山と自転車

熊本県在住。
最近は、自転車メインで書いています。

高森から高千穂へ―ぶらりひとり旅―

2018年06月14日 22時41分24秒 | 自転車
今回のキャンプには自転車を持ってきたので、2日目はサイクリングへ行く。


いい天気。
思わず「最高だぁ」と言ってしまう。


高森峠を上って、


分岐部を右の中坂峠(?)方面へ上る。こちらも「最高だぁ」


国道に出たら、左に行ってこの看板を右。


高千穂方面へ自転車で行ったことがないので行ってみる。
車で3回行ったことがあるけど、どんな道だったか覚えていない。


この道は「ひむか神話街道」と言うそうだ。素敵な名前やん。


「日本三大参道下り宮」って何だろう。


草部吉見神社


普通は山の上に神社があることが多いが、こちらは下った先にあるので珍しいとのこと。


転ぶと危ないので靴と靴下を脱いで、裸足で階段を120段下りて到着。


本殿の右手に別の鳥居があり、「不老長寿の水」の看板。


元々ここら辺は沼地で、沼の大蛇を退治して神社を造ったそうだ。


この大蛇の石像を見て、驚いて心臓がキュッとなった。


ボトルを自転車に置いてきたので、手ですくって5杯飲んできた。


この辺に色んな神社が集まっていてウロウロしていたら、放し飼いの白色の小さい犬に追いかけられたので要注意。



寧静(ねいせい)ループ橋。
雲海が綺麗と案内板に書いてあった。


景色が綺麗過ぎて感動。「最高だぁ」




ここまでの工程はほとんど下り坂だった。
高千穂は山の谷間にある町なんだなぁとこの辺で薄々気づき始めた。


暑いので木陰で休憩。


ひとまず40㎞くらい走って、「高千穂 トンネルの駅」まで来た。





ここから5㎞くらい行くと、高千穂の中心部に行くみたい。
帰りは今まで散々下ってきたこの道をまた戻るのかと思ったら、テンションが下がってきた。



もうちょっとなので進もうと思ってスタートしたら、クリートが固定しない。
クリートのまま歩き過ぎて、クリートが削れて引っ掛からなくなってしまった。
そろそろ交換しないとと思いつつ忘れていた。自業自得だ。

靴が滑って力を入れられないので、左足だけ靴と靴下を脱いで裸足で漕ぐ。


「最高だぁ」と言っていたあの時が、同じ日の出来事とは思えない。


黙々と来た道を戻り、5年くらい前に来たことがある「うま屋」に着いた。


以前食べて美味しかった名物の「山女天ぷらうどん」(680円)を食べる。

山女が骨までサクサクで美味い。

ラストのアップダウンは辛かったけど、うどんのお陰でどうにか帰還。

根子岳に「帰ってきたよ」と言ってみる。


走った距離:89㎞
獲得標高:1517m




翌朝9時にキャンプ場をチェックアウトし、昨日行けなかった高千穂観光に車で向かう。

天岩戸神社




パワースポットの橋。


河原。




道の駅のチキン南蛮定食。1100円。


高千穂神社









ちょうど神楽の舞があっていたので、見れて良かった。
天岩戸神社の宮司さん、巫女さんは無表情で活気がなかったけど、こちらは皆さん笑顔で顔が赤らんで艶々してた。

神社内には大きな杉の木がたくさん。




夫婦杉を、カップルや夫婦で手をつないで3周回ると良いらしい。一人なので一人で3周回る。


高千穂峡



せっかく来たので、一人でボートに乗る。(30分2000円)
ボートが込み合ってて、ボート同士がぶつからないようにテクニックが必要。


とにかく滝の下にボートが行かないように細心の注意を払う。




渓谷だんご( ゚Д゚)ウマー


色んなところでパワーをもらって帰宅。
コメント (16)

休暇村南阿蘇ファミリーオートキャンプ場に2泊

2018年06月14日 20時37分43秒 | キャンプ
2連休だったのでまたソロキャンプしてきた。
今回は阿蘇郡高森町の「休暇村南阿蘇ファミリーオートキャンプ場


2連休の前日昼に仕事が終わったので、車にせっせと荷物を積み込み出発。

まずはキャンプ場近くの「高森温泉館」へ行く。

キャンプ場から400mくらいの所にある。
広いし綺麗だし値段も安くて良かった。(大人300円)

根子岳がすごく近くに見える。



温泉の後に近くのダイレックスで買い物をして、休暇村南阿蘇ホテルのフロントへ受付へ行く。

通常はキャンプ場の管理棟で受付をしているが、お客さんが少ない時はホテルで受付をしているそうだ。


初めてのキャンプは夕方に行って朝帰ってきて、ゆっくりする暇がなかったので今回はこちらのキャンプ場に2泊する。

今は梅雨時期なのでお客さんが少なく、本日の利用者は私一人だけだった。
ホテルの方々がみなさんが「一人で大丈夫ですか?」と心配されるので、「何回も一人でキャンプしているから大丈夫です」と嘘をつく。
「何かあったらすぐホテルに電話してください」とのこと。



キャンプ場の管理棟。






コインランドリーがあるので、連泊には便利。



キャンプ場はかなり広かった。
常設テントサイト。


綺麗なトイレ。


炊事場。




私は持ち込みテントサイトの「シジュウカラ―7番」へ車で行き、荷物を降ろす。

ホテルの人がトイレと炊事場に近い場所を指定してくださった。

初キャンプの時、道具がどこにあるのか探すのにいちいち手間取ったので、ケースを買って整理整頓してみた。


そしてテント設営完了。( • ̀ω•́ )





通販で注文していた焚き火台は届くのにあと2週間かかるとのことだったのでキャンセルして、スポーツデポで一人用のBBQ台を買った。
燃えそうな枝を拾ってきて火を付ける。


この前と一緒で「焼肉ピーマン」

このピーマンは普通のピーマンより苦みがないので最近嵌っている。

のこぎりで落ちていた枝を切って燃やす。


日が明るいうちから焚き火を始めたので、夜まで火を持たせるのが大変だった。


すごく眠かったので、21時に就寝。




翌朝5時、カラスの鳴き声で目が覚める。
すごく近くで聞こえたので、テントの周りをカラスに囲まれているのではないかとビクビクしたが、カラスはどこにもいなかった。


蜘蛛の巣と小さい虫が朝日に照らされキラキラ光って綺麗。


でも阿蘇の朝は寒い。
半袖しか持ってきていなかったので、タオルケットを肩に引っ掛けて寒さを凌ぐ。


朝食は、最近嵌っている焼きビーフンを作ろう。


でも焼きビーフンの素を家に忘れてきたので野菜炒めとなった。



今回は自転車を持ってきたので、ここからサイクリングへ行く。
(高森から高千穂へ―ぶらりひとり旅―)

9時に元気に出発し、18時にヨロヨロしながらキャンプ場へ戻る。
戻ったら、遠くにもう一組お客さんがおられた。


車で温泉に行き、ダイレックスへ買い物に行く。
初日ダイレックスに寄った時に買った890円のTシャツを着ていたけど、誰も気づいていないようだ。



色々買ったけど、レモンサワーとキムチとプリンを食べる。


今日は疲れているので、焚き火は止めておく。
でも疲れているはずなのに、なかなか寝付けなかった。
星空を見忘れていたので、外に出て空を見る。
星は程々。
遠くで楽しそうな笑い声が聞こえる。


朝5時に目覚め、カップラーメンとプリンを食べて片付けを始める。

無洗米を持ってきたけど、今回は米は炊かなかった。



片付けが終わったら、キャンプ場の周辺の遊歩道を歩く。




2泊だとゆっくり出来てよい。


9時にホテルのフロントに挨拶をして退場する。


メモ
【休暇村南阿蘇ファミリーオートキャンプ場】
住所:阿蘇郡高森町高森3219
電話:0967-62-2111
予約:要
営業期間:4月~10月
チェックイン:13時~18時
チェックアウト:11時
外出は21時まで
利用者が多い時は管理棟と売店は開いている
自販機あり
コインランドリーあり
温泉は近くの「高森温泉館」
スーパー近くにあり
直火禁止
ゴミ持ち帰り
コメント (12)

初ソロキャンは「菊池高原ファミリーキャンプ場」

2018年06月05日 20時19分57秒 | キャンプ
着々とキャンプの準備を進め、ある程度物は揃った。
注文中の焚き火台がなかなか届かなくて、もう待ちきれないので焚き火なしでソロキャンプに行くことにする。

ソロキャンプ先輩方にお勧めのキャンプ場や山情報を教えてもらったり、自らネットで情報収集を行ったりして、最終的に広くて木陰が多くて人が少ないらしい「菊池高原ファミリーキャンプ場」を私のソロキャンプデビューの地とした。( • ̀ω•́ )


午前中仕事を終え、キャンプ場に電話して開いているか確認し、家でお風呂に入ってから出発。
菊池市内の「キャニオンスーパービッグミカエル」で買い物をして、387号線の「水の駅」を過ぎて、上津江方面・小国方面へ左折して、このキャンプ場の看板から左折。

ここに着くまで、場所を勘違いしていて全然違う方面を30分ほどさ迷ってしまった。
カーナビで行くときは、キャンプ場の住所(菊池市原鉾の甲4784)を入力した方が確実に行ける。


狭い激坂を上って、ここを右。




18時にキャンプ場に到着。


案内板。


案内板の向かいにあるのが管理棟。


名前、住所を記入。
車一台2000円、大人1人500円。
受付で管理人さんより「恐らく本日のお客さんはあなた一人です」と告げられ、ラッキーと思う。



キャンプ場は第1~第3まであって、ここは管理棟前の第1キャンプ場。


炊事場。


シャワー(鍵が閉まっていた)


トイレ(汲み取り式)

管理棟の水洗トイレも使ってよいとのこと。


場所はどこでもいいそうなので、景色が良さそうな一番上の第3キャンプ場へ車で上る。


初めてのテント。一応家でテント設営の練習はしてきた。

手前からポール、ペグ、インナーテント、フライシート、袋。
下のグレーのシートはテントの下に敷くシート(グランドシート)。

到着が遅くなったので、日が暮れる前に終わらせねばとちょっと焦る。(・Θ・;)


大人になってからテントで寝るのは初めてなのでドキドキワクワク。

ポールは中にゴムが入っていて、ゴムが縮む力でポールがスポッと嵌まってあっという間に一本の棒になる。(`•ω•´๑)テキパキ


赤のポールには赤のフック、シルバーのポールにはシルバーのフックを引っ掛ける。(`•ω•´๑)テキパキ




30分くらいで完成( • ̀ω•́ )ドヤ


テントは二人用サイズにした。
一畳くらいの広さ。

ユーチューバーがペグは良いのを買いなおした方が良いと言っていたので、そのうち買いなおそう。


口で空気を入れるタイプのマット。シングルベッドの半分くらいの大きさ。

20回くらい空気を入れたらパンパンになった。

寝袋はmont-bell(#3)。
職場の御曹司が海外留学するから要らないと言われ、一回しか使ってないそうなので貰った。



夕食は最近のマイブーム「焼肉ピーマンの塩コショウ風」。( ゚Д゚)ウマー

※しばらく自分の中で牛肉禁止にしていたが、いとも簡単に解禁した。

お決まりのビールを飲んどこう。


直ぐに日暮れ。
ヘッドライトを付けていたら、手足の長い虫がライトに向かって飛びかかって来たので、ヘッドライトは危険と判断し速やかに外す。





すっかり暗くなった。
明日は雨なので、星は少しだけ。
LEDランタンを持って周りの森をぐるーっと照らす―。



何も見えなかったから良かったものの、この行為は一気に恐怖に陥るので止めた方がよい。

余計なことをしてしまったと後悔しながら急いでテントに入り、テントのファスナーをジャーッと閉める。
映画の「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を観た身としては、一人でテント泊出来る気がしなかったが、テントに入ると全然怖くなかった。


平坦なところを選んでテントを張ったつもりだけど、少し斜めになってて寝にくい。
第1ャンプ場の方が平坦だったけど、眺めの良さで第3にしたのでこれは仕方がない。

テント内ではラジオを聴いて、


読書(3ページ)して、23時くらいには寝ていた。




寝にくさと腰痛で4時半に目覚め、何度も寝返りをする。
7時にテントから這い出し、トイレに走る。
トイレは真夜中でなければ怖くない。
クロメマトイは多いが、虫を気にしていたらキャンプは出来ぬ。

天気予報では10時頃から雨なので、その前にテント撤収。


必要なものだけ持って炊事場に移動。
ラジオを聴きながら朝食(昨日の肉ピーマン残り)を作り、カットスイカを食べる。





ドリップチャンピオンに習った通りの方法で食後のコーヒーを淹れる。

①茶色いペーパーフィルターは、一度お湯を通した方が紙臭さが取れてよい。

②お湯でコーヒーを湿らせ、15秒蒸らす。

③85℃(熱湯でなく)のお湯を最初少しずつ小さい円を描きながら注ぎ、後半は太い線で一気に注ぐ。

④この泡はコーヒーのアクなので、コップ内に落ちきる前に捨てる。
⑤コーヒーは苦味と酸っぱ味が分離しているので、混ぜてから飲む。


習った通りにやったけど、今日は酸っぱさ強めで余り美味しくなかった。
コーヒーは実に奥深い。


9時半頃から雨がポツポツ降りだした。
コーヒーを飲みながら考え事をする。
今日のテーマは「シリコンはなぜ熱に強いのか」
シリコンについて何の知識もないので、答えは出ず。


今回のソロキャンで焚き火以外はやりたいことを全う出来た。
小心者の私にとってソロキャンプはハードルが高かったが、やってみたらすんなり終わった。
車で行くと実に楽で良い。
この荷物をリュックに詰めて自分で運ぶとなると大変そう。
山登りでテント泊をする時は、如何に荷物を減らすかが鍵となるのだろう。


10時半に管理人さんに挨拶して退場する。
やはりお客さんは私一人だったようだ。
一人だったけど、管理人さんが常駐しておられるので、何の不安もなかった。
景色もよく伸び伸びやれたのでまた来よう。

【メモ】
「菊池高原ファミリーキャンプ場」
住所:菊池市原(行き方は記事内参照)
電話番号:0968-27-1228
予約:しておいた方が良い
チェックイン10時、アウト14時(連休中はチェックイン12時、アウト10時)
営業期間:4月~11月。期間中管理人さん常駐
売店なし
自販機なし
シャワーあり(故障中?)
温泉:一番近い温泉 岩倉(営業時間10時~20時)
水・炭・薪あり(売り切れの場合あり)
レンタル:毛布、コンロ、網、テント
直火禁止
ゴミ持ち帰り
コメント (18)