任者であるI子は真面目である。彼女の為にもどうにかならないかと私なりに考えてみた。そして、効果があるかどうか不明だが、1つ閃いた。
 22人いる女性職員の中には若い(アラサーくらい)人も数人いる。可愛い子もいる。アラサー以上の人でも魅力的な人がいる。で、私は思った。1人若い男、若く無くても40代くらいまでの男が職員として入ってきたら、女性全員で彼をチヤホヤしたらどうだろうか。男は女性からチヤホヤされたら嬉しい、幸せを感じる。幸せを感じていたら辛い仕事でも耐えられるに違いない。チヤホヤしたら長く居着くかもしれない。
 なんていうことを、「アラサー以上の人でも魅力的な人」の内の1人であるAさんに提案すると、「意味ワカンナイ」と一笑。その一笑が、「何で女が男をチヤホヤするのよ、逆でしょう」という意味なのか、「仕事でしょ、何でチヤホヤされないとできないの」という意味なのか、私は判断に迷ったが、いずれにせよ「バッカじゃないの」、「冗談言ってるんじゃないよ」が私に対する言外の返事であるとは判断できた。

 団塊の世代の人達がやがて介護を要することになるであろう。若者の数は減って行く、介護職員が絶対的に不足する。「どうするんだろうこの国は」と、近い将来介護される側となる後期オジサンの私は思ってしまった。私は、できればピンコロでありたい。
     

 記:2017.3.24 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加