<おでいげ>においでおいで

たのしくおしゃべり。そう、おしゃべりは楽しいよ。

仏さまの絵

2008年06月30日 22時47分03秒 | Weblog
どうして絵を描かないんだ?

もうすぐきみの終点なんだよ。

うん。わかってるさ。僕は答える。

絵? そう、絵。

なんの絵?

仏さまの絵さ。

そんなものが描けるの?

描けそうにないよ。でも、ね、描き出すと、いきなり描けるようになるんだ。

そんなことがあるの?

あったさ。これまではね。不思議なんだ。

じゃ、描けばいいじゃないか。

うん、いずれね。いずれ。

いずれっていつのこと?

描かなければどうにもしようがないってときが来たら。

絵を描くことがとっても下手な、まるで下手な僕である。

その僕に、仏さまの絵を描かせようとする力が波のように寄せてくる。
コメント

ご無沙汰をしました お久しぶりです

2008年06月25日 14時54分10秒 | Weblog
もう六月も末になってしまいました。すっかりご無沙汰をしました。
みなさんお久しぶりです。

「みなさん!」って呼びかけたって、「みなさん」はいらっしゃるかどうか。
こんなに長くなあんにも書かなかったんだから、
みなさんいい加減に愛想をつかしてしまわれたかもしれません。(その公算大)

ごめんなさいね。

      *

ぼくは相変わらずぐうたらを決め込んでいます。
退職をして七年目に入っています。この間、まったく仕事をしていません。
(ですからもちろん労働の報酬というのもまったくありません。)
よくもまあ、こんなにぐうたらをしておられるもんだと自分でも驚きます。

この頃は朝寝ぐっすり、昼風呂、昼寝とろとろ、夕寝とろろんを覚えてしまいました。

      *

「月々一万円くらいでも収入を得たらどうだ?!」と、ときどき自分に問いかけてみます。
でも、答えはノーです。

ぐうたらをこれだけ味わってしまったのですから、とてもとても、時間の拘束が
必要な労働はできません。

それより貧乏を選び取ります。

着る服ももはや不必要になりました。いままでの古いので十分です。
テニスもゴルフもしません。無能力なので豪勢な遊びもできません。
外に出かけることも滅多にありません。
ほとんどを家の中に閉じこもって過ごしていますが、これが性に合っています。
らくちんです。

      *

梅雨の晴れ間を赤トンボがすいすい飛んでいます。ナツアカネです。
すいすい、すいすいトンボも自由に生きています。
あくせくしないで、すいすいと。これでいいんだなあと思います。
コメント (1)

雑念と妄念と

2008年06月01日 11時28分13秒 | Weblog
ずいぶん、ずいぶん書かなかった。

欲心と煩悩と雑念と妄念にからめとられて、とてもここへ足を運んでくる余裕はなかったのだ。

愚かなことだ。愚かなことだった。

だった、だなんて過去形で表現したが、抜け出しているわけではない。

仏教をなんのために学んできたのか。それがしきりに問われる。

ないがしろ気味に、ろくすっぽに、うろうろしながら学んできたのだ。
だから、いくら歳月を経過してみても、悪態のままなんだ。

爽やかな六月の朝が来ている。我が身が恥じられる。
コメント