まっさんの模型屋blog

楽しんでいますか?

2014.7.24入荷商品のお知らせ

2014年07月24日 16時42分17秒 | 商品紹介

暑い日が続いております。熱中症で救急搬送された方が先週だけで3000人超とのことです。みなさんもお気をつけください。
救急搬送された方の約半数がご年配の方とのことです。体力的なものもありそうですが、ご年配の方の場合は暑さやのどの渇きを感じにくく、さらに汗もかきにくくなっているようですので、自覚症状もなく熱中症になる危険性があるとのことです。無茶な節電をせずに室温をこまめにチェックしてエアコン、扇風機を活用しつつ、こまめな水分補給をしてください。

(参考文献:熱中症対策リーフレット(消防庁HPより))

それでは本題に入ります、本日はこんな商品が入荷いたしました。

Imgp3786 Imgp3787

Imgp3788 Imgp3784

●タミヤの「1/35 WWI イギリス戦車 マークIV メール (シングルモーターライズ仕様)」が入荷いたしました。

第一次世界大戦開戦から100年となります。

そして、WW.Iで初めて実用化、実戦投入されたのがマークIでマークIVはその発展改良型になります。この戦車は菱形戦車と呼ばれイギリスで開発されました。

戦車がTankと呼ばれるようになったのもこの戦車が語源になっています。当初「水運搬車(Water Carrier)」という秘匿名称が付けられていたのですが、

「略称が「W.C.(便所)」だと格好悪いじゃん。「T.S.(Tank Supply=水槽供給)」と呼ぶじゃん。」

となり、以降この戦車はTankと呼ばれるようになり、それが定着していきました。(諸説あります)

そういえば、開発の経緯を紹介していませんでした。

WW.Iでは機関銃の登場(南北戦争でも使用されていましたが・・・)、鉄道の発達により史上最悪の消耗戦となっていました。そして、戦線は塹壕戦により防御有利の状態でこう着状態に陥ってしまいました。この状況を打開するため、新しい戦術や兵器の考案始められ、実用化、量産化されたのがマークIでマークIを改良、発展させたものがマークIVとなります。(当初、陸軍で却下されて海軍が関心を示したとか興味深いエピソードがありますが割愛します。)

マークIVは大砲を装備したメールの他にも、機関銃のみを装備したフィメールがあります。

さて、キットですがリベット等のモールドがシャープに表現され、菱形戦車の特徴を押さえ、きちんと再現されています。

が、今回の目玉はそこではなく、「モーターライズ」ということです。組み立て済のギヤボックスをセットすることで、戦車が動きます。

履帯は1コマずつはめ込むタイプの連結可動式です。ランナーからは切り離した状態になっていますので、面倒もなく組み立てられます。

動作には単三電池が一本必要ですが、電池は別売りになります。

●バンダイの「HGAW ガンダムエアマスター」が入荷いたしました。

いきなりだったので、びっくりした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「機動新世紀ガンダムX」に登場したMSです。

最新のフォーマットで作りやすくて広い可動範囲を実現した「ガンダムエアマスター」です。プロポーションも現代風に見直されていますし、劇中と同様に”ファイターモード”への変形も可能となっています。

●コトブキヤの「シャープハンド」、「ワイルドハンド」が入荷いたしました。

種類ともに手首パーツとなります。手首パーツは各メーカーから色々と製品化されていますが、今回の手首パーツはこれまでに発売されたものと随分と違うデザインのものとなっています。

シャープハンドは”鋭く、尖った”デザインになっていて、ソリッドな機体に似合いそうです。

ワイルドハンドは”荒々しい”デザインが特徴です。ボリュームのある機体に似合いそうです。

●「ホビージャパン9月号」が入荷いたしました。

巻頭特集は「宇宙戦艦ヤマト2199 ドメラーズIII世、出撃。」です。

バンダイの「1/1000 ドメラーズIII世」発売を記念しての特集です。ほかにもメカコレ等の作例等々掲載されています。

第2特集は「D-DAY ノルマンディー上陸作戦」です。

今年はノルマンディ上陸作戦70周年となります。史上最大の作戦でもあり、WW.IIのターニングポイントでもあったノルマンディー上陸作戦を題材としたジオラマ作品を中心に作例が掲載されています。

また、「ノルマンディー上陸作戦」を題材にした映画「プライベート・ライアン」、「バンド・オブ・ブラザーズ」も紹介されていますので、特集とあわせて鑑賞するのも良いのではないでしょうか。

総力特集として「RGシャア専用ズゴック HJリアルグレードモデル徹底解析」もあります。

そして、特集以上のボリュームを持つ「ガンダムビルドファイターズ」。トライが10月放送決定ですから、まだまだ、盛り上がりそうです。

●「電撃ホビーマガジン9月号」が入荷いたしました。

巻頭特集は「トランスフォーマー/ロストエイジ 公開直前! 映画アイテム&関連アイテム大研究!!」です。

第2特集は「電撃ガンプラ王2014」です。

応募総数1069作品の頂点がついに発表されました。

こりゃまいりましたね。私のベアッガイ氏が2次選考で落ちるわけですよ。個人的な反省点はアイデアのインパクトの不足と作品のボリューム不足、といったところでしょうか?あとは、ウェザリングした方が目に留まりやすいのかと思ったり、思わなかったり。

今回、参加した方もしなかった方も今回の結果を参考に次回挑戦してみてください。
あとは、上達したいという方は特に「実験プラモLABO」のコラムを是非とも一読して頂きたいです。テーマが「プラモ作りの上達」です。

----------------------------------------
Imgp3789
本日、「HGカスタマイズキャンペーン」の景品を追加でもらえました。
これがなくなると第一弾は終了となりますので、このチャンスを逃さないようにしてください。

コメント

HG 旧ザク(サンダーボルト版)製作中(その2)

2014年07月21日 12時11分29秒 | プラモライフ

少し間が空きましたが、多少進展しました。
Imgp3780
普段は絶対やらないんですが、足裏の肉抜き穴を埋めてモールドを彫り直しています。
Imgp3782
マシンガンのマガジン裏も穴埋めしています。
Imgp3783
サブアームも穴埋めして、可動軸がありそうなところにリベットを打ったりしています。
Imgp3781
そんなこんなでとりあえず一周したところです。そういや、前腕がまだ手つかずでした。
穴埋め以外にも、モールドとディテールアップパーツの置き換えを中心に工作をしています。

普段ならここで作業を切り上げるところですが、コンテスト用ですのでもう少し手を加えようと思います。
ショルダーアーマー、モモのロール軸、モノアイ、手首隠し等々ガッツリ行きましょう。

コメント

2014.7.19入荷商品のお知らせ

2014年07月19日 14時52分00秒 | 商品紹介

本日、次の商品が入荷いたしました。
Imgp3779

●タコムの「1/35 ロシア KV-5 超重戦車」が入荷いたしました。

この車輛は大人気オンラインゲームWoT(ワールド・オブ・タンクス)で大活躍するロシアの「ペーパープラン」(計画のみに終わった)の戦車で、多砲塔100t級の戦車という当時でも規格外の計画でした。が、結局のところ独ソ戦が始まると超重戦車は不要との判断からプロトタイプも作られることなく、計画のみに終わっています。

砲身は金属製で、エッチングとクリアーパーツも付いています。
タコムお得意の怪しいフィギュアもついています。

●イグザクト(XACT)の「 1/35 Russian HMV GAZ-2975 "Tiger"」が入荷いたしました。

ロシア版ハンビィーとも言われる”ティーグル”です。
以前、モンモデルからもリリースされた装輪装甲車ですが、モンモデルのキットは情報の取捨選択、部品の一体化による組み立て易さ、組み立てる楽しさを追求したキットだったのに対し、イグザクトのキットは盛り込める情報は全て盛り込むといったコンセプトのキットに仕上がっています。

コメント

HGカスタマイズキャンペーン 2014summer

2014年07月17日 14時56分30秒 | キャンペーン

Imgp3777
本日、「HGカスタマイズキャンペーン 2014Summer」の景品が届きました。

対象となるガンプラHGシリーズをお買い上げ頂いたお客様に限定ウェポンパーツを差し上げます。
対象商品は次の通りです。

以下を除いたガンプラHG1/144シリーズ

・HGガンダムサンダーボルト シリーズ
・HG 1/100シリーズ
・HG ビルドカスタムシリーズ

多分、今回も追加で景品を融通してもらえそうな気もしますが、キャンペーンは景品がなくなり次第終了となります。
今回は第一弾として写真の3種類が景品となります。(第2弾は8/9~の予定)

また、今回の全6種のウェポンは合体させることが出来ます。

コメント

2014.7.17入荷商品のお知らせ

2014年07月17日 14時39分15秒 | 商品紹介

本日、バンダイの「RG シャア専用ズゴック」が入荷いたしました。
Imgp3778
みなさんお待ちかねのシャア専用ズゴックです。夏に相応しい水陸両用MSです。そして、目の前には連休が待ち構えています。

店頭にポスター貼ったんですが、これがまた格好良い。

RGブランドの初の水陸両用MSいうことで、アドバンスドジョイントが中々面白い形をしています。徹底した実機考証に基づいてデザインされていて、水中を高速で潜航するための流線形ボディ、ソナー・水抜き穴のモールド、バックパック・脚部のプロペラ、耐水・耐圧を想定したコックピット等々、現実世界にあったらを追及したズゴックです。

コメント