まっさんの模型屋blog

楽しんでいますか?

2015.9.25入荷商品のお知らせ

2015年09月25日 13時48分55秒 | 商品紹介

本日、「モデルグラフィックス11月号」が入荷いたしました。

巻頭特集は「STAR WARS STRIKES BACK バンダイプラモデルの逆襲」です。

モデルグラフィックスでは18年ぶりの巻頭特集となります。

昨年よりバンダイからリリースされ始め、いよいよエピソード7が公開間近となってきました。

バンダイの製作スタッフがどこを目指しているのか?等々のインタビューを含め、スターウォーズの模型の魅力をさらに引き出す作例の数々とともに楽しめる内容となっております。

さらに、巻中では「ガンダムビルドファイターズトライ」と「ガンダム Gのレコンギスタ」が特集といっても良い位のボリュームで掲載されています。

ファンの方はこちらも熟読してください。(トランジェントがため息が出るほどに格好良い・・・)

コメント

2015.9.24入荷商品のお知らせ

2015年09月24日 14時50分27秒 | 商品紹介

本日、次の商品が入荷いたしました。

 

●バンダイの「超次元変形フレームロボ」シリーズの第一弾(全3種)が入荷いたしました。

WEBアニメ等で展開していく「超次元変形 フレームロボ」です。

今回発売されたのは次の3種類です。

●ガイアフレーム

●マーズフレーム

●マーキュリーフレーム

 

ランナーの様な”フレームフォーム”(2次元)から”ロボフォーム”(3次元)へと変形するという中々面白い趣向の商品です。

変形はさらに”ウェポンフォーム”まで可能となっており、他のフレームロボとの連携が出来るようになています。

”ウェポンフォーム”はそれぞれ”ガイアアックス”、”マーズザンバー”、”マーキュリーバスター”という巨大な斧、剣、砲台へと変形します。

デザイン的にも趣向を凝らしたものとなっていて、胸部に”地球”、”火星”、”水星”が鎮座しています。

●タミヤの「1/35 ドイツ アフリカ軍団 空軍砲兵セット」が入荷いたしました。

名将ロンメル率いるドイツ・アフリカ軍団で、対空戦闘はもとより対戦車戦闘にも投入された空軍砲兵の人形セットです。

方向を指し示す士官、半ズボン姿の下士官、砲弾を持つ砲兵、レンジファインダーを操作する測距手などの人形8体は汎用性の高いポーズと様々な服装で再現されています。

徹甲弾や榴弾、薬きょう、砲弾ラック、レンジファインダー、砲隊鏡、シャベルやハンマーなどの各種アクセサリーも付属しています。

アフリカ軍団の車輛、装備等はタミヤ以外からも豊富にリリースされており、それらと組み合わせた情景作品も楽しめます。

●「ホビージャパン11月号」が入荷いたしました。

巻頭特集は「ガンダムビルドファイターズ 僕たちのガンプラ」です。

公式外伝の「ガンダムビルドファイターズ炎トライ」もついにクライマックスです。どんなエンディングを迎えるのか、是非とも手に取って確認してください。

他にも「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の放送直前特集などもあります。

コメント

2015.9.17入荷商品のお知らせ

2015年09月17日 15時11分47秒 | 商品紹介

本日、次の商品が入荷いたしました。

●バンダイの「HG プロトタイプグフ 戦術実証機」が入荷いたしました。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Mobile Suit Discovery」という「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の世界観の中で展開される、MS開発秘話を描きつつもこれまで明らかにされていなかったMSを中心としたメカニカル考証企画でとりあげらるMSです。

関節の機構はTHE ORIGINのザクシリーズに準拠し、広い可動範囲を有し多彩なポージングが可能となっています。

腕部はアタッチメント構造となっており、左腕には3連装マシンガン、右腕にはヒートロッドを装備しています。さらに、腕部は10月発売予定の「HG モビルワーカー」と共通の仕様となっているので、交換が可能となっております。

武装はヒート・ホーク(収納時/展開時の2種)、シールドが付属し、シールドの裏にヒート・ホークをマウントさせることも出来ます。

●バンダイの「HG 高機動型ザクII(オルテガ専用機)」が入荷いたしました。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」に登場するMSで、”黒い三連星”のオルテガが搭乗する高機動型ザクIIです。

発売済みの「HG 高機動型ザクII(ガイア/マッシュ専用機)」と併せて”黒い三連星”がそろい踏みとなります。

基本的には上記”ガイア/マッシュ専用機”と同じですが、特徴的なジャイアント・ヒート・ホークとクリアパーツ製のエフェクト台座と専用台座が付属いたします。

ジャイアント・ヒート・ホークの他にもザクマシンガン、ヒート・ホーク(収納時/展開時の2種)といった武装も付属しております。

コメント

2015.9.15入荷商品のお知らせ

2015年09月15日 14時41分34秒 | 商品紹介

本日、次の商品が入荷いたしました。

●トミーテックの「1/35 日産セドリック バン 陸上自衛隊業務車1号」が入荷いたしました。

陸上自衛隊でも活躍していた日産のセドリック(バン)が1/35スケールでキット化されました。

キットでは、CA20S型直列4気筒エンジンを再現し(ボンネットは着脱式)、前輪もステア可能となっております。

ベンチシートや4段コラムシフトをはじめ室内も徹底再現されています。

リアゲートも開閉式となっており、荷物を積んだり、フィギュアを乗せたりと情景作品としても楽しめるようになっております。

●ドラゴンの「1/35 WW.II ドイツ軍 歩兵用ウェポン(銃器)セットII」が入荷いたしました。

第二次世界大戦のドイツ軍は歩兵用に様々な小火器類を開発、装備しており、1/35スケールでそれらの装備品を再現したキットです。

このセットでは次の18種類もの小火器類が付属いたします。

・パンツァービュクセ39 (PzB39) (1940年に開発された対戦車ライフル)×2
・ZK-383短機関銃 (チェコスロバキアで1937年に開発された短機関銃)×2
・FG42自動小銃初期型 (ラインメタル社で開発された自動小銃の初期型)×2
・¥MG34S機関銃 (MG34を改良して生産性向上、発射速度の向上を図ったタイプ)×2
・スオミ短機関銃M1931 (フィンランドで開発された短機関銃で1931年にフィンランド国防軍が採用)×2
・MP41短機関銃 (ヘーネル社が1941年に開発した短機関銃)×2
・ハンガリアンM39M軽機関銃 (ハンガリー軍で1939年から採用された軽機関銃)×2
・MP.E短機関銃×2
・G41(m)半自動小銃 (1940年にモーゼル社が 開発し、テストが行われた試作半自動小銃)×2
・StG45(M) (第二次大戦末期にモーゼル社が試作したアサルトライフル)×2
・G41(w)半自動小銃 (1940年にワルサー社が開発したG41の試作モデル)×2
・MP34短機関銃 (MP18から改良発展したタイプ)×2
・パンツァーファースト60 (携帯式対戦車擲弾発射機で1944年から配備された射程60mのタイプ)×2
・パンツァーファースト30 (1943年8月に制式化された射程30mのタイプ)×2
・パンツァーファースト30k (装甲貫徹力140mmの小型弾頭を搭載した初期型)×2
・MP28短機関銃 (ヘーネル社に移籍したシュマイザーが開発した短機関銃で1934年から生産)×2
・K98K ディスチャージャーカップ付き (代表的小銃98Kにディスチャージャーカップを装備した状態)×2
・ワルサーPPK (ワルサー社の小型セミオートマチック拳銃)×4

●「アーマーモデリング10月号」が入荷いたしました。

巻頭特集は「ドイツ連邦軍アーカイブス」です。

戦後の日本と良く似た境遇のドイツ(西ドイツ)ですが、近年模型業界では続々と新作キットがリリースされてかなり充実しております。そんなわけでベテランキットから最新キットまで幅広くドイツ連邦軍にスポットを当てて実車解説と併せて楽しめる内容です。

 

コメント

2015.9.10入荷商品のお知らせ

2015年09月10日 14時32分51秒 | 商品紹介

本日、次の商品が入荷いたしました。

●バンダイの「HG カミキバーニングガンダム」が入荷いたしました。

「ガンダムビルドファイターズトライ」の最終回で登場した、主人公”カミキ・セカイ”の使用するガンプラです。

ビルドバーニングガンダム、トライバーニングガンダムがベースと思っていましたが、ほとんどが新規パーツとなっています。

エフェクトパーツと関節パーツのみ流用されています。

肩部の可動範囲が広くなっていますので、ビルドバーニングガンダム、トライバーニングガンダム以上にポージングが自由に決まります。

専用の太刀も付属し、「奥義鳳凰覇王拳」発動時の溢れ出す炎を再現するエフェクトパーツも付属しております。

●GSIクレオスの「Mr.クリンスティック」が入荷いたしました。

スミ入れ等のふき取りに使用するツールです。

太、細の2種類のサイズの軸が各1本とそれぞれのサイズの先端が各5本付属しております。

普段綿棒を使用している方も多いと思いますが、綿棒と違って、解れない、洗って再使用が出来る等々のメリットがあります。

コメント