江東区図書館生活

本棚の本をずいぶん少なくすることができました。

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書) 新書 – 2017/6/14 河合 雅司 (著)

2017-10-22 08:07:17 | ★★★☆☆おもしろかった
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書) 新書 – 2017/6/14
河合 雅司 (著)



場所:江東区図書館

人口動態統計をもとに、50年先辺りまでの人口分布に基づく日本の未来を描いたもの。
正直、けっこう怖い。
合計特殊出生率が多少改善しても、そもそものところで母親になる女性の数が減っているから人口増にはそれほど寄与しないってのは、言われてみると確かに、でも世の中にはあまり伝わってない感じ。
それでも合計特殊出生率が多少なりとも改善すれば、悲劇が訪れるまでの時間が稼げるはずで、対策に使える時間が生まれる、ぐらいの効果はある。
いろんな観点から書いてくれているので、若年層が減ると献血が減って輸血が必要な手術ができなくなるとか、高齢者のピーク層が死ぬ年齢になると火葬場が足りなくなるとか、そういうところにも影響がでるのかと、これらも言われてみると確かに。
労働者人口の減少で、すべての産業を同じままに継続することはできそうになり。
ほんとうの意味で選択と集中をしないと、持ちそうにない。
国のレベルでもいろいろと厳しい判断とその実行をしていかないといけないけれども、個人としてはそんな時代が来たときにでも耐えられるような準備をしておく必要がありそう。
やっぱり、ポータビリティは高く保っておいたほうがよいな。
自分をしばりつけるものは極力減らしておくこと、例えば持ち家、いろんなしがらみ、経済的な依存、…
居住地、ポジション、動かないといけなくなったら、軽やかに動けるように。


【著者】
はじめて
コメント

逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS) コミックス – 2017/3/13 海野 つなみ (著)

2017-10-21 09:36:32 | ★★★☆☆おもしろかった
逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS) コミックス – 2017/3/13
海野 つなみ (著)



場所:江東区図書館

みくり、サービス精神が認められて晴れて正社員として採用、共同最高経営責任者として平匡とシステムの再構築。
沼田さん、花見からの大清水とゲイカップル成立。
ポジティブモンスター五十嵐安奈、百合と強引にランチ、若さは価値だという安奈に、自分に呪いをかけるようなことはやめるべきだと百合、あなたが価値がないと思っているものはこの先自分が向かっていく未来。
別れ際に風見を大好きだと自然に言えた百合。
新生活1ヶ月目の会議、素直な気持ちをぶつけ合って辿り着いた結論は役割と義務でなく好意と感謝で生活を回していくこと、みくりから寝る前のハグのおねだり、平匡からはおはようのチュウ。
風見から気持ちは変わらないのであれば諦めると言われ、百合の答えは変わったわ、泊まりに行ってもいい?に硬直する百合、男性経験ないままに閉経。
番外編、色々と準備して風見を受け入れたもののうまく入らず、高齢処女であることをカミングアウトする百合、やさしく受け入れる風見…




【シリーズ】
逃げるは恥だが役に立つ(8) (KC KISS) コミックス – 2016/10/13
海野 つなみ (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/a793aa7e5b448b3a6fa063c88477366e
コメント

紅塵 (ノン・ノベル) 新書 – 1996/7/1 田中 芳樹 (著)

2017-10-01 14:44:15 | ★★★☆☆おもしろかった
紅塵 (ノン・ノベル) 新書 – 1996/7/1
田中 芳樹 (著)



場所:江東区図書館

20年?もうちょっと?ぶりに読み返し。
史実だから仕方がないけども、前半からぐぐっと盛り上げてきて、いざってときに金の皇帝がほぼ自滅したので、田中芳樹的な戦闘の描写はあまりなし、残念。
東京、新大阪、博多の新幹線移動のお供に田中芳樹、銀河英雄伝説とかアルスラーン戦記とか昔読んだのたくさん読み返しできる、楽しみ♪


【著者】
七都市物語 (ハヤカワ文庫JA) 文庫 – 1990/3/1
田中 芳樹 (著)
http://blog.goo.ne.jp/shinyability/e/31ccd37d3e39f237e44931d9f3dff7a3
コメント