中華街の魅力

齋藤修と多くの人が中華街情報を共有する場となることを期待いたします。最近中華街にあまりいけず、データーを整理しています。

最近「烤魚」という焼き魚の四川風「激辛鉄板煮込み」が中華街では出ている。関帝廟・天外天。

2019-01-19 06:58:48 | 関帝廟通

 海鮮・四川を得意とする店舗にはで出居る場合が多いが、多分中国でも東北地方まで多くある料理かもしれない。鉄板で火鍋とのコラボもあるらしい。この寒い時期、体が温まるような気がする。天外天は、海鮮料理が好きな人には最適な店。テイクアウトも多くある。色々工夫する店舗である。お粥もこの時期おすすめらしい。

 

 

 

 

 

 

 

烤鱼-カオユ  https://www.wowneta.jp/news-read/8817.html
四川省で生まれた淡水魚を使った火鍋のひとつが「烤鱼-カオユ」です。
香ばしさと唐辛子の辛さが相まって、中国の様々な場所で愛されています。
この「烤鱼-カオユ」は、まず炭火で魚を炙り、辛いスープの鍋に入れてそのまま煮込みながら魚と中の野菜を食べていきます。
基本的に辛い味付けが基本的なのですが、お店によっては黒胡椒味などの辛くない味付けもあるので、辛いのが苦手な方でも食べることができます。
魚はかなり大きなものを使うため、最低でも3人か4人かで食べることがオススメです。魚はかなりのボリュームがあるので、それだけでもお腹いっぱいになるのですが、野菜も別に注文することができ、魚を食べた後には火鍋のように様々な野菜を食べることができるようになっています。
シメには麺類を入れて食べるのが一般的ですが、だしがよく効いていてとてもおいしく食べられます。
大勢でシェアをすればかなり安く食べることができますので、大勢でワイワイいいながら食べると良いかもしれません。


コメント   この記事についてブログを書く
« 横浜中華街秋2018 中山... | トップ | 横浜中華街秋2018 中山路 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

関帝廟通」カテゴリの最新記事