まっさんの模型屋blog

楽しんでいますか?

2015.6.25入荷商品のお知らせ

2015年06月25日 13時58分36秒 | 商品紹介

本日、次の商品が入荷いたしました。

●バンダイの「ムリカベ&ジミー&ヒキコウモリ かくれんぼで遊ぼうセット」が入荷いたしました。

「妖怪ウォッチ」に登場するキャラクター、「ムリカベ」、「ジミー」、「ヒキコウモリ」の3体セットです。

ムリカベは後ろにジバニャンを乗せることが出来、ジミーの刀は”さや”から抜くことが出来、ヒキコウモリは羽の開閉ギミックを搭載しております。

セリフパーツや表情シールなども付属しています。

●「モデルグラフィックス 8月号」が入荷いたしました。

巻頭特集は「戦艦武蔵 いま話題の戦艦の実像に迫る!」です。

今年3月3日にポール・アレン氏により発見された戦艦武蔵の特集で、製作ガイドから史料館、関連書籍の紹介等々モデグラならではの奥深い特集となっております。

第2特集は先月号から3号連続の付録キット”1/72グラマン F-14Dトムキャット”の特集で「最強最後のF-14トムキャット」です。

先月号の特集からの続きです。製作ガイドやF-14トムキャットの解説等々掘り下げた内容も見どころです。

コメント

2015.6.24入荷商品のお知らせ

2015年06月24日 14時03分04秒 | 商品紹介

本日、「ホビージャパン8月号」が入荷いたしました。

巻頭特集は「ガンダムビルドファイターズトライ 最強機動トライオン3&HJトライカスタムGREAT!!!」です。

HGトライオン3の徹底改修作例をはじめ、最近恒例の”ガンダムビルドファイターズトライ”の特集です。ギラドーガ多し・・・

第2特集は「HG REVIVEのすべて」。完全新規設計となったHGガンキャノンとHGガンダムを徹底的にレビューされています。

特にHGガンキャノンは新旧キットのそれぞれのキットの特徴やアプローチなどを紹介されています。

あとは、Gレコのユグドラシルのフルスクラッチ作品も見どころかなと。一見すると単純で潔いデザインなのですが、細部を見ると地味に手が込んでいるというのがよくわかります。

コメント

2015.6.18入荷商品のお知らせ

2015年06月18日 13時56分14秒 | 商品紹介

本日、次の商品が入荷いたしました。

●バンダイの「RE/100 ディジェ」が入荷いたしました。

「機動戦士Zガンダム」に登場したMSです。アムロ・レイが搭乗したMSでそこそこの人気があるのですが、放映当時に旧キットの1/144スケールで発売されて以来のキット化です。

RE/100ならではの現代的なフォルムとなり、可動範囲も二重関節、肩部引出関節、股関スイング関節により広い可動域を実現しています。

さらに、背部放熱フィン、左肩ラック、右肩シールドにも可動ギミックを搭載しています。

武装もビーム・ライフル、クレイ・バズーカ、ビーム・ナギナタと豊富に付属しています。

●バンダイの「HGUC ガンキャノン」が入荷いたしました。

「機動戦士ガンダム」に登場したMSであり、記念すべきHGUCシリーズ第一弾として1999年に発売されたMSでもあります。

そんなガンキャノンをガンプラ35周年ということで、最新フォーマットになり”新生-REVIVE-”として完全新規キット化されました。

メリハリのついた曲線によって、特徴的なマッシブなプロポーションを見事に再現しております。

最新フォーマットになったことで、可動範囲が格段に拡大しより自由度の高いポージングが可能となっております。

また、パーツを切り取り易いくさび形ゲートを採用し、各部位ごとにパーツを集約するパーツ配置になりより組立て易い仕様になっています。

ビーム・ライフルの他にも低姿勢での射撃体勢を再現するための平手(上向き)パーツが付属しています。

コメント

プロショップ杯2015開催のお知らせ

2015年06月17日 13時58分45秒 | イベント

シンガポールのゴールキーパーが凄かった・・・というのは置いておいて。

今年も「プロショップ杯2015」を開催します。

このコンテストはガンプラ純正キットを使用した作品のコンテストで、ガンプラビルダーズワールドカップ2015(以下、GBWC2015と呼びます。)と連動したコンテストです。
エントリー用紙はGBWC2015公式ホームページからもダウンロードできますし(7/1からの予定)、店頭でも配布いたしますのでエントリーご希望の方はお声をお掛けください。
当店で優勝した作品はプロショップ枠としてGBWC2015の日本大会本選へ進出となり、副賞として表彰状と「HG ビルドストライクガンダム フルパッケージ スモークブラックVer.」が贈呈されます。

副賞は結果発表後に店頭で手渡しとなります。

当店での受付期間、結果発表は次の通りです。

受付期間:7/1(木)~8/23(日)

結果発表:8/25(火)~

その他、質問等ございましたら店頭でお声をお掛けください。

コメント

2015.6.16入荷商品のお知らせ

2015年06月16日 15時02分20秒 | 商品紹介

本日、次の商品が入荷いたしました。

 

●ハセガワの「クリエーターワークスシリーズ 1/35 メカトロウィーゴNo.1”あか&きいろ”」が入荷いたしました。

モデリズム・小林和史氏によるオリジナルデザインの児童用メカトロボットです。

(メカトロボット:人が搭乗して操作する人型ロボットの総称)←という設定ですよ。

パッケージイラストは漫画家のあらゐけいいち氏です。

2体セットとなっており、赤と黄のメカトロウィーゴが入っています。

組立は接着剤不要となっております(付属の男の子、女の子フィギュアだけは接着剤が必要です。)。

各部関節が可動し、腹部のハッチも開閉し男の子、女の子フィギュアを乗せることが出来ます。

コックピットフロアーが下りた乗降状態もパーツの差し替えで再現でき、頭部ハッチもパーツの差し替えで開閉いたします。

また、外装を外したフレームも再現されています。

●マスターボックスの「1/35 ピンナップガールズ6体3Dノーズアート40’sスタイル」が入荷いたしました。

個性的なフィギュアを続々とリリースするウクライナのマスターボックス社の新製品です。

中々、いやかなりアメリカンな雰囲気を醸し出すキットです。「USA!USA!USA!」という声が聞こえてきそうな気も・・・

ピンナップは1920年代から1940年代のフランスやアメリカで流行ったセクシーなイラストで、WW.IIでは戦地の兵士に勇気を与えたり、故郷の恋人を思い出したりするために流行った・・・とGoogle先生がおっしゃっています。私はマリリン・モンローくらいしか知らないです・・・

 

キットにはジープとバイクは付属していませんが、ボックスアートを再現するのも面白そうです。

●マスターボックスの「1/72 英・オースチンMk.IV装甲車オチキス機銃搭載WW-I」が入荷いたしました。

ロシア帝国の発注で生産されたオースチン装甲車は ロシア内戦の影響で最終型のMk.IV型はロシアには渡らず各国で使用されました。

英軍は機銃をオチキス機銃に変更し西部戦線などで使用、日本も購入しシベリア出兵などに使用しました。一部は1930年代まで使用されています。

マスターボックス社の1/72AFVシリーズは菱形戦車からはじまって、次はオースティン装甲車とは中々渋いチョイスが続いています。

車体上部はスライド金型による一体成型、各部のリベットの再現等々精密に再現されています。

●「アーマーモデリング7月号」が入荷いたしました。

巻頭特集は「ベースを作ろう!」です。

額縁を付けることで絵画が引き立つように、単品作品をよりよく見せるには飾り台に乗せるのが効果的。ということで、木製の飾り台の塗装方法から簡単なグランドワークまでの製作方法を詳しく解説してくれる内容です。

なお、特集にはホセ・ルイス・ロペス氏の作例もありますので、B&W塗装方法のおさらいも出来ます。

コメント