REPORT

SHIMANO Racingの活動をブログで紹介します。

[Schedule] 2016シーズンも残り僅か

2016年09月28日 | レース・イベント情報

2016シーズンも残りわずかとなってまいりました。
引き続き、シマノレーシングへの声援よろしくお願いいたします。

スケジュール
10/9   JPT 輪島ロードレース (第50回 JBCF 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ)
10/15  JPT 南魚沼ロード&タイムトライアル
10/16  JPT 東日本ロードクラシック 南魚沼大会
11/29 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム
10/29 JPT おおいた いこいの道クリテリウム
10/30  JPT おおいたサイクルロードレース
11/13  UCI ツール・ド・おきなわ


この記事をはてなブックマークに追加

[Report]JPTまえばし2連戦、クリテリウムにて入部キャプテンが勝利!

2016年09月26日 | レースリポート


初開催となるJプロツアーまえばしクリテリウム&まえばし赤城山ヒルクライムにに参加し、入部正太朗選手がクリテリウムにて勝利し、チームに今季Jプロツアー初勝利をもらたせてくれました。

2日目のヒルクライムでは湊諒選手が4位に食い込み、クライマーとしての才能を見せました。

JPTまえばしクリテリウム
開催日:2016年9月24日(土)
開催地:群⾺県庁、前橋市役所周辺 特設周回コース(公道周回3.5㎞コース)
     ■群⾺県前橋市大手町2丁目12番1号
         P1決勝14:20- 35km(3.5㎞×10Laps)

市街地を走るスピーディーなクリテリウム、逃げ切りは難しいとの前予想があったものの、勝利への強い思いを秘めていた入部はレース中盤にオスカルプジョル選手(チームUKYO)と共に集団から抜け出します。

後続ではスプリント勝負をもくろむチームがコントロールしたものの、入部&プジョル選手の刻むハイペースに差は詰まりません。中盤には木村圭佑選手が中村龍太郎選手(イナーメ信濃山形)と共にアタック、この動きも大集団のペースを乱し逃げを援護します。

木村ら2名は集団に戻りますが、入部らの逃げは続き残り一周、宇都宮ブリッツエンの追撃でタイム差は削られましたが2名はその差を守りきりゴールへ。
スプリント力に勝る入部正太朗キャプテンが見事先着しました。

『プジョル選手が強かったおかげで逃げ切れました。自分としては絶対勝つつもりで走っていたので、プジョル選手の力を利用させてもらう形です。前日に勝つための方法を考え、各チームの状況を見据えたうえで、理想と考えた展開に持ち込む事ができました。』

シクロワイアードのレース記事↓
http://www.cyclowired.jp/news/node/212246

入部正太朗選手のブログ↓
http://blog.goo.ne.jp/iribeshotaro/e/f84a6d7ba468dfb582190bdce9154886


▲入部正太朗が勝利 photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/


▲ポディウムに上がる入部正太朗 photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/


All photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/


JPTまえばし赤城山ヒルクライム
開催日:2016年9月25日(日) 
開催地:前橋合同庁舎エリアから⾚城⼭総合観光案内所までの特設コース

     全⻑20.8Km(標高差1313m、平均勾配6.4%、最⼤勾配9.4%)
     ■スタート地点群⾺県前橋市上細井町2142-1
     ■ゴール地点群⾺県前橋市富⼠⾒町⾚城⼭1-14

名峰赤城山の登りに挑むこのヒルクライム。平均購買は6.4%と決してきつくはないものの、20㎞続く登りは真のクライマーでなければ戦う事ができません。
今シーズン、ヒルクライムレースで結果を残せていないシマノレーシングには厳しい戦いになることが予想されました。
レースは序盤からアタックが繰り返されるもの集団は大きなまま進行、終盤20名以下に絞られた集団にシマノレーシングから木村圭佑、湊諒、西村大輝が残ります。

終盤、本命であるオスカル・プジョル選手(チームUKYO)のアタックを皮切りにばらけた集団ですが、最終局面で追い上げを見せた湊諒選手が4位でゴール。
クライマーとして期待される湊諒が才能の片鱗を見せる走りを披露しました。

シクロワイアードのレース記事↓
http://www.cyclowired.jp/news/node/212279

湊諒選手のブログ↓
http://blog.goo.ne.jp/ryo-minato/e/79f9bd968c1318684f2b5553ee063a05


▲4位でゴールした湊諒選手 photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/


All photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

[Next Race]まえばしクリテリウム&まえばし赤城山ヒルクライム

2016年09月21日 | レース・イベント情報

JPTまえばしクリテリウム
開催日:2016年9月24日(土)
開催地:群⾺県庁、前橋市役所周辺 特設周回コース(公道周回3.5㎞コース)
     ■群⾺県前橋市大手町2丁目12番1号
         P1決勝14:20- 35km(3.5㎞×10Laps)

JPTまえばし赤城山ヒルクライム
開催日:2016年9月25日(日) 
開催地:前橋合同庁舎エリアから⾚城⼭総合観光案内所までの特設コース

     全⻑20.8Km(標高差1313m、平均勾配6.4%、最⼤勾配9.4%)
     ■スタート地点群⾺県前橋市上細井町2142-1
     ■ゴール地点群⾺県前橋市富⼠⾒町⾚城⼭1-14

出場選手:入部正太朗・木村圭佑・秋丸湧哉・湊諒・西村大輝・小橋勇利・小山貴大

初開催となる前橋市でのJプロツアー2連戦に参加します。
1日目は群馬県庁付近にて行われるクリテリウムレース、2日目は名峰、赤城山を利用したヒルクライムレースとなります。

JBCF公式ページ↓

http://www.jbcf.or.jp/


 


この記事をはてなブックマークに追加

[Report]U23ネイションズカップ大会夏季遠征から3選手が帰国

2016年09月14日 | レースリポート

  
UCI U23ネイションズカップ大会夏季遠征 日本選手団の一員として参加していた秋田拓磨、小橋勇利、横山航太が全てのスケジュールを終え帰国しました。

23歳以下カテゴリー世界最高峰の戦いに挑んだ日本ナショナルチームでしたが、ハードレースに苦戦を強いられる場面が多くあったようです。
彼らのチャレンジの様子は下記リンク(JCF公式HP)をご覧ください。

7月26日 TROFEO ALMAR (ITA) UCI 1.Ncup 180km
http://jcf.or.jp/?p=45310


8月20~27日 TOUR DE L’AVENIR (フランス / UCI 2.Ncup)
第1ステージ137.7㎞
http://jcf.or.jp/?p=51243

第2ステージ 156.6㎞
http://jcf.or.jp/?p=51304

第3ステージ
http://jcf.or.jp/?p=51310

第4ステージ 16.5㎞ 個人タイムトライアル
http://jcf.or.jp/?p=51319

第5ステージ 97.8㎞(中級山岳ステージ)
http://jcf.or.jp/?p=51331

第6ステージ122.9㎞(山岳ステージ)
http://jcf.or.jp/?p=51340

第7ステージ 120.4㎞(山岳ステージ)
http://jcf.or.jp/?p=51391

 

9月1日~4日 VOLTA CICLISTA VALENCIA(スペイン)クラス2.12.1

第1ステージ 117㎞ 中級山岳ステージ
http://jcf.or.jp/?p=51570#more-51570

第2ステージ140㎞(山岳ステージ)
http://jcf.or.jp/?p=51629

第3ステージ 130㎞
http://jcf.or.jp/?p=51644#more-51644

第4ステージ(最終ステージ) 121.5㎞
http://jcf.or.jp/?p=51679#more-51679


9月9~11日VUELTA A CANTABRIA(スペイン)
第1ステージ 144.3㎞
http://jcf.or.jp/?p=51989

第2ステージ148km
http://jcf.or.jp/?p=51992

第3ステージ920m個人タイムトライアル(ヒルクライム)
http://jcf.or.jp/?p=52021


この記事をはてなブックマークに追加

[Report]ツール・ド・北海道2016 第4(最終)ステージ

2016年09月05日 | レースリポート

ツール・ド・北海道2016 第4ステージ

◇STAGE 4 倶知安町ヒラフスキー場前-札幌市真駒内公園 219Km ロードレース 9/3(土)9:30スタート

ツール・ド・北海道2016最終日となる第4ステージは219㎞の長丁場。
スタート直後から峠を越え、中盤はな長い登り基調の緩斜面、レース終盤に支笏湖からの峠が待ち構える厳しいコースレイアウトです。
昨日までに成果を挙げてられずにいるシマノレーシングは、なんとしても逃げグループに選手を送り込み結果につなげる必要がありました。
最初の山岳コースを越え、集団に隙がうまれた場面でこの日強い意志を持ちスタートした木村圭祐がアタック、これに同調した選手5名の逃げ集団が出来ます。
この中には総合成績で1分4秒遅れの那須ブラーゼンの吉岡選手が入り逆転が可能な状況となります。

レースリーダー増田選手(宇都宮ブリッツエン)含む追走大集団はこの差を利用しながらの攻防が始まりました。
最大10分に開いた差はゴールに向け徐々に縮小してゆきます。しかし、前を行く5名の意思は統一され追走グループも思うようにタイムを詰める事が出来ません。
最後の頂上を越えなお差は1分、後続集団も疲弊しており逃げ切りが見えてきました。
先頭では多少の牽制も入りますが、逆転を狙う吉岡選手の牽引もありペースは大きく崩れず、逃げ切りが決まりゴールスプリントとなります。
ステージ優勝を狙った木村圭祐がスプリントを開始しますが、向かい風に阻まれスピードは伸びずステージ4位にとどまりました。

願ったような大きな成果を得ることができなかったレースでしたが、木村選手を中心に見せた連日のチャレンジはさらなる可能性を見せ、今後の活動に向けたチームの士気を高めてくれました。

▼シクロワイヤードの記事
http://www.cyclowired.jp/news/node/210255


▲スタート直後、湊諒がBSアンカーの選手とアタック、主導権を握りに行く


▲木村圭祐が集団からアタック、追走の動きを振り切り逃げを成功させた、この攻防で5名の逃げグループが形成される


▲逃げ切る5名


▲逃げ切った木村含む5名でのゴール勝負、木村は4位

ALL photo:Hideaki Takagi (http://www.cyclowired.jp/


◇STAGE 4 倶知安町ヒラフスキー場前-札幌市真駒内公園 219Km ロードレース 9/3(土)
第4ステージ競技結果
○区間順位
1位 5:33'44" 144 モートン ラクラン デイヴィッド JBC-USA/ジェリーベリー P/B MAXXIS
2位 5:33'44" 21 トリビオ ホセ ヴィセンテ(MTR) TORIBIO ALCOLEA Jose Vicente
3位 5:33'44" 35 西薗 良太 BGT-JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
4位 5:33'44" 42 木村 圭佑 SMN-JPN/シマノレーシングチーム
5位 5:33'47" 121 吉岡 直哉 NAS-JPN/那須ブラーゼン
6位 5:34'18" 1 スタキオッティ リカルド NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
7位 5:34'18" 15 アベラストゥリ イザガ ジョン(UKO) ABERASTURI IZAGA Jon
8位 5:34'18" 23 佐野 淳哉 MTR-JPN/マトリクスパワータグ
9位 5:34'18" 4 デネグリ ピエールパオロ NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
10位 5:34'18" 34 鈴木 龍 BGT-JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
11位 5:34'18" 133 岡本 隼 NIH-JPN/日本大学
12位 5:34'18" 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
13位 5:34'18" 141 ブライコ アレクサンダー JBC-USA/ジェリーベリーP/B MAXXIS
 14位 5:34'18" 172 フィーリー ダラ SPI-IRL/SPIN 11 ダブリン
15位 5:34'18" 14 プラデス ベンジャミン UKO-JPN/チーム右京

○個人総合順位
1位 12:50'23" 72 増田 成幸 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
2位 12:50'50" 4 デネグリ ピエール パオロ NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
3位 12:50'50" 62 ガルシア アンブロア リカルド KIN-JPN/キナンサイクリングチーム
4位 12:50'52" 53 中根 英登 AIS-JPN/愛三工業レーシングチーム
5位 12:50'53" 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
6位 12:50'53" 121 吉岡 直哉 NAS-JPN/那須ブラーゼン
7位 12:50'56" 61 クロフォード ジャイ KIN-JPN/キナンサイクリングチーム
8位 12:50'58" 14 プラデス ベンジャミン UKO-JPN/チーム右京
9位 12:51'03" 73 鈴木 譲 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
10位 12:51'08" 31 ルバ トマ BGT-JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム

○ポイント総合
1位 39pts(7pts) 4 デネグリ ピエール パオロ NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
2位 32pts(10pts) 1 スタキオッティ リカルド NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
3位 28pts(4pts) 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
※(pts):第4ステージ取得ポイント

○山岳賞総合
1位 24pts(8pts) 72 増田 成幸 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
2位 20pts(10pts) 141 ブライコ アレクサンダー JBC-USA/ジェリーベリーP/B MAXXIS
3位 17pts(6pts) 31 ルバ トマ BGT-JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
※(pts):第4ステージ取得ポイント

○チーム総合
1位 38:39'38"(16:42'20") BGT-JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
3位 38:39'43"(16:42'54") VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
2位 38:42'17"(16:45'53") KIN-JPN/キナンサイクリングチーム
※():第4ステージ時間

○チーム総合U26
1位 38:54'40"(16:50'54") VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
2位 38:59'29"(16:48'48") SMN-JPN/シマノレーシングチーム
3位 39:04'11"(16:54'02") KYS-JPN/京都産業大学
※():第4ステージ時間
 


この記事をはてなブックマークに追加

[Report]ツール・ド・北海道2016 第3ステージ

2016年09月02日 | レースリポート

ツール・ド・北海道2016 第3ステージ

◇STAGE 3 倶知安町ヒラフスキー場前-倶知安町ヒラフスキー場前 180Km ロードレース 9/2(金)9:30スタート

ツール・ド・北海道2日目、第3ステージが行われ大集団で突入した登坂スプリントを制覇したピエールパオロ・デネグリ選手(NIPPOヴィーニファンティーニ)がステージ優勝。シマノレーシングは何としても逃げに選手を送り込む作戦で臨み、木村選手が前半の逃げ集団でレースをリードする場面も作りましたが、結果に常げることができず。悔しい結果となりました。

明日の最終日にすべてをかけて挑みます。

▼シクロワイヤードの記事
http://www.cyclowired.jp/news/node/210166

ALL photo:Hideaki Takagi (http://www.cyclowired.jp/)

◇STAGE 3 倶知安町ヒラフスキー場前-倶知安町ヒラフスキー場前 180Km ロードレース 9/2(金)  

○区間順位
1位 4:34'42" 4 デネグリ ピエール パオロ NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
2位 4:34'42" 62 ガルシア アンブロア リカルド KIN-JPN/キナンサイクリングチーム
3位 4:34'42" 53 中根 英登 AIS-JPN/愛三工業レーシングチーム
4位 4:34'42" 1 スタキオッティ リカルド NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
5位 4:34'42" 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
6位 4:34'42" 61 クロフォード ジャイ KIN-JPN/キナンサイクリングチーム
7位 4:34'42" 133 岡本 隼 NIH-JPN/日本大学
8位 4:34'47" 14 プラデス ベンジャミン UKO-JPN/チーム右京
9位 4:34'49" 31 ルバ トマ BGT-JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
10位 4:34'51" 73 鈴木 譲 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン

○個人総合順位
1位 7:16'05" 72 MASUDA Nariyuki/増田 成幸 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
2位 7:16'32" 4 デネグリ ピエール パオロ NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
3位 7:16'32" 62 ガルシア アンブロア リカルド KIN-JPN/キナンサイクリングチーム
4位 7:16'34" 53 中根 英登 AIS-JPN/愛三工業レーシングチーム
5位 7:16'35" 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
6位 7:16'38" 61 クロフォード ジャイ KIN-JPN/キナンサイクリングチーム
7位 7:16'40" 14 プラデス ベンジャミン UKO-JPN/チーム右京
8位 7:16'45" 73 鈴木 譲 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
9位 7:16'50" 31 ルバ トマ BGT-JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
10位 7:16'55" 161 パディラッティ マッテオ VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ

○ポイント賞
1位 32pts(25pts) 4 デネグリ ピエール パオロ NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
2位 24pts(12pts) 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
3位 22pts(14pts) 1 スタキオッティ リカルド NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
※(pts):第3ステージ取得ポイント

○山岳賞
1位 16pts(2pts) 72 増田 成幸 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
2位 11pts(1pts) 31 ルバ トマ BGT-JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
3位 10pts(10pts) 141 ブライコ アレクサンダー STG-AUS/ジェリーベリーP/B MAXXIS
 ※(pts):第3ステージ取得ポイント

○チーム
1位 21:55'55"(13:44'50") BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
2位 21:56'24"(13:44'37") KIN-JPN/キナンサイクリングチーム
3位 21:56'49"(13:45'00") VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
※():第3ステージ時間

○チーム総合U26
1位 22:03'46"(13:45'47") VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
2位 22:04'17"(13:46'17") NAS-JPN/那須ブラーゼン
3位 22:09'46"(13:45'09") KAN-JPN/鹿屋体育大学
※():第3ステージ時間
 


この記事をはてなブックマークに追加

[Report]ツール・ド・北海道2016 第1&第2ステージ

2016年09月02日 | レースリポート

ツール・ド・北海道2016 第1&第2ステージ

◇STAGE 1 札幌市豊平川河川敷地 1.0Km 個人タイムトライアル 9/1(木)8:30第1走者スタート
◇STAGE 2 札幌市アパホテル&リゾート札幌-倶知安町公民館手前 111Km ロードレース 9/1(木)13:00スタート

ツール・ド・北海道が開幕し2つのステージをこなす初日が終了しました。

第1ステージは1㎞の個人タイムトライアル。河川敷のサイクリングロードを一方向に走るスピードレースで行われました。シマノレーシングは入部正太朗選手の27位が最高位。ステージ優勝はただ一人1分14秒台で走りぬいたチームUKYOのジョン・アベラストゥリ選手となり、今大会初のリーダージャージ着用者となりました。

小橋 木村 西村 入部

第2ステージは大小3つの峠をこなす111㎞。レースはスタートからアタック合戦が続き最初の峠で10数名が抜け出します。ここに木村選手らが合流を狙いますが頂上までに追いつけずスピーディーな下り区間に突入。下りきりで決定的な差が付き、後続集団は追うことができません。2つ目の峠でアタックした宇都宮ブリッツエンの増田選手が一気に1分半の差を築き、独走を開始します。追走は14名、ここに選手を送り込めていないシマノレーシングは後続大集団の先頭でペースアップを試みますが差を詰め切ることはできず。見事ゴールまで逃げ切った増田選手から6分以上の差を失ってしまいました。

▼シクロワイヤードの記事
http://www.cyclowired.jp/news/node/210065

▼リザルト(大会公式ホームページより転載)
**********************
◇STAGE 1 札幌市豊平川河川敷地 1.0Km 個人タイムトライアル 9/1(木) 
 ○区間順位
1位 1'14"16 15 アベラストゥリ イザカジョン UKO-JPN/チーム右京
2位 1'15"03 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
3位 1'15"08 1 スタキオッティ リカルド NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
4位 1'16"56 25 吉田 隼人 MTR-JPN/マトリクスパワータグ
5位 1'17"08 23 佐野 淳哉 MTR-JPN/マトリクスパワータグ
6位 1'17"20 34 鈴木 龍 BGT-JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
7位 1'17"46 55 原田 裕成 AIS-JPN/愛三工業レーシングチーム
8位 1'17"63 83 黒枝 咲哉 KAN-JPN/鹿屋体育大学
9位 1'17"84 74 大久保 陣 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
10位 1'18"23 71 阿部嵩之 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン

○個人総合順位
1位 1'14 15 アベラストゥリ イザカジョン UKO-JPN/チーム右京
2位 1'15 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
3位 1'15 1 スタキオッティ リカルド NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
4位 1'16 25 吉田 隼人 MTR-JPN/マトリクスパワータグ
5位 1'17 23 佐野 淳哉 MTR-JPN/マトリクスパワータグ

○ポイント総合
1位 10pts 155 アベラストゥリ イザカジョン UKO-JPN/チーム右京
2位 9pts 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
3位 8pts 1 スタキオッティ リカルド NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ

○チーム総合
1位 0:03'50" UKO-JPN/チーム右京
2位 0:03'54" BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
3位 0:03'54" KIN-JPN/キナンサイクリングチーム

○チーム総合U26
1位 0:03'57" NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニ ファンティーニ
2位 0:04'01" SPI-IRL/SPIN 11 ダブリン
3位 0:04'02" KAN-JPN/鹿屋体育大学

**********************
◇STAGE 2 札幌市アパホテル&リゾート札幌-倶知安町公民館手前 111Km ロードレース 9/1(木)  
 
○区間順位
1位 2:39'56" 72 増田 成幸 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
2位 2:40'38" 32 モニエ ダミアン BGT-JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
3位 2:40'38" 73 鈴木 譲 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
4位 2:40'38" 4 デネグリ ピエール パオロ NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
5位 2:40'38" 22 フェルナンデス カサソラ アイラン MTR-JPN/マトリクスパワータグ
6位 2:40'38" 121 吉岡 直哉 NAS-JPN/那須ブラーゼン
7位 2:40'38" 53 中根 英登 AIS-JPN/愛三工業レーシングチーム
8位 2:40'38" 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
9位 2:40'38" 14 プラデス ベンジャミン UKO-JPN/チーム右京
10位 2:40'38" 61 クロフォード ジャイ KIN-JPN/キナンサイクリングチーム

個人総合順位
1位 2:41'09" 72 MASUDA Nariyuki/増田 成幸 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
2位 2:41'53" 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
3位 2:41'53" 14 プラデス ベンジャミン UKO-JPN/チーム右京
4位 2:41'54" 73 鈴木 譲 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
5位 2:41'56" 53 中根 英登 AIS-JPN/愛三工業レーシングチーム

○ポイント総合
1位 12pts(3pts) 165 ティエリー シリル VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
2位 11pts(11pts) 73 鈴木 譲 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
3位 10pts(10pts) 72 増田 成幸 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
※(pts):第2ステージ取得ポイント

○山岳賞総合
1位 14pts(14pts) 72 増田 成幸 BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
2位 10pts(10pts) 31 ルバ トマ BGT-JPN/ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
3位 6pts(6pts) 152 ボネロ ダニエル STG-AUS/セントジョージメリダサイクリングチーム
※(pts):第2ステージ取得ポイント

○チーム総合
1位 8:11'05"(8:07'11") BLZ-JPN/宇都宮ブリッツェン
2位 8:11'47"(8:07'53") マトリックス・パワータグ
3位 8:11'49"(8:07'53") チーム右京
※():第2ステージ時間


○チーム総合U26
1位 8:17'59"(8:13'52") VCM-SUI/ヴェロクラブメンドリシオ
2位 8:18'00"(8:13'52") NAS-JPN/那須ブラーゼン
3位 8:23'48"(8:19'51") NIP-ITA/NIPPO-ヴィーニファンティーニ
※():第2ステージ時間

**********************

ALL photo:Hideaki Takagi (http://www.cyclowired.jp/)

この記事をはてなブックマークに追加

[Next Race]ツール・ド・北海道2016

2016年08月30日 | レース・イベント情報

北の大地を駆ける、『ツール・ド・北海道』が今年も開催されます。
UCIカテゴリー2.2に位置するこの国際ステージレースは今年で30回目を数える伝統の大会。
国内外の強豪チームが総合優勝をかけ北海道に上陸します。

【シマノレーシング出場予定選手】
入部正太朗・木村圭佑・湊諒・西村大輝・小橋勇利

◇STAGE 1 札幌市豊平川河川敷地 1.0Km 個人タイムトライアル 9/1(木)8:30第1走者スタート


◇STAGE 2 札幌市アパホテル&リゾート札幌-倶知安町公民館手前 111Km ロードレース 9/1(木)13:00スタート


◇STAGE 3 倶知安町ヒラフスキー場前-倶知安町ヒラフスキー場前 180Km ロードレース 9/2(金)9:30スタート


◇STAGE 4 倶知安町ヒラフスキー場前-札幌市真駒内公園 219Km ロードレース 9/3(土)9:30スタート

【出場20チー】
-国内チーム-
 シマノレーシングチーム (SMN)
 愛三⼯業レーシングチーム (AIS)
 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム (BGT)
 群馬グリフィンレーシングチーム (GRF)
 キナンサイクリングチーム (KIN)
 マトリックスパワータグ (MTR)
 那須ブラーゼン (NAS)
 チーム右京 (UKO)
 宇都宮ブリッツェン (BLZ)
 北海道地域選抜
 京都産業大学
 鹿屋体育大学
 日本大学
 明治大学
 北海道大学
-海外チーム-
 NIPPO - ヴィーニ ファンティーニ (イタリア) (NIP)
 ジェリーベリー P/B MAXXIS (アメリカ)(JBC)
 セントジョージ メリダ サイクリングチーム (オーストラリア)(STG)
 ヴェロクラブ メンドリシオ (スイス)
 SPIN 11 ダブリン (アイルランド)


 


この記事をはてなブックマークに追加

[Focus]トレーニングキャンプin北海道

2016年08月27日 | チーム活動

9月1日~3日に開催されるUCI2.2のレース『ツール・ド・北海道』へ向けた強化合宿が北海道ニセコ周辺で行われています。

参加者はツール・ド・北海道出場予定の5名(入部正太朗・木村圭祐・湊諒・西村大輝・小橋勇利)の中から欧州遠征中の小橋以外の4名。

合宿は4日間を終了し北海道の素晴らしい環境の中、充実した内容のトレーニングをこなしております。

 


▲合宿4日目はツール・ド・北海道第4ステージの道のりを試走、240㎞近い乗り込みを行った。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

[Next Race]JPT藩庁門タイムトライアルinやまぐち&維新やまぐちクリテリウム

2016年08月26日 | レース・イベント情報

JPT藩庁門タイムトライアルinやまぐち
開催地:県庁敷地内特設コース
開催日:2016年8月27日(土)

JPT維新やまぐちクリテリウム
開催地:市役所特設周回コース
開催日:2016年8月28日(日)
      
出場選手:秋丸湧也・小山貴大・水谷翔

山口県で初開催となるJプロツアーの2連戦が開催されます。
初日は1.6㎞の個人タイムトライアル、2日目はクリテリウム形式のレースとなります。
このレースにシマノレーシングからは3選手がスタートします。

JBCF公式ページ↓
http://www.jbcf.or.jp/


2016 Jプロツアー第14戦・第15戦 JBCF藩庁門タイムトライアルinやまぐち JBCF維新やまぐちクリテリウム 開催


この記事をはてなブックマークに追加