まっさんの模型屋blog

楽しんでいますか?

第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズコンテスト!のエントリー作品紹介(その3)

2012年04月14日 13時40分00秒 | 第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズ

この記事で、第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズコンテスト!の全エントリー作品を紹介したことになります。

======================================

Imgp2403  Imgp2404

Imgp2405

製作者:うどんぬ さん

作品名:フラッグ

使用キット:HG フラッグ

製作者コメント: オリジナルのウイングはプラ板からのスクラッチです。

--------------------------------------

完成度はとめさん、モモぴーさんと同じくかなりの高レベルです。

スクラッチされたウイングもよくまとまっています。カラーリングも良い感じです。

良く出来た作品なのですが、少々地味な気がします。(トリコロールのガンダムやオレンジの旧ザクがエントリーしていたからかもしれませんが)

スクラッチしたウイングに差し色を入れると良いかもしれません。

======================================

最後に私の作品を。

======================================

Photo Photo_2 

製作者:まっさん

作品名:ガフラン+ビギニング30=?

使用キット:HG ガフラン、HGビギニング30ガンダム、HG ケルディムガンダム、HG ガンダムAGE-1ノーマル

製作者コメント: ガフランの胴体が格好良いので気付けばこんなことに・・・

--------------------------------------

これは、マイスターコースの作品として本選の方にいきますが、どうなることやら・・・

ガフランとビギニング30をミキシングして何に見えるかはさておき、相変わらず好き勝手にやってます。

まあ、自分の作品ですのでどこが良くて、どこが悪いのかはみなさんの判断にお任せします。

とりあえず、こんなことするとガフランでもビギニングでもない何かが出来上がるということです。

======================================

さて、エントリー作品はこれで全て紹介いたしました。

次回もたくさんの作品のエントリーをお待ちしています。

次のイベントは「ガンダムAGE in ジオラマ祭り」を行ないますので、皆さんの作品をお待ちしております。

コメント

第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズコンテスト! エントリー作品紹介(その2)

2012年04月10日 21時28分24秒 | 第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズ

第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズコンテスト!のエントリー作品紹介の続きです。

======================================

Imgp2348  Imgp2349

製作者:うめさん

作品名:RGZ-95 リゼルカスタム

使用キット:MG リゼル、HGUCボールツインセット

製作者コメント: 可能な限り光らせてみました!!でも大変でした・・・

--------------------------------------

コメントにもある通り電飾されたリゼルです。全てのクリアーパーツにLEDが仕込まれています。

また、バックパックにはHGUCボールのキャノン砲を追加するなどのオリジナル要素が盛り込まれていたり、メタリック塗装なども好印象でした。

ただし、配線を完全に隠せていないのがすごく残念です。MGの場合は内部フレームなどが邪魔なことがあるのですが、フレームに穴、溝を設けたりすることである程度は配線を隠せたかもしれません。また、どうしても隠れない場合は動力パイプの様に見せるという方法もありますので、悩んだ時は気軽に声をかけてください。

======================================

本日はもう一つ

======================================

Imgp2339 Imgp2342

製作者:のらくろさん

作品名:RX-78 GP02(TYPE-MLRS)

使用キット:HGUC RX-78 GP02(TYPE-MLRS)

製作者コメント: 下地色は大事やね・・・

--------------------------------------

基本に忠実に、丁寧に作られた作品です。(コメントにあるように黄色は下地を白くした方が良かったかもしれません。)

マスキングをしないといけない箇所が地味に多いキットだけに塗装技術の高さが伺える作品と言っても良いのではないでしょうか。

ただし、個性的な作品が集まるコンテストでは少々物足りないので、ディテールアップや塗装でもう少し個性を出せていれば良かったのではないかと思います。(モモぴーさんの作品を参考に出来そうです。)

時間が足りずにやらなかったことが幾つかあるようなので、次回は完全版でエントリー出来るように頑張ってみてください。

======================================

本日の紹介はこれまでです。

コメント

第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズコンテスト! エントリー作品紹介(その1)

2012年04月04日 21時01分04秒 | 第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズ

本日より、「第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズコンテスト!」にエントリーされた作品を紹介していきます。

順不同に紹介していきますので、順番に深い意味はありません。

まずはこちらから。

======================================

Imgp2331 Imgp2332

Imgp2333

製作者:モモぴーさん

作品名:MS-09F ドムトローペン「サンドブラウン」

使用キット:HGUC ドムトローペン

製作者コメント: AFV風塗装にしてバリバリ汚してみました。

--------------------------------------

とめさんの作品とどちらを優秀賞にするか、最後まで悩んでいた作品です。

モノアイや各部のリベット工作、バズーカのパイピング、足元のフィルター等々見える箇所の工作はもちろんのこと、スカート内部の改造までされていて非常にレベルの高い作品です。

また、AFV風塗装ということで、砂埃や錆の表現も素晴らしいの一言です。

ただし、おそらく質感の変化による演出を狙ったものだと思いますが、

本体が完全につや消し&ウェザリングですので、武器類もつや消しで統一してバズーカのシールド部分を中心に錆表現した方が良かったかもしれません。

======================================

本日はもう一作品紹介いたします。

驚く事なかれ、小学生の作品です。

======================================

Imgp2344 Imgp2347

製作者:あっちゃん

作品名:ガンダムラストシューティング

使用キット:FG ガンダム、宇宙要塞ア・バオア・クー(旧キット)

製作者コメント: 破壊するのに苦労しました。

--------------------------------------

小学校3年生でここまで出来れば大したものです。(私はその頃は組み立てるだけでしたし・・・)

FGのキットを改造して名場面「ラストシューティング」のガンダムを再現しています。塗装も頑張っています。

広い舞台が用意されているのに、隅っこに主役が置かれているのがもったいないです。

多分、あの場面は要塞内部だったので地面から人工物が露出している場所に置いたのだと思います。でも、折角良く出来ているガンダムですので、この際細かいことは気にせず主役は真ん中にドーンとセットするというのもアリだと思います。

======================================

コメント

第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズコンテスト! 結果発表

2012年04月03日 19時27分24秒 | 第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズ

3/31(土)まで応募していた、「第2回 プロショップ杯!ガンプラビルダーズコンテスト!」の結果出ました。

年度末ということもあって間に合わなかった方も少々いましたが、今回も良い作品が揃いました。

今回、間に合わなかった方は是非とも完成させて、次回にエントリーしていただきたいと思います。

早速ですが、「フリー商品コース」の優秀賞を発表いたします。

(「プロショップ専用商品コース」への応募はありませんでした)

当店の優秀賞は「とめ」さんです。おめでとうございます。

---------------------------------

Photo Photo_3

作品名:「MS-04(オリジン版)」

使用キット:HGシャア専用ズゴック、HG旧ザク、HGザクスナイパー、HGグフ、MS-06R(旧キット)、HGモビルジン、RG量産型ザク

製作者コメント: 軽い気持ちで始めたら、大変でした。

--------------------------------------

なんというか、コレを実際に製作してエントリーされる方がいるなんて思ってもいませんでした。

各キットからの部品流用が上手く、高レベルで一つの作品としてまとまっていました。

一通り、どこに何を使ったか説明していただいたのですが、もうパズル状態、脱帽モノです。

スクラッチしたシールドのジオンマークとナンバーはデカールではなく、筆塗りとのことでした。

--------------------------------------

明日から、全エントリー作品を紹介したいと思います。

コメント