イギリス/ストックポート日報 《England/ Daily Stockport》

ストックポートから日替わりでお送りする、イギリス生活のあれこれ。ストックポートってどこ?まずは本文をお読みください。

うちの年寄りネコのホレイシオ、歯科治療のため獣医の診療所で一日過ごし、帰宅

2019年09月06日 09時00分00秒 | うちのネコ、よそのネコ
昨日、午前9時にうちのネコ、ホレイシオ(16歳)を獣医さんの診療室に連れて行きました。


獣医さんを訪れる回数は、少ない方だと思います。


ケージに入れられ、車に乗せられるのはネコにとってストレスです。

ラッシュアワーの中、約10分のドライブ、ヤーヤー悲し気な声を上げていました。

エサを食べなくなったので一週間前に見てもらったところ、歯茎が弱って(年ですから)なおかつ歯石がたまって噛めなくなっているということでした。
ひょっとしたら歯痛もあったのかもしれません。
歯茎が化膿もしていました。

抗生物質の注射で化膿した歯茎はすぐに治り、食べられるようになりました。

今回は抗生物質が効いたことを確認した後、全身麻酔をかけられ、数本抜歯!

診察室で夫に抱かれ不安そうにしているホレイシオです。


ちょっと写っているのは、費用や治療過程について説明をしてくれた獣医看護科のインターン学生です。

治療が終わりまたラッシュアワーの中10分ドライブ、、5時過ぎに麻酔から覚めてねむそうなホレイシオを迎えに行きました。

私のリクエストで赤い歯肉のついた抜いた歯 5本ももらって帰りました。
夫も息子も「見たくないっ、カバンから出すなっ」とたいへんな反応です。

ネコの歯って黄色くてざらざら曇っていてあまりきれいなものじゃなかったんですね。
人間のように歯磨きをしないからかもしれません。

さて、歯、どうしよう?

夜の10時過ぎ、夫の膝にのってテレビ番組(コメディ―ドラマ)を楽しむホレイシオ。


診療所で見本にもらってきたやわらかいキャットフード一食分をぺろりと平らげました。
何をされたか本人は気がついていないはずなのですが、さすがに歯が少なくなっている!噛めない!ことに気がついてうろたえたかもしれません。

年を取ればいろいろ不調が出るのは仕方がありませんね。
人間も同じです。
治療費がバカ高くついてしまったのは覚悟の上とは言え、ショックです。

イギリスでは人間の医療費はすべて無料なのですが年を取ったペットを長いこと生かせておくのは余裕がないとできないことだと今さらながら納得です。

イギリスでは「どこで区切りをつけるか(安楽死させるか)」がペットを飼っている人たちの間でよく話題になります。

病気になって完治が無理、とわかった時点、あるいは老衰で普通の生活に困難が生じてきた時点でペット自身に余分な苦痛を与える(あるいは不自由な生活を強要するの)にしのばず安楽死を選ぶ飼い主もとても多いのです。
費用のことも考慮にあると思います。

日本では最後まで治療に専念させるのが普通だと聞いています。
私と夫はその時になったら悩むと思います。

ホレイシオ、もうちょっと長生きしてほしい。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ストックポートの地元住民と... | トップ | あまりもので夫が作ったある... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (石関@新職場2W終了)
2019-09-06 19:24:22
ホレイシオ。抜歯のあと、痛かったのでは?抜いた歯は🦷さすがに私も見たくない笑笑!
Unknown (江里)
2019-09-06 19:50:33
大人になってから親知らずを抜いたのですが局所麻酔で痛かった覚えはありません。後はどうだったかな?
抜いた歯、洗って磨けば象牙のようにツヤツヤするかもしれません。(しないか…?)
新職場で2週間、石関さんお疲れ様です!慣れましたか?
Unknown (kakowaka)
2019-09-08 00:27:19
ホレイシオちゃん、
お大事に。
kakowakaさん (江里)
2019-09-09 05:21:40
ありがとう。
明日は施術後検診です。また60ポンドほどかかるでしょう。

イギリスは人間の医療費はタダ。日本も国民健康保険で自己負担は低く抑えられていますが、人間も正規で支払うとどえらい医療費負担になるはずです。

コメントを投稿

うちのネコ、よそのネコ」カテゴリの最新記事