8Presents cake circle のおしらせ

8Presents cake circle 
の最新情報をお届けいたします。

“きれいのさと”さんの季刊誌に掲載されました

2009-08-28 02:00:44 | メディア
キダチアロエを主原料とした健康食品、化粧品を販売されている“きれいのさと”さん。
そちらの季刊誌2009年秋号でご紹介いただきました。



時節柄、偶然にも表紙が“紅葉”。
なんとなくご縁を感じます。

きれいのさと HP
http://www.kireinosato.co.jp/index.html

掲載ページはこちら
http://www.kireinosato.co.jp/interview/index.html

コメント

グラタンの器について

2009-08-18 21:51:54 | テーブルセッティング
各自ご持参をお願いしております9月のレギュラークラス、グラタン・ド・アブリコの器について。

本来見栄え的に言えば、陶器のグラタン皿やガラスの耐熱容器がおすすめですが、もしお手元に無い場合はタルト型や丸型といったステンレス製の容器でも対応は可能です。

また、底は抜けないものの方がよりよいですが、抜けるものしかない場合はアルミホイル等を敷き詰めておけば、こちらも対応可です。

容器の準備で迷われている皆さん、このようにいろいろなもので対応可能ですので、ご安心ください。

ちなみに、こちらはステンレス製のマンケ型で仕込んだもの。


昔の洋食屋さんでは定番だったステンレス製のグラタン皿。
最近はあまり見かけなくなったものの、逆に新鮮!?だったりして。

これをきっかけにいろいろな器でグラタンを楽しんでみるのも楽しいですね。

それでは皆様のご参加お待ちしております!
コメント

9月リクエストメニュー、モンブランの口金と絞り

2009-08-17 14:48:23 | 製作工程
モンブランと言えば、まずあのお蕎麦のような形状のマロンクリームが浮かんできます。

今回は裏ごしした栗をたくさん使ったクリームを絞りますが、それに使うのがこの口金です。


一度にこの8つの穴からクリームが出てくるので、上手に手を動かしていかないと、途中で切れたり、グチャグチャになってしまったり。

これまでにもレッスンで数回使用してきましたが、思ったより皆さん苦戦。
この口金を使った絞りは意外にコツがいるようです。


クリームに割りと堅さがあるので、しっかり力を入れて絞ります。
その際、少し上に引っ張るような感じで絞り進めて行くと、線がきれいに出るようです。

もっとも、キレイに絞り出されていなくても、それなりに決まるのがこのモンブランのよいところ。


楽しく作っていただければ、大成功です。



皆さんのご参加、お待ちしております!
コメント

9月のレギュラーメニュー グラタン・ド・アブリコの製作工程

2009-08-10 00:00:00 | 製作工程
別立てのスポンジ、ビスキュイを作ります。


卵黄の生地にメレンゲを加え混ぜます。


粉を加えさっくり混ぜます。


搾り出し袋に生地を入れ、オーブンシートの上に絞り出し焼きます。


グラタン皿に生地を敷き詰め、アプリコットを載せます。


カスタードソースを作り


静かに流し込み、


スライスアーモンドを散らします。


湯煎を張ったオーブンで蒸し焼きに。


出来上がり。

アプリコットソースを添えていただきます。

コメント