Hidenori Nodera 『輝く路の上で』

SHIMANO Racing監督、野寺秀徳のブログ

チャンスをサポートしたい

2018-05-29 23:09:19 | 日記
またしてもブログの更新を怠っておりました。

遠征の連続でバタバタとした生活最高潮です。

そんな中、チームとして大きな目標の一つツアー・オブ・ジャパンが終了しました。

同日終了したグランツール、ジロ・デ・イタリアを制したクリス・フルーム選手も過去このツアー・オブ・ジャパンを走り活躍。

他にも多くのトッププロレーサーに成長した選手が登竜門のように走ってきたこのレースで、総合優勝争いに加わる走りができれば、世界のトップシーンで活躍を意識できる位置に進める、と考えているからこそチームの目標に据えています。

結果としてその位置にはまだ遠いと感じましたが、レースの要所で前を目指しチャレンジを繰り返し心身共に成長しているメンバーの姿を目にし、心を熱くする事ができたレースでありました。


個人的には落ち込む出来事も。

宇都宮ブリッツェンの小野寺選手が転倒トラブル後の追走中に、私の運転する車両と接触し再び転倒。

起き上がり追走を始めましたが、その後レースをリタイアしてしまいました。

落車ダメージの影響は否めない事実と思われます。

状況はどうあれ、私の車両操作次第で未然に防ぐ事が確実に出来た事と思っております。

先にも書きましたがこのレースは選手にとって大きなチャンスを含む重要な場所。

そのチャンスを消してしまい本人、そして彼を支援している全ての方に申し訳ない気持ちが心を支配し、その日のレース中は気が滅入りました。

レース終了後、車両を降りすぐに小野寺選手のもとに謝罪に行きました。

責められて当然の状況ですが、そんな私に一つの不満も述べず対応してくれた彼の優しさに大きく救われる事となりました。

選手は目標、夢に向け厳しい環境を全力で走り抜けています。

チームメイトは当然ですが、ライバル含め全ての選手が後悔なく活動できるよう、私も気を引き締めて活動しなくてはならないと実感したレース期間でもありました。

出来事の前日、偶然宿泊ホテルのフロアが一緒だった彼と少々会話させていただきました。

’オノデライダー‘のTシャツ『量産したら売ってね、オ部分折り曲げて着るから(笑)』と言うと『はい!』と答えてくれた小野寺選手。

こんな話の後で不謹慎に思われるかもしれませんが、イチファンとして本当に欲しくなりました。

すぐにまた、次のレース遠征が開始されます。

選手の努力を全力でサポートできるよう、私も活動してゆきます。


Photo:Satoru Kato
コメント (1)

タイムトライアル強化を目指す

2018-05-07 15:05:16 | 日記

あっという間にゴールデンウィークが終わってしまいました。

皆様、自転車で走りまくられましたでしょうか。

私はというと前回このブログで記載した体調の悪化からの回復がうまくゆかず、連休中数日間は自宅にておとなしくしておりました。

身体を酷使していた時は当然疲れていて当たり前と思って過ごしているので、疲労そのものをたいした事と捉えずに過ごしていましたが、過度な疲労で身体の機能がストップしてしまってからは、回復を狙ってもいつものようなリズムで回復ができず焦りすら感じます。

しかしこの感覚。思い返してみると選手の時も同じように繰り返していたものと同じであることに気が付きました。

春先からペース配分をせずに全開で動き、4月~5月にかけて、大きくなって空気が張りつめた風船が破裂したようにしぼむ感覚。

選手にとって計画を大きく狂わせる「オーバーワーク」。

未だに学習できず繰り返すばかり。

性格だから仕方がないのでしょうね。

と、言うことで開き直った私は「せっかくのゴールデンウィークなのに!」

と、思い立ち休日最終日にロードバイクでライドに出かけました。

だいぶ元気になった気はしますが半月間もほとんど運動もせずになまった身体はやはりうまく動きません。

近所の峠をめざし、同じように休日のライドを楽しむサイクリストの皆様を抜きつ抜かれる何とか大阪と和歌山を隔てる峠の頂上にたどり着きました。

と、峠になにやら普段と違い人がたくさん。

にぎわっております。

気になって速度を落とすと、呼び止められます。

なななんと、「和歌山サイクルプロジェクト」の皆様がサイクリストに向けてGW朝限定でコーヒーをサーヴィスしているとの事。

美味しいコーヒーを飲める喜びはもちろんありますが、それよりも自転車文化を盛り上げようとする皆様の活動が嬉しく、同じサイクリストとして感動すら覚えました。

詳しくは私の前の日に捕獲された湊諒選手のブログに記載されています

色々とお話をさせて頂き、なんだか元気が出てしまった私は思わず峠の向こう側、和歌山方面へ下ってしまい病み上がりにもかかわらず90㎞も走ってしまいました。

結局はヘロヘロになってしまい。

体調若干逆戻り気味。

自転車選手として個人タイムトライアルに苦手意識があったのは、性格的な欠陥があったのかもしれません。

生活パワーデータの解析と維持可能強度。

誰か割り出し方教えて頂けませんでしょうか。

 

 

 

 

コメント (1)

休養と危険サイン?

2018-04-20 09:56:01 | 日記

またしても前回の投稿から1月以上もの期間を開けてしまいました。

本格的にシーズンインし、国内&海外遠征が続く忙しい期間が続いていました。

レースとそれに伴う遠征では大小さまざまな問題に直面しながら、短期間で解決し活動しなくてはいけません。(しなくても時は経過するしそうすることも多いですが(ー_ー))

もちろん私たちだけでなく、どんな現場でも同じと思います。

が、選手の奮闘を目にし、勝手にアドレナリン全開で活動してしまう私は他者以上に無駄に動き回って疲労し、もはやその疲労感が無いと安心できないまでになってしまっているようです。

1月集中した遠征期間が終わり、ほっと息をついたとたん身体に不調が現れ、

お医者様から  『疲れと思います。周囲に無理言ってでも休んでくんないっすか。』 と言われてしまいました。 (『くんないっすか』とは言われていません)

しかしそこはいつもの癖で「あ、自転車乗ってないから体調悪いんだ」と反射的に考えてしまった私は、思わず選手がトレーニングで向かうというこの辺りではかなり難関度が高い激坂峠へ一緒にライド。

最初の3分ほどはよかったのですが、高負荷の運動に身体は悲鳴を上げ意識が遠のいてゆきます。

頂上到着後「監督、大丈夫ですか!顔色が。」とか、「いつもより老けてますよ!」 (あ、そーゆー心配の言葉ね(-_-;)) 

と、遠のく聴力の向こうで選手からの声を聴き、ようやく「お医者様の言う事聞かずにごめんなさい。」と思い直したのです。 結局休めていないのは自分のせいでした。

 



レース遠征を終えた先週末は久しぶりに家族とゆっくり過ごしました。

息子が参加したフラワーアレンジメント体験?眺めたり。

 

 

こちらも彼が、パンケーキを焼いてイチゴとバナナで飾ってくれたり。

久しぶりに心身共に休んだことで自分がいかに疲れているかもわかりました。

2日連続で起きた時には12時間睡眠。

この休養のおかげで記載したように、ここぞとばかりに身体が危険サインを出してくれたのかもしれません。

全力で動くのも良いけど、休養も大切。

トレーニングに向かう選手にはよく口にする内容ですが、選手でなくとも一緒ですよね。

せっかくの良い季節なので、体調管理をしっかりとして楽しまなくてはいけません。

1月前に近所のスーパーで1株30円で売っていたパンジーも元気に咲いています。

 

またすぐ始まる遠征にも全力で向かいます。

 

 

 

コメント (1)

梅林を見に行ってきました🌸

2018-03-10 21:07:39 | 日記


今日はレース前日という事で
まったりオフを楽しみました。

どこかゆっくりくつろげる場所ないかな〜
っと、向かったのは家から自転車で10分程度の
和泉リサイクル環境公園。



って、誰かとかぶってますね。😵

まさか真似したな。

感性が一緒と思われるのもちょっとどうかと思われます。😤

向こうが思っているか?あ、そういえば行ってた大学も一緒だ。焦



とにかく。

花咲き乱れる春がやってきました。

エネルギーに満ちた蕾達が待ちわびたその時を迎えます。



私もスーパーで売っていたパンジーの花4株計120円なんかを買ってみちゃったりなんかしちゃったりして。

春を全力で迎える気持ち満々。

とにかく、よい季節ですね。

コメント (2)

俺が主役だ

2018-03-08 12:25:33 | 日記




てな感じでOKですか。

そんな監督嫌?



背が伸びた感じで嬉しいですはい。

コメント (1)

儀式?

2018-03-07 20:06:26 | 日記

本日PM、チームクラブハウスに出向きエントランスを通過した瞬間から、何やらそこにはいつもと違う気が漂っていました。

空間が圧縮されたような熱気、いや邪気か?

激しくこだまする西洋の歌に混じり悲鳴とも聞こえる荒く激しい息遣い、『いてぇぇぇぇ』とも聞こえる叫び声すら聞こえます。

儀式。

恐る恐る扉を開けるとその先には。





うつ伏せになり身動きできず震えているナ〇ータ選手。

無残にも高い所に吊るしあげられヒラヒラなびいて?いるのはコ〇ーミー選手。

椅子に這いつくばり『いてぇぇぇd』と唸っていたのはヤ〇サー選手ではありませんか。




あまりの光景に私は一瞬声を失い、そして叫んでしまいました。









 

おれにもやらせろぉぉぉ!

と。

 

 

 


↑叫びながら懸垂を行うとある選手


そうです、筋力トレーニングです。

熱気むんむん。

なにもそんなに気合いいっぱいしなくても。。。

が、こんなトレーニングはアドレナリンの放出が物凄く大切なんですよね。

大きな力を瞬間に集約できるかどうかは、気合!に大きく左右されます。

おかげで、見ている私にもアドレナリンが飛び火してうぉぉぉぉぉなんて言いながら懸垂なんかをやってしまいました。

事務作業をこなしに行ったにも関わらず、腕パンパンです。

筋量を増やすことでエネルギーの貯蔵量を増し、刺激により動作に関わる筋の動員数を増やし、身体組織の変化によりエネルギーの発生量を増加する。

持久力が必要なロード競技でも様々なメリットが考えられる筋力トレーニング。

 強くなるための儀式でした。

 

が。


楽しくなりすぎて自転車進まなくなるまでマッチョになりすぎない事を期待。

 

コメント

マクドちょーらい?

2018-02-28 17:56:14 | 日記

捲土重来

新人ナカータ選手のブログタイトルです。

『まくどちょーらい』

と、読んでしまった私。

体調不良でレースへの参加も見合わせているこの時にどこか軽いトーンで自転車選手が食べたいけどあまり食べてはいけなさそうな食べ物代表『ハンバーガー』を求めるような言葉をブログタイトルに掲げるとは何たる大物さすがレース歴2年の秘密兵器にして大型新人ナカータ。オーマイ。

と、ちょっと思ってみたのですが、そんな事無さそうなので調べてみたらやはりそんな事無かったでようです。

正 『けんどちょうらい』

どうやら盛り返し頑張る決意を表すタイトルらしい。

デビュー戦に出走しなかったのは秘密兵器だからなのではないか!?との噂も流れているようですが、流れてない?

面倒くさいのでそういう事にしておきます。笑




とにかく、2週間にわたり沖縄へキャンプ~レースへ遠征に出ていましたが、ようやく帰阪しました。

今回、私もチャンスがあれば頻繁にバイクに乗っていたのですが、そのうち何度かは選手のトレーニングへ部分的に参加したものでした。

選手が行う走行のスピードは私一人でのライドでは到底再現できない領域ですが、彼らの切り裂く空気の後ろに入る事で同じように走行できます。

合宿最終日にはチームエース、入部選手の後ろにつかせてもらい数十分間の高速巡航走行。

走路はアップダウンの連続で身体にかかる負荷は高いながらも、彼のスムーズで無駄のない走りに助けられなんとかフォローを続けます。

最後には数分の上り坂。

ここまで数十分間食らいついた私ですが、最後の坂も苦しみがピークに達しながらも何とか離れずに走行。

帰ってパワーデータを見てみると、自分のデータを扱い始めたここ1年半で最も高い出力値が出ているではありませんか!

自分の体力の向上が見て取れるパワー計測機器は、気持ちの高揚に繋がりトレーニングやエクササイズの意味を大きくしてくれますね。

 

そういえば、この合宿、チームに大きな前進がありました。

選手の間で、パワーデータの管理がムーブメントをおこしたのです!

見てください。

夜選手の部屋に入ってみるとデータ管理の勉強会が始まっているではありませんか!

何をいまさら。

と、思われるかもしれませんが、普段データを利用してトレーニングしている選手でも、PCで管理する事は中々手間なような気がしてやらない選手も多いのです。

パワーデータは無くても、気持ちの強さや勘の良さで強くなる事はできます。

その方が面白いと思う人もいるかもしれませんし、私もそう考えていました。

しかし、データと向き合う事でトレーニングや目標に向き合い、活動の意味を深める事が比較的容易に出来るような気がします。

選手としてだけでなく、今後彼らが何らかの形で自転車に携わるときにも、経験は大いに役立つに違いありません。

自転車の上で過ごす時間が多いロード選手は、出力、心拍、だけでなく、場所、ルート、気温といったデータをのまま日記のように見返す事も出来ます。

私は現役時代には、たまに日記を書いていた程度で多くを記録していないので、彼らの環境はうらやましく思います。

シマノレーシング選手は「FC-R9100-P」とガーミンコンピューターを利用しています。

高価なものですが、価値はとても高いと感じています。皆さまもいかがでしょ?と宣伝してみる。

厳しい合宿ではトレーナーからボディーケアをしてもらいます。

写真は筋の張りをとるために針治療を施す小山選手。

『ハムストリングに針15本』こんなデータも自動で記録できる時代ももうすぐでしょうか。なんか嫌な気もしますが。

写真は最後のトレーニングを終え、沖縄の陶磁器を求めてさまよい歩く鳴島マッサー&秋田選手&湊選手。

 

コメント

強化合宿

2018-02-19 08:02:36 | 日記
強化合宿のため沖縄県恩納村に滞在しています。

もちろん私は選手の活動をサポートするスタッフとして帯同しているのですが、チャンスを見つけて選手の後ろでライドを行う事もあります。

そうする事で、私自身現役選手として行っていたことを思い出し、現在チームが行なっているトレーニングの中身をより理解できると考えています。

が、最も強く再認識させられたことは「シンドイ」と言う事実。1日、2日行う運動はキツイながらもタノシイのですが、3日も続けると身体のあちこちがこわ張り、気分も落ちるほど体調が低下する感覚に陥ります。

追随する車から選手を見ているだけだと「もっと早く走れるのでは?」と言う思いが先立ちますが、今はより回復の重要性を考えることができ「休まなあかーん!」と言う思いが強まります。

もちろん、選手は若く回復も早いし疲労を重ねてゆく事も重要な経験となるのでその加減は非常に難しいものです。



連日のトレーニングに疲労を隠せない湊選手、たまらず補給場所の芝生に寝転びます。


その光景を物珍しそうに撮影する黒枝選手と横山選手の同級生コンビ。



が羨ましくなって自分たちも寝てしまう彼らと小山選手。


毎日厳しく充実した強化期間を過ごしています。





滞在先は
「沖縄かりゆしビーチリゾート&・オーシャンスパ」様

初日には歓迎もしていただき、最高の環境で合宿を行っております。


コメント

景色の力

2018-02-02 21:19:35 | 日記

現在チームは鹿児島県指宿市にて合宿を行っております。

温暖なこの地はもう菜の花が見ごろ、町のいたるところに咲き乱れております。

今日も早朝から動き続けておりましたが、宿に帰り「少しでも」と自転車に乗って出かけました。

夕日に照らされ、むせかえるほどの春の香りを放つ菜の花の中に立つと、ストレスは消え疲れも癒されるような気がします。

選手時代はつらい時もありましたが、今の私にとって自転車は主にリラックスの道具なのかもしれません。

あまり乗れる時間も少ないですが、これからも少しでも時間を見つけて走らせたいと思います。

昨日は深夜に近い時間帯に山の有料道路(自転車通行OK)に出かけてしまい、料金所のおじさまも少々驚いていました。

が、応援もしてもらえて、そんな場所でも人と接することもできる自転車はやはり素晴らしい道具だと感じたのです。

写真は錦江湾を照らすお月様。。。

って、結構な頻度で乗れているではないか、と。

私事ながら今気が付きました。笑

 

コメント (2)

I31の日

2018-01-31 23:25:17 | 日記

チームキャンプのために鹿児島に来ています。

今日は合宿地となる、指宿市役所の皆様に激励会を開催して頂きました。


↑すでに激励会は終わり、地元特産品について美味しい食べ方をうかがっています。

温暖で走行環境も良く、景色や温泉等、選手のストレスを和らげることができる場所であるため、ここ数年は毎年シーズン前の合宿地とさせて頂いているのですが、地元の方々の歓迎のおかげでさらに気持ちが高ぶり、充実したトレーニングが行えております。

有難い限りです。

ついにプレシーズンが始まり遠征で家を空けることの多い生活が始まりました。

この合宿に入ってからも連日慌ただしい時間が朝から晩まで続いており、すっかり忘れてしまっておりましたが今日、1月31日は「愛妻の日」となっているようですね。

家庭で何かイベントがあっても中々参加することすらできず、妻にはいつも心配と迷惑ばかりかけております。

仕事なので仕方がない、とつい考えてしまうのですが、ありがたいことに私にとって今の活動は幼少時代からの遊び、憧れ、夢の延長上にあるものです。

そんな現場に集中して居られることは、何よりもまず奥様の支えがあっての事。

何もできないけど感謝しています。

写真は昨年、奥多摩へ山登りに行った時のもの。

この地へ行く用事の合間に少しでも2人でできる事として、真夏の山を歩きました。

時間を見つけるとすぐに一人で自転車で出かけて行ってしまう。

そんな典型的自転車乗りな私ではありますが、今後もスケジュールの合間を見つけて、夫婦で過ごす時間を作りたいですね。

あ、2人で自転車で競えば良いのか!?NICEアイデア。

やっぱだめか?

 

コメント