山と自転車

熊本県在住。
最近は、自転車メインで書いています。

ツールドおおすみ2014

2014年11月24日 02時03分00秒 | 自転車イベント
11月23日は「ツールドおおすみecoサイクリング大会」だった。
これが今年申し込んだ最後の大会。
今年の大会はどれも天気に恵まれなかったが、今回は大丈夫そう。


前日仕事が終わって、夜に鹿児島県の鹿屋市入りしてホテルに泊まる。
熊本市から鹿屋市まで4時間かかかり、移動でちょっと疲れた。


当日は受け付けが6:30から。
天気予報通り晴れ。
7:30に会場「かのやばら園」に到着。

受付ではゼッケンとICチップ入りのリストバンドをもらった。

これで通過チェックするそうだ。ハイテクだなぁ。

その後駐車場に戻り、もたもたと準備をしているとイケダさんが来られた。
イケダさんはこのブログを読んでいて下さり、前回ツールド南さつまで初対面した。
イケダさんは地元の友達と走ると言われていた。



8時ちょっと前に開会式会場に到着。
今日は同じショップのダンディN川もこの大会に出ると言われていたので、会場を見渡すとすぐに発見。
N川さんが「他にもう一人このジャージの人がいましたよ」と言われるので、探しに行くとMさんだった。
Mさんは昔ショップの朝練で一度お会いしたことがある。
Mさんは50代?
自転車歴5年で、この大会は今年で2回目だそうだ。
やっぱり知っている人がいると安心する。


じゃんけん抽選大会のあと開会式があり、最後に出場者みんなで記念撮影。


この写真は会場に居られた行きつけのショップのスタッフさんからもらった。
スタッフさんは昨日こちらでキャノンデール試乗会があるので来られていた。今日はこの辺をちょっと走ってから熊本に帰ると言われていた。


8:45スタート。
(通常は8:30スタートだが15分押し)


今日の参加者は811人。そのうちAコース(110km)は400人くらいだそうだ。
一斉スタートだったので、信号停止などでゆっくりペース。



そして、最初のエイド(23km地点)に3人で到着。







全部制覇したかったけど、メニューが多すぎて食べきれない。


そしてまた3人でスタート。

お二人には私を置いて先に行ってくださいとお伝えしていたが、一緒に走ってくださった。

遠くに開聞岳が見える。
綺麗だなぁ。別名“薩摩富士”
それにしてもいい天気、暑いくらいだ。

緩やかなアップダウンなので、この辺はずっとアウターで走る。スピードは30〜35km/h。
途中でダンディN川は先行し、
Mさんがずっと私の前を走ってくださった。


開会式で言われていたが、昨年走られた方から「コースが易しすぎる」と意見があり、今年は上りを追加したそうだ。
37km地点に2時間以内に到着すると、その上りのコースに行くことが出来る。
でもその上りが厳しかった…。

ガーミンの調子が悪かったので確かではないが、10%近い上りが2kmくらい。もうハァハァが止まらない。
やっと上りきって下り、その後再び上り…。
さっきよりも厳しい。
私のガーミンでは20%と表示された。
後で聞いたら、17%だったと言われていた。

自転車を押して歩いている人も居られたが、「熊本の山々で鍛えた登坂力、舐めたらいかんよ」とか考えながら、止まりそうなスピードで無理矢理上る。
後で聞いたら、ダンディN川はここをアウターで上ったそうだ…。


そして第2エイド46km地点の浜尻展望所に到着。





こちらでもエイドを堪能する。
この水、ウマー。

景色も最高。




そして次は昼食会場59km地点へ向かう。
結構アップダウンがあって辛かった。


11:30くらいに到着。











こちらも豪勢。
私、残すの嫌いなので全量摂取。

ダンディN川とMさんが脚が攣りそう…と言っている。
ダンディN川は1週間前にフルマラソンを走り、まだ脚の疲れが取れていないそうだ。
Mさんは最近仕事が忙しくて自転車に乗れていなかったと言われていた。
「脚が痙った時は置いていきますよ」と言うと、お二人ともにこやかに「いいですよー」と言われていた。
ここまで一緒に走ってくれたお二人にまさかそんなことする筈がない。
スタートの時より、3人の距離がグッと縮まった気がする。



12:30からまた一斉スタート。
昼食後すぐに上り。

その後は元来た道を戻る。
結構なアップダウンの連続でだんだん太ももに力が入らなくなる。

ちょっと先を走っていたダンディN川が止まっており、先に行っていいとジェスチャーをするので先に行く。
ずっと私の前を走ってくれていたMさんが弱ってきたので、Mさんの前に出る。
でもMさんが遅れ始めたので置いていく。
そして私はそのまま勢いづいて、ラストスパート。


…第3エイド84km地点大浜海水浴場に到着。








遅れたお二人が直ぐにやって来た…。

あぁ今まで助けてくれた二人を置いてラストスパートしてしまった。
今後の人間関係を考えて、お二人には自分の薄情さを詫びる。

私は意味不明のラストスパートをしてしまったので、ここで脚が限界となってしまった。
3人で話し合った結果、「この後は景色を楽しみながら走ろう」という方針を打ち出す。




この後は上り坂は体力温存走法でヨロヨロ上り、平地は流す感じで走る。

Mさんがゴールの「かのやばら園」はあそこですよ!と指差す方を見ると、山の上…。

最後の最後でまた上り…。

最後の上りが始まり、ここも結構な勾配。
スタッフの方々が「もう少し」「頑張って」と大きな声で励まして下さり、どうにかゴール。


ゴール時間は15:20だったかな。




ゴールすると先にゴールをされていたイケダさんがどや顔で待ってて下さった。いつの間に!
また次のイベントで会いましょうとお別れをする。

豚汁。


名残惜しいが、ダンディN川とMさんにお礼を言って、また会いましょうとお別れする。


参加賞はタオル、ステッカー、塩、ドリンク。


私たち、よく頑張ったね。




バラの写真を撮っていると「ちよさんですか?ブログ読んでいます」とほんわか風若者に声をかけられる。
握手してくださいと言われた。(〃ω〃)
ありがとうございます。
またどこかで会えますように。


帰りに道沿いにあった温泉に寄る。
顔が汗でしょっぱい。
替えのパンツを忘れたけど、
ショップの先輩達からパンツを履かない選択肢もあることを教わっていたので、一切動じない。


帰りながら今日の大会を振り返る。
あの激坂には参ったけど、坂を上って見た景色は格別だった。
あのアップダウンの平地は気持ち良かった。
アウター練習のお陰で、多少の上りだったら速度を落とさず、ビュンビュン上れるようになった。

色々考えていたら、あっという間に自宅に到着。



最後に今回もたくさんのスタッフの方々、ボランティアの皆さんのお陰様で楽しく走ることが出来た。
走行ボランティアの方がたくさん居られて、安心して走れた。
エイドも大満喫できた。
どうもありがとうございました。

走った距離:105km(公式では110km)
コメント (23)

岩坂界隈

2014年11月18日 21時50分00秒 | 自転車
今日は同じショップの先輩でブログ友達の道標フェチ『のぶさん』に代わって、サイクリングの時に見かけた道標探索に行く。
綺麗な写真を撮ろうと良いカメラを持っていったが、何故か電源が入らずスマホでの撮影となった。


今日の最高気温は16℃。
長袖薄手のサイクルジャージに薄手のウィンドブレーカーを羽織って出掛ける。


いつもの国体道路を東に走り、瀬田線を西原まで行かずに途中で右折。


「大津空調」の看板から曲がって、


細い路地を上り、


ここを左折すると、楽しいサイクリングロード。
それを敢えて直進する。


エグいつづら折りの山道を上り、(最大14%くらい)


山道を上りきると…


「岩坂経塔(いわさかきょうとう)入口」の道標にたどり着く。



道標には
『ここから西に100m入った森の中に岩坂経塔があります。平安末から鎌倉初の建造と推定される層塔で、地元では「虎御前の碑」「塔西さん」と呼ばれています。北側山麓の「岩坂五輪塔」や坂の登り口の傍らにある小祠とも関連ある史跡とも思われます。』と書かれている。

経塔とは、『経文などを納めた塔』
経文とは、『仏教の経典の文章』
経典とは、『仏の教え、信仰の規範が記された典籍』『ある宗教の根本的な教養などを記した書物』
ふーん。


道標に従い、自転車を押して山道を登る。


ここは…
いきなり後ろから声をかけられたら漏らすレベル…。




これが「岩坂経塔」
正面


向かって右側


背面


向かって左側




お賽銭をあげて自分の幸せをお祈りして、ついでに私の知りうる自転車乗りの無事故と世界平和を祈る。



詳しくはこちら。
岩坂経塔
岩坂五輪塔

あとは適当にブラブラして帰宅。
走った距離:30km
コメント (10)

周回コース

2014年11月16日 01時33分00秒 | 自転車
周回コースを走りに行く。


一周9kmのコース。
10%くらいの上り坂が前半2ヶ所、最後に1ヶ所を含むコース。
20分切るのが目標。

一周目はゆっくりペースで。
二周目はタイムを意識しながら走る。
でもダンシングで2ヶ所目の坂を乗り越えた所で、吐き気を催し、自転車を降りる。
そして嗚咽…。


涙目になりながら、昔二日酔いの吐き気時にガスターを飲んだら一瞬で治った事を思い出す。


3分程で嗚咽が治まったので、残りは流して走り、自転車は二周で終了…。

自転車で走って嗚咽したのは初めて。
徐々に運動強度を上げないと、こうなるらしい。


フウセントウワタ(風船唐綿)
花言葉は「楽しい生活」
…ふーん。

暇なので、運動公園を二周走って帰宅。


走った距離:bike18km
run5kmくらい
コメント (6)

紅葉狩りサイクリング

2014年11月10日 21時20分02秒 | みんなと走る
先週末、同じショップのハヂメさんに誘われて、紅葉狩りサイクリングに行ってきた。

前日は仕事終わりが遅く、寝不足必須だったのでショップの先輩が一緒に車に乗せてくださった。
ありがとうございます。
結局「2時間しか寝ていない」と地獄のミサワ状態で参加となった。

(地獄のミサワより)

朝8時に「はな阿蘇美」に集合。


本日は10人+車でサポートしてくださる1008嫁さんの計11人。
ハヂメさん夫婦、1008さん夫婦、コメント下さるST-さん、羊の夫婦旦那さん、強面先輩、ダンディーN川、のぶさんのブログに出てこられるリトルN藤さんとなべさん(かな?)。

(写真は1008さんより)



今日は人から車載カメラを借りたので、試し録り。

撮影は出来たけど、編集が大変・・・。(ブログアップはまたいつか)


まずは「小嵐山」という山を越えて、ミルクロードに出る。
ここが「小嵐山」の上り口。


最初は緩い傾斜だか、中盤はずっと10%越え。最大14%くらい。
最初はハヂメ嫁さんと二人で先を走るが、すぐに男性陣に追い越される。







この先がミルクロード。
車が殆ど通らなくて安全に快適に走れた。いい道、教えてもらった。



瀬の本。


そして、三愛レストハウスに到着。




ここまで自転車で来るのは初めて。
斜度は5〜6%くらいかな。そんなに急な坂はなかったので、急がなければ楽しく走れる。

1008嫁さんから補給食を頂く。

この黒糖羊羹ウマイ。


ここからハヂメ嫁さん先頭で「牧の戸峠」を目指す。


勾配は想像していたほど急ではなかったけど、ちょうど紅葉の季節だからか車が多かった。自衛隊の車も何十台も通って神経使った。
そして「牧の戸峠」に到着。標高約1300m。

いつかここまで自転車で来ようと思っていたので、念願が叶った。


ここから長者原の方に下りて昼食。ここまで来ると、やはり寒い。


大分名物とり天。(゜д゜)ウマー。


昼食後はお目当ての紅葉とススキの草原へ。





辺り一面、黄金色で圧倒される。
遠くまで脚を運んだ甲斐があった。

筋の湯温泉の足湯に立ち寄る。足先が冷えていたので、超気持ちいいー。



そして、この後が厳しかった・・・。
もう写真を撮る余裕はない。10%越えの道を延々と上る。上っても上っても終わらない。
どうにか限界ギリギリで上り終える。
同じショップのダンディーN川と強面先輩はずっとアウターで走られている。あぁ凄いなぁ。

雲行きが怪しいのと、私とハヂメ嫁さんがもうあんまり上りたくないとリクエストしたので、ハヂメさんと1008さんがゴルゴ13並みの厳しい顔でルートを考えてくださる。

でも結局坂を上らないと帰れない。
こう言う時は心を無にして、ただ脚を動かす事に専念する。脚を止めなければいつかは辿り着く。
延々と続く上りが終わって、体力が回復してきたので先頭に立ちラストスパートを掛ける。
私、最後の最後で見方を欺くタイプ。

後ろをチラチラ見てると1008さんが追い付いて来られたので、1008さんと先頭交代の練習をする。
でもラストスパートが早すぎて、最後は力尽きてしまった・・・。
私、見方を欺いて、返り討ちに合うタイプ・・・。


そして無事に「はな阿蘇美」に到着。
自転車を片付けて、みんなで温泉に入って帰宅。


今回も色んなルートを教えてもらって、ホクホクなサイクリングだった。

ST-さんは確か自転車歴1年と言われていたはずなのに速い。とにかく皆さん速い。
ヒーヒー言いながら坂を上るおっさんは稀少なのか。


とにかく楽しかった。
人との出会いは大事にしないと、と教えてもらった。
ありがとうございました。

コメント (17)

ショップのサイクリングに参加

2014年11月03日 20時23分00秒 | みんなと走る
11月2日(日)はショップのサイクリング&BBQだった。
仕事を休めるかわからなかったが、休めそうなので締め切りギリギリで申し込みに行く。


秋に行われるこの「サイクリング&BBQ」、2年前に初めて参加した。
友達二人で参加して、その時ショップの皆さんにとても親切にしてもらったのが思い出深い。
この時まで、自転車友達が一人しか居なかったが、この日からちょっとずつ知り合いが増えていった。
因みに、この時に一緒に行った女友達はもう自転車に乗っていない。



サイクリング当日、降水確率50%だったので、中止かなぁと思いながら集合場所の阿蘇の坊中に集合。
あんまり雨は降っておらず、予定通り開催されることとなった。


参加者50名くらいかな。
ファミリーコースとロードコースがあり、私はロードコース40kmを走る。



第一エイドのカップルズではリンゴ2種類食べ比べのサービス。

私、リンゴはしっとり系が好きだ。(どうでもいい情報)



この先から、上りが始まる。(途中まで阿蘇望逆走コース)
私の一番弟子コナさんが私に追い付いてきたので二人で走る。


今日はショップの皆さんに新しい自転車お披露目の日。
『ちよさん、奮発していい自転車買ったけど、走りは相変わらずだね(ヒソヒソ)』と言われないように、頑張って上る。


ちょっと先を走っている○kdさんを二人でオラオラと煽りながら上る。
因みに○kdさんは熊本から自走で来られている。

交差点では後続を一旦待って、再び走り出す。


路面が濡れているので、ゆっくり下り、下りきったらその後はほぼ平坦。


平坦区間では、他の方に先行して、赤ジャージ先輩と私、コナさん3人で走る。

平坦区間の向かい風区間は赤ジャージ先輩を風避けにして、30km/hペースで走る。
コナさんには利用出来るものは最大限利用するように、と背中で教える。

最後は皆に追い付かれて、ロードコース40km、無事に完走。


着替えて、第二部のBBQ。


抽選会と、じゃんけん大会。


じゃんけん大会で「豆の木」さんのパンget。




この日、コメントを下さるKouも来られていて、声をかけて頂いた。
ゆっくり話せなかったので、また新年会で会えたらいいな。


ということで、楽しみにしていたこの日が終了。


準備から何から、ショップの方々、ブッチャーKさん、お店の常連さん、お世話になりました。
コメント (15)