水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

2015年10月27日発行/北海道漁協系統通信6117号

2015-10-28 17:21:45 | 系統通信

地区漁協組合長会・系統団体・水産会が道に緊急要請

台風・低気圧の被害対策で近代化資金の増枠など求める

TPP交渉の影響は深刻、構造改革や資源回復に支援を

 

爆弾低気圧により留萌管内の定置網18ヶ統が全半壊の被害

被害額は北るもい2億6千万円、新星マリン1億円など甚大に

水産土木会社6社が網回収に協力 管内組合長会が感謝状贈呈

 

10月20日現在全道秋サケ沿岸漁獲高

2,888万尾(104%)、489億円(107%)で横ばい

 

水産庁が太平洋北部のクロマグロ漁獲に警報発出

 

根室第2回昆布値決会(厚葉長切)が妥結

1等10kgは前年同の1万5千円 全等級が前年とほぼ同水準に

 

羅臼が道、道議会、関係省庁にロシアトロール操業停止要請

 

道漁連副会長、環境本部長に今北るもい漁協組合長

 

道と道漁連が中東UAEを市場調査

ドバイを通じ周辺に食品が供給、水産市場として有望

 

札幌市内の中学校で鮭の食育講座(定置協会・消費者協会)

天然の秋サケを「五感で体験」、養殖との違いも理解

コメント

ロシア極東地域カニ操業概況(10月19日) 西カムで2,000トン、TAC開発率32%

2015-10-26 13:26:56 | ニュース

 道機船連によると、ロシア漁業庁は2015年極東地域カニ操業会議を開催した。2015年漁期開始から10月19日までの極東海域におけるタラバガニの生産量は3,700トンを超え、前年同期を536トン上回っている。西カムチャッカ海域でのタラバガニ漁獲量は2,000トンで、TAC開発力は40.0%となった。一方、カムチャッカ・クリール海域では、1,660トンが生産され、TAC開発率は84.0%となった。

 西カムでは中型漁船27隻が着業し、15隻が活カニ、12隻が冷凍製品の操業を行っている。カムチャッカ・クリールでは18隻が着業している。

 西カムでは10月10日からアブラガニ、15日からイバラガニ漁業が再開され、19日までの漁獲量とTAC開発率は3,130トン(92%)、106トン(34%)となっている。カラギン海域のズワイガニ(オピリオ)は、TACの96%を開発し、終漁した。

コメント

ロシアの今漁期漁獲量約351万トン、6%増 極東は約230万トン、前年同期を6万トン上回る

2015-10-26 13:25:57 | ニュース

 道機船連によると、今年漁期開始から10月13日までロシア漁業者による漁獲量は、前年同期を6.4%上回り、351万1,400トンに達した。

 海域別では、極東で230万4,800トン生産され、前年同期を6万3,300トン上回っている。このうちスケソウは143万6,400トンで、前年同期を9万2,100トン上回っている。

 北部海域は45万9,000トンで、前年同期を1万5,200トン下回り、マダラ漁業も31万6,100トンで前年同期を5万7,600トン下回った。

 バルチック海は4万4,600ンで、1万400トン上回り、アゾフ・黒海が6万1,300トンで、前年同期を3万900トン上回る生産となっている。カスピ海は2万3,600トンを生産し同じく1,100トン上回った。

 なお、外国水域は37万2,500トンで同6万7,000トン上回り、国際協定海域・公海部分では24万5,600トン生産され、5万1,900トン上回った。

コメント

渡島・胆振スケソウ刺し網の漁獲状況(21日現在) 渡島1,228トン、胆振717トンの計1,945トン

2015-10-26 13:23:49 | ニュース

 10月6日に初水揚げした渡島・胆振管内のスケソウ刺し網は、21日までに渡島が1,228トン、胆振が717トンを漁獲し、合計1,945トンをと前年同期の45%にとどまっている。TACの10月上限(8,000トン)消化率は24%。この時期で2,000トンを切り、記録的な不漁との心配も出ている。10月に入り低気圧や台風の影響でシケが続き、前半は休漁が多かった。15日以降は操業日を確保できているが、薄漁となっている。漁船は21日現在、渡島から41隻、胆振から60隻が操業したが、水揚げは合わせて86トンにとどまった。

コメント

2015年10月23日発行/北海道漁協系統通信6116号

2015-10-23 16:01:22 | 系統通信

56回全道漁協みな貯金運動・中間報告

貯金日残高5,617億円と過去最高を更新、純増560億円

「マリンちゃん定期」51億円、低気圧被害などの影響も

 

TPP大筋合意・農水省が第三次公表

農林水産物の関税撤廃の例外443ライン、全体の19%に

 

ミラノ万博で北海道の食を世界に発信

「北海道の日」3日間で13千人が入場

水産物をはじめ道産食材の評価は高く、輸出の可能性も

 

渡島・胆振スケソウ刺し網の漁獲状況(15日現在)

渡島647トン、胆振505トンの計1,152トン(前年比37%)

 

小樽水産高校創立110周年記念式典

600名が出席 築き上げた歴史を振り返り節目の年を祝福

 

産直工房きたるが道庁赤レンガ前広場でのイベント出展

 

平成27年度JF共済新規加入実績(9月末)

上半期終了 チョコー純新累計実績は約100億円、達成率45% 

根室湾中部がチョコー純新規推進目標達成

 

平成27年度北海道新技術・新製品開発賞

ものづくり部門は(株)ニッコー、食品部門は(有)釧路フィッシュが大賞 

新たな視点での商品開発に大きな評価

 

マッシェルコンクリート利用促進協議会が要請活動

函館市内の関係2機関に陳情 利用拡大求める

 

11月9日から漁協経営推進会議を全道7ヵ所で開催

コメント