山と自転車

熊本県在住。
最近は、自転車メインで書いています。

拾うか否か

2018年09月04日 18時27分00秒 | 自転車
今日は雨予報で乗れないと思っていたが、外を見ると乗れそうだったので、遅めの11時に出発。

この前の休みは雨だったので、今日は久々に自転車に乗った。
本来は明日も休みで2連休だったけど、急遽明日の休みが無くなった。
連休が無くなったのは残念だけど、ここ一年仕事が楽しくなったので、休みでも仕事でもどちらでもいい。


どんよりとした空だけど私の心は軽い。

心が軽いと言っても、良いことがあった訳ではなく、悩んでいたことが無くなっただけ。
マイナスがゼロに戻っただけの話。


綺麗な花に足を止める。


行く宛もないので、気持ちの赴くままにブラブラ行ったり引き返したり。



すると拾ってくれと言わんばかりに道端に栗が!


道端に落ちている栗を拾う行為はおばさん(おじさん)の始まりだと思っているので、今まで頑なに拒んできたが、今日は特別。

拾うのは3つにしとこう。


雨がポツポツ降りだしたので、サツマイモの貯蔵庫らしき軒先に逃げ込む。


そのあとすぐに大粒の雨が降ってきた。

セーフ。


益城の方を通って帰ろうと思ったら、通行止めだったので引き返す。

帰りは阿蘇熊本空港裏を経由して、


向かい風に10km/hで立ち向かいながら帰宅。

走った距離:54km
『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« ノープランの旅… | トップ | 妹とサイクリング »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
秋ですね! (森川廣利)
2018-09-05 01:11:41
栗が落ちてるとはもう秋ですね。
最近、気温も下がって来てますね。
涼しくなってきたので走りたいけど、3週間休みがなく。その前も休みの日に色々と用事があり、いつ自転車に乗ったか記憶がありません。
今週末で一段落するので来週は久しぶりに軽く走ろうと思ってます。

PS.年末帰った時はお店がしまってて食べれなかった健軍のネギパンをやっと食べれました。
おいしかったです!
Unknown (1008)
2018-09-05 12:50:21
最近は吹く風も涼しく感じるようになり、
秋ももうすぐですね。
なのに天気は微妙な日が続くのが残念(;_;)
しかし、食欲の秋と言うので、これ以上お肉が付かないように用心しないと。
何故か夏でも食欲だけは落ちなかったので、少し不安です。
森川廣利さんへ (ちよ)
2018-09-05 20:14:50
お仕事お疲れ様です。
急に涼しくなって昼間でも快適にサイクリング出来ました。
帰って台風のニュースを見て驚きましたが、そちらは大丈夫でしたか。
来週はゆっくり自分の時間が取れるといいですね。

ネギパン美味しかったですね。
お店が道向かいに移転して新しくなっていましたね。
1008さんへ (ちよ)
2018-09-05 20:19:34
1008さんはいつもスイーツをたくさん食べてもいつもスラッとされてて羨ましいです。
やはり獲得標高の差ですかね。
私は体重が増え続けて、いつになったら止まることやら。

1008さんに言われて週間天気予報を見たら、雨が続きますね。
休みの日は雨だとやることがなくなるので、どうか晴れて欲しいです。
Unknown (アンカー星人)
2018-09-06 12:19:31
仕事が楽しく思えるっていいですね。
その姿勢見習わなければなりません。(m´・ω・`)m (猛省)

見るからに立派な栗のようなので、それは拾わずにはいられませんね。
アンカー星人さんへ (ちよ)
2018-09-07 13:15:20
でも休みが無くなって今日は脚がダル痛なので、やっぱり休みたかったです。

迷い込んだ先は立派な栗畑でした。
木にはもっと大きな栗が実ってて、あれは大都会に出荷されるんでしょう。
一気に秋になりましたね。
Unknown (ミドリンジャー)
2018-09-07 15:16:30
もう秋ですね〜(´ε` )
最近は日中は暑いのでずっと夜走ってます。(*゚▽゚)ノ
Unknown (読み逃げ屋)
2018-09-08 08:40:58
秋ですねー!
子供の頃はドングリ拾って、大人になると栗を拾う。
何歳くらいを境にそうなるのでしょうね。
ミドリンジャーさんへ (ちよ)
2018-09-08 20:54:18
日が暮れるのが早くなりましたね。
寒くなる日も近いですね。
読み逃げ屋さんへ (ちよ)
2018-09-08 21:02:44
3年前のサイクリングではドングリが気になっていましたが、今は確実に栗の方が興味があります。

他には、年齢より若く見られたいか、大人びて見られたいかも大人と子どもの境い目かと考えます。

コメントを投稿

自転車」カテゴリの最新記事