まっさんの模型屋blog

楽しんでいますか?

2018.2.27入荷商品のお知らせ。「モデルグラフィックス4月号」入荷。

2018年02月27日 14時54分56秒 | 商品紹介

本日、「モデルグラフィックス4月号」が入荷いたしました。

巻頭特集は「型取り・複製・置換」です。

タイトルの通り、シリコン等を使って型を取り、部品の複製、置換をする特集です。

やったことのある方とない方でかなり差がありそうなニッチな作業でありながらも、興味のある方も多いのではないでしょうか。

そんな、型取り、複製、置換という作業について、基本から複製業者の作業風景、はたまたプロモデラーの原型や型の紹介等々深く鋭く切り込んだ特集となっております。

コメント

2018.2.23入荷商品のお知らせ。バンダイ「HGビルドカスタム ギャラクシーブースター」他入荷

2018年02月23日 15時02分12秒 | 商品紹介

本日、次の商品が入荷いたしました。

●バンダイの「HGビルドカスタム ギャラクシーブースター」が入荷いたしました。

昨日入荷した、「HG ビルドストライクギャラクシーコスモス」のバックパックにあたる、ストライカーパック単体の商品です。

ジョイントパーツも付属するので様々なガンプラに装備させることができる様になっております。

最大の特徴である12枚のウイングはそれぞれが独立可動し、多種多様なシルエットを演出することができるようになっております。

●「ホビージャパン4月号」が入荷いたしたました。

巻頭特集は「Do you love tools? 模型上手になる工具。ツール&マテリアル2018」です。

タイトルにある通り、プラモ製作に欠かせない工具の特集です。

最新から定番まで種類ごとに丁寧に解説されております。

今回はツールを製作しているメーカーへのインタビューなんかもあります。

マスオディテールの製作中の写真も掲載されております。

コメント

2018.2.22入荷商品のお知らせ。バンダイ「HGビルドストライクギャラクシーコスモス」、「BB戦士 三国伝8種」入荷

2018年02月22日 15時13分15秒 | 商品紹介

2月も後半ということで寒さも大分マシになってきました。

とはいえ、油断をすると風邪を引いたりしますので気をつけてください。

さて、本日は次の商品が入荷いたしました。

●バンダイの「HG ビルドストライクギャラクシーコスモス」が入荷いたしました。

「ガンダムビルドファイターズ バトローグ」第5話に登場するガンプラです。(第5話の無料配信は3/1(木)正午から。)

これまで幾度となく改良を加えられてきた、ビルドストライクの最終進化形となります。

完全新規のバックパックは12枚の翼を様々な形状に変化させ、スターやコスモスをイメージさせるスタイルを再現することが出来ます。

また、頭部、胸部、肩部、脚部など多数のパーツが新規造形となっております。

●バンダイの「BB戦士 三国伝シリーズ 8種」が入荷いたしました。

祝!BB戦士三国伝10周年!!ということで、装いも新たに三国伝きっとが8種再キット化されました。

パッケージはすべて新規書きおこしとなっております。

もう、10年経つんですね。当時10歳なら今年で20歳・・・

では再キット化された8種は以下の通りです。

●BB戦士 貂蝉キュベレイ&武将座

Blu-ray BOXでしか入手できなった幻のキットが“麗しき女将軍”貂蝉キュベレイです。

成形色はより華やかで鮮やかな色へ変更され、目のデザインはBB戦士フォーマットに変更されております。

貂蝉キュベレイのイメージにあわせた紫の武将座が付属いたします。

●BB戦士 胡軫ギャン&部隊兵(董卓軍)

本体ベース色はキャラクターイメージにあわせて変更され、ダークグリーン成形色の部隊兵(董卓軍)が3体付属致します。

●BB戦士 公孫瓚イージーエイト&四神鬼甲戦車

鎧の成形色はキャラクターイメージにあわせて変更され、様々な形態にも組み替え可能な四神鬼甲戦車が付属いたします。

四神馬甲の成形色はシルバーに変更されております。

●BB戦士 董卓ザク&部隊兵(董卓軍)

本体色は高級感のあるメタリックグロスインジェクションが使用され、クリアピンクのエフェクトパーツもラメ入りに変更されております。

ダークグリーン成形色の部隊兵(董卓軍)が3体付属。

●BB戦士 袁術ズサ&天鎧装

本体のベース色がグレーから、シルバーに変更され、ダークグレーだった部分はメタリックグロスインジェクションが採用されております。

袁紹バウとも共通の色味となっており、合体後の「龍飛」形態ではより高級感がアップしております。

クリアイエローの天鎧装が付属いたします。

●BB戦士 袁紹バウ&玉璽

グレーだった部分は、袁術ズサとも共通の高級感ある成形色に変更され、合体後の「龍飛」形態ではより高級感がアップしております。

暗黒の輝きをイメージしたメタリックパープルの玉璽が付属いたします。

●BB戦士 典韋アッシマー 賈詡アシュタロン 攻城兵器セット&合体武装6種(甲)

両武将ならびに付属の「攻城兵器・部隊兵」とも、本体色は世界観にあわせてより落ち付いた色味となっております。

また、賈詡アシュタロンの瞳はBB戦士フォーマットにあわせて変更されております。

メタリック成形の合体武装6種(甲)は「黄蓋グフ&合体武装6種(乙)」付属の(乙)と組みあわせることで12合体の巨大武装とすることが出来ます。

●BB戦士 黄蓋グフ&合体武装6種(乙)

一部にメタリックグロスインジェクションが使用され、高級感のある本体色に変更されております。

メタリック成形の合体武装6種(乙)が付属し、「典韋アッシマー 賈詡アシュタロン 攻城兵器セット&合体武装6種(甲)」付属の(甲)と組み合わせることで12合体巨大武装とすることができます。

コメント

2018.2.15入荷商品のお知らせ。バンダイ「RG バンシィ・ノルンン」、「RG ユニコーンガンダム(バンデシネVer.)」入荷

2018年02月15日 14時45分16秒 | 商品紹介

1月が2月並みの寒さだったんだから、2月は3月並みになってくれても良いのにと切に思います。

さて、本日次の商品が入荷いたしました。

 

久々のRGタワー

と冗談はさておき、バンダイのRGが3種入荷いたしました。

内2種は限定品ですので、お買い逃がしのないようにお願いいたします。

●バンダイの「RG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン」と「RG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン[プレミアム"ユニコーンモード"ボックス]」が入荷いたしました。

「機動戦士ガンダムUC」に登場する、黒き獅子「ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン」がついにRGに登場いたしました。

昨年発売された、「RG ユニコーンガンダム」と同様に1/144で変身ギミックを搭載しております。

紺色のカラーリングは3色の成形色で再現され、特徴的な頭部アンテナは選択式で可動1種と固定2種が付属いたします。

アームド・アーマーXCは新規造形となっており、デストロイモード時に露出するサイコ・フレームに一部クリアパーツが採用されているほか、アームド・アーマーDEも新規追加パーツで再現されております。

ビーム・マグナムにはパーツ差替えでビーム・ジュッテを装着することができ、弾倉はリア・アーマーに装着することも可能です。

通常パッケージのほか、初回限定パッケージ[プレミアム“ユニコーンモード”ボックス]も入荷しております。

 ●バンダイの「RG ユニコーンガンダム(バンデシネVer.)」が入荷いたしました。

月刊ガンダムエースにて「機動戦士ガンダムUC バンデシネ Episode:0」の連載がスタートしたことにあわせて、「UC バンデシネ」版ユニコーンガンダムがRGシリーズに数量限定生産で登場しました。

1号機用のアームド・アーマーDEに加え、追加デカールが付属いたします。

パッケージはレッドの背景が印象的なスペシャル仕様となっており、もちろんユニコーンガンダムの「変身」も実現されております。

限定生産品ですので、お買い逃がしのないようにお願いいたします。

コメント

2018.2.14入荷商品のお知らせ。「アーマーモデリング3月号」入荷

2018年02月14日 14時23分40秒 | 商品紹介

先週は雪が凄かったですね。

こちらの方では雪は降ったりやんだりだったのですが、積雪で大変な地域も結構あるようです。

みなさんはご無事でしょうか?まだ、雪の残っている地域ではお車に乗るときなどお気をつけください。

さて、本日は「アーマーモデリング3月号」が入荷いたしました。

巻頭特集は「戦車模型的エアブラシ活用術」です。

昨年は筆塗りに各誌で注目が集まっておりましたが、やはり簡単に、早く、きれいに塗装できるツールというのはエアブラシ以外にはないと言っても過言ではないと思います。

というわけで、シングルアクション、ダブルアクション、エア缶、プチコン等々のエアブラシの基本からウェザリングなどの応用編、さらにはエアブラシで滑り止め加工をするというちょっとエキセントリックな使い方に至るまで特集されております。

また、今月から新連載ということで「少しずつ皆んなで一緒に歩む ARL44への道」というコーナーも始まります。

このコーナーは「ガールズ&パンツァー最終章第1話」に登場するBC自由学園のARL44をスクラッチしてしまおう、というものです。

なるべく多くの方に真似してもらえるように3Dプリンタなどは使わず、プラバンの箱組や流用パーツを交えつつ雰囲気重視で作り上げるとのことで、今月号では早速車体の箱組をしております。

原寸大の図面も用意されており、各工程も詳しく解説されておりますので、スクラッチが初めてという方でも安心して真似ができると思います。

コメント