江東区図書館生活

本棚の本をずいぶん少なくすることができました。

信じていいのか銀行員 マネー運用本当の常識 (講談社現代新書) 新書 – 2015/12/17 山崎 元 (著)

2018-09-08 06:02:47 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
信じていいのか銀行員 マネー運用本当の常識 (講談社現代新書) 新書 – 2015/12/17
山崎 元 (著)



場所:江東区図書館

山崎本の中で現時点での最高峰ではなかろうか、この一冊にこれまで読んできた内容の全てが詰まっているように思う。
要するにこの一冊持ってれば他は手放してよし。
ブレがちなお金との向かい合い方を、この本をしばしば手にして見つめ直して修正したい。
てことで、この本は買って持っておきたいかも。

ちょっと意外で、でもなるほどと思ったのは、銀行普通預金は案外悪くない、ということ。
機会費用を考えれば、微々たる利回りを狙って10年もの個人向け国債ですら手を出さなくて良いという考え方。
ましてや社債なんかはもってのほか、定期預金も流動性を捨ててまで取るべき利率はない。
なるほど、納得。
ついつい普通預金の低利率に目がいって、リスク取って利回り増やそうとするけれども、すでに十分なリスクを取っているなら、流動性を確保しておくことは大きな意味がある。
これは改めて胸に刻もう。

キャピタルゲインとインカムゲインは合わせて考える、これはできてる。
でも、なんとなく人生の後半期はキャピタルゲインよりもインカムゲイン中心にと、そんな風に漠然と考えていた。
でも、これは間違い。
デリバティブを使えば、キャピタルゲインとインカムゲインはいくらでも入れ替えができる。
保守的な運用ではインカムゲインを中心には、デリバティブ以前の株と債権と預金ぐらいしかなかった時代の考え方。
キャピタルゲインとインカムゲインは改めて合わせて考える、いずれで稼いでも1円は1円、インカムゲインだからリスクが低いとは考えない。

投資家の側が理論的な知識を理解して自衛することが大事。
例えば行動ファイナンス。
売り手は認知のバイアスを利用した、買いたくなるような商品を作ってくる、例えばEB(他社株転換付き社債)、一見良さげ、でも取ってるリスクに見合わない手数料を支払わされてたりする。
気をつけよう。

これは以前に読んだ本にも書いていたが、低成長でも株式投資はハイリターンを生みうる。
低成長なら低成長なりに見合った株式の価格形成がされるはずだから。
逆に、低成長だから株式投資はだめと思っている人が多いなら、それが織り込まれて十分に安くなっている可能性があり、それが訂正される過程で設けの余地がある。
また、成長率予想の上方修正に反応して、株価は上がりうる。
これは改めて覚えておこう。

成功報酬型の投資は一見理屈に合うようだが、手数料が割に合わない。
成功報酬はオプションとして読み替え可能で、オプションならそのオプションに見合ったプレミアムの価格が計算できて、成功報酬型の投資はそうやって計算して出てきた適正なプレミアム価格を大きく上回るようなぼったくりの手数料を取っている。
更に、運用者側で先物を組み合わせるなどして大きなリスクを取ることが可能で、それによって実質の手数料をさらに顧客から巻き上げることが可能。
近寄らないことが正しい。


【著者】
山崎先生、将来、お金に困らない方法を教えてください! 単行本 – 2017/9/13
山崎 元 (著), 金子 マヲ (イラスト)
https://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/ab35faa01154c446f34ca3f62b21f4bb
コメント

四国八十八か所めぐり (旅行ガイド) 単行本(ソフトカバー) – 2015/4/13 昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

2018-08-14 22:47:03 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
四国八十八か所めぐり (旅行ガイド) 単行本(ソフトカバー) – 2015/4/13
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)



場所:江東区図書館

歩き遍路に使える地図が別経路も含めて必要十分に掲載されている、これまで何冊か見てきた中ではこれがベスト。
これからも区切り打ちに行くたびに借りよう。
てか、買って手元に置いてもよい。


【著者】
まっぷる 山口・萩・下関 門司港・津和野'18 (マップルマガジン 中国 6) ムック – 2017/12/6
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)
https://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/1234648f8642cb6c9d4474a2b01706a3
コメント

四国八十八ヶ所を歩く旅 (エコ旅ニッポン) 単行本 – 2008/10/20 ウエストパブリッシング (編集)

2018-05-25 12:54:29 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
四国八十八ヶ所を歩く旅 (エコ旅ニッポン) 単行本 – 2008/10/20
ウエストパブリッシング (編集)



場所:江東区図書館

ただいま歩き遍路(区切り打ち)継続中、高知の真ん中まで、通しでいったら17日で到達できるあたり。
この本によると50日なんで、やっと1/3。
高知はこのあと難所の足摺岬。
ぐるっと回るのに1週間ぐらいみとかないといけないから、夏休みにアタック予定。
足摺岬をぐるっと回ると愛媛県に入るので、なんとしても今年はそこまでは行きたい。
で、この本。
一日ごとの歩きの目安、宿泊の目安がのってる。
次の区切り打ちの計画をするときにまた借りて参考にしよう。


【著者】
はじめて
コメント

幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」 Kindle版 橘 玲 (著)

2018-03-28 10:02:05 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」 Kindle版
橘 玲 (著)



場所:江東区図書館

いわゆる橘玲本、最近のスタイルはこれまでの著作をまとめた上で新たな知見を書き足し、これもそんな感じ。
もう一度と言わず、二度三度と手にしたい本。
以下、メモ。
・ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない
・幸福には自由、自己実現、共同体(絆)の3つの条件、それぞれ金融資産、人的資本、社会資本に該当
・最貧困女子の多くは3つの障害、精神障害、発達障害、知的障害、公的福祉に自らアプローチできず、福祉関係者からも面倒くさがられる存在
・人生の8パターン
・・プア充実=金融資産↓、人的資本↓、社会資本↑
・・貧困=金融資産↓、人的資本↓、社会資本↓
・・リア充=金融資産↓、人的資本↑、社会資本↑
・・超充=金融資産↑、人的資本↑、社会資本↑
・・お金持ち=金融資産↑、人的資本↑、社会資本↓
・・旦那=金融資産↑、人的資本↓、社会資本↑
・・退職者=金融資産↑、人的資本↓、社会資本↓
・・ソロ充=金融資産↓、人的資本↑、社会資本↓
・資本が一つだとちょっとしたきっかけで貧困や孤独になるリスクが高い、二つあれば人生の安定度ははるかに増す
・資本主義ではレバレッジがある分株式市場への投資が経済成長率を超過する利益を生む、ただし最近はマイナス金利でそれがうまく機能しなくなっている
・マイナス金利下では、金融資本よりも人的資本を活かして働き続けるべき
・新しい働き方のキーワードは3つ、知識社会化、グローバル化、リベラル化、知識社会的に付加価値の高い仕事ができなければ、グローバル市場からリベラルに選ばれたより安い賃金の労働者に仕事を奪われるだけ
・弱者の3つの戦略、小さな土俵で勝負する、複雑さを味方につける、変化を好む、いずれも大企業は苦手
・組織内の取引コストは意外に高く、しばしば市場から調達するよりも高い
・標準化はコスト減、カスタマイズはコスト増、大企業は標準化によりコスト減を目指す、がゆえにイノベーションが生まれない
・大企業では、リスクを取ってイノベーションに取り組むインセンティブがない、報酬には上限があるのに、失敗したときの昇進遅れなどのペナルティが大きい
・収益の最大化と自己実現を両立するために、好きなことに人的資本のすべてを投入する、好きなことをマネタイズできるニッチを見つける、官僚化した組織との取引から収益を獲得する
・友情の核は平等体験
・個人の人生で金融資産(貨幣空間)と社会資本(政治空間)は原理的に両立不可能、富が大きくなると人間関係に金銭が介在し友情が壊れる、地方のマイルドヤンキーが友情を維持できるのは平等に貧しいから
・上司をだますことは簡単、仲間・同僚の目をごまかすことはできない、おそらく日本企業はこれをうまく使ってきた
・セロトニントランスポーターにはS型とL型、組み合わせによりSS、SL、LLの3種類の遺伝子型、日本人にはSS多く、SSはストレスによって抑うつ状態になりやすい、同時に素晴らしい環境に恵まれれば大きな利益を引き出せる可能性
・フットサルは個人参加が原則、ゲームが終わるとハイタッチして解散
・幸福な人に囲まれると幸福になる、幸せな人と友人になるべき
・フリーエージェントとして付き合う人を選べるようになれば、幸福度は増す可能性がある
・強いつながりを恋人や家族にミニマル化して、友情を含めそれ以外の関係はすべて貨幣空間に置き換えることが幸福な人生の最適ポートフォリオ
・金融資産は分散投資する、人的資本は好きなことに集中投資する、社会資本は小さな愛情空間と大きな貨幣空間に分散する、これが幸福な人生の土台
・日本に生まれたという奇跡と幸運を最大限に活かすべき


【著者】
言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書) 新書 – 2016/4/15
橘 玲 (著)
https://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/ed78d1f66b4aee93f017186f3249e750
コメント

中高年のための 四国八十八ヶ所 歩き遍路 50日モデルプラン 単行本(ソフトカバー) – 2016/7/2 竹本 修 (著)

2017-02-16 08:46:24 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
中高年のための 四国八十八ヶ所 歩き遍路 50日モデルプラン 単行本(ソフトカバー) – 2016/7/2
竹本 修 (著)



場所:江東区図書館

通し打ち50日のモデルプラン。
区切り打ちにも大変参考になる一冊。
これまで2回の区切り打ちで十一番まで、次はいよいよ遍路ころがしで一泊二日コース、来月あたりにチャレンジ。


【著者】
はじめて
コメント

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ 単行本 – 2014/9/26 橘 玲 (著)

2015-11-07 10:53:19 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ 単行本 – 2014/9/26
橘 玲 (著)



場所:江東区図書館

2002年版をベースに、制度変更などがあった部分に加筆修正。
でも、基本は同じ。
株は長期投資が必ずしも成功するとは言えない。
持ち家と賃貸に経済的な優劣はない。
保健は必要最小限でよい。
落ちているところには黄金の羽根は落ちている。
要は、それを見つけられるかどうか。


【アクション】
2002年版は捨てたから、ブックオフで100円で出てるのがあったら買おう。


【シリーズ】
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門 単行本(ソフトカバー) – 2002/11/26
橘 玲 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/4c630846f26b3d0b85b65312ea737db3
コメント

学校では教えてくれないお金の授業 単行本(ソフトカバー) – 2014/5/24 山崎 元 (著)

2014-11-17 21:22:12 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
学校では教えてくれないお金の授業 単行本(ソフトカバー) – 2014/5/24
山崎 元 (著)



場所:江東区図書館

超簡単お金の運用術を易しく平易に書いてみました的な本。
お金のことが気になり始めた特に若者に薦めたい一冊。
山崎本にしては少々意外だったのは、いつもは否定するマーケットタイミング的な記述が最終盤に見られたこと。
アベノミクスがこのまま進んでいけばバブルがくる、それは大いに利用すべきチャンスということか?
以下、メモ。
・働いている期間は25歳から65歳の40年間、リタイヤして85歳まで20年間、ざっと働いている期間の半分、働いている期間にもらう給料のうち2/3で暮らせば、リタイアしての20年間は同じ水準で暮らしていける、年金がどうなっていようともこの場合はプラス要素の余裕分
⇒これは取り入れて良さげな考え方
・個人向け国債、2013年1月から毎月購入できるように
⇒なんと、しらなんだ!
・長期投資でリスクは縮小しない、長期投資のメリットは売買コストが年率換算で小さくなること


【アクション】
遠くない未来にバブルが来るとして、それをチャンスと捉えるとして、できることはなんだろう、と考えてみる。


【著者】
全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書) 新書 – 2013/9/13
山崎 元 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/4ffe8803b7c99ab13dfb6c1d6cf06e59
コメント

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書) 新書 – 2013/9/13 山崎 元 (著)

2014-09-02 22:51:50 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書) 新書 – 2013/9/13
山崎 元 (著)



場所:江東区図書館

超簡単 お金の運用術 (朝日新書) [新書]
山崎 元 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/e9a5b2fb19bc4edbc5f0495ea02f2e02

↑の全面改訂版。
山崎本は、これ一冊持ってればええか。
以下、メモ。
・うまい話を見つける能力よりも、明らかな損や怪しい話を見分ける能力こそがマネーリテラシの本質
・超簡単、お金の運用法
1.当座の生活に必要なお金(生活費三ヶ月分)を銀行の普通預金に
2.リスクをとっても良い「リスク運用マネー」と元本割れを想定せずに済む「無リスク運用マネー」に分ける、リスク運用マネーは無リスク運用マネーより5%利回り高いが、最悪の場合、一年で3分の1失われる可能性があると考える
3.リスク運用マネーは、TOPIXETF(1306)とSMTグローバル株式インデックスオープンを半分半分
4.無リスク運用マネーは、個人向け国際10年満期またはMRF、一人一行1000万円未満なら銀行預金でも
5.NISAやDCは最大限利用する
・SMTグローバル株式インデックスオープンの代わりにeMAXIS先進国株式インデックスでもOK
・iシェアーズ先進国株ETF(1581)でもOK
・最適解でなくても、まあまあベストで割りきってOK、資産運用は仕事ではない、最適解を求めるのは時間あたりのコストパフォーマンス悪し
・お金が必要になったら、リスク運用マネーあるいは無リスク運用マネーを躊躇なく解約する
・改善できないことについては諦めて良い、改善できることに集中することでパフォーマンス向上を期待できる
・人生を豊かにする六つの要素
1.稼ぎの多寡
2.支出・貯蓄の習慣
3.住居・不動産
4.保険
5.自動車
6.資金運用、ただし、運用元本の増加と共に重要度が増す
・外国為替は金利とセットでゼロサムゲーム、特別に有利な情報がない限り有利な運用はできない、投機だと割りきって楽しむべき
・高齢者は、これからの人生に必要なお金が若いころより少なくなる分、リスクをとっても良い
・NISA投資の四原則
1.枠は最大限使う
2.リターンの高い資産の運用に利用する
3.バランスよく分散投資した商品を選ぶ
4.低コストで運用する
・DCは長生きへの保険というよりも、節税された資金運用手段と捉えるべき
・DC運用の四原則
1.資金全体の運用計画を決めて、DCにその一部を割り当てる
2.考慮すべきは2点
2-1.運用益非課税のメリットが生きる期待収益率の高いもの
2-2.通常の運用商品よりも安い手数料で買える商品があればそのメリット
3.一資産一商品でシンプルなものを選ぶ
4.同じリスク内容ならコストの安い商品を選ぶ
・確定拠出年金を採用している会社への投資は、その年金運用リスクも一緒に抱え込んでいることになる
・DCでは可能なスイッチングができない分NISAは不利
・アベノミクスとは
1.インフレ目標+金融緩和で期待実質金利を引き下げ
2.為替市場・資産市場に働きかけて、円安と資産価格高を実現し
3.上記を通じて投資と消費を喚起して経済を活性化し、需要を追加
4.最終的には物価が上昇、マイルドなインフレ期待が定着する
・当面デフレ、次はインフレもという認識なら
1.借金はしない
2.不動産は買わない
3.預金は短期化する
4.株を少しずつ買い始める
・住宅の流動性の低さを考慮すると、実質的な家賃利回り8%、PERでいうと12.5倍程度が妥当、家賃換算で月25万円、年で300万円で、価格が3750万円が妥当なライン
・どうしても不動産投資がしたいなら、REIT、現物に比べて流動性あり、分散投資、手数料も割安


【アクション】
山崎本はこれ一冊持ってれば良し、これ買って、家にあるのは読んで捨てる。


【著者】
お金の教室―二十歳の君に贈る「マネー運用論」 ( ) [単行本]
山崎 元 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/10bd8bde238484b7c8ec37974c1e9ff3
コメント

高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学 [単行本(ソフトカバー)] 菅原 晃 (著)

2014-06-07 11:26:07 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学 [単行本(ソフトカバー)]
菅原 晃 (著)



場所:江東区図書館

いい感じ、手元においときたい。
まだ体にしみこみきってない、なんどか読み返したい。
メモ。
・Y(総生産)=C(消費)+I(投資)+G(政府)+(EX(輸出)-IM(輸入))
・ISバランス式:(S(貯蓄)-I)=(G-T(税金))+(EX-IM)
・外国の人や政府が保有している日本国債は9.1%
・国債=政府の借金=国民の財産、将来世代に大きな負担を残す=将来世代に大きな財産を残す
・貿易黒字額=外国への至近の貸出額
・貿易黒字・赤字はお金の貸し借りの額にすぎない、貿易黒字が良くて貿易赤字が悪いということはない
・貿易黒字⇒円高⇒輸出減⇒国際収支均衡という古典的解釈は現代では成立しない、円高円安を決定するのは資本取引であり実物取引ではない
・貿易黒字と経済成長は無関係、貿易黒字なんてどうでもいい
・日本の外需(貿易黒字)の経済全体(GDP)に占める割合は一番多かった2004年で1.95%、工業製品を輸出していないはずのイギリスでさえ輸出額/GDP比率は日本より上、日本が貿易立国だったことはない
・ISバランス式から、景気がいいと民間投資(I)が活発になって左辺が縮小する、同時に右辺も縮小する、財政赤字(G-T)も貿易黒字(EX-IM)も減少する、つまり好景気になると貿易黒字は縮小する
・逆に景気が悪いと民間投資が少なくなり、左辺が拡大、同時に右辺も拡大、財政赤字+貿易黒字も拡大する
・貿易(交換)はどんな小さな国でも利益を得ることができる、勝ち負けはない
・人口は1950年から2005年の間に2.6倍、穀物生産量は4.3倍、食料は余っている
・プライマリーバランスが重要、プライマリーバランスしていれば経済成長した分だけ債務残高は実質的に減少する
・財政法第五条、すべて公債の発行については日本銀行にこれを引き受けさせ又借入金の借入については日本銀行からこれを借り入れてはならない、但し特別の事由がある場合において国会の議決を経た金額の範囲内ではこの限りでない、特別な事由があって国会で議決すればいくらでも日銀に引き受けさせられる、その代わりマネタリーベースが膨張し、インフレ・円安が加速する
・解放経済下では金融政策は有効、財政政策は無効か極めて限定的な効果しかない

【アクション】
新聞読むとき、ニュース見るとき、そのまま鵜呑みにしない、原理原則に立ち戻ってみる


【著者】
なし
コメント

ヒトはなぜ太るのか? [単行本] ゲーリー・トーベス (著), 太田 喜義 (翻訳)

2014-04-12 08:25:19 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
ヒトはなぜ太るのか? [単行本]
ゲーリー・トーベス (著), 太田 喜義 (翻訳)



場所:江東区図書館

ダイエットには糖質制限、以上。
年明けから実践して10キロ減、運動量を増やしてもほとんど効果がなかったのに、糖質制限すると一気に減った。
この本でその理屈がわかった。
てことで、殿堂入り。
ぶれそうなときは読み返すべし。
カロリーの入りを制して出を増やすことで痩せるというのには、全くのエビデンスなし。
本質はインシュリン。
炭水化物の摂取でインシュリンのスイッチが入る、インシュリンのスイッチが入ると脂肪細胞が血中から脂肪酸を取り込む。


【アクション】
炭水化物は嗜好品と思うべし!


【著者】
なし
コメント

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 [単行本(ソフトカバー)] 安宅和人 (著)

2013-10-18 06:26:53 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 [単行本(ソフトカバー)]
安宅和人 (著)



場所:江東区図書館

いい本!お薦め!!1冊買ってチームメンバに読ましたろかな?
ライフハックはいろいろ身について、効率的に仕事をさばいている気になっていたけど、より本質的にはイシューを見極めることが超大事ということを認識。
実はやらなくてもいいこと、すなわちイシューではないことを、効率的にバリバリさばいていっても、それは仕事をしている気になってるだけで、ただの自己満足。
達成すべきゴールに対して、とくべき課題はなにか、すなわちイシューを見極めて、イシューにのみフォーカスして取り組む。
意識したい。
以下、メモ。

・悩む=答えが出ないことを前提に考えるフリ
・考える=答えが出ることを前提に建設的に考えを組み立てる
・「一人の科学者の一生の研究時間なんてごく限られている。研究テーマなんてごまんとある。ちょっと面白いなという程度でテーマを選んでいたら、本当に大切なことをやるひまがないうちに一生が終わってしまうんですよ」利根川進
・問題を解く < 問題を見極める
・解の質を上げる < イシューの質を上げる
・知れば知るほど知恵が湧く < 知りすぎるとバカになる
・一つ一つを速くやる < やることを削る
・数字の桁数にこだわる < 答えが出せるかにこだわる
・イシューの見極めと仮説立てが終わったらとにかく言葉にする、言葉に出来ないならそれはイシューの見極めと仮設立てが甘いと言うこと
・言葉にする際に注意すべきは、主語と動詞を入れる、WHYよりWHERE・WHAT・HOW、比較表現を入れる
・・WHY=~はなぜか?、は仮設がなく、何について白黒つけようとしてるのか明確でない
・・「~はB」 < 「Aではなくて、むしろB」、なんとなくBでなくて、積極的にBを選択すべきとの表現してみることで主張をはっきりさせる
・ストーリーライン作りと絵コンテ作り、この二つを合わせてイシュー分析という、イシューの構造を明らかにし、サブイシューを洗い出すことになる、最終的に何を生み出し何を伝えることが鍵なのか、そのためにはどの分析が鍵になるのか、活動の全体像が明確になる、検討が進むにつれてストーリーラインと絵コンテはどんどん書き換えていく
・フレームワークは諸刃の剣、非常に便利だが、イシューに合わないフレームワークを選択すると返って本質的なポイントを見失う、金槌を持っていれば全てが釘に見える
・分析結果が出ないと考えようがないとは言わない、最終的に伝えるべきメッセージを考えたとき、どういう分析結果があれば納得するか、納得させられるかを考える
・定量分析の型は3つ、1.比較、2.構成、3.変化、単独あるいはこれらの組み合わせで表現できる
・1.意味のある課題を扱っていることを理解してもらう、2.最終的なメッセージを理解してもらう、3.メッセージに納得して行動に移してもらう
・デルブリュックの教え、聞き手は完全に無知と思え、聞き手は高度な知性を持つと想定せよ
・ストーリーラインの磨き込み、1.論理構造を確認する、2.流れを磨く、3.エレベータテストに備える


【アクション】
TODOリストを改めて見直してみる、これは本当にイシューか?
年度当初に立てた目標を見直してみる、その目標を達成するためのイシューはなんだ?、それはTODOリストに入っているか?


【著者】
なし
コメント

統計学が最強の学問である [単行本(ソフトカバー)] 西内 啓 (著)

2013-07-29 16:20:15 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
統計学が最強の学問である [単行本(ソフトカバー)]
西内 啓 (著)



場所:江東区図書館

良書、部下たちに薦めたいし、自分でも手元に持っておきたい。
ビッグデータをビッグなままで扱わなくても大丈夫な場面はたくさんありますよ。
サンプリングと伝統的な統計学でかなりのことができますよ。
それぐらいなら、エクセルやらRやらで充分ですよ。
ビッグデータ、ビッグデータと言ってるのは、システムを売り込みたいSIベンダじゃないですか?
てなことを、ちゃんと書いてある。
好印象。
あと、うだうだ議論やらなんやらしてるぐらいなら、コストが安ければ、ランダム化比較実験、いわゆるA/Bテストやっちゃえばいいじゃん、もしびれる。
注意すべきは、会社の偉い人たちは、このへんのことがよくわかってないかもということ。
メモしたいところだらけ。

以下、メモ。
・A/Bテストの結果、意味のある偏りがあるかどうかは、χ^2検定
・ミルクティの実験、ミルクが先か紅茶が先か、当該婦人はすべて当てることに成功、何杯かは不明?、英国王立化学教会の2003年のリリース、牛乳は75℃になると変性する、すなわち紅茶が先の場合ミルクは変性し味が変わる!
・ミシンを2台買ったら1割引キャンペーンでバカ売れ!、統計学的な裏づけがないのに絶対にありえないと決め付けることはおろか、コストがやすければA/Bテストやっちゃえばいい
・ランダム化の限界
1.現実の壁、数が稼げないようなものはランダム化しようがない、ロケットの打ち上げとか
2.倫理の壁、倫理的に許されないようなものは無理、病気を引き起こすような可能性のあるものでA/Bテストとか
3.感情の壁、ランダム化の対象者が差別を受けているように感じちゃうとその時点でだめ、扱いを変えられたことが知れるとロイヤリティ激減
・検定や回帰分析もろもろは、一般化線形モデルで一般化できる
・・t検定
・・分散分析
・・回帰分析
・・重回帰分析
・・χ^2検定
・・ロジスティック回帰

あわせて読みたい↓

その数学が戦略を決める [単行本]
イアン・エアーズ (著), 山形 浩生 (翻訳)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/6a1541e7ac731222a12979e88c234b81


【アクション】
この本買って手元においておこう。
キンドル版にする?


【著者】
東大の先生が実践する確率思考のコツ [単行本]
西内 啓 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/bb4f2ca8ebd6637b2e3fc38e2eddcd94
コメント

統計解析のはなし―データに語らせるテクニック (Best selected Business Books) [単行本] 大村 平 (著)

2013-04-13 12:28:04 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
統計解析のはなし―データに語らせるテクニック (Best selected Business Books) [単行本]
大村 平 (著)



場所:江東区図書館

統計のはなし(↓)に続いて殿堂入り。
推定、検定、抜取検査、分散分析、相関、回帰、多変量解析、数量化についてざっと理解できる。
この二冊を手元においておけば、なんか調べたいことがあれば、本をめくりめくりしながらなんとかできそう。

標本数が少ないと標本での相関から推定される母相関はかなりの幅があって使い物にならないというのはちょっとショック。
あと、抜取検査もかなりの抜取数を試さないと安心できないというのも。

相変わらず自由度がしっくりこない。
実用面ではとりあえずなんとかできそうには思うけれども、体感的に理解しておきたい。


【アクション】
大村さんの~のはなしシリーズを読みきろう。


【シリーズ】
統計のはなし―基礎・応用・娯楽 (Best selected business books) [単行本]
大村 平 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/d74f48c8140adfe13da8a77cad0bb5c2
コメント

その数学が戦略を決める [単行本] イアン・エアーズ (著), 山形 浩生 (翻訳)

2013-04-08 06:21:41 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
その数学が戦略を決める [単行本]
イアン・エアーズ (著), 山形 浩生 (翻訳)



場所:江東区図書館

回帰分析とA/Bテストでかなりのことができる。
引用しておきたいエピソードがありすぎ。
てことで、これは手元において、しばしば見返すことにする。


【アクション】
文庫版を購入、しばしば見返す。


【著者】
なし
コメント

統計のはなし―基礎・応用・娯楽 (Best selected business books) [単行本] 大村 平 (著)

2013-03-17 08:42:53 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
統計のはなし―基礎・応用・娯楽 (Best selected business books) [単行本]
大村 平 (著)



場所:江東区図書館

すばらしい、1969年の出版からずっと生き残っているだけのことはある、もっと早く読むべきだった。

メモ。

<P.110>標準偏差を推定する
・標本から求めた標準偏差は、母集団の標準偏差より小さくなる傾向がある
・先覚者が調べ上げたことによると
n/(n-1)*S^2
はσ^2の変わりに使える
・↑をそのまま平方に開いてもσにならない?!
・標本標準偏差に「水増し係数(P.112)」を掛け合わせると母標準偏差の不偏推定とみなしてよい

<P.113>標準偏差を推定する簡単な方法
・もっと簡単に母標準偏差を求める方法として、標本のレンジ、すなわち最大と最小の差を求めて、それに「割引係数(P.113)」を掛け合わせる

<P.116>t分布をご紹介
・(標本平均-母平均)/(標本標準偏差/(n-1)の平方根)
の分布を調べたものがt分布
・母標準偏差がわからないときはこいつで勝負

<P.127>香水の匂いはかぎ分けられるか
・統計学では
5%以下を小さい
1%以下を非常に小さい
0.1%以下をきわめて小さい
と考えるのがふつう

<P.171>実験計画法へのお誘い
・パラメータがn個のときに、うまく計画をたてると、2^nよりも少ない実験で充分な効果が得られる

<P.181>部品の交換はいつするべきか
・故障が指数分布に従うときは予防的に交換しても意味はない、オーバーメンテナンスでかえって稼働率が落ちる

<P.190>指数分布とMTBF
・平均故障間隔、Mean Time Between Failures
・MTBFの7割の時間しようすると、故障確率は約50%
・MTBFだけ使用すると、故障確率は約63%

<P.214>χ^2検定
・サイコロがイカサマかどうか、出目に偏りがあるかどうかをしらべるような検定に使う

<P.221>ばらつきの違いを表す
・誤差のばらつきに差があるかどうかを検定するような場合につかうのがF分布


【アクション】
自由度の概念がまだしっくりとこない。
自由度についてしっくりとくるまで引き続き統計を学ぶ。



【著者】
なし
コメント