山と自転車

熊本県在住。
最近は、自転車メインで書いています。

女性だけでパンライド

2015年11月29日 19時45分00秒 | みんなと走る
昨日は休みだったので、女性5人でサイクリングに行ってきた。


気温は最高気温9℃、最低気温1℃。
冬用のジャージ+半袖のインナーを着て出たら、寒かったので引き返して長袖のインナーに着替え直す。
そのお陰で、集合場所に間に合わなくなり、車載で出掛ける。


本日のメンバーは、ショップの先輩ちあきさん。
自転車歴6年くらい。お姉さんタイプ。

1008嫁さん。
ゆるふわ天然系。自転車歴2年くらい。

ブログに初登場の久美さん。
30代。別ショップの方。ちあきさんと1008嫁さんの友達。
自転車歴は私と同じくらいかな。

ブログ初登場の桃さん。
20代。自転車歴1年。
同じショップの後輩。
先日ショップの先輩の紹介でお会いして、その時にあんまり道を知らないと言われていたのでお誘いした。




8時に待ち合わせ場所(クレア)から出発。

本日の目的地は山都町のパン屋さん。



山都町まで、以前イケダさんに教えてもらったコースが、上りも交通量も少なかったので、そのコースで行こうと思う。


言いだしっぺなのに、あんまり道を覚えていなかったので、一番頼りになるちあきさん先頭で、ひとまず甲佐町役場まで行く。

平地巡航25~27km/hくらい。


甲佐町役場先から左折したら、走りたかったコース(県道220号線)に出た。
そうそう、この道!


そして緑川沿いをずーっと走る。



分岐点では、長女力のあるちあきさんと私で地図を確認。

他の3人は長女力を持ち合わせていないので、何かあった時は愛嬌を振り撒く係に任命。


地図を見て、「こっちに行ってみよう」と言うと、みんなも「行きましょう」と同意してくれる。



景色の良い所では停まって、みんなで「わーっ」と眺める。



そして狭くても、荒れていても、どんどん進む。



自転車歴1年の桃さん。
ハァハァ言いながらもピタッと後ろに付いているので、先輩の意地で絶対抜かれないように頑張る。

桃さんが言うには「同じ上りなのに、ちよさんは楽そうに見えました」とのこと。
…ふふふ。平気な振りして走る作戦大成功。


それにしても桃さんは可愛い。
健気に付いてくるところと、声をかけると、「ハイッ」と返事するところが特に可愛い。
…私も20代の頃は素直で可愛かった事をここに報告する。





この道は、県道219号線。

通るはずではなかったけど、車が少ないし、上りも程ほどでみんなでいい道見つけたねーと話す。



ここは真っ直ぐ進む。


久美さん、いつもニコニコ笑顔で活発な印象。
そして安定感・安心感のある走り。


1008嫁さんは上りでは遅れるが、前より断然速くなっている。


そして218号線に突き当たり、左折。




11:45 山都町のパン屋さん、チポリーノに到着。

クレアから40kmくらい。


パンを4つ購入し、2つお店で頂く。

大人気らしい「たこ焼きパン」


自転車で行くと貰える特典。

いつもありがとうございます。


この後すぐに昼食を食べに行く予定だけど、お店の方が「まだ食べると?」とビックリしてはいけないので、この事は秘密にして出発。



1時間くらい走って、この看板を左折。


矢部野ファームに到着。


パンを食べたすぐ後だけど「地鶏は別腹」

地鶏のタタキ。


親子丼。


味噌汁、漬け物が付いて、1000円。
旨いし安い。

もちろん全員全量摂取。
美味しかった。
ごちそうさまでした。
お店のご主人がちょっと毒舌で面白い。
例えると泉谷しげるタイプ。
ご主人の対応は、愛嬌を振り撒く係3人に任せる。


食後みんな眠くなってきたが、最後まで安全に走りきろう、と気合いを入れ直す。


そういえば1008嫁さんがGPSで1008さんの居場所を確認されている。
本日旦那さんの1008さんが私達と同じようなコースを先行されているらしい。
これは偶然か否か…。


帰りは、マミコゥロード経由でクレアまで走り、途中桃さんの立ちごけに巻き込まれる…。(・Θ・;)
でも可愛いから許す。
そして16:25ゴール。

また一緒に走りましょうね、とお別れ。

背中のポケットに入れていたパンを見ると、予想していたけど潰れていた。

これパンライドあるある。
パイ生地のパンを持って帰った子もいたけど、大丈夫だったかな。


走った距離:70km
他の方は自走なので、みなさん100kmくらい。
コメント (32)

ツールドおおすみ2015

2015年11月23日 15時28分03秒 | 自転車イベント
昨日は「ツールドおおすみecoサイクリング大会」だった。
この大会は昨年に引き続き2回目の参加。
ちょっと遠いけど、コースとエイドが良いので、今年も参加する。
今年も昨年と同様で、Aコースおおすみロングライド110kmにエントリーした。



前泊で鹿児島の鹿屋市入り。
昨年はここまで4時間かかったけど、今年はあんまり休憩せず車を走らせ3時間で到着。
私も頼もしくなったなぁと思う反面、またこれで一人で生きていくスキルがアップしたと複雑な気持ちになる・・・。

でもせっかくホテルに泊まったのに、2時間ごとに目が覚めてあんまり眠れなかった。
早々に準備をしてスタート会場の「かのやバラ園」へ行く。

時間があったので車の中で30分くらい仮眠して目が覚めると、私の車の前後を執拗に見ている人がいる。
不審者かと思ったら、ぴなもんさんだった。
ちよさんの車かなぁと思って確かめていたそうだ。
ジャージ姿しか見たことなかったので、誰だかわからなかった。


ぴなもんさんは今年3月のサイクリング大会で初対面して、9月に行われた「やまなみドリームライド鬼のやまなみ」で付き添って走ってもらった。

やまなみドリームライドは上りが多くて、ヘロヘロになってぴなもんさんに情けない姿を見せたので、本日はそれをどうにか挽回したいと密かに思っている。




8時から開会式。
鹿屋市の市長さんもサイクリストで、本日はBコースに参加されるそうだ。
市長さんがサイクリストっていいなぁ。


本日の参加者は、全コース合わせて830人。



こちらの方々は大会のサポートライダー。
「気軽に声をかけて下さい」とのことで頼もしい。

黄色いジャージは鹿屋体育大学の自転車競技部
この選手達と一緒に走れるのも、この大会の魅力の一つ。
昨年は一緒に走るほど余裕がなかったので、今年は一緒に走りたい。



8:30に一斉にスタート。



ぴなもんさんの後ろに付いて走る。


一斉スタートなので、スタートしてしばらくはサイクリストで渋滞。


そして徐々にバラけていく。



ぴなもんさんは「自分は遅いから」と言われていたが、ずっと30km/h前後のペースで前を走って下さった。

みんな自分のことを遅い遅いと言うけれど、結局はみんな速い。



スタートして10kmくらいで、最初の上りが始まる。
私の事前調査では、この最初の上りさえ終えたら、後は楽に走れる。



誰かが「自分の得意なものを伸ばすっショ」と言われていたので、苦手な上りは体力温存走法で回避し、上りが終わったら平地は全力で走ろうと思う。


上り坂で苦悶に満ちた顔をして走っていると、追い越し際に「ちよさん?!」と二度見され、「ブログ見てます」と声をかけていただいた。
もしかして、コメントもらったいぶすき太郎さん?
でも腹は出ていなかったので、違う人かもしれない。
声をかけていただき、ありがとうございました。



ふぅー。
9:55、無事に上り坂を終えて、スタートから25km地点の最初のエイドに到着。

昨年同様パンやおにぎり等、たくさんの食べ物が準備されていた。



ここのエイドでも、「ちよさん」と声をかけてもらった。
お見かけしたことあるなぁと記憶を辿ると、熊本のおじさんサイクリストで結成された「チーム03」のナワさんだった。
チーム03のブログで何度もお顔は拝見していた。


ナワさんの年齢は恐らく50才代かな。
穏やかで優しい方だ。
…それにしても、ぴなもんさんはおにぎりがよく似合う。


未来のスターと一緒に写真を撮ってもらう。



そして再スタート。
ぴなもんさんがちょっと弱ってきたので、ここからしばらくナワさん先頭で走る。


チーム03のメンバーはみなさん速いのだが、ナワさんも速かったー。
昔マラソンをされていたそうだ。



今日は降水確率60~70%だったが、ほとんど雨は降らず寒くもなく快適に走れた。

霞んでいるが、奥に開聞岳。
また今年も見ることが出来て、幸せ。



途中でぴなもんさんの友達で、宮崎のブロガーなもさんグループに追い付く。

なもさんとは3月のサイクリング大会で初対面した。
今回の大会では、上り坂でいつも追い越され、追い越し間際に励まして下さった。
ありがとうございました。




そして、12:10。
スタートから66km地点の昼食会場に到着。


激坂は最初だけと思っていたが、私の勘違いで、ちょいちょい激坂のアップダウンがあった。
帰りはまた同じ道を折り返すんだなぁーと頭をよぎったが、先のことは考えない。私はそうして生きてきた。



昨年同様豪華な弁当。




今年は九州最南端の佐田岬まで行きたかったのだが、佐田岬はサイクリング大会のコース外だし、猪や猿が多くて安全は保障出来ないそうだ。
迷惑をかけたくないので、行かないことにした。


昼食を食べて、折り返しコースを走りながら後ろを振り返る。
恐らくあそこが佐田岬。




そして先ほど一緒に写真を撮った鹿屋体育大学の一年生を発見。


次のエイドまでみんなで付いて走る。


大学生はずっと一番重いギアで走られていた。
さすがだなぁ。



そして、私はアップダウンで脚が削られ、徐々に遅れ始めた。


ナワさんは私が遅れると少しペースを落として私が追い付くのを待ち、追い付いたらじわりと速度をあげられる。


これを何度も繰り返され、もう限界。
楽しいサイクリング大会でここまで必死なのは私だけではなかろうか。

お二人には「先に行ってていいですよー」と言うが待っていて下さる。
「先に行ってていいですよ」は建前で、その言葉の裏には「一人でゆっくり走らせて下さい。もう勘弁して下さい」の意味が込められている。


…結局その後も3人で走り、エイドをすべて制覇し、



そしてラストの坂を2ヶ所clear。
ゴールする前に名残惜しい気持ちで、3人でバラ園からの景色を目に焼き付ける。


そして3人揃って15:15ゴール。

結構飛ばしたのに、昨年とほぼ同時刻でのゴールだった。



ゴール後、ぜんざいをいただき、


ステージで行われているじゃんけん大会に参加。



じゃんけん大会では勝つこともなく、椅子に座って遠目に眺めながら今日一日を振り返る。
折り返し地点で80代のお婆さんが「また来年もおいでー」とみんなに手を振っておられたのを思い出すと、ジーンとくる。
60代の女性が車の後部座席から身を乗り出し、「ガンバレー、ガンバレー」と大声で声援を送られていた。人のことをあんなに一生懸命応援できるって凄いと思う。


帰る間際に素敵な光景を見かけた。


仲間に背中を押してもらいながらゴール。
支えてくれる仲間がいるっていいね。
お疲れ様でした。


私も今回のサイクリングでたくさんの方に支えていただいた。
ぴなもんさん、ナワさん、その他一緒に走って下さった方々、大会スタッフのみなさん、地元の方々、ありがとうございました。
サポートカーもたくさん巡回されており、安心して走ることが出来た。

参加賞。




・・・帰り際、ぴなもんさんがなかなか言わないので、自分から切り出す。
「私の今日の走りはどうでしたか?」

そうしたら、この前のやまなみドリームライドと見違えるほど良かった、とのこと。

あーやっぱり。
自分でも今日はいい走りが出来たとは思っていた。
ローラー練習で脚を動かし続ける習慣がついたのが良かったのかもしれない、とペラペラしゃべり、スッキリしてぴなもんさんとお別れする。
ふふふ。



帰りは道の駅垂水の温泉に入って、お土産を買って帰宅。


走った距離:112km



ブログにコメントをくださり、この大会に参加すると言われていたzunzunさんといぶすき太郎さんとは会えなかった。
でも自転車を続けていれば、いつか会えると思うので、それまで楽しみはとっておこう。
コメント (48)

カレーを求めて

2015年11月15日 23時11分27秒 | みんなと走る
今日は休み。
「ツールドおおすみ」の練習と、行きたいお店があったので、千秋さんに付き合ってもらった。

千秋さんはショップの先輩で、確か一つ年上。
私のお姉さん的存在だ。


ひとまずショップの朝練に便乗して、俵山へ向かう。



朝練には、このブログにコメントを下さるkouさんも来られていた。
ショップの朝練に行くと、いつも誰かに会えるから嬉しい。

kouさんは癒し系若者。
昨年秋のショップのサイクリングで初対面した。
Kouさんは成長が著しい。
ローラーもされているので、どんな練習をされているのか教えてもらった。


ショップのスタッフさん先頭で、巡航速度25~30km/hくらいで走り、俵山方面へ。
朝練のペースは参加者に合わせて、スタッフさんが調整される。


千秋さんとは同じくらいのペースと思っていたが、上りで少し離れてしまった。







本日kouさんが朝練に来られた目的は、俵山タイム計測のためだそうだ。
だけど本日は久々の自転車だったので、体調が万全でなくタイム計測は延期するとのこと。
そういう日もありますよね。


その後、朝練チームと別れて、千秋さん、kouさんと俵山展望所を目指す。
kouさん、体調が万全でなくても、もちろん先行される。


展望所で話していると、Mさんが来られた。

Mさんとはこの前の仮想サイクリングでご一緒したばかり。
奇遇だなぁ。


ここでkouさんと別れて、Mさん交えて3人で走る。
俵山を下り、久木野方面へ走る。


Mさんと千秋さんが交代で前を走られて、私は体力に不安があったので密かに体力温存に務める。




南阿蘇道の駅「あそ望の郷くぎの」でおやつタイム。
私とMさんはタピオカドリンク。


千秋さんはクレープ。



Mさんはツールド佐伯Sコースに出られたのでその話や、美味しいお店など教えてもらう。

そして、Mさんは用事があられるので、ここでお別れ。



その後は二人で根子岳方面を目指して走る。

今回の目的地は、この前見つけた鍋の平キャンプ場近くにあるカレー屋さん。

千秋さんは一度行ったことがあるそうだ。


根子岳を目印に走って、無事に到着。


でも閉まってる…。





だけどお店の方がおられたので、声をかけたら開けて下さった。
天気が微妙なので、お店を開けるか迷っていたとのこと。
声をかけて良かった。


お店は「Garden cafe YAMA」
住所:高森町上色見3-22
電話:090-8538-3652
営業時間 8:00-17:00
雨天休業とのこと。



メニュー。



前菜は、リンゴのサラダ。(マヨネーズ和え)


ポテトサラダに入っているリンゴは苦手。
でもこれは食べていたらだんだん慣れてきて美味しかった。

ビーフカレー。本日はご飯がないとのことで、ナンでいただく。


キーマカレー。


美味しいです。

この前、店の前に居た犬。
名前はローズ。
9歳。人間で換算すると52歳。


大人しくて、お利口で可愛かった。


犬と戯れながら、長々と寛ぐ。


帰りは裏俵山経由で帰る予定だったけど、やっぱり一番楽なルートで帰ろうと二人の意見が合い、なるべく上らなくていいルートで帰る。

帰りは向かい風だったが、千秋さんが向かい風に負けずガンガン走ってくださった。


千秋さんから長女力を感じたので、もしかして長女ですか?と訊ねたら、やはり長女とのこと。
頼もしい。

その後は長陽大橋経由、瀬田線を通る。



そしてローテーションの練習。
「二人で一人」の、パーマ先輩と無口先輩(弱虫ペダルより)の気分で走る。

(イメージ)


まだ行きたいお店があるので、付き合ってもらおう。


走行距離:100km
コメント (18)

ローラーで仮想サイクリング

2015年11月10日 21時50分00秒 | 自転車
先週密かにローラー台を買った。

ミノウラ MoZ-Roller
参考価格35000円。



ローラーには興味はあったが、自分が飽きっぽい性格なのはわかっていたので、買ってもやらない気がして買うのを躊躇していた。

それから私が自転車一年目の頃、ショップの先輩が3本ローラーでもがいている時、ローラー台を踏み外して部屋から庭に飛び出したという話を聞いていたので、ローラー台に対して恐怖心があった。
先輩の部屋は1Fだからいいけど、私の部屋は賃貸マンションの最上階だ。
窓から外に飛び出したらシャレにならない。



でもなかなか自転車に乗る時間が取れないので、ローラー練を始めることにした。


ブログで知り合ったイケダさんが、
「3本ローラー初めて乗ったけど、簡単だったよ」とどや顔で言われていたので、自転車後輩のイケダさんが乗れるなら私にも乗れる自信があった。


…。
このブログを通して知り合ったイケダさんだが、今月転勤で東京に行ってしまった。
(´;ω;`)

何度かサイクリングをご一緒させていただいた。
短い間でしたが、ありがとうございました。
イケダさんの益々のご活躍をお祈りする。





そして初めての3本ローラー。


壁にもたれ掛かりながら乗ればいいよと聞いていたので、その通りにやって無事に乗れた。

最初はふらついて怖かったし、肩や上腕が硬直してガチガチだったが、だんだん慣れてきた。
手元を見ず、前の方を見た方が安定することがわかった。



ただ飽きる。
5分で飽きてしまった。

5分で飽きるなんて、やる気あるのかと思うかもしれないが、私は人が思う以上に飽きっぽい。

最近朝寝坊の遺伝子が発見されたらしいが、朝寝坊が遺伝子のせいと言うのなら、飽きっぽいのは確実に遺伝子の問題だ。


ローラー練習している方に、飽きないコツを聞いて回る。
テレビを見ながら、ラジオを聴きながら、動画を観ながら、コースや走っている自分をイメージしながら等など。


色々試しながらも今まで乗車最高記録10分だったが、今日4回目にして初めて30分乗ることが出来た。

今日のローラー練のお供は、YouTubeにアップされていたサイクリング大会の動画だった。



知り合いの方がサイクリング大会の動画をアップしておられるので、自分がその人になりきって走っているのをイメージする。



これは、雨の日のあるサイクリング大会の動画。


映っているのは、同じショップのMさん。
まるでMさんと一緒に走っているかのよう。

辛くなったら、Mさんに「キツいねー」と話しかける。


撮影している方が速いので、バンバン追い越して走る。
上り坂で他の参加者を追い越す時に、「お先にー」とか「頑張って」とか思わず言ってしまう。


仮想サイクリングは、上り坂もスイスイで気持ちいい。


そして、初めて30分達成。

※パソコンが止まったため、1回自転車を降りています。




前回のブログに、
「平日しか休みがないのでサイクリング大会やレースに出られない」とのコメントがあった。

ローラーでの仮想サイクリングはまるで大会に出ているかのよう。

動画に映っている人達に声を掛けると、より一層気分が盛り上がる。
ローラー練を終えた後の虚しさもそんなにない。



今後は2-3日に1回のペースで、ローラー練しようかなと思っている。
コメント (34)

HSR6時間耐久レースの応援

2015年11月08日 19時37分00秒 | 自転車
今日は休み。
前々から今日の天気予報は雨になっていたので、ショップの方とHSR6時間耐久レースの応援に行くようにしていた。



そして今日朝起きて、外を見たら晴れている。
あぁこんなことなら、もっと早起きして自転車に乗れば良かったと、遅く起きたことを後悔する。


一旦私服に着替えたが、自分の性格上自転車に乗りたい気持ちを抱えたまま応援に行くと不機嫌になりそうだったので、ジャージに着替え直して少しだけ乗ってきた。


30分間15km。
でもこれで自転車に乗りたい衝動は落ち着いた。
これで優しい気持ちで応援出来る。


そして、予定より遅れてシラーッとした顔をしてHSRの応援に行く。


このレースは、個人でもチームでも参加可能。
10時スタートで、16時終了だ。
個人で同じコースを6時間走り続けるのは大変そう。


今日のレースには、ショップの先輩Fさん、ダンディーN川、ブログでコメント下さるラリィさんがそれぞれ個人で出られる。


ラリィさんとはおよそ2年前、サイクリング中に見かけて、それからコメントを頂くようになった。

ラリィさんの顔をはっきり覚えていなかったが、このメッセージを見て手を挙げて下さった。





一通りレースを見たら、なんかお腹が空いてきた。

今日はレース会場のすぐ隣が賑わっていて、大津町の「からいもフェスタ」が行われていた。
…行くしかないでしょう。





ショップの先輩方とご飯を食べながらのんびり観賞。


自転車は乗るのも応援も楽しいね。




途中からラリィさんの姿が見えず、ピットに探しに行くと椅子に座って寝ておられた…。( ̄Θ ̄;)


3時間で酸欠になったとのこと。
最初に飛ばしすぎたようだ。
…お疲れ様でした。

ラリィさんと今回初めて生でお話して、コメント通り面白キャラの方だった。


ラリィさんの独身をこじらせた原因は、このシール(Perfume)とのこと。

なるほど。



ショップの先輩方はまだまだ走っておられる。


同じペースで淡々と走るダンディーN川。
ダンディーN川は昨年このレースで入賞された。


ダンディーN川を見て、自分が初めてショップのジャージを着たときの気持ちを思い出した。
仲間が出来て嬉しかったあの時の気持ち。
思い出させてくれて、ありがとう。


そして6時間終了。
途中から補給を渡したりして、楽しかった。

今年はショップの方の入賞はなかったけど、無事に走り終えて何より。
今日は蒸し暑かったので、大変だったでしょう。
お疲れ様でした。


みなさんの走っている姿を見て、やる気が出た。
ショップの方と、「来年みんなで出ましょう!」と盛り上がり解散した。
コメント (23)

今日も現状維持走

2015年11月03日 16時58分00秒 | 自転車
今日は休み。
前回雲海を見て、やり遂げた感があって、何となく無気力状態。



気分が乗らないけど、今月22日に行われる「ツールドおおすみecoサイクリング」は楽しく走りたいので、ちょっと走っておこう。

そう言えば今年ツールドおおすみのコースが少し変わっている。

今年のコース(画像クリックでルートラボへリンク)



昨年のコース


最初に激坂があるか、中間で激坂があるかの違い。
最初に上り坂があった方が心身ともに楽そうなので、今年のコースの方が良さそう。



9時に家を出る。
ひとまず走って、その時の気分に合わせて行き先を決めよう。


この前と違う経路で適当に走ったのに、また七面鳥の小屋に行き当たった。


七面鳥に縁があるなぁ。
何事にも意味があるとショップの先輩が言っていた。
なので今日の七面鳥との再会にも何らかの意味があるのだろう。

…うーん、何もなさそう。



七面鳥の小屋の近くに、この看板があったので見に行く。


ひまわりに何らかの意味があるのか。

1分咲き。


…うーん。
「あなたは1分咲きだから、まだまだ頑張ろう」という事だろうか。
ちなみに11月下旬が見頃だそうだ。




静かな道を時には頑張り、時にはダラダラ走る。




そして何事もなく、静かに今日のサイクリング終了。
しばらくすれば、またやる気が出てくるでしょう。


走った距離:63km
コメント (21)