江東区図書館生活

本棚の本をずいぶん少なくすることができました。

内藤忍の資産設計塾 実践編 ―自分も資産も成長する新・資産三分法

2007-03-31 09:50:19 | ★★★☆☆おもしろかった
内藤忍の資産設計塾 実践編 ―自分も資産も成長する新・資産三分法 (単行本)
内藤 忍 (著)



場所:江東区図書館
再読:良書ですが、アセットアロケーション&インデックス万歳は充分に理解しているつもりなので読み直す必要はありませんな
推薦:投資を始める方にはすんごくお薦め。儲けるぞと意気込んで投資をはじめたもののなんだかうまくいかないなぁという人も読んでみてください。

アセットアロケーション万歳、基本的にはそんだけ。
アセットクラスの解説やら、モニタリング&リバランスのやり方なんかを簡潔にして充分に書いていてくれています。
良書だと思います。
まだちゃんと調べてないんですが、おそらくはこの本に書いてあることを形にすると、マネックスの資産設計ファンドになるんでしょう。
投資の一部に組み込んでみようかなという気になりました。






コメント

リボンの騎士 (1)

2007-03-26 18:18:55 | ★★★☆☆おもしろかった
リボンの騎士 (1) (文庫)
手塚 治虫 (著)



場所:江東区図書館
再読:あり
推薦:あり

子どもの頃にアニメで見ていたときにはけっこう長く感じていたのだけれども、文庫にしたらたったの2巻なのですね。
チンクのいたずらで男の心と女の心の両方を持って生まれてしまったサファイア王子。
不幸な事故で父王をなくし、15で即位というときに、ジュラルミン大公の陰謀により正体をばらされ幽閉の身に。
おっと、父王がなくなる武術大会で出会った隣の国の王子、フランツ・チャーミングとも因縁の出会いをしてしまい、以後すれ違う二人なのでした。
すっかりとストーリーは忘れてしまっているのですが、魔女とか海賊とかもアニメには出てきているのかな?
サファイアをすぐに女性だと見抜いて求婚までしてしまう海賊のキャプテン、荒くれ者の上に立つにはこれぐらいの人物鑑定眼がないといかんということでしょうか。
それに比べるとフランツ・チャーミング王子のサファイアを拒絶する態度はいただけませんが、これはいわゆる少女漫画の王道というやつでしょうか。
もっともいがみ合っていた二人がいつしか…
母は魔女の魔力で石にされ、海賊の仲間になったサファイア、どうやってジュラルミン大公から国を取り戻すのか。
2巻に続きます。
コメント

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則

2007-03-25 10:08:55 | ★★★☆☆おもしろかった
ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則 (単行本)
デビッド アレン (著), David Allen (原著), 田口 元 (翻訳)



場所:江東区図書館
再読:良書ですが、後は実践するだけということで、特に読み返す必要はなし
推薦:仕事の質というよりは量に圧倒されている人にはお薦めです

Getting Things Done。
ToDoを全部紙に書き出してつぶしていけ、そんだけ。
といってしまうとそれまでなのですが、そのための考え方・思想とTIPSがいろいろとつまった本です。
だから特別なにかのシステムを押し付けられるわけではありません。
最低、紙と鉛筆があればOK。
全部書き出すことで、脳は覚えておくことから開放され、考えることに集中できる。
しかも、やること全部が見通せるから、無意識的にあれもやらなきゃこれもやらなきゃとあせることもない。
日次、週次、月次、年次、…と適切な頻度でレビューして、すぐやること、次にやること、後でやることを見直す。
例えば、電話をすべき人のリストを持ち歩いていれば、会議の開始がちょっと遅れたりしたときに、その時間を最大限に有効活用できたりもする。

やることを書き出すときには、できるだけ具体的に書く。
これはそのアクションをとりやすくする意味でもすんごく大事だと思います。
大きな目標を把握することも大事ですが、そのためにどういうアクションを取ったらよいかが見えていないと、ついつい後回しにしがちです。
○○のために、<具体的なアクション>をする、と書いてあれば、とりあえずはとっかかれます。
とっかかってしまえば、まぁだいたいはなんとかなります;)

生産性を高めるには、心にひっかかっているものを取り除き、行動を起しやすくすること。
整理整頓はそのための重要だけれども、一要素に過ぎない。
整理整頓しすぎても生産性はあがらない。
整理整頓しないで、心にいろんなものがひっかかっていると、生産性が落ちるのは眼に見えているけどね。

同じやることでも
・すぐにやる
・次にやる
・いつかやる/多分やる
を分けるというのは眼から鱗でした。
特に、いつかやる/多分やるは分けておくのがキモのような気がします。
今のTODOリストでは、次にやるといつかやる/多分やるがまざっていて、それだけで圧倒されている自分を感じます。
近くない将来にやろうとしていることは明示的に分けたほうがよかったのですね。
加えて、人に任せるなどして連絡待ちも明示的に分けたほうがよいようです。
これはすぐに採用!















コメント   トラックバック (1)

蒼天航路 (10)

2007-03-14 09:42:12 | ★★★☆☆おもしろかった
蒼天航路 (10) (コミック)
王欣太 (著), 李 学仁 (著)



場所:江東区図書館
再読:あり
推薦:普通の三国志では物足りないあなたに

チョウシュウを下した曹操、傾国の美女スウシを手に。
スウシに溺れる曹操、チョウシュウの軍師カク、コシャジを使い曹操を討ち取る算段。
コシャジ、門衛のテンイと相撃ち、曹操の守りは薄い。
屋敷を囲むチョウシュウ軍、まさに攻め込まんとするそのとき、曹昴、青洲兵と共に曹操を救出。
曹操は囲みを破って逃げ去るも、曹昴は死亡。
袁術、帝位につき、曹操に攻めかかる。
迎撃するはジュンイク、弁舌をもって袁術軍を崩壊させ大勝利。
連兵を見る早々、楽進を見出す。
コメント

はじめの一歩 78 (78)

2007-03-13 09:21:07 | ★★★☆☆おもしろかった
はじめの一歩 78 (78) (コミック)
森川 ジョージ (著)



場所:江東区図書館
再読:あり
推薦:あり

無謀とも思える相撃ちを続ける一歩、ジミーと壮絶な打ち合い。
インターバル、会長からアッパーの指示。
4R、両者フックのリズムで均衡、ジミーの右フックを避けた一歩、下からアッパー、しかし身体を起すのが早すぎバッティング、両者出血。
しかも一歩は出血が眼に入り視界が狭い、ジミーは傷物の名のとおり出血になれている。
ジミーの右がヒット、天を仰ぐ一歩、光の中に見えたものは…。
一歩こらえる。
倒しにかかるジミー、視界が半分ない一歩、開き直ってデンプシーロール。
横の軌道から縦に、下から見上げた光の中に見えたものは、会長のミット!
思い切り打ち込む一歩、ジミーのアゴにクリーンヒットする左アッパー。
ジミー大の字、試合終了。
試合後、ジミーからつき物が取れた様、これまでジミーが神だと思い込んでいた存在は死神だった。
勝った一歩、ダメージは大きい、無理して打ったパンチで軸足にダメージ。
鷹村だけは見抜いていた、デンプシーロールの進化の行き着く先、縦横無尽の高速連打、究極進化形、カウンターも合わせられない、宮田対策になるはずだった…
世界戦に向けて鷹村、必殺技を探しに、動物園から山奥へ、そこで見つけたものはカブトムシ!
国技館、板垣、木村、青木勝利。
鷹村の相手はリッキーマウス、カブトムシのコスチュームで入場する鷹村。
大振りの左アッパーを連打する鷹村、ことごとくよけられカウンターをあわせられるも、そこに右が偶然合ってしまい、勝利。
コメント

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

2007-03-12 18:47:10 | ★★★★☆もう一回ぐらい読みたいかな
全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦 (単行本)
ジム クレイマー (著), James J. Cramer (原著), 井手 正介 (翻訳), 吉川 絵美 (翻訳)



場所:江東区図書館
再読:あり、手元に置いてもよし
推薦:投資を趣味として時間を割ける人は読むべきです

バイアンドホールではなく、バイアンドホームワーク。
1銘柄に対して、週に1時間はホームワークに割くこと。
上がる理由のある株を買い、これ以上上がる理由のなくなったところで売る。
ファンダメンタルズにこだわり過ぎない、中長期ではファンダメンタルズがだいじだけれども、短期では需給できまる。
景気循環も積極的に利用。
などなど…
健全なる投機のすすめといったところでしょうか。
ピーターリンチやバフェット本を読んでいて、ファンダメンタルズで選べといわれてもねぇ、と思ってたところにずばずばきてくれます。
とはいえ、ここに書かれていることもそう簡単にはできそうにありません。
銘柄研究が好きでたまらんぐらいでないと正直つらいと思います、バイアンドホームワーク。
バイアンドホールドに明確にNGを出してくれているのは、刺激的ではありますが、実践的であると思います。
山崎元さんも同様のことを書いていたように思います。
持ち続ける価値がないと判断したら即刻売る。
なかなか出来ないのですが、これが出来ないとずるずる付き合う羽目になりますね。
とかとか書いていると、やっぱりインデックス(ETF)でええかなという気持ちが強くなってきました。






コメント