すけさん日誌

杜の都で気ままに暮らす、管理人さんの日記です。
備忘録を兼ねた記録として使えれば、野望達成。

フランスの星に祈りを込めて

2018年08月02日 | 日記とか

というわけで、無事にフランスから帰国いたしました。
帰りの飛行機で見た『今夜、ロマンス劇場で』という映画はオススメです。みんな見て泣くと良い。

帰国後、腕時計の時差修正を間違えて新幹線に乗り遅れかけたりもしましたが、東京駅内をダッシュするなどしてクリアーしました。最後までバタバタしましたが、もろもろ得がたい思い出になったと思います。
いろいろご迷惑をおかけしたり、ご心配をおかけした皆さまに、あらためてお礼申し上げます。

_○/\_ ハハァー!...


写真は、パリのスーパーで購入したTシャツ。
半額で 叩き売り されていたところを救出しましたが、まあ 値段相応 のデザインですな。

(´∀`)ハハハ






コメント

フランスの星光る時⑤

2018年07月31日 | 日記とか

フランス最終日は、オペラ座に行きました。

オペラ座
オペラ座(l'Opera)は、パリにある歌劇場。
パリ・オペラ座とも呼ばれる。1875年に完成したガルニエ宮の呼び名として主に用いられるが、それ以前の劇場にも、またそれらで公演を行うオペラ・バレエ団体にも用いられる場合がある。



ここも モンサン何とか と並んでムスメが行きたがっていた場所でした。
パリの ミュージアム・パス という、ドラえもんの オールマイティパス みたいな魔法の券があったので(その期間が前日までで、かつオペラ座が含まれていなかったため)、この日の訪問となった次第です。

その日のムスメは パリのマツキヨ でお土産を購入したり、ウィンドウショッピングで気に入ったサンダルを衝動買いしたりと、最後の最後までパリを満喫したのでした。

(∩´∀`)∩ ワショーイ









コメント

フランスの星光る時④

2018年07月30日 | 日記とか

朝からシャンゼリゼ通りを散歩して、そのままルーブル美術館に行きました。
モナリザさんやら、ミロのヴィーナスさんやら、サモトラケのニケさんの周りは、スゴイ人だかりでした。

(´Д`) あうー。


猛烈な人間の波にムスメともどもグッタリしてしまい、ルーブルは早めに切り上げて、近くのオランジュリー美術館に移動しました。
オランジュリーにもルノアールが沢山あってムスメは大喜び。お父さんもユトリロとかピカソとか見て楽しんでおりました。もちろん モネ も良かったですよ。

てへぺろ☆(・ω<)


その後も、凱旋門に登ったり、エッフェル何とかを眺めたりしました。
見るものもだいたい見たし、そろそろパリともお別れです。









コメント

フランスの星光る時③

2018年07月29日 | 日記とか

旅の後半は、パリにやってまいりました。
写真はオルセー美術館です。ムスメはルノアールに夢中になっておりましたが、お父さんはゴッホの自画像とか見て感激しておりました。

この後、お父さんが街頭でヘンテコなミネラルウォーターを買ってしまう事件や、ツール・ド・フランス最終日だったために地下鉄の駅が封鎖されてしまってホテルに帰れなくなり 親子2人で夕暮れのパリを彷徨う事件 が発生しましたが、何とか乗り越えた次第です。

( -。-) =3ふぅ


フランス語はともかく、最低限の英語くらいできないと、海外旅行もラクでないですね。フランス語はともかく。

┐(´-`)┌ ヤレヤレ








コメント

フランスの星光る時②

2018年07月28日 | 日記とか

この旅における、最大の目的地に来ました。

モン・サン=ミシェル
モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)は、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島、及びその上にそびえる修道院である。モンサンミシェルとも表記する。
カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、1979年には「モン=サン=ミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、1994年10月にはラムサール条約登録地となった。



小学校3年生のとき、漢字練習のノートに モンサン何とか の写真が掲載されていたらしく、それ以来の野望だったようです。
天気にも恵まれましたし、ムスメは大喜びしているしで、お父さん頑張った甲斐があったな-、と思った次第です。

(∩´∀`)∩ ワショーイ


この 聖堂とか、修道院とか、要塞とか、牢獄とか、やっぱり修道院とかだったらしい施設 は、とりわけ日本人からの人気が高いそうで、お土産屋さんもレストランもジャパニーズだらけでした。
まあ、お父さんはモンサンさんを 旅に出るまで知らなかった わけですが。

(´∀`)ハハハ








コメント

フランスの星光る時①

2018年07月27日 | 日記とか

いろいろあって、長女とフランスに行ってまいりました。
ちなみに、行きの飛行機で見た映画では、『ミックス』がなかなか面白かったです。

空港近くのホテルに宿泊した後、ノルマンディー地方に向かいまして、ル・アーブル、オンフルール、ブブロン・オン・オージュあたりをまわりました。
フランスの田舎も、なかなか風情があって良いものですな。

(´▽` ポワーン


写真は、港町オンフルールの様子。
ランチでは、地物のムール貝とかシードルをいただきました。








コメント

パピコを返して!

2018年07月09日 | 日記とか

このテレビ番組、途中までムスメーズが見ていたのですが、お父さん結果が気になって大変でした。

Toshl アイス総選挙1位的中!芸能界屈指のアイス好きの面目躍如
「国民1万人がガチ投票!アイス総選挙2018」が8日、テレビ朝日系で放送され、「明治 エッセルスーパーカップ 超バニラ」が見事1位に輝いた。
同番組は日本を代表するアイスメーカー13社(赤城乳業、井村屋、江崎グリコ、オハヨー乳業、協同乳業、クラシエ、ハーゲンダッツ ジャパン、フタバ食品、丸永製菓、明治、森永製菓、森永乳業、ロッテ)が参加し、644商品のン中から1万人の投票で「本当に美味しい&好きなアイスクリーム」を決定するもの。
ランキング発表したX JAPANボーカルToshlも1位予想を的中させ、芸能界屈指のアイス好きとしての面目躍如だった。
 【アイス総選挙2018上位商品】
  1位 明治 エッセルスーパーカップ 超バニラ(明治)
  2位 ジャイアントコーン<チョコナッツ>(江崎グリコ)
  3位 チョコモナカジャンボ(森永製菓)
  4位 雪見だいふく(ロッテ)
  5位 明治 エッセルスーパーカップ チョコクッキー(明治)
  6位 ガリガリ君ソーダ(赤城乳業)
  7位 PARM(パルム)チョコレート(森永乳業)
  8位 アイスの実<濃いぶどう>(江崎グリコ)
  9位 ピノ(森永乳業)
  10位 爽 バニラ(ロッテ)



ムスメーズ押しのパピコ<チョココーヒー>は18位、お父さん押しのピノは9位でした。

(∩´∀`)∩ ワショーイ



ところでナムコスターズの「ぴの」って何者? と思いまして、調べてみたところ、ピノ(PINO)は、1986年に発表されたナムコのアクションゲーム『トイポップ』の主人公 だそうですよ。

( ´_ゝ`)フーン



写真は、泉キャンパスの紫陽花。キレイですね。

(∩´∀`)∩ ワショーイ











コメント

さようならブラジルよ、転がるネイマールよ

2018年07月08日 | サッカーとか

もうDAZN(ダゾーン)はいろうかな・・・。
オススメの意見、または その逆 の意見、お待ちしております。

【モンテ】あと一歩で追い付かれ 横浜Cと1-1、10試合負けなし
サッカーJ2は第22節第1日の7日、各地で9試合が行われた。モンテディオ山形は横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で横浜Cと対戦し、1―1で引き分けた。連勝は4で止まったものの10試合負けなしで、通算成績は9勝7分け6敗、順位は7位から9位に下がった。

連勝ストップを惜しむか、負けなしを喜ぶか、悩ましいところですが、いろいろポジティブに考えたいところです。



というわけで ワールド何とかカップ も、いよいよ大詰め。
残ったチームは、皆さん調子が良いから勝ち残っているのでしょうが、攻撃力がちょっと おかしいレベル ですよね。

(´∀`)ハハハ


そんな猛威にさらされていた川島さんについて、カーンさんのコメントは以下の通りです。

日本に脱帽の元独代表GKカーン氏、“同業者“の視点から指摘した川島永嗣の課題とは…
一方、各ゴールシーンを振り返った際、69分にDFヤン・フェルトンゲンがヘディングでベルギー1点目を挙げた場面に関しては、元GKとしては黙っていられなかったようだ。ベルギーのCKからナセル・シャドリが頭をあわせボールをゴール前へと送ると、それをGK川島が短くパンチング。こぼれ球を相手がペナルティーエリア左側に高く上げると、フェルトンゲンのGKを超えるふわっと浮いたボールが枠に収まった。
カーン氏はこの場面について「GKのパンチングが良くなかった。そしてあんな位置からのヘディングでゴールが決まるのは見たことないね」とコメント。さらにボールがGKの頭上を越える瞬間については次のように続けた。
「ここでジャンプしなければいけなかったが、彼は倒れてしまっている。最初はボールに向かってしっかりとした動きを見せていたが、ここでボールから離れた方の足に力を入れて跳び上がり、なんとか右手でボールをクロスバーの上に向けるなりトライしなければいけなかったが、倒れたんだ。GKは、少なくともアクションを取ろうと試みた方がいい。そうすれば、『仕方なかった』ことを示せるのでね
川島のパンチングには苦言を呈したカーン氏だが、フェルトンゲンのシュートを防げていたのかについては言及せず。元ドイツ代表GKが問題視するのは、GK川島がいずれにしてもジャンプしなかったことにあるようだ。


仕方なかったことを示すのは、たしかにキーパーの大事な仕事です。
ちょっと分かりにくい表現かも知れませんが、これは分かります。キーパー少しやってたんで。

ただ、川島永嗣へのW杯異常バッシング、専門家警鐘 という記事にもあるように、川島さんバッシングは「異常」だと思います。
というか、少々のミスはあったものの、想像以上のナイスセーブの方が多くなかったですかね。これは経験者の贔屓目なんでしょうか。

今日の画像は、3失点した直後の川島さんとショウジくん。
技術的なことは、その国のレベルでしか計れないし、これからの課題と考えるしかないのでしょうが、これを見ただけでも、川島さんで正解だったと思います。

というわけで、試合していた人も、テレビで見ていた人も、ロッカールームを清掃した人も、皆さんお疲れ様でした。

_○/\_ ハハァー!...












コメント

川島 ボルゴグラードに咆える

2018年06月29日 | サッカーとか

最後の10分は、もうドキがムネムネして、よく分からなくなっていました。

(∩´∀`)∩ ワショーイ


カズ、終盤の戦いに持論「大きな日本の財産になる」
ポーランド戦の終盤は、日本はフェアプレーポイント(FPP)での16強進出を意識し、失点と警告を避ける戦いに切り換え、最終ラインでボールを回し続けた。1失点で踏みとどまり、結果、決勝トーナメント進出を決めた。93年、ロスタイムにイラクに追いつかれ、W杯切符を逃したドーハの悲劇を知るカズは「ドーハとは状況が違う」とした上で、こう持論を述べた。

カズ サッカーは5秒、10秒あれば1点入りますからね。セネガルが点を取った瞬間、日本は点を取らないといけない状況になる。その中で、(ポーランドが)来なければ回すという勝負にかけた。コロンビア戦もそうでしたけど、2-1になって自分たちが余裕を持ってボールを回すサッカーができた。その積み重ねで、ああいう時間の過ごし方ができたのでは。なかなかできる経験ではない。監督、スタッフ、スタンドの観客、テレビで見ていた人もみんなそういう経験をした。大きな日本の財産になるんじゃないですかね。勝ちに本当にこだわったやり方。いろんな選択があるなかで、あそこまでの選択があの瞬間できたなと。すごいと思いますね。



ハリルさんが解任されたとき、ガーナやスイスに負けたとき、いろいろ批判もありましたが、就任2か月でグループリーグを突破した西野さんは、素直にスゴイと思います。さすがです。
この好成績に、ハリルさんも喜んでくれていると信じたいところです。

グループリーグの最後の最後になって、西野さんの 一世一代の賭け が飛び出したのもご愛敬。
おかげさまで、8年ぶりに 世界の階段まで たどり着きました。

ありがとう、西野さん。



<本日の一茂さん>
【サッカー】攻めて負けても「しょうがない」の玉川氏に長嶋一茂「それは無謀な采配」と反論!

1 名前:Egg ★[] 投稿日:2018/06/29(金) 12:04:02.82 ID:CAP_USER9
29日放送のテレビ朝日系の朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)でサッカーロシアW杯でポーランドに0―1で敗れながら、決勝トーナメント(T)進出を決めた日本代表について特集した。
日本は今大会で初めてフェアプレーポイント(FP)の差でセネガルを上回ってH組2位となり、2大会ぶり3度目の決勝T進出を決めた。

この試合で西野監督が後半にボール回しを指示し時間稼ぎした采配を巡り、番組では激論となった。
コメンテーターでテレビ朝日の玉川徹氏(55)は「結果はいいんだけど、それって今回の結果だけの話なんじゃないのかなって思う。どんな時でも消極的なことはしないで、常に勝ちにいってどんどん日本は強くなって、最終的に優勝しましたっていうストーリーを見たいもん」と持論を展開した。
この意見にMCの羽鳥慎一アナウンサー(47)が「最後10分ガンガン攻めて負けたらどうします」と聞かれると「しょうがない」と断言した。

これに対し、タレントの長嶋一茂(52)が「いや、しょうがなくない。この戦術で勝てた(=決勝T進出)んだから、オレは、それしょうがないとは言わない。それは無謀な采配だと思う」と猛反論。
すると玉川氏は「それは無謀ではないよ。無謀っていうのは、そんなことをやったら益もないことを蛮勇としてやること。じゃないもん、これは勝ちにいけるもん。君たちはまだ点取れるんだって」と再反論。
一茂は「オレが言っている無謀ってそういうことじゃなくて。攻撃は最大の防御という言葉もあるけど、攻撃している時に弱点ってできるわけです。完璧に守りに入ったら、そのリスクヘッジはできるわけ。だから後半の10分っていうのはそういう戦略的に変えたっていうことですよ」と主張した。

さらに一茂は決勝Tに進んだ意義を強調。「1試合でもやると日本サッカーの底上げに絶対になるから。無謀っていうのは確かに違うかもしれないけど、弱点を見せてないということ。付け入る隙を与えてない」と主張を曲げなかった。

スポーツ報知 6/29(金) 9:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000091-sph-ent


4 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2018/06/29(金) 12:05:05.11 ID:qOe61uIK0
全敗確実とかいってたニワカに限ってキャンキャン騒ぐw


92 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2018/06/29(金) 12:19:55.44 ID:DfLge8r00
>>4
ホントそれ。あんだけ勝たなきゃ意味ねぇって言ってた奴らが今度はこれをクソ采配だの、点取って自力じゃないと世界から叩かれるとか。もうアホかと。結局そういう奴らってぬるいんだよね。
テレビのコメンテーターみてみ?ガンガン攻めて点取って勝って欲しかったとかぬるいこと言ってるから。


572 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2018/06/29(金) 13:44:40.40 ID:dXALJ+5X0
ルール上問題なければいいのか?
こんなみっともない試合が横行してたらルール変わるだろ


582 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2018/06/29(金) 13:48:20.16 ID:oCN75tUL0
>>572
他会場の結果考えてボール回すことは珍しくない


614 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2018/06/29(金) 14:02:40.65 ID:XZ4QqOZJ0
>>572
実際ある。
1982年のスペインワールドカップの西ドイツとオーストリアの試合で、西ドイツ、オーストリア、アルジェリアが勝ち点で並んで、オーストリアの2点差以内の敗北で両チームともトーナメント進出が決まることがあった。
もうアルジェリアの試合は前日にすんでいて結果を知っていた両国は試合開始すぐに西ドイツが1点を入れると、残りのほとんどの時間をボール回しで消化して両チームともトーナメントに進出した。
この後から、リーグ戦最終試合は同時刻に行われるようになった。


8 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2018/06/29(金) 12:06:12.23 ID:iMeI+JWf0
一茂が正しい
玉川、一茂に論破されんなよ
廃業レベルの失態だぞ


394 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2018/06/29(金) 13:02:02.27 ID:TVPuULjA0
>>8
ほんとな、一茂嫌いだけど、こればっかりは一茂が正しい。
あの局面で弱小日本軍が攻めにいくなんて無謀以外のなにものでもない。


413 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2018/06/29(金) 13:05:31.66 ID:Cw14RR0R0
>>8
勝負の世界に居ただけあってさすがにまともな事言うわ
しょうがないだの玉砕しろだのなんてなしょせん安全な場所にいる外野の無責任な暴言


13 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2018/06/29(金) 12:06:27.56 ID:ESzDthNE0
一茂、ここまでは良かったんだが、
その後に「次は午前3時に試合開始だから会社はみんなお休みにしましょう」と言い出した


102 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2018/06/29(金) 12:22:01.30 ID:lJaMIjvu0
>>13
バランス感覚のある男だ。一茂さんはご自身のポジションがわかってるw












コメント

サクランボ星人Jrの復讐

2018年06月23日 | サッカーとか

山神さまも勝ちました。

(∩´∀`)∩ ワショーイ

モンテ、徳島に勝利
サッカーJ2・モンテディオ山形は23日、天童市のNDソフトスタジアム山形で徳島と対戦し、3-2で勝利した。


いろいろあって山形に居たのですが、相変わらず行けず。申し訳ありません。
とは言え、そろそろ昇格圏も見えてきました。好調そうな代表ともども、歓喜の瞬間を目指して欲しいものです。

(*・∀-)ヨロシク☆


写真は、もはや遊びレベルではなく働くムスメ。
ほぼ一日脚立の上で 刈っていた お父さんも、両手の指と太ももが疲労しており、前半で2人交代したチュニジア代表みたいになっています。

2点を追いかける後半のチュニジアも、明日も 働くらしい お父さんも、がんばれ、がんばれ。









コメント

天国と地獄 西野が動いた!

2018年06月20日 | サッカーとか

とにかく嬉しいです。

(∩´∀`)∩ ワショーイ


大迫半端ないって。アイツ半端ないって。W杯で勝ち越しゴール決めるもん。そんなん出来ひんやん、普通。
◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 日本2―1コロンビア(19日、サランスク)
日本は後半28分、CKから大迫のヘディングゴールで再びリードを奪い、そのまま逃げ切った。するとツイッターでは「大迫半端ないって」と怒とうの勢いでつぶやかれた。
「大迫半端ないって」の元ネタは大迫が鹿児島城西高3年の全国高校サッカー選手権で前人未到の10得点10アシストを決め準優勝。準々決勝では2得点された滝川二高の主将が「大迫、半端ないって!」と号泣したことだった。



開始3分でレッドカードが出たのがすべてだよねー、大迫半端ないよねー、とか思っていましたが、
試合後に山本昌邦さんが、ハメスが出ないと読み切って柴崎を起用した部分が「スカウティングの勝利」だったと言うのを聞いて、なるほどなー、とか思いました。

φ(。_。*) フムフム


というわけで、画像は滝川二高の主将さん。
ちなみに、彼の経歴などについては コチラ ででも確認いただければ幸いです。

(*・∀-)ヨロシク☆









コメント

アゴ一発で地獄へ行け!

2018年06月18日 | 車とか家電とか

疲れているときに優しくされると、嬉しいものです。
いろいろ感謝するばかりです。

_○/\_ ハハァー!...



というわけで、メキシコのカウンターみたいなスピードで話題を変えますが、自宅プリンタ(Satera MF8340Cdn)の トナー が無くなりまして、急遽ネットで注文してみました。
そしたら2日後には自宅に届いて、驚きまくりクリスティだった次第です。

(; ・`д・´)なんだってー!!


今回お願いしたのは イートレンドオンラインショップ さんでしたが、安いし早いしで、言うことなしでした。
これまた感謝です。

_○/\_ ハハァー!...



ちなみに、職場の近くの駅前には 森崎有三 という飲み屋があって、自称「七輪炭火焼肉酒場」なんですが、なぜか海ぶどうが食べられます。

(*・∀-)ヨロシク☆









コメント

必殺! 流星メッシ

2018年06月16日 | サッカーとか

クリロナさんほどではないかも知れませんが、山神様も調子が上がってきましたよ。

モンテ、甲府に2-1で勝利
サッカーJ2・モンテディオ山形は16日、甲府市の山梨中銀スタジアムで甲府と対戦し、2-1で勝利した。

(∩´∀`)∩ ワショーイ



そして今日の主役は、奈良クラブ。

天皇杯のPK戦やり直しに見解を表明した奈良クラブ、縦読みで日本代表へエール送っていた?
きょう奈良クラブが発表した天皇杯2回戦のPK戦やり直し決定についての見解。
 関連記事:
  【天皇杯】奈良クラブがPK戦やり直しについて見解を表明 「多くの葛藤がありました」
   http://blog.domesoccer.jp/archives/60105179.html
これまでの経緯説明とともに、決定を受け入れ改めて3回戦進出に向けて挑戦するという決意表明も込められたものでしたが、その文章に「縦読み」が仕込まれていると話題になっています。


今日の画像は、縦読み部分を拡大したもの。粋ですねー。奈良さん。

(∩´∀`)∩ ワショーイ



というわけで、この話題 には触れない方向で行きたいところです。

てへぺろ☆(・ω<)



それにしてもメッシは、たまに動くと恐ろしいですなー。
メッシが「それほど」守備をしないと言う横井アナに、「ぜーんぜん してないでしょ」と切り返す岡ちゃんが面白い。

(´∀`)ハハハ


いよいよ後半が始まりました。メッシは守備をするのか、アイスランドの冒険は続くのか。

ドキドキ土器。










コメント

残酷!光怪獣スマホ魔

2018年06月12日 | 車とか家電とか

とうとうスマホデビューしました。

S3|Android One(エススリー|アンドロイド ワン)
シャープ独自の美しいIGZOディスプレイと長く使える快適なスマホ

とはいえ、それまでのPHSから突然のステップアップなので、何が出来るかが分かりません。
初めてパソコンをさわる人みたいになっています。

(;´д⊂ シクシク


そうした上昇気流とは対照的に、作業用のノートパソコンを1万円弱で入手しました。

DELL VOSTRO 1320
コンパクト、軽量、耐久性に優れた設計
パフォーマンスは高く、持ち運びやすい。


このパソコンでネットするつもりもないし、古いソフトは使えるしで、なかなか重宝しております。

(∩´∀`)∩ ワショーイ



ここまで書いたところで、乾が決めました-。

(∩´∀`)∩ ワショーイ



というわけで、ついにワールドカップの季節です。
世界の大空さんも われわれの想像以上に盛り上がっている ようですよ。

(∩´∀`)∩ ワショーイ









コメント (3)

町田くん仙山線に乗る

2018年05月30日 | 読書とか

このところ涙が出すぎて、よくティッシュで目頭を押さえているのですが、実は普通に涙もろくなっている気もします。
運動会を眺めていてもホロッとしているし、運動会で保育所時代の先生と再会してもホロホロっとしているし、この前なんか仙山線の中で 町田くん 読んでいて泣きそうになっておりました。

(;´д⊂ シクシク


「町田くんの世界」映画化決定!
安藤ゆき「町田くんの世界」の映画化が、本日5月25日に発売された単行本最終7巻の帯で発表された。
「町田くんの世界」はアナログで不器用、勉強も運動も不得意ながら人間が好きで、周囲の人間からも愛されている男子高校生・町田くんの日常や恋を描く物語。


というわけで、映画化決定おめでとうございます。
今のところ、マンガ・オブ・ザ・イヤーの最有力候補ですね。いろいろな意味で素晴らしい作品だと思います。
多くの人に読んでもらいたいものです。


イラストは、あさえが妹を抱きしめているところ。
週末に行ってきた 林明子原画展 でも、いろいろ思い出してはホロッとしていた次第です。
もう終了してしまいましたが、この展覧会も、本当に素晴らしいイベントでした。ありがとう、ありがとう。

(;´д⊂ シクシク



これからの新刊コーナー
 5月31日、アオアシ。
 6月8日、岩本ナオ『マロニエ王国の七人の騎士(2)』。
 6月12日、大武ユキ『フットボールネーション(12)』。
 6月12日、小山愛子『舞妓さんちのまかないさん(6)』。
 6月15日、新川直司『さよなら私のクラマー(6)』。
 6月19日、二宮裕次『BUNGO―ブンゴ―(14)』。
 6月19日、野田サトル『ゴールデンカムイ(14)』。
 6月29日、石塚真一『BLUE GIANT SUPREME(5)』。











コメント