<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

苦と楽のどちらか一つだけ

2017年08月09日 18時01分16秒 | Weblog

「なあんだ」        山鳩暮風

上り坂を上り切ると
次は下り坂になっていた
なあんだ
そういうことだったのか

下り坂を下りて
しばらくすると上り坂になる
サイクリングの
ペダルが重くなる
ふうふう息があがる
汗が一挙に噴き出して来る

ここを越すとまた
下りになって
風を切る
さっきまでの汗が
今度は涼しさを演出する

するとそこではじめて
八月の鬼ユリが楽しめる

なあんだ
そういうことだったのか
苦と楽のどちらか一つだけ
ということはなかったんだ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行かなければ出遭えなかった風景 | トップ | 大いなる矛盾と双方格闘している »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事