水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

岩手県サケ漁獲速報(11月10日現在) 98.4万尾・9.2%増、15億4千万円・36%減

2018-11-14 11:27:17 | ニュース

 岩手県沿岸で漁獲される秋サケは、11月に入って失速し、前年並みの低水準な来遊にとどまっている。

 岩手県農林水産部水産振興課によると、11月10日現在の秋サケ漁獲(累計)は、98万4千尾(前年同期比109.2%)、2,617㌧(同100.7%)、15億3,900万円(同64.5%)、平均単価724円(同69.0%)、平均目回り2.66㎏(同92.1%)。

コメント

網走管内サケ・マス漁獲(11月10日現在)サケ916万尾・34%増、金額205億円・23%減

2018-11-14 11:26:47 | ニュース

 網走管内(雄武〜ウトロ漁協)の秋サケ漁獲は、11月に入り最終盤を迎えている。上旬の漁獲は24万尾、747㌧にとどまっており、勢いを無くしている。

 網走海区漁業調整委員会によると、11月10日現在の秋サケ漁獲は、916万957尾(前年同期比134.2%)、2万8,625㌧(同117.1%)、204億9,754万円(同77.1%)。平均目回りは3.12㎏(同87.2%)、平均㎏単価716円(同65.9%)。

コメント

全国のサンマ水揚げ(10月末)9万7千トンで前年比2.1倍、195億円で2割増

2018-11-14 11:22:59 | ニュース

 全国さんま棒受け網漁業協同組合(全さんま)によると、今シーズン10月末のサンマ水揚げ状況は9万6,788トンで前年比112%増と2.1倍。10㎏当たりの単価は2,012円と同42%減。単価安を数量でカバーし、金額では194億7,623万円と同22%増となった。

 北海道は、水揚げ数量5万4,283トンで72%増、水揚げ金額113億2,451万円で前年同、10㎏当たり単価2,086円で42%減となった。花咲は3万9,189トン(60%増)、83億6,969万円(5%減)とわずかに金額で下回ったが、逆に釧路、厚岸の水揚げ量は5千㌧〜9千㌧台と前年比倍増に伸ばし、金額でも10〜20%程度前年を上回った。

 漁場が遠く、魚群に濃淡があり、サンマ漁船の寄港地は分散し、本州の水揚げは4万2,504トンと前年同期の3倍に達し、金額も約82億円と1.8倍に伸びた。

コメント

2018年11月13日(火)発行/北海道漁協系統通信6365号

2018-11-14 11:21:02 | 系統通信

道連合海区漁業調整委員会
秋サケ最終来遊尾数2,300~2,400万尾と予測

道秋サケ沿岸漁獲速報(10月31日現在)
1,930万尾・33%増、406億円・22%減

漁業法の改正案が閣議決定、国会提出

道議会で胆振東部地震の被害・影響調査報告
水産林務関係601件・519億円、林業被害が235億円増
食関連の8割が操業・営業に影響、160社が自家発電導入検討

道総研と北大が魚類養殖をテーマにシンポジウム
閉鎖循環式陸上養殖システムなど最新情報を提供

序盤低迷の道南太平洋スケソウ刺し網漁業
10月末現在2,664㌧、前年同期比63%減

10月分コンブ格付実績(道水産物検査協会)
1万㌧突破、前年同期に比べ1千㌧、11%増

16日、全道「JF共済」推進・専務参事協議会

16日、噴火湾周辺地区「藻場ビジョン」検討会

コメント