ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

自給自足禁止法

2015年10月30日 | ガジ丸通信-科学・空想

 「はしるー、はしるー、おれーたーちー」と歌う人がいるように、人生を走り抜けたいと思う人も多くいるであろう。中には、全力疾走で駆け抜けたいと思う人もいるに違いない。しかし私は、人生を歩きたい。歩くのもウォーキングのような速足ではなく、のんびりと歩きたい。時には立ち止まったり、後ろを振り返ったり、腰掛けてボーっと景色を眺めたりもしていたい。「のんびり」を「だらだら」などと非難されても気にしない。
 人それぞれに使える時間はそれぞれに限られているが、使える時間が同じだとしたら、走る人に比べて歩く人の道は短い。歩く人は山の向こうに何があるか知らぬまま人生を終える可能性が高い。その上私は、歩く道に何らかのハードルがあったとしても、飛び越えることはせず、避けて通る。そういったことでも時間を費やし、その分さらに道は短くなる。それでもいいのだ。山の向こうは見えずとも、足元の小さな虫は見えている。
 走る人はまた、歩く人にはできないたくさんの経験も得るであろう。たくさんの人と知り合い、たくさんの富を得たり、地位や名誉を得ることもあるだろう。のんびり、あるいはだらだらと歩いている私にそういうものはついてこない。それでもいいのだ。のんびりのせいで無名の貧乏だとしても、何の不満もない。生きていりゃこの世は楽しい。
          

 最近、ラジオのニュースから聞こえてきた言葉で気になったのがある。一億総活躍社会という言葉、これからの日本国の形をそうしたいと政府(たぶん霞が関が黒幕)が言っているみたいである。荒れ心臓総理のことなので「活躍」は「お国のため頑張る」という風にも聞こえる。働ける者は一所懸命働けと鞭打つようにも見える。走れる者はできるだけ全力疾走して、歩ける者はできるだけ早く歩いて、歩けない者も手や頭を使って何かしら活躍し、金稼いで社会(国)の役に立つように、と仰っているのかもしれない。
 「別に活躍しなくてもいいじゃないか、コツコツと働いて、汗を流して、発泡酒を飲んで幸せを感じているだけでもいいじゃないか」と私は思う。「鉢巻をし、たすきをかけ、若い頃は頑張って働いて、年取って引退したならば、後はのんびり庭の植木や盆栽をいじったり、孫の話し相手をして暮らす人生でもいいじゃないか」と思う。
 政府の言う活躍がどういう活躍なのかよく判らないが、私の考えでは、専業主婦が家事育児に頑張っているのも活躍、年寄りが孫たちの遊び相手をするのも活躍、それだけでも十分の活躍だと思う。ついでに言えば、全く稼げていないが、「腰痛ぇ~」と呟きながらコツコツと畑で汗を流している貧乏農夫も農地保全という点で活躍している・・・はずと私は思っている。自給自足を目指し頑張っている点でも活躍している・・・と思う。

 一億総活躍社会・・・国民にもっと働かせて、金をもっと稼いでもらって、税金を多く収めてもらって、その税金を収入にしているお偉い人たちが喜ぶ社会にしたいと国が考えているとしたら、金を稼がず自給自足している人間は役立たずの存在となる。そんな人間が増えたらお偉い人たちにとっては「えらいこっちゃ!」となる。
 そこで、お偉い人たちは考える。酒を勝手に造ってはいかん、塩を勝手に作ってはいかんなどという法律がかつてあったように、「農家以外の国民が一定量以上の農産物を勝手に作ってはいかん」という法律を作ろうと考えるかもしれない。自給自足禁止法、そんなのできたら、芋食ってのんびり生きていこうと思っている私はとても困る。
          

 記:2015.10.30 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2015.10.30 腰に恵みの

2015年10月30日 | ガジ丸週一日記15-16

 久々に歌(未完)ができた。その一部、
 畑仕事は毎日毎日 草刈り耕し、腰痛ぇ
 畑に恵みの雨よ降れ 雨が降ったら畑は休み
 腰に恵みの雨よ降れ 畑の休みは腰も休日
 腰に恵みの 腰に恵みの 雨よ降れ
 先々週から腰の痛みが尋常では無くなった。腰から下が痺れてすぐには立ち上がれないこともあった。働き過ぎだと思い、上記の歌が口から出たのであった。雨が降らないので、雨の日を休日としている私はほとんど休みがない。毎日の肉体労働で疲れが溜まっている。
 腰痛で畑仕事ができなくなったら本末転倒だ。どうする?晴れの日でも休むか?と思っていた矢先、先週の木曜金曜と雨になった。畑を休んだ。2日続けての休みは十分な休養となったようで、腰痛は軽くなった。
 その数日前から仕事の合間にやっていたストレッチの効果もあるだろうが、でもやはり、休んだことが腰痛緩和に大いに寄与したようだ。その後、休憩時間を長く多くとるようにして腰を労わっている。その分、畑仕事が予定通りに進んでいない。仕事より体が大事さ。
 
 木曜金曜の雨
 長い時間降り続いた雨だが、しとしと雨で、畑裏の沼に水を溜めるほどは降らなかった。それでもバケツにこれだけの量が溜まった。それだけ降りゃあ畑は十分に潤ってくれた。


この記事をはてなブックマークに追加

映画は旅『先生と迷い猫』

2015年10月23日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 8月20日に桜坂劇場へ行き、桜坂ファンクラブ会員の更新をしてきた。更新時には招待券を2枚貰う。2枚の期限は10月19日、2ヶ月もある。貰った時は余裕であった。が、その2枚、使う機会を得ぬまま10月となってしまった。
 「使う機会を得ぬ」は、映画を観に行く暇が無かったというわけではない。映画は雨で畑仕事の出来ない日に行こうと思っていたのと、貧乏人はガソリン代節約のためたった1つの目的で那覇へ行くのを躊躇したからという理由による。
 8月下旬に雨の日はあった。が、暑さで体に元気が無く「映画は9月にしよう」と決めたら、9月は雨の日がたった1日だけ、その日は別の用事にあてた。そんなこんなで10月になる。「よっしゃ、今度の模合(もあい:正当な理由のある飲み会)へ参加しよう、バスで那覇へ行き、映画を2本観て、電気屋を3ヶ所回って、それから模合だ、楽しく酒飲んで帰る、有意義な1日の過ごし方になる」と決める。模合は第二土曜日。

 その第二土曜日(10日)は夜中から雨、目覚めても雨、ずっと雨。雨の中、傘を差して那覇の街をブラブラするのは難儀なことと思ったので、「映画2本観て模合」を「映画1本観て模合」へと予定を変更する。ということで、午前中の時間が空いた。
 大腸癌摘出手術で入院していた友人のTが既に退院し、元気に働いているというので、彼の店へ行ってTに会う。Tは元気だった。以前とちっとも変わらない。体調良好そうなのを確信し、安心する。Tの店にしばらくいたが、その間も雨は降り続いていた。
 「雨は止まないな」と観念し、映画は1本のみと予定変更を確定して、家に帰って着替えて午後、家を出て、傘を差してバス停へ、バスに乗って桜坂劇場へ。

 その日選んだ1本は、『先生と迷い猫』という題の邦画。イッセー尾形主演ということで選んだ。若い頃、イッセー尾形の1人芝居を何度も見ている。好きな俳優だ。しかしながら、映画そのものには特に期待していなかった。イッセー尾形の個性が強過ぎて、彼ばかりが目立つ映画になるであろう、彼の世界は1人芝居で十分体験している。
 ところがどっこい。映画にはイッセー尾形と肩を並べるほどの個性派俳優が多く出演していた。嶋田久作は期待通りの雰囲気、岸本加世子も独特の空気を作っていた。他の俳優陣も頑張ってイッセー尾形一色の空気になるのを阻んでいた。
 映画の内容は、大きな事件があるわけでなく全体に淡々としている。「野良猫に餌をあげるのはいかがなものか」という考えの私なので、野良猫の世話を焼いている人々に同感はしないが、同じ町内で生きている野良に友情を感じる気分は理解できる。
          

 野良を仲介して人間たちに関わりが生まれる。わけありの少年がいて、わけありの少女がいる。何となくだが、大人たちと関わり合ったことで少年にも少女にも明りが差したように私は感じ、ちょっと幸せな気分になる。何となく幸せかも・・・で映画は終わる。
 淡々と約1時間半が流れていった。良い映画だと私は思った。約1時間半、私はスクリーンの中に引き込まれていた。プライドの高い元校長先生や大声で笑うオバサン美容師のいる町、清流の川がある町、野良猫がうろちょろしている町、その町を私は散歩しているような気分になった。「良い映画はそうか、旅の気分が味わえるか」と思った。

 記:2015.10.23 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2015.10.23新パソコン購入

2015年10月23日 | ガジ丸週一日記15-16

 去年の7月に画面が映らなくなった私のパソコン7、数ヶ月前から時々誤作動するようになった。例えば、USBメモリーの方の問題かもしれないが、その接続に不具合が生じる。読み込み不能になったりする。
 画面が映らなくなった時から「いずれ壊れるな」と予想はしていたので、外付けハードディスクにバックアップを取るようにしている。しかしながら、毎日バックアップ作業をしているわけでは無いので、今、突然壊れたら数日分のデータが失われるかもしれない。
 私の日常での大きな楽しみは睡眠と飲み食いが先ずあげられるが、畑仕事も楽しんでやっている。美味しい野菜を作りたい。その目的があって楽しめる。
 楽しみはもう1つ、約10年前に始めたHPとブログ。たくさんの記事と写真が収められている。それは書いていて楽しいし、私の歴史として将来読み返す楽しみもある。パソコンが無いとその楽しみが得られない。
 先月、冷蔵庫が何の前触れも無しに突然壊れた。そのこともあって、パソコンもそろそろ買わなければと思っていた。そらから1ヶ月経ってやっと購入した。
 
 新パソコン8
 世間はウィンドウズ10らしいが、これは8。型落ちということで価格が下げられていた。それでも11万近く、私の半年分の食費だ。でもいいのだ、楽しくなければ何の人生か。


この記事をはてなブックマークに追加

島マース

2015年10月23日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 命の元

 2014年7月18日付ガジ丸通信『テキトーな科学』で塩について語った。その中から少し抜粋すると、「先日、「塩は体に必要な物、精製塩は良くないが、海水から採れた塩は血圧を上げるものでは無い」といった内容のことがラジオから流れた。・・・Iさんから塩に関する本、食に関する本を数冊借りた。」ということで、その本を読んで、「塩は体に必要な物、自然塩は他のミネラルもたっぷり含まれている」ことを確認した。

 専売公社というのが私が若い頃にはあった。いつ頃まであったのか広辞苑を引く。
 専売公社の正式名称は日本専売公社で、「もと煙草・塩など国の専売事業の実施に当たった公共企業体。従来の政府直営事業を引き継ぎ1949年設立。85年4月、日本たばこ産業株式会社に改組。」とのこと。日本たばこ産業ってJTのことだ。
 JTは「国内における煙草の独占製造権」を持っているが、私が若い頃の専売公社はタバコだけでなく、塩も専売していた。塩の専売はいつ頃まで?と調べると、「97年まで塩も同社が専売」と広辞苑にあった。何故、専売していたか?は不明。たぶん、国の安定的財源確保のための専売。勝手に作られたら税金が取れないから。
 今回調べて知ったことだが、塩課という言葉がある。「中国で、塩に対する専売税。古くから行われ、国家の重要な財源であった」(広辞苑)のこと。塩税という言葉もあり、これは「塩の消費に対する租税。最も古い間接税といわれる」(〃)のこと。これらからも解る通り、塩は税金が取りやすいのだ。塩は人が生きるに必要なもの、つまり、塩を使わない国民はいないので安定的財源となるわけだ。
 もう一つついでに、「敵に塩を送る」という言い回しがある。「(上杉謙信が、塩不足に悩む宿敵武田信玄に塩を送って助けたという故事から)苦境にある敵を助ける」(〃)のこと。塩が無いと人は生きていけない、敵国だが、塩が無くて民衆が死んでしまってはあまりにも哀れと謙信さんは思ったのかもしれない。塩は命の元だ。
     
 東京暮らしをしていた大学時代の5年間(1年留年)は、たぶん専売公社の販売する精製塩(ほとんど塩化ナトリウムだけの塩)を私は使っていたが、それ以前、母や祖母が使う塩は島マース(マースは塩の沖縄語)であったと記憶している。大学を卒業して沖縄に帰ってからも概ね島マース、一人暮らしをするようになって私が買う塩は全て島マース、塩製造の自由化以降はあれこれ美味しい塩が増えて、私もあれこれ買っていた。
 母や祖母が使う島マースは、その銘柄がたいてい決まっていた。「ヨネマース」という名前。ビニール袋に入ったその表には赤色でヨネマースと書かれてある。懐かしさを感じるそのデザインは、おそらく昔から変わっていないのかもしれない。
 ヨネは与根と書き地名。沖縄島南部にある海(東シナ海)沿いの町、私もだいたいの場所は知っている。与根の塩田が『沖縄大百科』にあり、豊見城村(現在は市)与根は明治の初め頃から塩作りをしていたようだ。沖縄の伝統的塩と言える。
     
 先日、友人のOから借りた本『医者に殺されない47の心得』に「自然塩より精製塩の方が安心」とあったが、私なりに解釈すると、自然塩には不純物が多く含まれている。不純物とはミネラルなど体に良いものもあるが、海洋汚染の進んでいる昨今は体に悪い物質もある。なので、精製塩の方が安心。ということではないだろうか。
 「自然塩より精製塩の方が安心」と正直者の医者が言う。それでも私は、「うんにゃ、塩は命の元だ、命は自然の摂理で動いている、よって、自然塩が良い」と思い、今日も畑から収穫したオクラとシシトウにヨネマースを振って、焼いて酒の肴にした。
     

 記:2015.10.17 ガジ丸 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行 


この記事をはてなブックマークに追加