ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

理想の住まい

2017年10月20日 | ガジ丸通信-環境・自然

 去年の夏も糞暑かったが、今年の夏はそれを上回るバカ糞暑い夏だった。今年の7月の月平均最高気温は33度を超えた。8月もまた33度を超えた。確認はしていないがおそらく、7月も8月も沖縄気象台観測史上初の33度超えになったと思われる。
 実家で暮らしていた頃、私の部屋にクーラーは無く、東京で暮らしていた頃もクーラーは無く、実家を出てアパートで一人暮らしを始めてからも私の部屋にクーラーは無く、2011年9月から約5年間住んでいたアパートにはクーラーがあった。あったが、その頃にはもう既にクーラー嫌いとなっていた私は、クーラーを使わなかった。ところが、
 去年(2016年)12月に引っ越してきた今の住まい、クーラーは入っていなかったが、今年5月に入れた。暑さ対策のためでは無かった。新居は、壁に穴開けるな、床を傷付けるな、カビを生やすなという厳しい条件(最初に言えば良いのに不動産屋は契約の時になって言いやがった)だったので、梅雨時の湿気対策のためだった。ところが、
 今年の糞暑さには私も負けてしまい、7月は2、3回クーラーを使い、8月はほとんど毎日(日中の3~4時間だけだが)クーラーを点けていた。

 今年の沖縄は9月になっても暑かった。ラジオのニュースによると9月は観測史上二位の暑さだったらしい。9月中頃に沖縄島近くを通った台風18号の影響で1週間ばかり涼しかったが、それが無ければ9月は観測史上ダントツ一位になったであろう。
 台風18号が過ぎてから、また暑さが戻り、9月24日から27日までの4日間、午後の室温は32度を超えた。糞暑かったがクーラーは我慢。9月28日の夜になってやっと秋風を感じた。暑さ寒さも彼岸までの秋分が過ぎてから5日後だ。
 ところが、いや、確かに朝夕は少し涼しくなったのだが、昼間はまだ暑い。日が照っていると太陽の下の日中は糞暑い。毎日汗ダラダラが続いた。
 今年の沖縄は10月になっても暑い。昨日19日までの19日間、日の最高気温は19日間全てが30度超え、31度台9日、32度台2日、過去に例を見ない33度超えも1日あった。さすがにクーラーは使っていないが、扇風機は昼も夜も回りっ放し。夜寝る前(9~10時頃)の室温も、17日までは概ね30度を超えていた。
     
 
 17日間、昼間の気温はまだ夏のようだが、朝夕は概ね涼しい。ただ室内は違う。朝の最低気温は26~27度台が多いので、普通なら夜になると、せめて28~29度あたりであろう。なのに、ほとんどが30度超え、30度を切った日でも29.8とか29.9度であった。「なんでだ?何がどうしてこうなるんだ?」と考えて、思い当たった。
 コンクリートの輻射熱のせいであろう。去年11月まで住んでいたアパートは4階建てで、私の部屋はその2階にあり、屋上に降り注ぐ太陽の熱による輻射熱はそうきつくはなかった。ところが、今の住まいは平屋建て、私の部屋に屋上からの輻射熱が100%やってくる。両隣の家もコンクリート、後ろの家もコンクリート、前は駐車場でコンクリート敷、その前の道路はアスファルトとなっている。輻射熱だらけだ。
 周りがコンクリートだらけだからその輻射熱で暑いのだと判断。いつか終の住みかである自分の家を建てる時は茅葺にしようと思った。茅葺なら、この先温暖化が続いたとしてもクーラー無しでやっていけるはず。緑に囲まれた木造茅葺の方丈の家、私の理想。
     

 記:2017.10.20 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

動けなくなる日は近い?

2017年09月29日 | ガジ丸通信-環境・自然

 今年は9月になっても暑い。暑いのは例年のことだが、今年は一段と暑い。暑いと言っても7月8月の暑さに比べれば、まだ耐えられている。今年の7月8月は二段も三段も暑かった。毎日糞暑くて、根性無し農夫(私のこと)は毎日ヘバっていた。

 8月のある日、午前中の畑仕事を終えて行き付けの喫茶店に顔を出し、従業員のUさんに「歳のせいなのか知らないが、年々夏がきつくなってるよ」と話したら、「私もそうなのよ、歳のせいか、沖縄が暑くなっているのか知らないけど」との応え。Uさんは私より少し年上のオバサン、御亭主と2人で、家の小さな畑で農作業もしている。
 歳のせいもあるかしらないが、Uさんの言う通り沖縄が暑くなっているせいかもしれないと私も感じてはいた。で、沖縄気象台の(那覇の)観測データを調べる。
 2007年から去年2016年までの10年間、7月の平均最高気温は順に32.5、32.3、32.2、31.2、31.8、31.8、32.9、32.1、31.6、32.6となっている。2013年は突出して高いが、その他は概ね32.0前後。ところがどっこい、今年7月の月平均最高気温は33.2度、おそらく、確認はしていないが観測史上初の33度超えとなった。
 さらに8月の平均最高気温は、これも順に31.5、31.9、32.7、31.6、31.2、31.2、32.9、31.5、31.3、32.3となっており、32度台が2013年、2009年、2016年の3年で、それ以外の年は31度台である。ところがどっこい、今年8月の月平均最高気温は33.6度、おそらく、確認はしていないが観測史上初の33度超えとなった。
     

 台風18号は宮古島を中心に先島地方に大きな被害を与え、沖縄島の西方沖を通って倭国へ向かったが、9月13日から16日まで沖縄島もその影響で強風が吹き、断続的に雨が降った。そのお陰で暑さは幾分和らぎ、私も久々のぐっすり睡眠ができた。
 であるが、9月になっても12日までは糞暑かった。それは私の体がそう感じているのだが、これも沖縄気象台のデータを確認する。そして、それが正しいことが判明した。9月1日から12日までの12日間で何と、33度超えが7日もあった。
 13日からは台風18号の影響で一時期、一週間ほど、日の最高気温が30度未満となったが、19日からはまた30度台に逆戻り。19日から28日までの10日間はずっと30度台で、その内31度台が6日、32度台が3日あった。
 23日、ジーワ(クロイワツクツク)の声が聞こえた。夏の終わりを告げるセミだ。去年ジーワが鳴いたのは9月3日、白露の4日前、今年は白露の次の秋分となった。今年の9月の暑さをセミも感じているようだ。しかし、やっと鳴いたかと思ったら、鳴き声はその日の朝方の1回だけ、その後は今日まで聞こえない。彼らも13日から18日まで少し涼しくなったのを秋だと思ったのだが、その後の暑さに「あれーーーー?この気温どーしたのかなーーー、秋はまだなのかなーーー」と、土の中に戻ったのかもしれない。

 動物たちにカレンダーは無いはず。彼らは体で季節を感じているはず。体が「こりゃぁいかん」と感じたら避難するはず。人間の私にはカレンダーがあって、「今は9月だから種播きの準備しなきゃ」などと、体ではなく頭で考えて行動する。もしもこの先温暖化が進んだら、それでも私はカレンダー通り動けるだろうか?と少し不安を感じる。
     

 記:2017.9.29 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

成果主義ではない道

2017年03月03日 | ガジ丸通信-環境・自然

 先週月曜日(2月20日)、「夜は雨」との天気予報。「よっしゃ、頑張って2畝耕してホウレンソウとニンジンの種を播こう」と気合を入れて7時過ぎには畑へ着く。
 気合入れた通り畝の除草をしながら耕す、予定の2畝は前日までに8割方は終えていたので午前中で2畝を耕し終え、午後1番には種播きも終えている予定であった、が、9時前、近所の先輩農家(農業は趣味、本職は実業家)NHさんが来て、「毎日この道を通ってあんたの仕事ぶりを見ているけどさ、そんなんじゃダメだよ、私の畑においで、私の畑の野菜を見て少し勉強したらいいよ」とニコニコ笑いながら言う。
 ニコニコ顔に「今日は忙しい」と断ることもできず、NHさんに付いて行った。半年ほど前に一度行っているので、彼の畑の場所は知っている。息子も手伝っていて、奥さんも収獲の時は手伝いに来て、収穫すると客を招いてパーティーもするという広い畑。

 NHさんの畑に1時間余りいて、彼にあれこれ教えて貰った。「作物ができないと楽しくないだろ?あんたのやり方では作物ができるとは思えない。できた作物も小さいし、売れるようなものにはならない。堆肥を使い、薬剤も化学肥料も使って、作物によってはビニールハウスも使ってちゃんとしたものを作らないとダメだよ」と仰る。
 NHさんは善意でアドバイスしている。それはその顔と表情を見れば私でも十分理解できる。なので、「お言葉ですが・・・」と真っ向から反抗はできない。「農業を最初に教わった人が自然農法の人で、そのやり方を5年間はやってみようと思っています」と、NHさんの「化学肥料も使って」などというアドバイスをやんわりと断った。

 「作物ができないと楽しくないだろ?」に対し、「自分が食べる分はできているし、農作業そのものを楽しんでいます」と私は応えたのだが、「いやいや、物ができないと楽しくないよ」と彼は言う。NHさんは実業家である。おそらく、成果を上げることが価値あることという価値観なのだと思われる。彼から見れば、毎日コツコツと頑張っているのに成果の上がらない私は「できない男」であり、「可哀想な新米農夫」なのであろう。
 今季不作だった私の畑の野菜たちと比べれば、ダイコンは、私のは全滅、NHさんの畑では多くがスクスクと育っていた。ほとんど育っていない私のキャベツ、カリフラワー、ブロッコリーなどもNHさんのは大きく育ち、トマトもたくさんの実をつけている。ホウレンソウも2株だけ育った私のホウレンソウに比べたら5倍位の大きさが一杯。
 重ねて言うが、NHさんは善意である。その証拠に、私にたくさんのお土産をくれた。両手で掴めないほどのホウレンソウ、片手で掴めないほどのシュンギクとハンダマ(スイゼンジナ)、片手でやっと掴めるほどの葉ニンニクと青ネギ、トマト3個、レタス2個、キャベツ1個、カリフラワー1個、ダイコン1本など、私1人なら2週間分はありそうなたくさんの野菜。どれも大きく元気そうに育ったもの。成果主義の賜物だ。
     

 「耕運機を使えば?」というNHさんのアドバイスも無視して、その後も手作業でコツコツと畑を耕し、先週水曜日(22日)には予定していた種播きのほとんどを終えた。しかしそれらも、無肥料なので生育は悪いだろう。成果主義から見れば私は「可哀想な新米農夫、できない男」となるであろう。でもいいのだ、自然に寄り添うが私の道。
     

 記:2017.3.3 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

どうすりゃいいのさ

2017年01月20日 | ガジ丸通信-環境・自然

 2016年12月1日に新居へ引っ越し、以降ほぼ毎日引っ越しに伴うあれこれの作業を続け、明けて2017年1月8日にやっと家の中の整理が終了した。残るは家の外、つまり、庭の整理。庭に植えられている樹木の撤去や移植をし、物干し設備の補修。9日に始めて、物干し設備補修も含めその日の半日、約4時間で完了した。
 物干し設備は、「物干しと濡れ縁の間をもう少し広げたら歩きやすくなるね」という大家さんの要望で後日再補修、数センチ広げたのだが、そうすると、上部に張ったテントと軒の間に数センチの隙間ができ、濡れ縁の雨除けとしては不具合となった。で、鉄パイプを新たに買い、先を長くする作業も加わる。しかしそれも14日には終了。 
 新居を楽しく暮らすための備品作り、その作業のほとんどは大工作業だが、ボンクラ大工(私のこと)はその際たくさんのミスをしでかして、そのせいで備品作りに1ヶ月以上もかかってしまった。しかし、千里の道も諦めなければいつかは終わるのだ。
     

 新居を楽しく暮らすための備品作りに1ヶ月以上もかかって、そのせいで畑仕事は遅れている。「ダイコン、ニンジン、ホウレンソウの種を播かなきゃ、そのために3畝の除草と土ほぐしをしなきゃ、1日8時間労働をしても9日はかかるなぁ、腰持つかなぁ」と、またも千里の道を感じながら、先週からコツコツと作業を続けている。

 「どうすりゃいいのさ」と嘆いているのはしかし、「腰持つかなぁ」の私ではなく畑の野菜たち。1月4日、畑のダイコンの数株に花が着いているのを発見。株はどれも小さくて、引き抜くと数センチの長さしかない。気候があんまり暖かいものだから「あっ、春だぜ」と勘違いし、十分成長しない内に「子孫残さなきゃ」となったのかもしれない。
 その他、ジャガイモの三分の一(全部で90株ほど)が芽を出さない。夏野菜のヘチマが、先週の中頃からやっと成長を緩めたみたいだが、先々週土曜日(7日)に「いくらなんでももうこれが最後であろう」の、今季おそらく最後の2本を収穫できた。
 「もう春なのか?まだ冬が来ないのか?どうすりゃいいのさ私達」と思っていたに違いない畑の冬野菜たち、ところが、まるで春のように暖かかった今季の冬も、先週金曜日からはいかにも冬の気温になった。芽の出ていなかったジャガイモもその多くが芽を出してきた。早くに植えたキャベツ、ブロッコリー類は(たぶん暑さで)生育不良だが、最近植えたその種は順調に育っている。ヘチマもやっと概ねが枯れた。ちなみに、タマネギ、ニンジン、ニンニク、シマラッキョウなどは順調に育っている。
     

 ヘチマが冬でも収穫できるのなら農夫にとって嬉しいことだが、ダイコンが十分育たない、ジャガイモが芽を出さないと農夫は困る。「あっ、そうか」と再認識。天候不順、あるいは異常気象と呼ばれるもので困るのは農夫だ。作物ができなければ売るものがない。売るものどころか自分の食べる分さえ覚束なくなる。「どうすりゃいいのさこの私」と嘆くのは私である。夜も昼も夢の開かない人生となるかもしれない。
 「夜も昼も夢の開かない」を補足説明すると、たぶんもう40年ほど前のヒット曲だと思うが、藤圭子という魅力的(私は好きだった)な歌手がいて、彼女の代表曲に『圭子の夢は夜ひらく』というのがあった。「どうすりゃいいのさ」でその歌を思い出した。

 記:2017.1.20 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

食べた分動く、動いた分食べる

2016年11月11日 | ガジ丸通信-環境・自然

 オジサンと呼ばれる年齢になって70キロ近くにまで増えていた私の体重、2001年頃から始めた粗食小食によって徐々に落ち始め、2011年2月からは60キロを切るまでに減った。体脂肪率もその頃から12~14%になっていた。
 2012年7月に300坪の畑を借り、ナッピバルと名付け、翌8月から本格的に畑作業を始めた。それ以降、私の平均体重は56~58キロ、平均体脂肪率は10~12%となった。それで体調はどうか?というと、良いのかどうか、少なくとも病院へ行かなければならないような大病にはなっていない。風邪も、引いていないか、引いたとしてもごく軽い症状で、痰が少し出て「あれ?風邪だったのかな?」と気付く程度。
 体力はどうかと言うと、畑で肉体労働(機械は今のところ使わない主義なので300坪を手作業でやっている)をしているので平均以上はあるのではないかと思う。同級生を100人集めて、手作業で草刈をする。1時間後、作業を止め立ち上がった時、「いてっ、てっ、てっ」と腰に手を当て、すぐには立ち上がれない者は多いはず。1時間程度なら私は大丈夫。「1時間手作業で草刈してさっと立てる」ベスト10には入ると思う。
     

 私がメタボでないのは、農作業で体を動かしている上、粗食小食であるからだと思われる。必要以上の栄養を摂らない、余分に食べないことが、筋力に応じた体型を保っている元だと思う。粗食小食はまた、内臓に余計な負担を与えず、内臓の老化を年齢以上に進行することを妨げているのではないかとも考えられ、健康にも良いと思う。しかしながら、私は毎日煙草を吸い、毎日のように酒を飲んでいる。粗食小食のくせに、たぶん、私の内臓はさほど健康では無い。肺癌やら、肝臓癌やらの危険度は高いであろう。
 私の粗食小食は健康維持のためにやっているのではない。生きる上での私の価値観のトップは楽しいか楽しくないかであり、暴飲暴食はちっとも楽しくない。少しの酒(ほろ酔い程度)を飲むのは楽しい、コーヒーを飲みながら、飯を食った後、畑仕事で汗をかいた後、酒を飲みながら吸う煙草は美味しいので楽しい、自給の野菜を自分で料理して美味しく食べることも楽しい。そうやって死ぬまでは生きていくつもり。
     

 先々月9月16日付ガジ丸通信『砂糖の映画』は、桜坂劇場で上映されていた『あまくない砂糖の話』についての私の感想文であったが、その記事の中に映画ちらしのコピーを載せて、その中にある劇場側の映画紹介文について少々辛口のコメントを書いた。紹介文のタイトル「動けばいいんじゃない」が引っかかって、「ホントにそれでいいの?」と思ったのだ。そして、その後も「動けばいい」の意味についてしばらく考えていた。
 ガソリンで動く車で喩えてみよう。ガソリンスタンドまで走る為の十分なガソリンは常にタンクの中に入っている。それは、人で言えば基礎代謝に必要なエネルギーとみなす。それに加え2千円分のガソリンを入れる。それは動くためのエネルギーとなる。動いてガソリンメーターのメモリが基礎代謝分まで減ったら2千円分のガソリンを入れる。
 動くのに必要とする分のガソリンを入れるのであって、2千円分のガソリンを入れたからその分車を走らさなければならないなどとはちっとも思わない。つまり、「動く分を食べておく」とは思うが、「食べた分を動く」とは思わないということ。しかし、必要以上に食べることが幸せと世間は思っているようだ。それは飽食ということじゃない?

 記:2016.11.11 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加