江東区図書館生活

本棚の本をずいぶん少なくすることができました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阪急電車 (幻冬舎文庫) [文庫] 有川 浩 (著)

2012-05-28 06:20:34 | ★★★☆☆おもしろかった
阪急電車 (幻冬舎文庫) [文庫]
有川 浩 (著)



場所:江東区図書館

この間、TVで映画を見たので、文庫版で再読。
改めて、この小説はいい。

映画からは、図書館カップル征志とユキのエピソードはごっそり削られたと思っていたら、川の中州の「生」の文字オブジェだけは映画のエンドロールのところにチラッと出ていたらしい?!
見逃した…


【これまでに読んだ著者の本】
阪急電車 (単行本)
有川 浩 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/51193a5c77f9a865542491688e2d7696


コメント (1)   トラックバック (1)

課長島耕作 (3) (モーニングKC (100)) [単行本] 弘兼 憲史 (著)

2012-05-25 06:37:16 | ★★★☆☆おもしろかった
課長島耕作 (3) (モーニングKC (100)) [単行本]
弘兼 憲史 (著)




場所:江東区図書館

STEP18(アメリカから帰国、妻と別居、クレオパトラに典子を監視に行ったらミイラ取りがミイラに…)からSTEP27(パメラとサンフランシスコ、ボブとアイリーンに電話、生まれた子どもの肌は黒?、橋の上でパメラとキス、別れ)。
・検見川次長から仕掛けられたヘッドハントの罠
・ラスベガスでオー!ウタマロ
・1万ドルすられて、ルーレットで逆転しかかるもパメラを信じきれずすっからかん、典子がジャックポット!

【これまでに読んだ著者の本】
課長島耕作 (2) (講談社漫画文庫) [文庫]
弘兼 憲史 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/bbd9abbbddc7940770309cdc31e56ddd

課長島耕作 (Vol.4) (Morning KCDX (1015)) [コミック]
弘兼 憲史 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/2cd201e70d3fcc4fd5062cdfd42499c9


コメント

課長島耕作 (2) (講談社漫画文庫) [文庫] 弘兼 憲史 (著)

2012-05-24 05:24:47 | ★★★☆☆おもしろかった
課長島耕作 (2) (講談社漫画文庫) [文庫]
弘兼 憲史 (著)




場所:江東区図書館

STEP9(アイリーンの借家でボブと殴り合って意気投合、馬車でお迎え)からSTEP17(ニューヨークを離れる前夜にヘリコプターでアイリーンと熱いキス、ニューヨークを去る島耕作)まで。



【これまでに読んだ著者の本】
課長島耕作 (Vol.4) (Morning KCDX (1015)) [コミック]
弘兼 憲史 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/2cd201e70d3fcc4fd5062cdfd42499c9

コメント

NHK連続テレビ小説 カーネーション 下 (NHK連続テレビ小説) [単行本(ソフトカバー)]

2012-05-22 05:12:39 | ★★★☆☆おもしろかった
NHK連続テレビ小説 カーネーション 下 (NHK連続テレビ小説) [単行本(ソフトカバー)]
渡辺 あや (その他), 豊田 美加 (その他)




場所:江東区図書館

第12週から最後まで、善作が骨になって岸和田に戻ってくるところから。
朝ドラでは少しぼかしていたけれども、最後に病院のロビーのテレビで朝ドラを見る車椅子の老女はやっぱり奈津!




【これまでに読んだ著者の本】
NHK連続テレビ小説 カーネーション 上 (NHK連続テレビ小説) [単行本(ソフトカバー)]
渡辺 あや (その他), 豊田 美加 (その他)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/aff04a39b7cad45d763aaa315e004a5a
コメント

ビジネスパーソンのための契約の教科書 (文春新書 834) [新書] 福井 健策 (著)

2012-05-18 06:47:33 | ★★★☆☆おもしろかった
ビジネスパーソンのための契約の教科書 (文春新書 834) [新書]
福井 健策 (著)




場所:江東区図書館

これまでのキャリアパスの中で、NDAとか共同研究とかを調整する立場にいて、その類の契約書を書き換えながら調整したことがある。
また、受委託案件の真ん中にいて、発注を受けてそれの一部を発注するということで、受ける側の契約書と出す側の契約書の差異を気にしたりする立場にいたこともある。
下請法なんかも気にしながら発注していた。
ちょっとした事件事故で、契約書を読み返したりもした。
そのころの経験で、ちょっとは契約書が読めるようになった。
今、部下が持ってくる案件を決裁する立場にいる。
契約書をかなり軽く考えているのがいて、怖くなることがある。
この本、読ませたい。
以下、メモ。

●<P.41>また、契約書にも「完全合意」という条文がよく見られます。これは「契約書に書いてあることが当事者の約束の全てであって、その他のやり取りや了解事項に優先する」という約束です。契約書こそがルールなのです。
ですから、相手方は契約書の一語の記載にも神経を集中させ、ビジネスの成否も浮沈もかけてきます。「著作権譲渡」のような決定的な一言が契約書にはごまんとちりばめられ、こちらが見つけられずにサインすれば、書いてある通りの効果がおそらく生まれるし、書いてあるのと違う扱いを受けられる保証は全くない。
★いつでも別途協議でなんとかなるわけではないということか。
こちらが強い立場で契約交渉する際は、特にこちらの雛形で行く場合は、原則的には完全合意条項を入れておきたい。
弱い立場で相手方の雛形で行く場合は、最低限完全合意条項は外して、別途協議ができる条項は盛り込みたい。
でないとリカバリーのチャンスがない。

●<P.47>このように、相手に権利を与える契約のゴールは、「相手が必要としていて、現に活用できそうな権利だけを与える」「それ以外の権利はこちらに残しておく」です。逆に権利を得る契約のゴールは、「対価が変わらないなら、将来活用する可能性のある権利は全部いただく」です。ずい分シビアな考え方ですし、実際には事情に応じて柔軟さが欠かせませんが、国際交渉ではそれが基本とされていることは間違いありません。
★権利は権利であって義務ではない。
権利を与えたからには、それを行使するかしないかは相手次第。
権利を持っているのだから相手がそれを行使してくれるはずというのは、こちらの期待でしかない。
独占販売権を相手に渡しても、ちゃんと商売にしてくれるかどうかは相手次第。
相手方のやる気に依存しすぎるのはリスク大。
相手がやる気を失ってもこちらのリスクは最小限に抑える方法を講じておく。
たとえば、期間を1年と定め、両者合意がないと延伸しないとしておけば、相手方にやる気がないと判断したとき、契約を終わらせて独占販売権を取り戻すことができる。

●<P.68>それでも、国際契約をめぐっては深刻な対立が生まれると、双方はかならず「裁判管轄」の条項を見ています。そして、「いよいよとなったら自国で裁判ができる」と踏んだ側は交渉上優位にたち、「相手国での裁判が強いられる」(=いつ外国で裁判を起こされるかわからない)と思った側は気弱になりがちです。これは、洋の東西を問いません。
つまり、「訴訟を避けつつ話し合いで有利に解決したい」と日本側が思うなら思うほど、「裁判管轄」は大切なのです。
★これはなるほど。
裁判管轄と準拠法だけは、絶対に譲ってはいけない。

●<P.70>もちろん、趣旨が不明確な条文ならば問い合わせて、明確に書き直してもらうのが当然です。ただ契約書の意味ははっきりしている場合、そしてそれは自分達にとって圧倒的に不利な場合、アメリカ人であればとるべき行動は明確です。彼らの多くは「この条件は困るので、こう変えてくれ」とはっきり伝え、「交渉」しようとするのです。
しかし日本側は、国内契約だった絶対に一蹴するような条件でも、「一蹴」や「交渉」ではなくしばしばこの「問い合わせ」をやります。何を問い合わせるか。一言で言えば相手方の「真意」を問い合わせるのです。
★「真意」を問い合わせたとしても、それが契約書に反映されておらず、完全合意条項があれば、契約書が優先する。
だから交渉は必須。
ちょっと場面を変えて、自分たちだけで閉じない仕事のことを考える。
しばしばこの問い合わせを行っていないだろうか。
ちょっと言い過ぎかも知れないけれども、無駄だったかもしれない。
飲めない、このままではこちらが不利になるなら、さっさとこちらがわの条件を伝えればよい。
意識するようにしよう。

●<P.85>「ユーチューブには、投稿動画を世界的に、無償にて、複製・配布・出版・翻案などするライセンスが与えられる」(第六条C項)
ユーチューブは、投稿動画をただで、全世界的にどう使っても良い。「翻案」もできるとあります。つまり、皆さんの投稿動画を改変・編集したり、投稿動画を別な作品の素材に使ったりすることもできる。そして、こうしたユーチューブの権利は「サブライセンス可能かつ譲渡可能」とあります。どうやら、ユーチューブはそうした利用権を他者にずり渡すこともできるようです。
●<P.86>なにせ皆さんは、「投稿した映像については権利が処理済みであり、投稿した映像をユーチューブがどう利用しようが誰の権利も侵害しない」と請け合っているのです(第六条D項)。これは、文章や音楽など、映像の中で使われた他人の作品も含めてです。
かつ、その動画の内容が国の法令などにも触れないことを保証しています(同E項)。
●<P.87>ユーチューブの場合には、その利用権は皆さんがアップ動画を削除した場合、「そこから合理的な期間の経過後」に終了することになっています(同C項)。(略)
★怖っ!
アップ動画に写りこんだなんらかの著作物の著作権者からユーチューブが訴えられたら、それがアップしたユーザに飛んでくると言うことか。
露骨にテレビ放送とかをアップするだけでなく、意図せず背景に写りこんでいたりするだけでも。

●<P.94>特に、利用規約が一方的だからといって、ユーザーがほかのサービスに乗りかえることもできないようなネット上の覇権企業の場合、「利用規約」はユーザーにとっては事実上の法令であるといえるでしょう。
●<P.94>問題は、国の法律ならば議会が議論して作りますが、ネットの利用規約の場合にはその「ルール」を企業が一方的に作るということです。一方的に作れてしまう法令。これはかなり怖いですね。
★この視点はおもしろいなぁ。
ひとつのサービスが独占になると、ユーザにできることは使うか使わないかの二択。
競争状態が望ましいと言うことか。

●<P.125>認知心理学の世界的権威であるエリザベス・ロフタスは、多くの衝撃的な心理実験の結果を発表していますが、その中に有名な「ショッピングモールの実験」と言われるものがあります。まず、実験の協力者を数十名募り、あらかじめその家族に彼ら彼女らの幼い頃の事件をいくつか教えて貰います。そこから四つの事件を選んで概要を被験者に教え、事件の細部で思い出すことはないか、聞くのですが、実はこの時に架空の出来事をひとつ混ぜておくのです。
つまり、三つは被験者が幼い時に本当に起きた事件ですが、ひとつは全くの虚構なのですね。架空の事件とは、「被験者が五歳の時にショッピングモールで家族とはぐれ、老人に助けて貰った」というものです(それと似たような事件はなかったと家族に確かめ済み)。
すると、面接を繰り返すうち、被験者のうち二五から三〇パーセントの人々は、その架空の「ショッピングモール事件」をかなり細部にわたって「思い出し」はじめたのです。(略)
★記憶に頼るのはかなり危険…
お仕事でいえば、議事メモをちゃんと残すのはやっぱり大事。
思いついたことや、ちょっとしたことでも、ノートに書いておくことも大事。
決意なんかもそうか。

●<P.134>つまり、契約書はそのままビジネスのマニュアルでもある。日本にも、もちろんさまざまなビジネスのマニュアルはあります。欧米が異なるのは、それを事前に交渉・合意して契約書に入れこんでおいて、守られなければ契約違反といえる状態にしておくシビアさです。
これは大変な手間ですが、たしかに見落としや「こんなはずじゃなかった」という場面を防ぐには良い方法です。以前の海外公演で困ったことがらは次から契約書の内容として反映され、年々同じ書式が踏襲されていけば、事前に何を確認し、何を相手国に約束させておけば良いか、ノウハウをはっきりした形で残すことができます。
★これもなるほど。
契約書をチェックリストにしてしまうということか。
無意識的に理解していたことを文字にして意識させてもらった感じ。

●<P.148>「まず短いものをかわす」というしくみは大いにけっこうです。ただし気をつけるべき点が一点あります。
それは、この「仮契約」という言葉です。そんなものはないのです。
●<P.149>しかし、たいていの「仮契約」は後で拝見すると、立派に「法的拘束力」のある文書です。つまりは契約書であり、「まもられなければならず」、いざとなったら裁判に訴えてでも強制執行することができる文書です。
そんなものをまずサインしておいて、後で「正式契約」のときに「ここを変えてください」とお願いしてうまく行くでしょうか。時にはうまく行くことのありますが、まず難しいでしょう。相手は、もとの「仮契約」の約束で法的効力を主張できるのです。わざわざ後退する理由がありません。仮にいつまでも「正式契約」に至らなければ「仮契約」で両者の関係は判断されることになります。このことは覚えておいてください。
●<P.150>先ほどあげたカンヌ映画祭で交わされるディールメモも、たしかに一見すると短い。しかし、時にはその中に一行、「詳細は当社の標準契約条項に従う」なんてことが書いてあります。この場合、契約の詳細は売り手の映画会社がもう長文の書式として持っていて、書いては実はその内容を全部受け入れたことになっているのです。
★こちらが不利になるような仮契約、ダメ、ゼッタイ。
逆に、積極的にこちらが有利になるような仮契約を使っていくと言うのは、戦略的にありうる。
これからも中長期的に付き合っていく相手とは信頼関係の問題があるので難しいかもしれないけれども。

●<P.156>「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」という順番で呼ぶのです。これは、干支の「十干(じっかん)」なのですね。よく、「甲虎」「丙午」などと年を呼びますが、あれが干支で、前半の「甲」「丙」の部分を十干、後半の「寅」「午」は有名な十二支といいます。このように一〇番目の登場人物までは呼び名が決まっています。
★メモ…

●<P.160>では、「及び」と「並びに」の区別は、ご存じでしょうか。これも適当に使われることが少なくありませんが、実は区別があって、小さいグループと、それを束ねた大きいグループがある時、前者の接続詞には「及び」を使い、後者の接続詞には「並びに」を使うのです。
●<P.160>誰がそんなことを決めたかというと、絶対のルールがある訳ではありません。ただし、法令自体はこういうルールで書かれています(内閣法制局「法令における漢字使用等について」)。よって、裁判所は契約でもおそらく同じ解釈を取るし、契約書を作るときにはそうした書き方が無難ということになります。(もっとも、必ずしも正確には使われないことも多い用法ですから、文脈上明らかに別な意味に取れる場合には、その読み方が優先されるでしょう。)
「若しくは」と「又は」の区別も同じです。小グループと大グループが組み合わさっている時には、小グループには「若しくは」を使い、大グループに「又は」を使います。
★メモ…

●<P.162>契約書(や法令)には難解な専門用語も出て来ます。たとえば、サンプル契約書にも登場する「責に帰する」。
「せきにきする」とは何でしょうか。いや、その段階ですでに違います。「せめにきする」と読むのです。なかなか無茶な読み方です。
★読み方知らんかった!
メモ…

●<P.165>だとすると、単にその当事者に「故意」も「過失」もなかったという事態よりは少し狭い意味なのか?とも思えます。学者の中にも、「不可抗力」は単に「過失がない状態」よりも狭いと解釈する意見があります。
★不可抗力は、解釈に幅があるのか。
確かに、どこまで予想して、あらかじめどこまで備えておくかは、人によって捉え方に幅があるなぁ。

●<P.184>ですから、ある条文がどうあるべきかを考えるときには、「自分によってはどうあるのがベターか」というシビアな視点は欠かせません。よく、自分にとって有利不利ということを離れて、契約書全体の「完成度」を高めるために大半のエネルギーを費やしている方を見かけます。(先に書いた「ものとする」名人の方などですね。)
その姿勢は一見美しいですが、契約書はあくまでビジネスをおこなうためのツールであって文学作品ではないのです。「完成度」などよりも、「文章はすこし不細工でも、このたった一言があったために自社が不合理な損害をこうむるリスクが格段に減った」という一言を付けくわえ、かつ、相手にのんで貰える技術こそが、本当の職人芸です。これからの会社は、高額の年俸を払ってでも、そうした本物の契約職人をリクルートすべきです。
★これは自戒を込めてメモ…
体裁も大事だけれども、中身はもっと大事。

●<P.186>英文契約では、印鑑はあまり使わず当事者の書名(シグネチャー)を末尾にするのが一般的な方法です。英文契約でも、ページの差し替えがされては大変ですが、印鑑が一般的でないので「契印」はあまりしません。その代わり、各ページのスミに、当事者がイニシャルを書いていくなど、やはり幾つかの方法がとられます。
★へぇ…

●<P.194>つまり、契約書作成とはコストなのです。それはビジネスに必要なコストではありますが、コストである以上はコストパフォーマンスを考えるのは当然です。ここでの「パフォーマンス」とは何か、それは前に述べた「後日の証拠」「見落としや甘い期待の排除」といった契約書のメリットです。別な言いかたをすれば、そこで契約書を作成することによって減らせるリスクの量」が、パフォーマンスです。
つまり、文書を作ることによってリスクを減らせるというメリットが、その文書を作るコストを超えているならば文書を作るべきです。逆に言えば、そこで文書を作ることのメリットに見合った程度のエネルギーを、文書には割くべきです。
★ともすれば、忘れがちなこと。
自戒を込めてメモ…


【アクション】
なんらかの契約案件に取り組んでいる部下にこの本を紹介してあげる。



【これまでに読んだ著者の本】
なし
コメント

はじめの一歩(98) (講談社コミックス) [コミック] 森川 ジョージ (著)

2012-05-15 05:14:48 | ★★★☆☆おもしろかった
はじめの一歩(98) (講談社コミックス) [コミック]
森川 ジョージ (著)



場所:江東区図書館

青木から小島に届けられた一歩のサイン入りグローブ、一人くんへ 日本フェザー級チャンピオン 幕の内一歩。
A級トーナメントの3人、一歩の押しは青木?!
鷹村が見つけた青木の弱点、いきなりの右に過剰反応、目をつぶる。
トミ子の催眠術、トラウマの原因は鷹村!
弱点克服するも感情を失くした青木。

板垣VS冴木、スピード対決。
板垣のスピードについてくる冴木、ファーストコンタクト、冴木のジャブを叩き返す板垣。


【これまでに読んだ著者の本】
はじめの一歩(97) (少年マガジンコミックス) [コミック]
森川 ジョージ (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/c08d430caa3e64a77b17dba0eddb0770

はじめの一歩(96) (少年マガジンコミックス) [コミック]
森川 ジョージ (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/498295cecfd43f2b0a46faa7cd7f24fa


はじめの一歩(95) (少年マガジンコミックス) [コミック]
森川 ジョージ (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/94c9e884e1ebe1ded175bb7c924c5b9b

コメント

HUNTER×HUNTER 14 (ジャンプ・コミックス) [コミック] 冨樫 義博 (著)

2012-05-14 05:56:54 | ★★★☆☆おもしろかった
HUNTER×HUNTER 14 (ジャンプ・コミックス) [コミック]
冨樫 義博 (著)



場所:江東区図書館

GIスタート。
キルアと合流、先輩プレーヤーから初心者キルアにトレースの洗礼。
検証都市アントキバ。
住人はRPGでいうところのNPC、特定の質問にしか答えられない。
集団でカードを持ち寄ってクリアしようとするチームに誘われるも拒絶するゴンとキルア。
スペルカードは40種、近距離スペルは有効距離20メートル。
ジャンケン必勝法、最初はグー、ここから手を振り上げておろし始めるときには十中八九次にだす手の形、それを見極める目があれば勝てる?!
アントキバのジャンケン大会、決勝はキルアVSゴン、キルアの勝ち、真実の剣(83-B-22)をゲット。
真実の剣を狙って、次々に絡んでくる他プレーヤー…。
地図を手に入れ、マサドラへ。
そのころ、幻影旅団の3人もゲームに参加、シャルナーク(だったっけ?)の謎解き、ここは仮想世界でなく現実世界のどこか、まずは先に入ったフィンクス&フェイタンとの合流を目指す。
フィンクス&フェイタンは、個別行動でプレーヤー狩りをしながらマサドラへ向かって移動中。
途中、山賊や怪獣に絡まれながら移動を続けるゴン&キルア。
能力を使い切っていない二人にいらいら、ビスケは二人に凝を使え!
ビスケ、押しかけ師匠、ウイングはビスケの弟子、少女に見えて57才。
襲ってきたビノールトを一撃で倒すビスケ。
ビノールトを使って二人を鍛える、初日から二人で圧倒するもキルアをとめるゴン、一人で圧倒できるようになるまで続けよう。
10日後、ゴン一人でビノールトを圧倒。


【これまでに読んだ著者の本】
HUNTER×HUNTER 13 (ジャンプ・コミックス) [マスマーケット]
冨樫 義博 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/f52523bc000d53b794ac7433bdd385c0

HUNTER×HUNTER 12 (ジャンプ・コミックス) [コミック]
冨樫 義博 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/9805d723d096458ea540e35786698aab

コメント

事例でわかる統計解析の基本 (実務入門) [単行本]柳谷 晃 (著)

2012-05-13 07:51:41 | ★★★☆☆おもしろかった
事例でわかる統計解析の基本 (実務入門) [単行本]
柳谷 晃 (著)



場所:江東区図書館

引き続き統計学。
だいぶん染み込んできた。
実際に何か実データを解析したい。
そのときに、この本は手元に置いておいて、見返しながらに向く本。

1.座標とグラフで何がわかるか
2.代表値 - 商品の価格を決定する
3.確率と正規分布 - 不良、欠品をなくす在庫計画をつくる
4.推定と検定 - 宣伝方法を決定する
5.相関と回帰分析 - ビール売り上げ増の要因をさぐる
6.バグの管理 - エラーの数を把握する
7.実験計画法 - 効率的にアンケートをとる



【これまでに読んだ著者の本】
なし
コメント (1)

マンガギリシア神話 (4) 悲劇の王オイディプス (中公文庫) [文庫] 里中 満智子 (著)

2012-05-12 01:24:27 | ★★★☆☆おもしろかった
マンガギリシア神話 (4) 悲劇の王オイディプス (中公文庫) [文庫]
里中 満智子 (著)



場所:江東区図書館

・エロスとプシュケの物語、人間の娘プシュケは神に
・オイディプス、スピンクスのなぞなぞ「朝は四本足、昼は二本足、夕暮れには三本足」、父と知らずに殺してしまい、母と知らずに結ばれ4人の子
・呪われたテバイ、オイディプスの他にも、あんなことやこんなことや…
・テイレシアス、蛇の交尾を見て女に、また見て男に、アテナの水浴びを見て盲目に、でも予知能力を手に入れ、ゼウスとヘラに問われて「男女両方の生き方を知っている私の経験では…女性の方が快楽の度合いが大きいと…」



【これまでに読んだ著者の本】
マンガギリシア神話 (3) (中公文庫) [文庫]
里中 満智子 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/323a8310662936b697428e6e4f596a1d

マンガギリシア神話 (2) (中公文庫) [文庫]
里中 満智子 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/9021ebb1f7d63f4a7eddf0bec17e96ca

オリュンポスの神々―マンガ・ギリシア神話〈1〉 (中公文庫) [文庫]
里中 満智子 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/ab0118c3284851c9d8b340004200d9f9
コメント

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス) [コミック] 羽海野 チカ (著)

2012-05-11 06:27:31 | ★★★☆☆おもしろかった
3月のライオン 2 (ジェッツコミックス) [コミック]
羽海野 チカ (著)



場所:江東区図書館

ヒナタの憧れの高橋君とメックで知り合い、プロになって1年遅れで高校に行くことにしたのは「逃げなかった」という記憶が欲しかった、高橋君に通じた、涙が出るほどうれしい。
ヒナタの家、から揚げに温玉のせの豪華カレー、高橋君が持ち込んだビデオ、MHK杯、二階堂の熱い解説、プロ棋士であることがヒナタとモモにばれた。
ヒナタに将棋を教える、二階堂作の「将棋はじめて絵本」、ニャーがいっぱい、この肉球パンチをおみまいするニャー、小さいころから絵を描くのが好きだった、凸版印刷に簡単な感じでまとめてもらって新年パーティーで親族に配った?!
零にからむ義姉香子、次の対戦相手は松永65歳、C1から降級したら引退する。
VS松永戦、穴熊入ったのに出た?!、わざと負けようにも無理、ガンガンいこうぜ、15分後勝利、うなぎをおごらされ、松永は将棋を続けることに。
12月、再びからむ香子、今度の相手は安井、負けると飲んで暴れてギャンブル、ついに離婚、対戦のあるクリスマスまでは家族と一緒に、パパが勝って帰るのと負けて帰るのと娘にとって最後のクリスマスの思い出にぴったりなのはどっちかしら?
VS安井戦、序盤は静かな立ち上がり、昼食後安井にミス、アルコールのにおい?、まだまだ挽回可能な局面にも関わらず自ら崩れていく安井、零の勝利。
家族へのクリスマスプレゼントを忘れて帰る安井、届ける零、受け取りを拒む安いに無理やりわたす零、切れて受け取る安井。
零、遂に切れる、公園まで走り、叫ぶ。
弱いのが悪い、弱いから負ける、勉強しろ、できねーとか言うな、言うならやめろ、くんな、こっちは全部賭けてる、弱い奴には用はない、逃げれるくらいならなんで…




【これまでに読んだ著者の本】
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス) [コミック]
羽海野 チカ (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/5927975c386b09e6882b8eee9676e073

ハチミツとクローバー (10) (クイーンズコミックス―コーラス) (コミック)
羽海野 チカ (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/8127e8d4c6e625824f7c4c091556e6c3









コメント

糸とはさみと大阪と [単行本] 小篠 綾子 (著)

2012-05-08 05:57:17 | ★★★☆☆おもしろかった
糸とはさみと大阪と [単行本]
小篠 綾子 (著)



場所:江東区図書館

衝撃!
カーネーションほぼそのまんま。
もちろんところどころに脚色はあるけれども、カーネーションはほぼ忠実に小篠綾子の生涯を映像化していたことに驚き。
脚本がいいと思ってたけど、元ネタがこんだけおもしろい人やったんやな;)

カーネーションの中では周防さんとは踏ん切りをつけたけど、実際は25年も続いていたのね。
しかもその彼は市会議員選挙に立候補したりしてるし、で、不倫を攻撃されて落選。
どこかの記事で読んだけども、この彼は、カーネーションの中では周防さんと北村にキャラクターが分けられたのかな。

カーネーションで描かれなかったのは、洗礼してキリスト教にかなり深く帰依したことと勲章もらったことぐらい?
あー、孫がちょっと不良っぽいという表現はあるけど、ジャージにつっかけのザ・ヤンキーではない。

●<P.151>ある時、税務署から調査に来ていました。ジュンコの店には開店当初から、芸能界やマスコミ関係のお客さんに人気があり、答辞タイガースというグループサウンズを率いていたジュリー(沢田研二さん)も顧客の一人でした。当代一の人気者・ジュリーのご贔屓の店ということで『コレット』がある雑誌に詳しく紹介され、そこに出ていた数字に税務署が目をつけて調べにきていたのです。
★あー、あの背の低いシークレットブーツを履いていたグループサウンズっぽいアイドルの兄ちゃんはやっぱりジュリーか;)

●<P.172>たとえばコートやジャンパーの襟にフードを納めておくちうアイデア、これはミチコの発案です。ミチコはのちにロンドンで暮らすことになりますが、ご承知のようにロンドンは雨や雪が多く、冬は非常に寒くなります。「傘をさすと、片腕がふさがって不便でしょ。フードなら両手が使えて便利だけど、晴れたら軽快な感じにしたいでしょ」それで出し入れ自在のフード、というわけです。なるほど、と感心させられたものでした。
★へぇ。


【アクション】
どないしたらこんなブレーキの壊れたダンプカーみたいな生き方ができるんやろ???


【これまでに読んだ著者の本】
なし
コメント

即戦力の人心術―部下を持つすべての人に役立つ [単行本]

2012-05-07 05:08:12 | ★★★★★繰り返し手にしたい一冊
即戦力の人心術―部下を持つすべての人に役立つ [単行本]
マイケル アブラショフ (著), Michael Abrashoff (原著), 吉越 浩一郎 (翻訳)



場所:江東区図書館

殿堂入り、自分のリーダーシップにぶれを感じたら、ヴィクティムな自分を感じたら、手にとって読み直したい本。
海軍という相当に硬く例外を許しそうにない組織でどうしてここまでできたのか、正直まだ落ちてない。
組織の論理と部下のためがぶつかったときに、常に部下の側に立つと言うリスクを取って、それがたまたまうまくいっただけとも読める。
いわゆるサバイバーズバイアス、生き残りの論理。
とはいえ、それだけではない。
全部まねができるわけではないけれども、見習うべきところは多い。
こんな上司なら正直付いて行きたいと思う。
以下、メモ。
繰り返し手にしたい一冊だから、ほとんどがメモしたいところなのだけれども;)

●<P.13>組織の指揮をとるにあたり、私の立てた方針は、じつにシンプルだった。それは、「部下の身になって、何がいちばん大切かを考えてみる」ということだ。
●<P.14>私は、彼らが艦を離れていく第一の理由は、給料が安いせいだろうと思っていた。しかし、驚いたことに、実際にはそれは五番目の理由だった。
第一の理由は「上司から大切に扱ってもらえないこと」だったのである。
第二は「積極的な行動を抑え込まれること」。
第三は「意見に耳を貸してもらえないこと」。
第四は「責任範囲を拡大してもらえないこと」であった。
★国も文化も組織も違うのでそのままその通り受け取ることは出来ないけれども、改めて考えてみるべきこと。
部下たちは何が大切なんだろう、何を大切にしているんだろう。
一人一人の顔を思い浮かべて、これだと言い切れるか。
面談の際に改めて話をしてみよう。

●<P.37>私は、自分が思うような結果を部下たちが得られなかったときには、怒りをこらえて内省し、自分がその問題の一部になってはいなかったかどうか考えた。自分自身に三つの質問を問いかけたのである。
(1)目標を明確に示したか?
(2)その任務を達成するために、十分な時間と資金や材料を部下に与えたか?
(3)部下に十分な訓練をさせたか?
★これはぜひとも取り入れる視点。
両手両足を縛った上で、無茶な仕事を振っていなかっただろうか。

●<P.85>組織は規則をつくり出しても、そもそもなぜそれが必要なのかということを忘れてしまったり、その理由がもう存在しなくてもわからずにいることが多い。
旧式な規則を排除するという点に関して、組織というものは融通がきかない。今日のめまぐるしく変化する世界にあっては、本当に重要なもの以外、規則は”厳然たる法”としてではなく、”指針”として扱われるべきである。
とはいえ、規則を守るべきか、破るべきか、どちらとも言えない状況もある。そのような状況があるからこそ、中間管理職が必要なのだ。もし何もかも明確に判断できるのであれば、組織は規則をつくる最高経営責任者と、それを異議もなく実行する社員だけで足りるはずだ。
中間管理職とは、どちらとも言えない状況の中で判断し、指示を出す人間であるべきなのだ。
★これは痛い。
この意味での中間管理職になれているか。
どこまでを守って、どこまで踏み越えるか。
踏み越えすぎると、自分だけでケツをふける範囲を超えてしまって、組織だけでなく部下にもダメージが発生してしまう。
このあたりが見極められる、真の意味での中間管理職を目指す。

●<P.124>「おい、今はきみが艦長だ。許可など取らなくていい。責任を持って自分でやるんだ」
●<P.125>この一件から読み取れるメッセージは館内を駆け抜けた。
「この艦長は言いなりになる人間を求めていない。求めているのは、自発的にものを考える人間だ」
それが、私の”新しいスタイル”を示す最初の機会であり、それを私は最大限に活かした。部下を信頼することは、私の指導法の本質であり、会場での給油は、この先にある改革の象徴となったのである。
★いくら口で自発性を重んじるなり、一人称で仕事をしてほしいと言っていても、行動がそうなっていなければ、部下に伝わるメッセージは後者。
部下に一人称での仕事を求めるなら、実際にやらせてみるというリスクを取る。
もちろん失敗の危険はある、でも成功すればリターンはでかい。

●<P.222>私が去ったあとも、ベンフォルドはさらに全速力で向上し続けた。私は臆することなく、その一部は自分の功績だと言いたい。私は指導者の評価は、本人が組織を離れてから半年か一年経つまで下すべきではないと思う。自分が任期中にどれだけのことを行ったかということを正確に判断するものは、自分が後任に手渡す遺産なのだ。後任が失敗するのを望んではならない。もっと高い次元で考えなければならない。
★まず今のグループリーダーというポジションを将来誰かに引き継ぐ立場として肝に銘じたい。
また、更に将来、より上位者となった際に、部下となる指導者を評価することになるが、そのときの評価基準として忘れないようにしたい。


【アクション】
部下の仕事に満足できないとき、次の3つの質問を自分に投げかけて内省する。
(1)目標を明確に示したか?
(2)その任務を達成するために、十分な時間と資金や材料を部下に与えたか?
(3)部下に十分な訓練をさせたか?


【これまでに読んだ著者の本】
なし
コメント

有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫) [文庫] 有川 浩 (著)

2012-05-06 08:23:17 | ★★★☆☆おもしろかった
有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫) [文庫]
有川 浩 (著)



場所:江東区図書館


シアターの舞台化の脚本。
地方の高校の文化イベントで「掃き溜めトレジャー」。
小道具のゴミがごみ収集車に回収されたり、朝9時に届くはずの大道具が夜九時着に変更になっていたり、なにものかの妨害活動?!
逆転の発想で、役無しの二人にゴミ役をアサイン、災い転じて福となす巧。
犯人は受け入れ側の学年主任の先生、昔演劇青年だった先生、芝居だけでは食っていけないことを身にしみて知っている、しかも司と巧の父とは親友、シアターフラッグの芝居を大失敗させることで、声優にあこがれる娘の眼を覚まし、芝居に憧れてしまうかもしれない生徒の出現を防ぎ、巧に全うな社会人になってもらおうとしていた。
「君たちは全力を出し切っているのか?!」
「それは、俺たちの舞台を観て判断してください。」
かー、これ、生で見たかった!!



【これまでに読んだ著者の本】
シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫) [文庫]
有川 浩 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/2781f4c66b28b46b8f4f88a723e32be0

シアター! (メディアワークス文庫) [文庫]
有川 浩 (著), 大矢 正和 (イラスト)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/d27c138dec1901caf638a488c79134f4

コメント

課長島耕作 (Vol.4) (Morning KCDX (1015)) [コミック] 弘兼 憲史 (著)

2012-05-05 08:08:07 | ★★★☆☆おもしろかった
課長島耕作 (Vol.4) (Morning KCDX (1015)) [コミック]
弘兼 憲史 (著)



場所:江東区図書館

1102号室で島と、からの~、1103号室で竹綱と。
バレンタインデー、島と竹綱に大町久美子からの衝撃の告白、母、父吉原初太郎、木野の3Pを14歳のときに目撃、からの~、あらゆるタイプの性を経験しました。
帰宅、妻からとどいた離婚届に押印。
大阪より今野主任、中沢部長のエルメスのネクタイのパッチモンをチョッキン!、36のころ銀座7丁目「蘭」の亜沙子というホステスとの間にできた息子からの贈り物。
今野主任の嫁は美人、元ミス松原、仲人の福田部長の元愛人。
徳島でショールームの女子社員が阿波踊りに着る浴衣で一騒動。
苫米地社長から派閥入りのオファー、断る島耕作、クビを言い渡される、正式な辞令は1月後。
生き残るには苫米地社長を追い落とすしかない、それには大泉副社長に勝ってもらうこと。
持株メモを典子から大泉にわたし、大泉の危機感をあおる。
11月の取締役会に向けて、動き出す両陣営。
島を失いたくない樫村の立てた作戦、ヤミ再販で世間をあおり、社長交代の引き金を引くこと、実行部隊は木暮。
中沢部長のすすめで休職届けを出した島、大町久美子から知らされた母親の居場所、バリ島。
福岡でヤミ再販の消費者運動の火をつける木暮、バリへ飛ぶ島、尾行が二人。
マジックマッシュルームを食わされ意識が混濁、警察に捕まる島、大町愛子の下に届いていた久美子の葉書に耕作の名前が、興味を持った愛子、島を引き取る。
籐の椅子で待ち構える愛子、エマニュエル夫人?!
3人の若者のと4P、からの~、さあここに着て私を抱くのよ!わたしをめちゃくちゃにするのよ!!
私には…私には出来ません。
チャンスを失った島、苫米地派に愛子の居所を教えてしまい、完敗、帰国。
木暮による実弾攻撃で苫米地派の取締役は次々に寝返り、苫米地社長の腹心までも。
久美子の提案、木野会長を成田に迎えに行く島耕作と大町久美子。


【アクション】
女子社員を味方につける?!


【これまでに読んだ著者の本】
課長島耕作 (Vol.3) (Morning KCDX (1014)) [コミック]
弘兼 憲史 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/53fc88c52bc9f9bc84ff3277baafb506

課長島耕作 (Vol.2) (Morning KCDX (1013)) [コミック]
弘兼 憲史 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/b5e2e876e9ab5277aac55583f00ef7b9


課長島耕作 (Vol.1) (Morning KCDX (1012)) [コミック]
弘兼 憲史 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/b7832177b23380c4babe6bc853d2df70
コメント

文系にもよくわかる多変量解析 [単行本] 内田 治 (著), 高橋 信 (著), 菅 民郎 (著)

2012-05-04 08:45:28 | ★★★☆☆おもしろかった
文系にもよくわかる多変量解析 [単行本]
内田 治 (著), 高橋 信 (著), 菅 民郎 (著)




場所:江東区図書館

引き続き統計。
EXCELだけでなんとかなりそうに見えて、実は市販ソフトが手元にあることが前提になっている、ということが表紙からはわからなくて、中を見ないとわからないのはちといただけない。
ソフトの操作という意味では、確かに「文系にもよくわかる」かもしれないけれども、どうしてこうなの?という肝のところがそうかというと…。
理屈はいいから、とか、理屈は十分にわかっているから、あとはちゃっちゃとやるにはどうしたらいい?って人にはおすすめ。
ソフト買わないといけないけども…。
多重共線性がなんとなくわかるようでわからない。
しばらくは数こなして、身体にしみこませる。
コメント