水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

2018年11月13日(火)発行/北海道漁協系統通信6365号

2018-11-14 11:21:02 | 系統通信

道連合海区漁業調整委員会
秋サケ最終来遊尾数2,300~2,400万尾と予測

道秋サケ沿岸漁獲速報(10月31日現在)
1,930万尾・33%増、406億円・22%減

漁業法の改正案が閣議決定、国会提出

道議会で胆振東部地震の被害・影響調査報告
水産林務関係601件・519億円、林業被害が235億円増
食関連の8割が操業・営業に影響、160社が自家発電導入検討

道総研と北大が魚類養殖をテーマにシンポジウム
閉鎖循環式陸上養殖システムなど最新情報を提供

序盤低迷の道南太平洋スケソウ刺し網漁業
10月末現在2,664㌧、前年同期比63%減

10月分コンブ格付実績(道水産物検査協会)
1万㌧突破、前年同期に比べ1千㌧、11%増

16日、全道「JF共済」推進・専務参事協議会

16日、噴火湾周辺地区「藻場ビジョン」検討会

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 序盤低迷の道南太平洋スケソ... | トップ | 全国のサンマ水揚げ(10月末... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

系統通信」カテゴリの最新記事