まっさんの模型屋blog

楽しんでいますか?

プロショップ杯2018開催!

2018年06月20日 14時32分18秒 | イベント

恒例の「プロショップ杯2018」が開催されます。

もちろん、当店も参加いたします。

 

このコンテストはガンプラ純正キットを使用した作品のコンテストで、ガンプラビルダーズワールドカップ2018(以下、GBWC2018と呼びます。)と連動したコンテストです。

(1)応募期間

当店での受付期間、結果発表は次の通りです。

受付期間:7/2~9/2

結果発表:9/4~

 

(2)エントリーについて

エントリーにはバンダイナムコID(以下、BNID)と作品写真が必要となりますのでご注意ください。

・BNIDはエントリー期間より前にも登録が出来、名前(ニックネーム)とメールアドレスがあれば登録が出来ます。

エントリー手順の概略は次の通りになります。

GBWC2018公式ホームページの「プロショップからのエントリー」から必須事項を入力し、エントリーをしてください。

②それぞれのエントリーシートと作品(実物)を共に当店へお持ちください。

・プロショップ杯優勝時にはBNIDへのお名前、ご住所、お電話番号の登録をお願いいたしますので、予めご了承ください。

・GBWC2次予選以降は各種媒体へご本名で掲載される可能性がございます。

 

(3)レギュレーション

レギュレーションは例年通りです。

・お一人様1作品の応募とさせて頂きます。

・応募作品には必ずガンプラ純正キットをご使用ください(コピー品、模造品の使用は不可)

・GBWC2018公式サイトWEBエントリーとプロショップエントリーの重複、及びプロショップ2店舗以上でのエントリーが発覚した場合は全てのエントリーを無効とさせて頂きます。

・応募者本人により製作された作品のみを受け付けます。

・応募作品の大きさは縦50cm×幅50cm×奥行50cmに収まる作品といたします。

・3Dプリンターで作成された部分は審査対象外となります。


(4)優勝作品について

当店で優勝した作品はプロショップ枠としてGBWC2018の二次審査へ進出となり、副賞として表彰状と「HGUC 191 RX-78-2 ガンダム スモークブラックVer.」が贈呈されます。

副賞は結果発表後に店頭で手渡しとなります。

 

その他、質問等ございましたら店頭でお声をお掛けください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

35ガチャーネン S.A.F.S完成!!

2018年06月19日 15時05分49秒 | プラモライフ

2月中旬頃には組立が終わってた筈ですが、ようやく完成しました。

 

 

マシーネンクリーガーらしく、強めにウェザリングしております。

基本色はMr.カラーの「セールカラー」です。

基本塗装の後にチッピングをし、ウォッシング→スミ入れ→ウォッシング→泥汚れとしております。

最初のウォッシングではタミヤのエナメルカラーでジャーマングレー→ブラウン→イエロー→ホワイトと4色のウォッシングを施しました。

そして、スミ入れはタミヤのスミ入れ塗料のブラウンで行い、最後のウオッシングはタミヤエナメルカラーのクリアーオレンジをつかっております。

計5回のウォッシングをすることで、かなり複雑な色合いにすることが出来たのではないかと思います。

ちなみに、スネークアイも現在ウェザリング中です。

近日中にお披露目できるかと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018.6.19入荷商品のお知らせ。バンダイ「ハロプラ ハロ コントロールブルー」入荷。

2018年06月19日 14時35分58秒 | 商品紹介

本日、バンダイの「ハロプラ ハロ コントロールブルー」が入荷いたしました。

人気のハロプラの新色です。

耳が開閉し、手足を出した状態は差替えで再現可能となっております。

ディスプレイベースはハロ同士の連結に加え、プチッガイとも連結することが出来ます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018.6.14入荷商品のお知らせ。バンダイ「HGUC ガルバルディβ」入荷

2018年06月14日 14時31分49秒 | 商品紹介

一瞬暑くなってきたと思いきや、涼しい日が続いております。

北海道では雪も降ったとか。

個人的には本日の気温が9月位まで続いて欲しい所ではありますが、農家の方々などそうはいかない方もいらっしゃるでしょう。

 

さて、本日はバンダイの「HGUC ガルバルディβ」が入荷いたしました。

「機動戦士Ζガンダム」に登場するMSで、特に近年になって人気が急上昇している気がします。

完全新規造形ということで、最新フォーマットに合わせ各部ディテールが高密度化され、胴体肩部には内部フレームを思わせるディテールが追加されております。

胸部下面のモールドは別パーツでディテールが再現されており、上腕に回転軸が追加されアクション性も向上しております。

ゲルググと同型のライフルが新規造形で付属するほか、シールドは差替えで伸縮ギミックが再現されております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018.6.13入荷商品のお知らせ。「アーマーモデリング7月号」入荷。

2018年06月13日 13時53分47秒 | 商品紹介

本日、「アーマーモデリング7月号」が入荷いたしました。

巻頭特集は「いま作るべきは ティーガーI重戦車」です。

最も有名で人気がある戦車の一つであり、ジャンルを超えて作りたくなるのが「ティーガーI」ですよね。

でも、そんな模型だからこそある種プレッシャーの様に感じてしまうモデラ―もいらっしゃるでしょう。

しかしながら、精密な模型がメーカーからリリースされている昨今では、一昔前ならモデラ―が面倒と感じていたことも「全部やっておいたから」という感じのキットも増えてきました。

つまり、キットと向き合って作ればOKと感じる環境が整ってきたということで、今なら感じていたプレッシャーも気にすることなく気持ちよくティーガーIを作れるという特集です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加