江東区図書館生活

本棚の本をずいぶん少なくすることができました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はじめの一歩―The fighting! (51)

2006-09-30 23:48:36 | ★★★☆☆おもしろかった
はじめの一歩―The fighting! (51) (コミック)
森川 ジョージ (著)



場所:江東区図書館
再読:あり
推薦:あり

死んだふりで今江のペースをくずした青木、今江の疲労を確信し、5ラウンド終了。
次のラウンドで勝負をかける。
6ラウンド、よそ見炸裂!
カエルパンチで今江ダウン。
立ち上がるも、再度よそ見&カエルパンチ。
ダウンするも、偶然にグローブがはさまり威力を弱めたため、なんとか立ち上がる。
6ラウンド終了。
7ラウンド、三度よそ見。
今江の視線上にサチ子が!よそ見不発。
カエルパンチ出すも見切られ、逆に今江のパンチを食らう。
その後は一進一退の泥試合。
8ラウンド以降、疲労のため倒すパンチを出せない両者。
10ラウンド終了、判定はドロー、タイトル移動せず。
鴨川ジムに小橋が訪問、一歩と再会。
一歩の同期は、タイトルを取った宮田、千堂、間柴以外は全員が引退したことを告げる。
引退が懸念されていた青木だが、青木を慕う青木組が現れ、現役続行。
大阪、千堂の復帰戦。
1ラウンドの勝利。
試合後、控え室に挨拶に行った一歩。
千堂のスパーリングパートナーだった沢村、フェザー級3位。
一歩に向かってデンプシーロールは無様な技だと言い放つ。
コメント

クマのプーさんと学ぶマネジメント

2006-09-29 18:19:55 | ★★★☆☆おもしろかった
クマのプーさんと学ぶマネジメント―とても重要なクマとその仲間たちが、とても重要なことを初めて体験するお話 (単行本)
ロジャー・E. アレン (著), Roger E. Allen (原著), 新田 義則 (翻訳)



場所:江東区図書館
再読:なし
推薦:なし

マネージャーの仕事の六つの機能
1.目標の設定
2.組織化
3.動機付け
4.人材育成
5.意思伝達
6.測定と分析
コメント

投資ファンドとは何か 知っておきたい仕組みと手法

2006-09-26 02:24:42 | ★★★☆☆おもしろかった
投資ファンドとは何か 知っておきたい仕組みと手法 (新書)
北村 慶 (著)



場所:江東区図書館
再読:なし
推薦:あり

不動産投資ファンド、ヘッジファンド、企業投資ファンドについて簡単に解説。
年金基金のアセットアロケーションが載っていますが、これだ!とパターンがあるわけではないおで、参考にできるかというと微妙。
強いて言えば、国内株4割に外国株2割てなところ?
不動産投資ファンドも、コストが安くて、世界に投資できるようなものがあるとそそられるかも知れないけれども、今の日本のものはちょっと。
どう考えても買われすぎで早々に調整しそうだし。
調整後に淘汰されて優良なものが残るというストーリーが提示されていたけれども、そんなファンドを目利きできるかというとこれもちょっと。
αとβの話と、IRRの話はためになりました。
いろんなファンドが一所懸命にαの向上を狙っていけば、結果的にβが改善されるんではないかと楽観的に考えて、とりあえずはインデックスに投資することにします。

コメント

世界にひとつしかない「黄金の人生設計」

2006-09-23 14:19:47 | ★★★★☆もう一回ぐらい読みたいかな
世界にひとつしかない「黄金の人生設計」 (文庫)
橘 玲 (著), 海外投資を楽しむ会



場所:江東区図書館
再読:あり
推薦:あり

不動産の話と保険の話と社会保険の話。
基本的には、黄金の羽根の拾い方と同じ。
でも、橘玲さんの主張は、何度読んでも得るところがある。
丁度、まわりが持ち家を購入したりするお年頃なので、そういうものかとついふらふらしそうになったときに、本書または橘玲さんの他の本を手に取るのはよい。
市場はそれなりに効率的なので、持ち家と借家に損得の差がつくことはそうそうない。
あったとしてもそれを正確に見抜くことは素人にはおそらくは不可能であろう。
あとは価値観の問題。
というわけで、やっぱりしばらくは借家を続けていくとします。
保険にしても、原価を見せられると、相当に割りの合わない商品であることがわかります。
とりあえず入っていますが、そろそろ整理の必要性を感じています。
養老保険は使ってみる勝ちがありそう。
満期償還金は一時所得扱いになるので、50万円の控除と控除後の額の二分の一にしか税金がかからないので、普通に利子所得取られるよりはだいぶんまし。
検討してみよう。


コメント

雨の降る日曜は幸福について考えよう

2006-09-23 14:09:52 | ★★★★☆もう一回ぐらい読みたいかな
雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays (単行本)
橘 玲 (著)



場所:江東区図書館
再読:あり
推薦:あり

橘玲さんの本。
いつもの主張をエッセイにしたもの。
時に過激な主張もまざってはいるが、読まされてしまう。
公教育の崩壊の話は、じきに子供が該当する年齢になるので、危機感は感じつつもどう対処すればよいか決めかねている。
コメント

はじめの一歩―The fighting! (50)

2006-09-23 11:21:58 | ★★★☆☆おもしろかった
はじめの一歩―The fighting! (50) (コミック)
森川 ジョージ (著)



場所:江東区図書館
再読:あり
推薦:あり

スポーツ新聞にカエル潰しを公言する王者今江。
青木、よそ見に他人が反応するところから新兵器をひらめく。
前売り券は完売。
青木を研究し尽くした王者今江。
前日計量、にらみ合う両者。
今江に、ボクシングに専念するために別れた彼女が弁当を差し出す。
後姿は美人、前から見ると…
青木との共通点を感じる、木村と一歩と板垣。
試合当日、前座の板垣苦戦。
トイレ、ボクシングに専念するために彼女と別れたという今江に、勝利の女神を手放したと宣言する青木。
ギリギリの逆転KOで勝利する板垣。
ゴング、トリッキーな動きの青木に対して、教科書通りの今江。
今江の大きい右のタイミングにあわせて青木カエル。
今江避けるも頬にはカエルの傷跡が。
更にトリッキーな動きで動揺を誘う青木。
今江のワンツーに合わせて青木カエル。
そこに今江のカウンター。
青木ダウン。
立ち上がるも残り30秒。
今江の軽いジャブで再度ダウン。
立ち上がるもふらつく青木にラッシュする今江。
倒しきれず1ラウンド終了。
2ラウンド、3ラウンド、4ラウンド、攻める今江、防戦一方の青木、今にも倒れそう。
しかし、それは青木の作戦。
体力を温存し、今江を疲れさせることに成功。
5ラウンド開始。
51巻へ続く。
コメント

はじめの一歩―The fighting! (49)

2006-09-23 10:50:02 | ★★★☆☆おもしろかった
はじめの一歩―The fighting! (49) (コミック)
森川 ジョージ (著)



場所:江東区図書館
再読:あり
推薦:あり

デンプシーロールを破った島袋、フィニッシュのために前に出られない。
島袋にもチアノーゼが。
6ラウンド終了。
インターバル、リラックスしろとの会長のアドバイス。
セコンドアウト、笑みを浮かべる一歩。
力のないパンチしか打てない一歩に対して、猛烈なラッシュをかける島袋。
勝利を確信し、あえて一歩のパンチをもらい、反撃に移ろうとする島袋。
しかし一歩のパンチは、軽く見えて、確実に島袋にダメージを与えた。
崩れかけた島袋に、デンプシーロール。
またも相撃ちをしかける島袋。
相撃ちの応酬、崩れたのは島袋。
なんとか体制を戻したところに、一歩の返しのパンチ。
島袋ダウン。
カウント10、ファイティングポーズを取るも、足がついてこず立ち上がれず。
一歩勝利。
控え室、島袋に放ったパンチは、究極のパンチであったことが会長と鷹村の間で交わされる。
リラックスするために、母から聞いた、父はケンカ相手の顔を魚だと思ったとの話を思い出したと語る一歩。
島袋は、一歩に対して、引退して海人になると宣言。
帰宅後、2日間寝たきりの一歩。
そこに、奈々子、久美、真理の三人が。
微妙な駆け引きも、母の貫録勝ち。
次は青木のタイトル挑戦。
調子を崩し、減量のしすぎとリバウンドの青木。
そんな中、会長にデンプシーロールの弱点がわかったと告げる一歩。
カウンターに弱いのだ。
宮田との試合を避ける理由がわかった一歩。
それでも前向きな一歩。
自分には支えてくれる人たちがいる。
コメント   トラックバック (1)

はじめの一歩―The fighting! (48)

2006-09-22 23:35:44 | ★★★☆☆おもしろかった
はじめの一歩―The fighting! (48) (コミック)
森川 ジョージ (著)



計量、お互いに凄い体を見せ付ける島袋と一歩。
一歩は服を脱ぎすぎて立派なハブを見せ付けることに。
チャンピオンカーニバル、一歩の4度目の防衛戦。
1ラウンド、自分より低い姿勢の島袋を嫌いジャブで離そうとするも、強引にインファイトをしかける島袋、応じる一歩。
至近距離から猛烈な殴り合いを演じる両者。
2ラウンドも至近距離での打ち合い。
一発が重い島袋、手数の一歩、両者ともひかず。
5ラウンド、一歩のアッパーで体制を崩す島袋。
一歩ラッシュするも止めをさせず、チアノーゼの症状が。
残り15秒、反撃にでる島袋、頭部をガードする一歩に対して、徹底したボディ攻撃。
一歩呼吸できず、5ラウンド終了。
インターバル、残りの力でデンプシーロールを放つ決意をする一歩。
6ラウンド、ついにデンプシーロールを出す一歩。
しかし、一歩の放つパンチに、相打ちを仕掛ける島袋。
壮絶な打ち合い。
打ち勝った島袋。
デンプシーロール敗れる。
49巻へ続く。
コメント   トラックバック (1)

クマのプーさんと学ぶ成功の法則―あなたとプーと仲間たちが、人生でもっとも重要な課題を習得するお話

2006-09-22 23:26:17 | ★★★☆☆おもしろかった
クマのプーさんと学ぶ成功の法則―あなたとプーと仲間たちが、人生でもっとも重要な課題を習得するお話 (単行本)
ロジャー・E. アレン (著), スティーヴン・D. アレン (著), Roger E. Allen (原著), Stephen D. Allen (原著), 新田 義則 (翻訳)



場所:江東区図書館
再読:なし
推薦:なし

成功するためには、夢を描いて、それを元に目標を定めて、着実にそれに向かって進みなさいということを、百町森のプーさんたちを使って書いたお話。

夢を描くこと
夢をもとにして、目標を設定すること
プランを立てること
資源を吟味すること
技能や能力を伸ばすこと
時間を賢く使うこと
開始!組織して、出発すること

言うは安く行なうは難し、というところでありましょうか。
そう言ってると日々に流されていってしまうので、目標を紙に書いて目に付くところに張り出して、常に意識しておこうと思う今日この頃。
コメント

はじめの一歩―The fighting! (47)

2006-09-12 05:30:25 | ★★★☆☆おもしろかった
はじめの一歩―The fighting! (47) (コミック)
森川 ジョージ (著)



場所:江東区図書館
再読:あり
推薦:あり

2度目のチャンピオンカーニバル出場、インタビュー、戦いたい相手を聞かれ、一つ一つ試合をこなしていくと応える一歩。
青木もタイトル挑戦が決まる。
5位だったのが、1位が交通事故、2位が盲腸、3位が引退、4位が負けて落ち、いつの間にか1位。
ジムからの帰り道、一歩を待ち受ける宮田。
自分からの挑戦を受けない一歩に怒りをぶつける宮田、何も知らなかった一歩。
会長になぜかと聞く一歩、今戦っても勝ち目はないと言い放つ会長。
もっと強くなって試合を納得させると誓う一歩。
会長は気づいていた、デンプシーロールこそが宮田戦での最大の弱点になることを。
デンプシーロールのスピードに磨きをかける一歩。
一歩に挑戦する琉球戦士島袋はデンプシーロール破りを公言。
島袋、一歩より小さく、インファイター、同じタイプ。
会長に、デンプシーロールのスピードアップ版を見せる一歩。
会長からはそんなものは捨てろといわれてしまう。
スピードを上げた分、パワーがなくなっていたのだ。
スピードとパワーを両立させるトレーニングが始まる。
島袋が一歩を訪ねてくる。
海の底にに連れて行くと宣言。
徹底的に苛め抜かれ、披露のピークで2週間前。
会長から1週間ジムへ来るな、代わりにプールで何もするなと言われる一歩。
久美ちゃんの監視や、板垣の妹奈々子の積極アプローチがありつつ、プールで疲れた身体を癒す一歩。
1週間後。
ジムで会長を相手に久しぶりのミット。
明らかにスピードとパワーがアップ。
偶然にも究極のパンチを放つ一歩。
鷹村も数度しか打ったことのないパンチ、会長の手にはヒビが。
試合に向けて盛り上がっていく二人。
48巻へ続く。
コメント

はじめの一歩―The fighting! (46)

2006-09-11 07:01:30 | ★★★☆☆おもしろかった
はじめの一歩―The fighting! (46) (コミック)
森川 ジョージ (著)



場所:江東区図書館
再読:あり
推薦:あり

燃え尽きる前の最後のきらめきを自覚する猫ちゃん。
米兵に向けてラッシュ。
米兵の大振りを避ける猫ちゃん、しかし後頭部を襲うラビットパンチ。
猫ちゃんダウン。
立ち上がるも戦闘能力なし、米兵にぼろぼろにされる。
試合終了。
戦いを決意する会長、試合は2週間後。
病院で障害が残ることを伝えられる会長、ユキさん、団吉。
自分との戦いがきっかけでパンチドランカーになったことを悟る会長。
試合に向けてトレーニングする会長。
土手に打ち付けた丸太を叩きまくる、拳が壊れることも気にかけず。
米兵もトレーニング、弱点の腹筋を特に強化。
試合当日、会長を呼びに行った団吉の見たものは、土手に埋まった丸太、会長の拳は鉄拳となった。
試合開始。
いきなり飛び込み、鉄拳をボディに打ち込むも、ガードする米兵。
ガードした手にはくっきりと会長の拳の跡が。
病院のベッドから立ち上がり、ユキさんに会場へ連れて行けという猫ちゃん。
ダウンする会長。
飛び込むところを横に避けられ左で倒される。
何度も何度も倒される会長。
6ラウンド終了、インターバル、会場に到着する猫ちゃんとユキさん。
右をもらえ、目を瞑るな、とアドバイスする猫ちゃん。
7ラウンド、もらい続けながら前に出る会長。
止めをさそうと打ち下ろしの右を出す米兵。
そのときボディががら空きに。
右をもらうもなんとか耐える会長。
もう一度打ち下ろしの右、ボディを狙う会長、だが、先に届いたのは米兵の右。
ギリギリで耐える会長。
前に出る会長、左でとめて打ち下ろしの右を出す米兵、ボディを狙う会長。
先に届いたのは米兵の右。
しかし、顔で受け止めたまま、左のリバーブローを出す会長。
あばらをもっていかれる米兵。
会長も左の拳が砕ける。
アゴをかばう米兵、会長が狙ったのは右のボディ。
右の拳も砕ける。
米兵は肋骨が内臓に突き刺さる重症。
会長勝利。
駅。
去っていく猫ちゃん、付き添うユキさん、見送る会長。
自分の現役は終わりだが、自分の拳を受け継いだ男が世界を取ったら報告に行くと約束する会長。
話を聴き終わり感動する一歩と青木。
会長は、まだ半分しか約束を果たしていないという。
鷹村は最初から世界の器であった、そんため会長の拳を受け継いだかというと半分だと。
ユキさんに線香をあげる一歩、猫ちゃんは一歩こそが会長の拳を受け継ぐ男だとユキさんに報告。
板垣初勝利。
板垣家に招待される一歩。
そこは最強のだじゃれ一家だった。
うちのめされて帰宅する一歩。
その話を聞き勝負を挑みにいく鷹村。
板垣の父に弟子入り…
コメント

はじめの一歩―The fighting! (45)

2006-09-11 06:37:42 | ★★★☆☆おもしろかった
はじめの一歩―The fighting! (45) (コミック)
森川 ジョージ (著)



場所:江東区図書館
再読:あり
推薦:あり

世界戴冠後、銅像を作る鷹村。
銅像を壊してしまい、ミニ銅像を行商することになる青木。
会長に助けを求めようと、会長の滞在先である猫ちゃんのペンションに向かう一歩と青木。
吹雪の中ようやくたどり着く。
会長の滞在の目的は、ユキさんに、「いつか教え子が世界を取ったら報告に来る」という約束を果たすためだった。
敗戦から2年…
若い会長、猫ちゃん、団吉。
団吉が米兵との試合にやぶれる。
その試合を見ていたユキさん、会長、猫ちゃんとの出会い。
その夜、路上で米兵と出会い、力の差を見せ付けられる猫ちゃんと会長。
会長の家に、猫ちゃんとユキさん居候、共同生活開始。
猫ちゃんには徐々にパンチドランカーの症状が。
ユキさんは広島で被爆…
ユキさんに惹かれる猫ちゃん、そのユキさんの気持ちは会長へ…
米兵との試合を決めてきた猫ちゃん、ユキさんにプロポーズ、試合後答えを聞かせてほしいと。
会長には試合のことを言えないユキさん。
当日、試合前の控え室、パンチドランカーの症状が出る猫ちゃん。
雨の中、会長を呼びに行くユキさん。
ユキさんからの指摘に猫ちゃんのパンチドランカーを確信する会長。
パンチドランカーの症状が止まりリングに向かう猫ちゃん。
試合開始。
会場に到着する会長とユキさん。
米兵からダウンを奪っていた猫ちゃん。
3ラウンド、優勢に試合を進めていた。
3ラウンド終了、インターバル、熟睡してしまう猫ちゃん。
やはりパンチドランカーの症状が…
46巻に続く。
コメント

得する生活―お金持ちになる人の考え方

2006-09-11 06:19:25 | ★★★☆☆おもしろかった
得する生活―お金持ちになる人の考え方 (単行本)
橘 玲 (著)



場所:江東区図書館
再読:おおよそ理解していることなのでなし
推薦:あり

市場は常にちょっとだけゆがんでいる。
そこに超過利潤がある。
気がついた人は得するし、気がつかない人は損する。
色んな例でそんなことを紹介した本。
クレジットーカード、マイレージ、金券ショップ、借金、リゾートマンション。
現在では対処されて使えない手法が紹介されているけれども、大事なのはその元となる考え方。
人々が殺到して超過利潤が消えてしまう前に気がつけば、そこには得するチャンスがある。
コメント

クマのプーさんと学ぶ問題解決―プーとコブタと仲間たちが、問題解決の方法を探求するお話

2006-09-08 20:14:20 | ★★★☆☆おもしろかった
クマのプーさんと学ぶ問題解決―プーとコブタと仲間たちが、問題解決の方法を探求するお話 (単行本)
ロジャー・E. アレン (著), スティーヴン・D. アレン (著), Roger E. Allen (原著), Stephen D. Allen (原著), 新田 義則 (翻訳)



場所:江東区図書館
再読:なし
推薦:あり

題名そのまま問題解決の本。
1.問題または状況を選ぶこと
2.問題または状況を観察し、体系化し、定義すること
3.問題のあらゆる側面について質問をすることによって学ぶこと
なぜそれが問題か?
なにが問題か?なぜそれが問題か?
どこで問題が起こっているか?なぜそこで起きたか?
いつ問題がおこったのか?なぜそのとき起きたか?
誰が問題にかかわっているか?なぜその人がかかわったか?
いかにして問題が起こったか?なぜそんなふうにおこったか?
4.可能な解決策を描き、その中からひとつを選び、それを練り上げること
ヒント:問題またはその一部をデフォルメしてみる
大きくしてみる/小さくしてみる
加えてみる/取り除いてみる
取り替えてみる
移動してみる
置き換えてみる
組み合わせてみる
5.その解決策を実行してみて、その結果を監視すること
アクションプランを立てる
小規模な実験
実行と監視
コメント   トラックバック (1)

決断力

2006-09-06 10:07:13 | ★★☆☆☆読まなくてもよかったかな…
決断力 (新書)
羽生 善治 (著)



場所:江東区図書館
再読:なし
推薦:なし

なんとなくわかったようでわかりません。
極めた人の言葉なので、そんなもんかなぁとも思いつつも、非常に感覚的な説明でピンとこないのです。
直感の7割は正しいといわれても、そんな気もするし、それは極めた人だから直感といっても裏づけになる経験と思考があってそれで7割が正しいのではないかとも思ってみたり。
コメント