ニョニョのひとりごと

バイリンガルで詩とコラムを綴っています

8月20日、355回目の「火曜日行動」です。

2019-08-20 16:15:53 | 火曜日


朝は大雨が降っていたのに,355回目の「火曜日行動」を応援するようにすっかり晴れました。





今日は大阪朝高の皆さんがクラブ活動の合間をぬって大勢駆けつけてくれました。百人力です❗️




今日のレポーターはハルモニ会の横道さんです。









写真撮影はいつもニコニコ松尾さんです。二週間ぶりですね。今日もよろしくお願いいたします^_^





無償化連絡会大阪共同代表の藤永先生も駆けつけてくださいました。









今日は大村和子さんが引っ張ってくださいます。

☆大村さん

府庁で働いているみなさん、ご通行中のみなさんこんにちは。
今日も暑い日ですが、355回目の火曜行動になります。
今日は朝高生がたくさん参加してくれています。「大切な朝鮮学校を守りたい」その思いで参加してくれています。

「高校無償化」から朝鮮高校にみが排除され10年近くになります。
初級学校の生徒だった子ども達も大学生になり社会人になっている人もいます。
そして、大阪府と市からの朝鮮学校補助金も打ち切られてしまいました。
私たちは日本の政府のやり方に対して、自治体のやり方に対して、日本の社会が本当に民主的になるためには、誰もが平等に暮らせる社会になるためには、この問題を放おっておく訳にはいかない。と強い思いで火曜行動を始めて355回目になるのです。


政府は10月から幼児教育の無償化を始めます。そこでも朝鮮学校の幼稚園の幼い子ども達まで除外されていきます。
「差別が残る日本社会で、ヘイトスピーチがまかり通る日本の社会で朝鮮人として朝鮮人の名前で堂々と生きていけるのは、朝鮮学校が私達を育ててくれたから。朝鮮学校は本当に大切なところです」と前回参加してくれた生徒さんが切々と述べてくれました。


私は生徒さんの言葉を聞いていて、この日本社会が、色々な人たちが手を繋ぎ合って平等に暮らしていける社会になってほしいと切に願いました。
大阪府も大阪市に倣ってヘイトスピーチ条例を議会に提案すると言っていますが、朝鮮学校に対しるあらゆる差別に、どのように対処するつもりでしょうか。
イヤだったら母国に帰れ!という人がいます。これは歴史を知らない恥知らずの言葉です。


私は8月15日~17日、韓国に行ってきました。
8月15日は日本は敗戦の日と私は認識しています。韓国の8月15日は光復節、光が蘇った日です。つまり日本の植民地支配から解放され主権を取り戻した日です。


文大統領は、8月15日は私達だけが嬉しい日ではない。日本の国民にとっても軍国主義から抜け出し解放された日だ。と言っています。日本は反省をし、共に東アジアの平和をつくっていこうとメッセージしています。
ところが日本では反省どころか、過去に戻るようなことが起っています。


日本では韓国中が反日の嵐であるかのようなマスコミの報道ですが、それは全くのデタラメであることがわかりました。
光化門前広場や市庁前広場で集会が行われ私達も参加しました。
【NO 安倍】と書いたステッカーを各々がかざし、みんな安倍を倒そうとコールしています。
私達に「よく来てくれた。共にがんばろう」と声をかけてくれました。
日本人に対し敵対意識などみじんも感じませんでした。お店でもそうでした。

日本の偏った報道が反韓ムードを作り出しています。
日本人はもっともっと歴史を知らなくてはなりません。知らないことは不幸なことだと思います。






火曜バンドは不滅です❗️









遠く神奈川から実家に帰ってきた大阪朝高卒業生が子どもさんを連れて駆けつけてくれました。

































若いオモニのアピールです。

☆朝高オモニ会 オモニ

私はなぜ朝鮮学校だけが差別を受けるのか、本当に信じられません。
一世が血と汗と涙でつくった朝鮮学校。二世、三世が守ってきました。自分の国の言葉・文化・歴史を学びたい。この地で朝鮮人として生きていきたい。ただそう思っているのです。
朝鮮人は日本人になれません。日本人が外国人になれますか?
私には朝鮮学校を守っていく責任があります。

子ども達は今夏休みで全国大会に向けてスポーツに励んでいます。
ボクシングの試合で全国2位になった生徒もいます。自分の夢に向かってたたかっています。
日本の生徒とも試合をし、生徒や先生方と親善を深めています。

日本に暮らす子どもたちは、日本人であれ朝鮮人であれ学ぶ権利があります。

子どもたちは日本の大学を卒業し、やがて日本の社会に貢献するように頑張っています。
なのに、なぜ朝鮮学校の子ども達が差別を受けねばならないのでしょうか。
教育に差別は絶対あり得ません。


日本の方々は朝鮮学校のことを、もっと知ってください。知ろうとしてください。
国連で朝鮮学校差別に対し何度も是正勧告が出ていますが、何一つ変わっていません。
万博が決まったこの大阪で、子ども達の学ぶ権利を守り保障してくださることを、「高校無償化」の適用、補助金復活を切にお願いいたします。









朝高生たちどんどん増えています。






























































若いオモニが続きます。

☆オモニ

私は朝高と中級学校に子どもを送るオモニです。
今日は高級学校の生徒がたくさん来ていて誇らしい気持ちですが、同時に子どもたちにこんなことをさせていると思うと胸が痛みます。

朝鮮学校のことをよく知らない人が、朝鮮学校は反日教育をしていると言いますが、朝鮮学校を差別する行政こそ、反日教育に誘導しよう、としているのではありませんか?
言い換えれば反日教育をしているのは行政ではありませんか。

子ども達は真っ直ぐな心で学んで、がんばっています。
わたし達もその子ども達を守りたい一心でここに立っています。
わたし達は母親の㈹から、ずっとたたかってきました。

でも私達の娘達がお母さんになった時は、何の心配もなく子育てしてほしいです。
一日も早くそんな世の中になるよう、これからも頑張ります。








朝高生たち、クラブごとにどんどん集まってきています。






オモニたちのアピール続きます❗️

☆オモニ

私は朝鮮初級学校と中級学校に子どもを送っています。
子ども達も私達も何も悪い事はしていません。どうして差別されるのか本当にわかりません。
普通に考えれば「高校無償化」は適用されるはずです。普通のことがなぜ出来ないのか、本当にわかりません。
子ども達の未来のために、在日朝鮮人の未来のために、考えていただきたいと思います。




























井上さん、韓国から持って帰ってきたようです。










朝高生たちのトークリレー始まりました。

☆朝高 3年(女子)
私は大阪朝高3年生です。
今でも高校無償化から除外されていることを疑問に思っています。
同じ学生なのに何で?と、ずっと思っています。

だけど私は学校で楽しく過ごしています。大好きな、大切な先生や友達にも出会いました。
それはアボジ、オモニ、同胞のおかげです。
私達が楽しく過ごしている後ろで、私達のために頑張ってたたかってくれています。
 
私はそれに対して学校で一所懸命、学ぶことが私達の役目だと思っています。
私達のためにたたかってくれる同胞のために、私は朝鮮舞踊を通して勇気を与えられるよう、学校で練習に頑張りたいと思います。
10年間、朝鮮学校に通わせてくれている、アボジ、オモニのためにも何事にも頑張ろうと思います。





☆朝高3年(男子)

僕は朝鮮高校に通う3年生です。
僕が小学校の頃から始まった高校無償化の運動は8年が経ちました。

僕は空手部に所属していて、定期的に日本学校の空手部と練習試合をしたり、高体連の試合や全国の試合にも参加しました。
そこで出会った日本学校の学生たちとも、交流を深めることが出来ました。
個人で出会う日本の人たちは、みんな気さくで、お互いを理解し合い、尊重して接してくれます。

それなのになぜ、大阪市、大阪府、日本という国は僕たちの存在を認めてくれないのでしょうか?

ただ、僕たちのルーツ、僕たちの言語、文化を知り、守っていきたいだけです。
それがなぜ認められないのか。本当に悲しいです。

異国に生まれ育った私たちではありますが、自分の国のことを学び、引き継いでいくことがそんなに悪いことなのでしょうか?

僕はもう半年もしないで高校を卒業しますが、もう僕たちを、僕たちの後輩をいじめるのはやめてください。
この訴えが、ここで働く人たちに少しでも届いて、理解していただけたらと思います。





☆朝高3年 (男子)

バレー部でがんばっています。
日本政府がどうして朝鮮学校だけを差別するのか、理解できません。
「高校無償化」からの排除で、僕の両親は遅くまで働いています。体をこわすこともあります。これ以上、僕たちの親や、後輩達を苦しめるのは止めてください。







☆朝高3年 (男子)

僕はバレー部の試合で日本学校や体育館に行くことも多いのですが、日本の学校は設備が整っていて羨ましいと思うことがあります。
そういう設備が全ての学校に平等に設置されないことは悲しいことだと思います。
僕たちの後輩には、いい環境で練習をしてもらいたいと思います。
後輩達をいじめるようなことは、もう止めてください。以上です。





☆朝高3年 (女子)

私は幼稚園の頃からウリハッキョに通っています。
私は舞踊部で民族の舞踊を習っています。仲間と共に汗を流し練習に励んでいます。
私は一日も早く朝鮮高校にも無償化が適用されることを願っています。





☆朝校3年 (女子)

私は12年間、朝鮮学校で大切なことをいっぱい学んできました。
こんな幸せな学校生活を送りながら、学校から一歩出ると、日本社会から向けられる朝鮮学校へのさまざまな偏見に、不安や怒りを覚えたのも事実です。

朝鮮人は過去も現在も未来もなぜ差別を受けなくてはならないのでしょうか。
私は只々自分のルーツを知り、朝鮮人として堂々と生きたいだけです。

当たり前の権利を求めるのが、そんなに偉そうで間違ったことなのでしょうか。
これは解決しなくてはならない問題です。
私は解決するまで、たたかいを止めません。声を上げ続けます。








大村さんが繋ぎます。

☆大村さん

朝高のみなさん、アピールありがとうございました。
こんな素晴らしい若者たちを育ててくれた朝鮮学校を、日本人として守らなくてはいけないと思いました。







藤永先生もアピールです。

☆藤永さん

府庁舎の中の吉村知事、議員のみなさん、職員のみなさん、そしてご通行中のみなさん、
暑い中ご苦労さまです。

今日の曇空のように私の心は晴れません。
韓国のホワイト国からの除外。あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」の中止。
そしてなによりも、10月から実施予定の幼児教育無償化から外国人学校の幼稚園を排除しようとしていることです。

これら全て根っこは同じであると考えられます。
日本の政治が未だに歴史を顧みない、そういうところから起っています。


思い起こせば、高校無償化から朝鮮学校が外されたこと、これは第二次安倍政権発足と同時におこったことです。朝鮮学校排除はアベ政権の一丁目一番地であります。
その後のアベ政権下の様々な問題の出発点は、朝鮮学校の無償化排除から始まりました。


それと同時に、当時の橋下市政、松井府政は政権に忖度して朝鮮学校の補助金を停止するという暴挙にでました。
そして今回の幼児教育無償化についても、吉村大阪市長が先だって朝鮮学校幼稚園の排除をしているのです。
朝鮮学校の子ども達は差別されて良いと行政が上から発しているのです。

補助金の問題だけではなく、朝鮮学校の子ども達の生命や安全を脅かしていることを、行政の責任者としてぜひ考えていただきたい。


子ども達の未来のことを考えようではありませんか。
子ども達は社会の一員であり、これからの社会を担っていく子ども達です。
この子ども達を差別しておいて、どうして未来が開けると言えるでしょうか。


今からでも遅くありません。
一刻も早く大阪府・大阪市を始めとする各地の自治体は速やかに補助金を再開するよう、お願いしたい。そして高校無償化の適用、幼児教育無償化の適用を行政の責任として、そしてこの社会を生きる大人の責任として、今一度考え直していただきたいと思います。
よろしくお願いします。



















まだまだ暑いのでくっすんさんと館山さんがかちわり氷の配達です^_^















オモニ会の皆さんとハルモニ会合同のアピール、シュプレヒコールと合唱「声よ集まれ 歌となれ」です。

シュプレヒコール❗️

・すべての子どもたちに学ぶ権利を保障せよ!
・行政は朝鮮学校を差別するな!

・朝鮮学校に「高校無償化」を適用せよ!
・朝鮮学校に補助金支給を復活せよ!

・朝鮮学校の子どもたちを差別するな!
・みんなの力で豊かな共生社会をつくろう!


















シュプレヒコール続きます。







中山さん少々遅れて、先生と記念撮影









韓さんもアピールします。

☆オモニ

大阪市で幼稚園の無償化が始まると聞いた時、私は子どもを幼稚班に送っていました。高校無償化から除外されていたので、幼児教育無償化からも除外されないか、不安になって市に問い合わせました。

その時はまだ検討に入っておりませんということでした。
来年度から検討します、という答えだったので、一応希望を持ちました。
こんな小さい子ども達まで差別することはないだろうと。
でも結果は、国の方でも無償化がはじまるから、大阪市では判断しないと言う回答でした。

2歳からの小さな子ども達まで、福祉の差別をする。のけものにする。本当に考えられません。
日本人のママ友に話したら、それはおかしい!と言っていました。
子ども達の幼児教育は、日本人であれ、朝鮮人であれ、どこにルーツを持っていても、平和な社会をつくる第一歩だと思います。

10月から国の無償化が始まりますが、国は検討すると言いました。大阪府はどうか朝鮮学校幼稚園の無償化の声を上げてください。

日本で暮らす全ての子ども達が安全に平和に暮らせるよう、差別しないでください。
よろしくお願いします!



















最後の歌はカンヒョンさんの音頭で「勝利のその日まで」❗️




















皆さんお疲れ様でした。駐輪場に集まりましょう。





大阪朝高オモ会の皆さん、集合写真です。



















10月7日、無償化連絡会が主催する「ノリッペ ウリナラ」のコンサートが行われます。皆さん、ぜひお越しください。






大阪朝高一般公開授業の案内がありました。







遠く和歌山からも来てくださいました❗️




府庁内ロビー活動の報告です。











神奈川から駆けつけてくれた卒業生が紹介され大きな拍手が送られました。

















秋の気配がほら、、、  来週も頑張りましょう。







コメント

8月6日、354回目の「火曜日行動」です。

2019-08-06 14:06:58 | 火曜日






久しぶりに自転車で府庁に向かいました。なんと鮮やかな緑❗️






古賀さんが宣伝カーの上で作業をしておられました。





今日のレポーターはハルモニ会の平田さんです。






写真撮影は松尾さんです。今日も力を合わせて発信して行きましょう。





長崎由美子さんの第一声です。

長崎さん

今日は354回目の火曜行動になります。府庁の中は橋下知事、松井知事と変わり今は吉村知事がいます。私たちは子供たちに最もしてはならない差別を許すことはできないと声を上げ続けています。

今日は、府庁の前には暑い中にも拘わらず、朝高の生徒さん、オモニの方がそれぞれの思いをもってここに来てくれています。ぜひアピールをお願いしたいと思います。

最近、様々なことが起こっています。日本と韓国との間では、日本が煽り立てて悪化させておきながら、韓国の抗議行動に反日であるとレッテルをはりとんでもないことが起こっています。訪日のキャンセルが相次いでいます。民間の交流や学校間のささやかな交流がスットプしていっています。この状況を変えていかないといけないと思います。

国会で幼児教育の無償化が決まりましたが、ここには朝鮮学校がはづされたままになっています。これも高校無償化から排除したのと同じです。
幼児教育の無償化は、子供たちが格差なく平等に教育を受け健やかに育つよう、国がしなければならないことです。朝鮮学校だけを除外する、世界から見たら唖然とする様なことです。保護者の方たちは、国会でも、子供たちが悲しい差別をされていると訴えました。

大阪でも、維新の政策として幼児教育の無償化をしましたが、朝鮮学校だけを排除したままです。ひどいことになったけど言っても仕方ないと諦める、それはできないことです。もっともっと声を大きくしていきたい。

愛知県では「表現の不自由展・その後」が2日間で中止されました。美術展に、これまで展示を拒否されてきた様々な立場の作品が展示されていました。とりわけターゲットにされたのは「少女像」です。河村名古屋市長が”問題だ”と声を上げ、それに煽られたメール・電話・FAX等によって中止に追い込まれました。大村愛知県知事は行政が美術展に介入してはいけないという考えを持っていますが、会場の安全のためと中止をきめました。

行政が差別を煽るようなことをするな、という署名運動が始まっています。
私たちは声を上げ続けましょう。声をださないと黙っていたらなかったことにされてしまう。そんな思いで駆けつけてくれたオモニの方にお話しをしてもらいます。







今日は大阪朝高オモニ会の方々が大勢来ておられます。











久しぶりにお会いした金栄子さんと共に❗️





火曜バンドは不滅です。暑い日も寒い日も❗️






申さんのアピールです。

オモニ

私は朝鮮高級学校の子供をもつ保護者です。

政府が全ての子どもたちのためと高校無償化を実施して9年になります。朝鮮学校のみが今も除外され続けています。地方でも政府への忖度が続き、朝鮮学校は見えない存在にされています。私たちはその結果を受け入れられません。私は歴史的背景から日本に永住権を持つ3世です。


日本国民の3大義務である、教育、勤労、納税を私たちも果たして暮らしています。子ども達は自ら朝鮮学校を選択し通っています。子ども達もこの後、日本社会で働くために今、一生懸命準備中です。子ども達はどんな国籍を持とうと大人たちに守られるべき存在です。この日本ではそれが行われていません。


テレビや選挙演説で子供たちのためという言葉があふれていますが、朝鮮学校の子ども達は見えていません。声を上げないと、このまま何も変わらないという思いでここに立っています。差別はしていない、日本から出ていけと言いますが、差別はしている側が感じるのではなく、されている側が感じるものです。自分たちの子ども達が差別されていると感じています。口を閉ざさず、自分が出来ることことをやっていきたいと思います。















李さんも続いてアピールします。

オモニ

高校と日本の大学に子どもを送っている母親です

今回の火曜行動で何百回を重ねています。皆さんは毎回、ようやるな~と思っているかも知れません。マンネリ化ということではないのです。その日、その日が1回と思って参加しているのです。なんで8年にもなるという、この行動を続けているのか、なんでここまでできるのか。暇で来ているのではありません。仕事をして来て、この後帰っても仕事に行きます。

子ども達のため、民族教育のためです。なんでという疑問からでも耳を傾けてほしいのです。毎回、新しい思いでここに立っています。大阪に暮らしている方たちにちょっとでもいいのでその気持ちを分かってほしいのです。


























オモニ会の皆さんのアピール続いています。

オモニ

ウリハッキョに子どもを送る母親です。

息子はラグビー部です。昨年、朝高は全国大会にでました。日本代表として出場した代表は、技術だけでなく一人の人間として認められていました。国境もなく差別ありません。ラグビーのノーサイドとは試合が終われば、お互いを讃えあい尊重し合うことです。

ラグビーのワールドカップが開催されるこの日本でこんな差別を行っていていいのでしょうか。審査基準にいたらないからという理由ですが、審査基準とは何でしょうか。それ自体を見直すべきだと思います。実際に子ども達の姿を見てください。認め合う社会を目指すべきだと思います。









洪 前会長もアピールです。

オモニ

朝鮮学校にこども2人をやった保護者です

私は1月に国連に代表で行ってきました。新な勧告が出されました。勧告は5回目です。

政府は法的拘束力がないと無視し続けています。しかし今回は朝鮮学校無償化が出来るよう法令を見直してはどうかという踏み込んだ勧告です。吉村知事はご存じですか?


私たちが無理をしても朝鮮学校に通わせているのは、日本の学校では朝鮮の文化・言葉・歴史などを学べないからなのです。


歴史的な経緯を考えても、朝鮮学校に補助金を出してくれるよう、もう一度考えてください。




















高久美さんのご両親、今日も来られました。





アピールです。オモニ会の皆さん。


オモニ

吉村知事、松井市長暑いですよね。気温も35度を超えるので溶けそうに暑いです。

私達、朝鮮学校に通わせているお母さん達のこの熱い思い、熱い闘いは35度の暑さよりずっと熱いんです。35度の暑さよりつらい熱さでもあり、私たちの思いは誰も止められません。

朝鮮学校に通わせるお母さん達は、我が子のためなら一つになり熱くなり、暑さなんかに負けていません。子どもたちの学ぶ権利のため、また来ます。









森本さんもアピールです。

森本さん

ソウルの水曜デモに参加してきました。若い人がどんどんアピールしています。放っておくと自分たちの問題になると。日本から来たというとワーと拍手してくれました。

日本に帰ってくると大丈夫でしたかといわれました。ワーワーと反日で騒いでいると思われている。煽っている政府が問題、政府だけでなく国民も踊らされている。

「不自由展・その後」が中止に追い込まれた。反撃していきたいと思います。







明玉さん!







今日は柴田さんも仲間入りです❗️











凛としたオモニたち❗️











若者たちには負けません^_^










おお!






水分摂ってくださいよ。











ふふふ















朝高生たちがトークリレーです。自分の言葉で❗️

*朝高生

高3です。嬉しいことことがありました。高2になると少学6年生に教えるんですけど、去年は一人だったのが、今年はもう一人来てくれました。

反日的教育をしているのか、実際に来てみて確かめてほしいです。

私は6月24日から1週間程、朝鮮に行ってきました。直接行って学ぶことが沢山ありました。

大阪府も私達の学校に来てみて、確かめて一日も早く無償化と補助金をお願いします。

*朝高生

3年生です。

私はサイサ70周年を迎えるというときの火曜行動に参加することがありました。傘をさしながらデモをしていたら、沢山”帰れ、出ていけ”と叫んでいる人たちがいました。その日の夕方、天王寺でのビラ巻き行動でも、叫びながら邪魔をする人たちがいました。

私は朝鮮人です。ほこりに思っています。朝鮮学校が大好きです。同じ人間なのにどうしてこんな差別をするのか。自分らしく生きる、こんな当たり前のことのために沢山の人が闘っている、この現実はおかしいと思います。

世界でこんなに発展している日本でどうして自分らしく生きられないのでしょう。これからも自分たちのためにも、日本が間違っていることについても考え闘っていきます。決して一人ではない、たくさんの人、友人がいます。

*朝高生

なぜ朝鮮人と堂々と言えるのかといえば、朝鮮学校で学んだからです。植民地解放後、まず最初に私たちに朝鮮語を学ばせようと朝鮮学校を作りました。その朝鮮学校が大好きです。

私は日本で生まれ暮らしています。これからも日本で暮らしていきます。日本と朝鮮がこのままの状態でいいと望みません。国を動かすことは大きなことだと思います。だから大阪府・市というか、そこから分かってほしいという思いです。

*朝高生

3年生です

私は小学校1年生の時から民族教育を受けてきました。良い先生、友人にも出会いかけがえのない学生生活を送れています。でも、それは父母達の愛、先生達の愛、火曜行動など私たちの学ぶ権利を守るため必死で闘ってくれている人があってのことだと高校生になった私は身に染みて感じることが出来ました。

だから私は今、自分たちの問題でありまだ幼い後輩たちの未来を守ることでもあるこの問題にしっかりと向き合い私も学校を守る一心でこの運動の一員で闘っていきたいと思いました。

ー略ー。

私はこの闘いに希望があり勝利があると確信しています。これからも前を向いて、共に頑張っていきましょう。

*朝高生

幼いころからウリハッキョに通っています。学校では機会があるたびに、トンポたちが集まっています。

トンポが集まるためにも学校は必要です。先祖が守ってきた朝鮮学校を私達も守っていきたいです。日本の方も一緒に頑張ってほしいです。









































長崎さんが繋ぎます。

長崎さん

一人ひとりが自分の思いを語ってくれました。
































大村さんのアピールです。

大村さん

8月6日です。広島、長崎では多くの人が被爆しました。その中に朝鮮人が広島で5万人、長崎で2万人いました。

日本の地で被爆しました。日本は加害国なのです。

共和国とは国交がない、経済制裁などで被爆者援護法の適用を受けられず、日本での治療もうけられません。

三菱など徴用して働かせていた、そのことで徴用工の裁判を起こしているのです。日本人はそのことを知らないといけない。8月6日にもう一度考えないといけないと思います。
















炎天下ももろともせず記録を続ける平田さん❗️






オモニたちのアピールとシュプレヒコールと合唱です。



































最後の歌は「勝利のその日まで」❗️





























大阪朝高オモニ会の皆さん❗️






駐輪場での申し送りです。



















府庁内ロビー活動の報告です。










小笠原美津子さんを偲ぶ会が9月7日にアリーナ大阪で行われます。是非ご参加下さいませ。














大阪城公園内を自転車で通り抜けました。来週は火曜日行動お休みです。お間違いのないように、、、

8月の20日おめにかかります^_^







コメント

7月30日、353回目の火曜日行動です。

2019-07-30 18:22:25 | 火曜日






暑い、とにかく暑い❗️頭がふらふらのまま府庁前に向かいました。






今日のレポーターはハルモニ会の陶山さんです。





写真撮影はいつもニコニコ松尾さんです。





大村さんの第一声始まりました。

大村さん

 今日は353回目、朝から熱中症や猛暑といわれていますが、今日も訴えたいことがあってたくさん集まっています。先週子どもたちが来ました。東大阪中級学校から3年生が70人、大阪第4初級学校から高学年20名、子どもたちの訴えを聞かれたことでしょう。


朝鮮学校をつぶさないで、朝鮮の文化や歴史を学び、日本の歴史も地理も学んでいます。マスコミの言うような学校ではありません。同胞社会・日本社会の未来のため、勉強も部活も一生懸命頑張っています。夢があり未来があります。学ぶ権利や夢・未来を奪わないでほしいと話していました。

日本の学校との交流をしたり、ラグビーの試合もします。そこでは本当に分かり合って子どもどうしの中では差別はありません。大人はなぜ差別するのですか?日本社会に貢献するため当たり前のことをしているのに日本政府が差別しています。そんなに僕たちが嫌いなのか。朝鮮人がダメな理由はなんですか?せつせつと訴えました。


 子どもたちの話を聞くと胸がいっぱいになり、胸が痛くなります。なぜこんなことしなければいけないのでしょうか。早く無くなってほしいです。子どもたちは堂々と話しました。朝鮮学校で学んだことを日本社会に生かして、未来に向かって生きていこうとしています。夢をつぶさないでほしい。私たち日本人は、子どもたちの夢を摘み取らない日本社会を築かなければいけないと思います。


ところがどうでしょう。全体の20数%の支持で政権が維持されています。その中でこの朝鮮学校への弾圧が行われています。日本社会を変えていかなければなりません。


おかしなことがおこっています。得票率で政党要件が満たされた党がありました。その中にヘイトスピーチで、徳島県教組を朝鮮学校に寄付をしたとして攻撃した人、ある人は日本にアイヌ民族はいないと言った人も出ていました。その党首は、先日北方領土問題で戦争を容認する発言した人を自分の党に入れると話していました。戦争・朝鮮人差別・アイヌ差別を容認する人が許される、この日本社会はおかしいと思います。日本がまっとうな社会になるためにも朝鮮差別をなくすことが大切です。


今、徴用工の問題から、日本は輸出規制を行っています。経済の問題のようになってきています。韓国がひどい話を持ちかけているというようなひどいマスコミの在り方、政府の在り方を忖度したマスコミによる宣伝、これにより反韓国の嵐がふいています。テレビでは韓国での反日のニュース、民間交流が途絶えたとか、一部のことをどんどん流しています。反朝鮮・反韓国の風潮はおかしいと思います。


日本は1910年に朝鮮半島を植民地にし、どれだけの人を朝鮮半島から日本に徴用したか。政府は、徴用工問題は斡旋・募集できた人たちだ、強制連行ではないと言っているのです。ところが徴用工というのは、1944年に国家総動員法とか徴用令とか出まして、それからのちに強制連行的なもの、夜中に無理やり引っぱり出して連れてきたり、それまででもすべて国がかかわりながら、警察権力を使って徴用してきた、これは事実なのです。

2・3日前ある徴用工の記録というドキュメンタリーがありました。その人はずーっと記録していたわけです。広島の東洋工業で働き、敗戦後、韓国に帰った。その人が連れてこられたのは強制連行そのものです。


そういうことを考えるならば徴用工の問題は、日本の植民地支配、過去清算の問題としてきちんとなされるべき問題です。1965年の日韓請求権協定で解決済みだと言っていますが、これは韓国に対しての5億ドルの無償提供だったわけです。個人請求については、日本政府もその後、否定してないわけです。今の徴用工訴訟については、輸出規制に話を変えて、反韓・反朝鮮を日本の中に起こしている。これは植民地時代に朝鮮人に対してやったことと一緒の空気ではないでしょうか。朝鮮人・韓国人大嫌いと思わせるような、そういった狙いではないでしょうか。


あるかなり有名な若いタレントさんが、韓国行ってきた、韓国の人たちはとっても良かった、とツイッターでつぶやくと、すごいコメントが入ったそうです。恐くて仕方がない。韓国がいい、朝鮮がいいと言うとどういう風に言われるかわからない、そんな雰囲気を今出している。そういう雰囲気を創り出しているのは政府であり行政であると思います。








火曜バンドは不滅です。今日は凄いゲストが来てくれました。







高嶺羽さん。幼稚園から高級学校までウリハッキョで学び今は韓国で伝統民族楽器の研究と演奏活動を行なっています。






まずはチャンセナプで火曜バンドと合わせながら吹いています。






長崎さん、暑い中、出張中の由美子さんの分まで頑張っておられます^_^











































高嶺羽さんを紹介される大村さん。


今日はゲストを紹介します。大阪の朝鮮学校で12年間学ばれました。朝鮮高級学校を卒業し、ソウルに民族伝統音楽の勉強のため留学されています。そして演奏活動をされています高嶺羽さんです。楽器テピョンソを演奏してもらいます。ウリハッキョの後輩のために駆けつけてくださいました。

<アメージングアリラン>












「アメイジング アリラン」











演奏に続いてアピールをする嶺羽さん。

高さん

幼稚園から高校まで15年間、朝鮮学校に通いました。朝鮮半島の音楽・言葉・歴史・文化も学びました。日本で生まれましたが朝鮮人の子孫として、朝鮮半島にルーツを持つ者として生まれました。そんな私が朝鮮半島の文化を学ぶのは当然のことです。

朝鮮学校に通って、堂々と自分が朝鮮人であると胸を張って言えます。

朝鮮学校を卒業した後、朝鮮学校に通わずに日本の学校に通った在日朝鮮人の方々に会う機会がありました。その方たちは、自分が何者なのかと、日本人なのか、朝鮮人なのかと悩む方がとても多かったです。自分が朝鮮人だと胸張って言える、それは朝鮮学校があったからです。朝鮮学校に通ったからです。

朝鮮学校に通ったから、今でも自分自身の文化として、朝鮮の音楽を学んでいます。朝鮮学校に通ったからこそできたことです。

ニュースである人が言いました。日本で生まれたのだから、日本の子どもじゃないかと。日本人として生きればいいではないかと。よく聞きます。

逆に言いたいです。僕らが朝鮮人として朝鮮のことを学ぶ機会があってはならないのかと。朝鮮人として自分のことを知り、朝鮮人であるということを自らが選択して生きていく。そのために朝鮮学校は必要です。朝鮮学校があるためにはたくさんの支援が必要です。朝鮮学校支援、朝鮮高校無償化適用をお願いします。


大村さん


 幼児教育の無償化が行われるということで、朝鮮学校のみ除外されているわけです。

そうすると窓口で、日本の幼稚園に行けば、認可外保育になれば、そんなことが言われるわけです。日本人になれ、同化しろ、と一緒です。

敗戦後74年、植民地化の中で日本人になれ、日本人化しろ、そういったことで行われたものを、敗戦後朝鮮学校を取り戻し、自分の国の言葉・文化・歴史を子どもたちに育んでいこうということでできた朝鮮学校が、ずっとここまで続いていってるのです。


日本の学校に行けばお金はタダでしょう。でもそうではないのです。そして今、日本の学校でどんなことが行われているのか。


極端な話ですが、この大阪市内で、ある小学校、5月8日、児童朝礼で、天皇即位を祝って、神武天皇の話を持ち出して、皇紀何年という、神話に基づいた話を持ち出す、その場で愛国の歌姫といわれるある女性歌手を呼んで、とんでもない歌を歌うのです。「行くぞ日の丸、令和の時代」とか、そういったことが日本の学校で行われているのです。大阪市内の学校で許されているということがおかしいことでしょう。











中大阪地域の皆さん集合です。


































演奏は続きます。






池辺さんが小笠原美津子さんの逝去について報告されて、小笠原先生を偲んで「十三夜」を熱唱されました。

池辺さん


 日朝の友好に長年尽くしてこられた、歌手の小笠原美都子先生が先週の木曜日に亡くなられました。日曜日に告別式を済ませてきました。9月にお別れ会をします。

先生はテイチクレコードのドル箱スターで華やかに活躍されました。


後半は中国から始まって日朝の友好に尽くしてこられました。28回訪朝なさって、音楽家たちをたくさん朝鮮に連れて行ってくださいました。


先生を忍んで「十三夜」を歌います。








オモニ会、ハルモニ会合同のアピール、シュプレヒコール。合唱は「声よ集まれ 歌となれ」❗️




オモニ会

先週英語版のチラシを配ったら、こんなもの読まれへんという人がいて、まだまだ伝えられていないと思いました。何度も何度も訴えていきます。

私も一言「DonotdiscriminateKorianhighschool」
     「朝鮮学校差別しないでください」

歌とシュプレヒコール

・子どもたちの学ぶ権利を保障せよ

・行政が差別するな

・朝鮮学校に高校無償化を適用せよ

・朝鮮学校に補助金を復活せよ

大村さん

城北に新しく赴任した先生は城北の卒業生です。堂々とした先生として子どもたちと頑張っておられました。

先生が言っておられました。どんな苦しい状況の中でもいろんな方々が私たちの学校のためにがんばってくださっている。だから私も母校で頑張れるのだ。子どもたちとともに頑張りたい。と















カナダからの留学生のアピールです、ニョニョが通訳をさせていただきました。

カナダからチェさん

私はカナダで勉強している韓国の留学生です。チェスヒョンといいます。

私は去る1年間、チマチョゴリについて研究してきました。研究の中でわかったことは、日本では今、チマチョゴリが着れないという現実です。なぜ着物は自由に着れるのに、チマチョゴリは着れないのでしょうか。

これは現在だけの問題ではなく植民地時代から受け継がれてきたものです。帝国主義の歴史をつなげてきた日本は、今歴史に対する認識を新たにせねばならないと思います。

朝鮮の子どもたちにとって、朝鮮半島のみならず、この日本は本当に大切な国です。

朝鮮の子どもたちの民族教育権を守ってこそ、日本は世界に誇れる国になると思います。朝鮮の子どもたちの民族教育権を保障してください。






















最後の歌は大村さんの音頭で「勝利のその日まで」❗️





















いつものように駐輪場に集まり申し送りです。




素晴らしい若者たち❗️







高さんの一言





暑い暑い火曜日行動が終わりました。来週も頑張ろうと励まし合い解散しました。



コメント

生まれて初め育てた朝鮮カボチャの実と次女のコンサートだより

2019-07-28 07:43:25 | 日記
5月9日、若い友人の黄さんと久しぶりに恒例のランチを楽しむ日に彼女がカボチャの苗をプレゼントしてくれました。






どんどん葉っぱが増えて行きました。






どんどんツルが伸びてベランダの外に出ました。





一階の屋根まで伸びたところで、写真を見た黄さんが垂らさずに柵に絡ませてと言ったのでその通りにしました。






ついに蕾がつきました。^_^




花が咲きました。






どんどん咲いてはすぼみ咲いてはすぼみました。全て雄バナでした。





タルオルムの公演「中天」を見にいった日、教え子の朴さんが王様カボチャをプレゼントしてくれました。














いろんなものを作り楽しみました。






ベランダでは相変わらず葉っぱが伸びていました。花はやはり雄ばかりでした。








そんな時、教え子の朴さんが山本さんと私を自分の畑に招待してくれました。


三田の近くの山の中です。





こんなにたくさん収穫してお土産にいただいてルンルンで帰ってきました。






家に帰り、栄養分を吸収させました。







しばらくして苗を育て始めて2ヶ月経って初めて牝花が咲いたのです。私はこの時までもこのふっくらしたものが勝手に大きくなると思っていました。






ところがどっこい雄バナが咲いていないため受粉できず、せっかくのチャンスは虚しく通り過ぎて行きました。涙





牝花と雄バナが同時に咲かなければ授粉はできないのです。涙


あるfbチングが牝花と雄バナを同時に咲かす方法があるのになぜ調べなかったのかと言いました。もう後の祭りです。


ところがところがついにその日は来たのです❗️
















遂に牝花と雄バナが同時に咲きました。


チャンス到来❗️





雄バナを摘みました。







花びらを取り除き、花粉だけにして授粉してみました。










二日目、8.5センチ






三日目11センチ、順調です。今日は7月28日、うちの次女のピアノコンサートの日です。






実もなり、コンサートも成功すれば最高の日になることでしょう。


娘がウイーンでのピアノ留学から帰ってから10年目を迎え行われる大切なコンサートです。友人が大勢応援に駆けつけてくれます。本当に嬉しい日です。



10年前ウイーンから帰ってのはじめてのコンサートの時の写真です。





3月31日に行われた春のウリノレコンサートでは17曲も伴奏をしてくれました。





今日のジョイントコンサートを企画し、開催して下さる田淵千代子先生に心から感謝いたします^_^




当日の写真数枚だけ(7月28日)














ありがとうございました^_^





三日目11センチ






四日目、直径14センチになりました。また明日、、、


7月30日のカボチャは16.5センチになりました^_^









コメント

7月23日、352回目の「火曜日行動」です。

2019-07-23 17:46:06 | 火曜日
雨が上がりました。








今日は352回目の「火曜日行動」の日です。







今日のレポーターはハルモニ会の木村さん。




写真撮影は年齢不詳の松尾さんです、今日も協力しあってブログを完成させましょう。





オモニ会の皆さん、そして東大阪中級部の三年生が社会実践活動の一環として全員やってきました。懐かしい顔顔、、、
そうです。2年前、1年間だけ東中で講師をしていた時の一年生がこんなに大きく、立派になってきてくれたのです。涙が出そうになりました。















大村さんの第一声始まりました。

☆大村さん

今日も暑い日になりました。352回というこの数字は早く打ち切りたいものです。
今日は東大阪中級学校と第四初級学校からたくさん来られています。

参院選の投票率は50パーセントを切りました。私たちはそれほど無関心なのか、それとも無関心にさせられているのでしょうか。
選挙が終わったばかりなのに、どの局もお笑いタレントの問題ばかりを延々と流しており、選挙結果の分析は一切ありません。
自民党が圧勝したかのような印象操作がなされていますが、本当にそうでしょうか。

自民党は得票率も議員数も減っています。
新潟では野党の女性候補が勝利しました。
秋田ではイージスアショア配備反対を掲げた女性候補が当選しました。

沖縄では辺野古基地反対を正面から訴えた候補が勝利しました。
また、重度身体障碍者が2人当選し、これが国会、ひいては社会を変えるきっかけになるのではと思います。
選挙結果の数だけ見れば自民が上回っていますが、私は、捨てたものではない、私たち市民がもっと動かねばと思いました。

今年10月から国が幼保無償化に向けて動き出します。そこでも朝鮮学校の幼稚班は除外されています。認可外保育所(ベビーシッターが部屋を借りて運営するようなものをも含む)も無償化の対象なのに。こんな理不尽なことがあっていいのでしょうか。

大阪はG20 で国際化をアピールしました。たしかに、大阪の街中のデパートは外国人観光客でいっぱいです。しかし、本当に多文化共生の社会として万博を成功させたいなら、まずは朝鮮学校への差別をやめるべきです。

それでは東大阪中級学校の学生さんたちのリレートークをお願いします。








火曜バンドは不滅です。

















先週もきてくれた師範科三年生と文学歴史学部2年生です。



































東中の学生たちのリレートークです。




☆3年男子学生

今私達は楽しく学校生活をしています。
しかし、実際は高校無償化の排除で、補助金が国からおりず、自分達は学ぶ権利を奪われています。
私達は日本学校の子達とさほど変わりはありません。ただ国籍が違うだけでなぜ、そんなにも差別を受けなければならないのでしょうか。なぜ、朝鮮学校だけが差別を受けなければならないのでしょうか。

私はこれからも学校で私達の民族を学び、国が私達に差別を続ける限り、戦うことをやめません。1日でも早く、国からの無償化適応をお願いいたします。





☆3年女子学生
「高校無償化」は私立学校、外国人学校、すべてに適応されているのに、朝鮮学校だけが除外されています。朝鮮学校を知らないし、自分には関係ないと思われている日本の方々も多いと思います。
私達の学校は、朝鮮語で授業しますし、朝鮮の歴史や文化も学びます。ですが、日本語の授業もあります。朝鮮学校はマスコミが流すような、そんな学校ではありません。暖かい場所です。朝鮮学校の生徒はそれぞれ個性を持ち、光り輝く同胞社会の未来です。私達はこれから同胞社会の未来のために、勉学に励みます。もちろんクラブ活動や、日本学校との交流、多くの人達に朝鮮学校を知ってもらえるように頑張ります。





☆3年女子学生

学校はいつも楽しくて、充実しています。そんな楽しくて、大好きな私達の学校は今、差別を受けています。補助金から排除され、私の兄が通う大阪朝鮮高級学校は無償化から外されています。一昨年には校舎を移転までしなければなくなりました。こんなに大きな日本が規模の小さい朝鮮学校だけを補助金から排除し、無償化から外すなんて明らかな差別です。気づいていますか?

 私達は生徒である前に、一人の人間です。堂々と生きていきたいんです。でも、過去の歴史や、今この存在さえも無視されつつあります。私達は部活、勉学にも一生懸命励んでいますし、それぞれ夢もあります。これ以上、私達の学ぶ権利、夢、未来を奪わないでください。何度も何度も叫んでいる私達の声に一度でもいいので耳を傾けてください。




☆男子学生
私は今日で小6の時以来2回目の参加となりました。まだ続く差別、永遠に終わろうとしない差別。自分の国の言葉、歴史を学び、歌を歌ったり。これの何がいけないのか。私達は悪い事一つでもしているのか。むしろそんなことをしているのは日本政府の方ではないかとよく思います。

2017年7月28日の勝訴のことは誰も忘れることがありません。しかし、そこから3か月も経たないうちに地方の地裁で敗訴が相次いでしまった。我々学生達は怒りと悔しさを隠し切れません。この感情はあの日本政府は何一つ理解していません。
弾圧に負けないのは朝鮮民族の伝統です。今ここに集結された方々、他の同胞達と力を合わせて必ずこの手で我々の学ぶ権利を勝ち取りましょう。





☆女子学生

大阪府庁の皆さん、私達は在日朝鮮人です。
この言葉を聞くと、話も聞いてくれませんか。胸が痛いです。
私達のことばに耳を傾けてくれないのですか。聞いてください。

私達は今も国からの援助がもらえず学校生活が困難に陥っています。
歴史を知っていますか? 昔、朝鮮人は何もしていないのに、日本は強制連行で私達の先祖を連れて行きました。それなのに日本政府は朝鮮人に対して「国に帰れ」など。
おかしいと思いませんか。でも私はこうして堂々と歴史を語ることができます。

ちゃんと歴史を学んでいるからです! 私のこの言葉が少しでも多くの人達の耳に届いて共感してくれる日を諦めず待っています。

☆女子学生
私は日本で朝鮮人として生まれました。日本人との違いは今学校で習う言葉や歴史や文化だけです。なぜそれが悪いのでしょうか。
私は、今日火曜日行動に参加して思いました。みなさんに良心はないのでしょうか、と。
それとともに、支援してくれる人がこんなにたくさんいることに驚きました。この日本が差別のない社会になるよう、共に頑張りましょう!




☆男子学生

僕は東大阪朝鮮中級学校ラグビー部主将です。わが校のラグビー部はこれまでに近畿大会に2回出場しています。それだけでなく、数多くの大会で優勝しています。それなのに「朝鮮学校だから無償化は適応できない。」本当にそうでしょうか。日本人の中でも僕らを応援してくださる方はたくさんいます。

僕は10年近くラグビーをしてきました。その中で日本学校との交流がたくさんありました。でもその子達は朝鮮学校だからといって差別するなんて一度もありませんでした。なぜ子どもができて、大人ができないのでしょうか。僕達は負けません、何度転んで何度負けようとも、この戦いに勝つまで決して負けません。

☆女子学生
私は火曜日行動に参加するのが今日初めてではありません。小学六年生のころ、日本の人達に頭を下げながらビラを配る同胞達の姿を目の当たりにして驚きを隠せませんでした。私達が朝鮮学校で楽しく勉強している裏で同胞達はこんなにも苦労しているんだと感じた私は心が痛くなりました。ですが、火曜日行動以外でもいろいろ辛い思いをして戦ってくれている同胞達や日本の方々に、日本政府は目もくれません。どうしてまだ差別を続けるのですか? どうして在日朝鮮の未来である朝鮮学校を破滅させようとするのですか? 朝鮮学校は私達にとって無くてはならない唯一の学び舎です。どうか先代達がひどい苦痛に耐え、作ってくれた学校を、私達の夢と希望が詰まったこの学校をこわさないでください。

どんな困難がぶつかってこようが、絶対に負けません。輝かしい未来のために、同胞達、そして協力してくれている日本の方々の愛があふれている学校で一生懸命学ぶことを誓います。








☆女子学生

どれだけ叫べばいいのだろう。火曜日行動が始まって7年。
補助金支給が停止され、高校無償化制度からも除外されています。今も朝鮮学校に対する差別は続いています。
なぜ私達だけが差別されるのでしょうか。毎週火曜日、ここで訴える声は聞こえていますか。

朝鮮学校に訪ねてきたある日本の方が「体育館やプールなど日本学校にあって朝鮮学校にないものはたくさんあるけれど、朝鮮学校にしかないものは、学生同士の助け合いの愛。先生と生徒の信頼の愛。学校への父母と同胞の地域の愛がある。」とおっしゃってくださいました。私はそんな朝鮮学校が大好きで9年間通っていることが誇りです。そんな愛に溢れた自慢の学校を奪わないでください。

私達は今日も朝鮮学校に通い、自分の民族に対して学び続けます。そして大阪府庁前へ向かい、火曜日行動が1日でも早く終わる事を願い叫び続けます。

☆男子学生
今私達在日同胞は一つになり、権利獲得のために戦い続けています。私達の先代達は差別されるたび立ち上がり、私達をまもるため戦い続けてきました。そのたび権利を勝ち取ってきました。何度声が届かなくても、何度心を踏みにじられようとも、私達は先代の意思を継ぎ、何度でも立ち上がり、必ずや差別のない、安心して学べる権利を勝ち取ってみせます。どうか、私達の笑顔を奪わないでください!

僕たちの手で、必ず学ぶ権利を勝ち取ろう!  (全員:勝ち取ろう! 勝ち取ろう!)










大阪第4初級の少年団員たちもやってきました。

☆大村さん

学生たちの声を聴いてくれましたか? 初級学校の時にも来たというという話を聞いて、それだけ長い間やっていることに胸が痛みます。
第四初級学校の生徒たちも来ています。







三人の代表がアピールします。


☆6年女子生徒

 私は大阪朝鮮第4初級学校に通う6年生です。
 私の父は日本人で、母は朝鮮人です。なので私の体には朝鮮人と日本人の血が半分ずつ流れています。そして朝鮮も日本も両方、私にとってはとても大切な国です。
 そんな私が朝鮮学校に通う理由は、話でしか聞いたことのない自分の国、朝鮮についてしっかり学ぶためです。
 でも、朝鮮学校で学ぶのは朝鮮についてだけではありません。日本の小学生と同じように日本語はもちろん、日本の地理や歴史も習います。

 このように小学生ではあるけれど、朝鮮についても日本についても学べる朝鮮学校が私は大好きですし、日本の方々にも、もっと私たちの歴史について、私たち自身について知ってほしいです。
 そのためにも朝鮮学校は必ず必要です。
 私たちの楽しい学校をうばわないでください。

☆6年男子生徒

 ぼくは今6年生です。
 この火曜日行動について昨日僕たちは勉強しました。そこで8年間もこの行動が行われていること、その回数が350回をこえることを知りました。
 8年前といえば、ぼくはまだ3歳です。
 そんな前からずっと火曜日行動が行われていると知り、おどろいたし、毎週朝鮮学校のために集まってくれていることを、とてもありがたいと思いました。

 でも8年間もやっているのにまだ解決してくれないんだとも思いました。
 朝鮮学校を守るため頑張っている人がこんなにたくさんいるのに、いつまでも僕たちのことを大阪府は無視し続けるんですか?
 無視しても僕たちは朝鮮学校を守るため、「差別しないでください」と言い続けます。
 何年たっても、大人になっても朝鮮学校を知ってもらうため頑張るので、朝鮮学校だけに対する差別はもうやめてください。

☆男子生徒

 僕は幼稚園の時から朝鮮学校に通っていますが、日本の学校や学生達と変わらない生活をしています。
 違いがあるとすれば、日本語や日本の文化はもちろんのこと、朝鮮語や朝鮮の文化、歴史も勉強しているということです。でもこれは日本学校に通う小学生が自分の国について学ぶのと同じで、僕たちは僕たちの国の言葉や文化、歴史について学んでいるだけのことです。

 朝鮮人として当たり前の勉強をしているだけです。

 それなのに朝鮮学校に通う僕たちだけ日本政府から差別されるのはなぜですか? そんなに朝鮮人がきらいですか?
 他の国の人々はよくて朝鮮人はだめな理由は何ですか?
 まだまだおさなくてわからないこともありますが、これが差別だということぐらいはっきりわかります。
 僕たちの学校をつぶさないでください。朝鮮人にも温かい手を差し伸べる日本でこれからは暮らしたいです。
 そのためにも、一度、朝鮮学校に通う僕たちの姿を見に来てください。



















大村さんが繋ぎます。

☆大村さん
これから朝鮮学校では夏祭りが行われます。近所の日本人が来て触れ合うと朝鮮学校がどんなところかわかってくれます。ぜひビラの裏の日程を見て、来てください。











高久美さんのご両親今日も来られました。







大阪朝高オモニ会会長のアピールです。

☆オモニ
朝鮮高校と東大阪中級学校に子どもを通わせている保護者です。子どもたちが「私たちの学ぶ権利」と言うと、「日本学校に来て学べばいい」と言われます。しかし、日本学校で何を学ぶというのでしょうか。子どもたちが言っているのは、「朝鮮人としての学ぶ権利」です。
私たちは決して最後まであきらめません。維新の会の皆様、そんなに力があるなら、ぜひ、補助金を再開してください。












オモニ会、ハルモニ会合同でのシュプレヒコール、アピール、合唱「声よ集まれ 歌となれ」












宋さんのアピール

☆オモニ
布施から来ました。私の娘が小6の時にこの行動が始まりました。いまはもう高3です。この7年間、本当につらい思いをしてきました。私たちの子どもも差別と偏見に対して闘ってきました。その娘が進路のことで「お父さんのような朝鮮学校の教師になりたい」と言うようになりました。逆境の中でたくましく育っていることをほこりに思うととともに、一緒に闘っていくことを決意しました。

希望を込めて歌を歌い、シュプレヒコールをおこないます。
 
『声よ集まれ、歌となれ』

・すべての子どもたちに学ぶ権利を保障せよ!
・行政は朝鮮学校を差別するな!

・朝鮮学校に「高校無償化」を適用せよ!
・朝鮮学校に補助金支給を復活せよ!

・朝鮮学校の子どもたちを差別するな!
・みんなの力で豊かな共生社会をつくろう!








































☆大村さん
私たち日本人は支援するというのではなく、この問題を放置していては民主主義社会を築くことはできないという気持ちでいます。勝利するまで闘いたいという気持ちを込めて、『勝利のその日まで』を歌いましょう。


最後の歌は全員で「勝利のその日まで」❗️



































カナダ大学に留学中のチェさんが来てくれました。






いつも溌剌❗️変わりない東中の先生方。






第4初級の校長先生も来られました。



駐輪場での申し送りです。










府庁内、ロピー活動の報告です。


*府庁訪問報告

維新の会と自民党の議員に会って話を聞いてもらいました。
山田けんた氏が納涼祭は必ず来ると言っていたそうです。







奈良からお子さんを東大阪初級に送っておられるオンマです。



第4の生徒たち、挨拶もしっかりできましたね^_^初級部低学年の時、学童保育で一緒に過ごした子どもたちが大きく大きくなって府庁前に来てくれました。






今日は夏休みも近いとあって子どもたちがたくさんきてくれました。嬉しいけど胸がいたいです。1日でも早く火曜行動に終止符を打つため、子どもたちの人権を守り学ぶ権利を必ず勝ち取るため、これからもがんばります。




コメント