REPORT

SHIMANO Racingの活動をブログで紹介します。

[Event] 国道480号 鍋谷峠道路・父鬼バイパス 開通記念プレイベント に参加

2017年03月24日 | レース・イベント情報

シマノレーシングメンバーが 『国道480号 鍋谷峠道路・父鬼バイパス 開通記念プレイベント に参加します。

チームが日々のライドコースとして通過している国道480号線、鍋谷峠の下を走るトンネルの開通イベントとなります。


この記事をはてなブックマークに追加

[Focus] 横山航太がU23ナショナルチーム欧州遠征へ

2017年03月23日 | レースリポート・動画

横山航太選手がU23ナショナルチームメンバーとして欧州遠征に出発しました。

 ネイションズカップは、 UCIが主催するアンダー23とジュニアカテゴリーのシリーズ戦。各国ナショナルチームが集い、次世代を担う選手で争う世代最高峰のカテゴリー。 ここで得るポイントが世界選手権の出場枠に関わる重要な位置付けのレースです。

出場の可能性があるレースは下記の他、ローカルレースへの参加も予定されています。

3/26 Gent-Wevelgem U23 (ベルギー/U23ネイションズカップ)
4/8 Ronde van Vlaanderen Beloften (ベルギー/U23ネイションズカップ)
4/15 ZLM Tour (オランダ/U23ネイションズカップ)

現地での選手選考次第で上記重要なレースへU23ナショナルチームメンバーとして挑むことになります。

横山航太とU23ナショナルチームの活動に是非ご注目ください。


この記事をはてなブックマークに追加

チームホームページが新しくなりました

2017年03月21日 | ニュース

チームのホームページが新しくなりました。

新しいページはこちらから。


この記事をはてなブックマークに追加

[Report]JPT開幕2連戦 in宇都宮

2017年03月21日 | レースリポート

Jプロツアー2017シーズン開幕戦となる『宇都宮クリテリウム』&『宇都宮ロードレース』が行われました。

宇都宮クリテリウム』 2017/03/18(土)
【開催地】広栃木県 宇都宮清原工業団地内 周回3.0km(右回り)
【開催日】2017/03/12 
【レース】P1クラス決勝 13:00-60km(20周×3 km)
【出場選手】入部正太朗・木村圭佑・秋丸湧哉・秋田拓磨・西村大輝・横山航太・小山貴大・水谷翔

初戦の宇都宮クリテリウムは、工業団地の敷地を利用したフラットコースでのクリテリウム。シマノレーシングは入部正太朗が昨年2位となっているだけに、なんとしても勝利を手に入れたいレースです。

シマノレーシングとしては入部正太朗、スプリント力のある水谷翔らを含む逃げ集団を形成するべくアタックを繰り返し常に先手を打ちます。ホームストレートが追い風となり、コンディションが安定していたことも影響したか、レースの流れを左右するような逃げ集団は形成されまいまま進みます。

残り数回を切り、大集団でのスプリントが濃厚となります。アタックを繰り返していたシマノレーシングは組織的な動きができる力を欠いた状態。ラスト1㎞からはマトリックスパワータグが吉田隼人選手のために前へ出ました。ここで孤軍奮闘した水谷翔が自らポジションを上げ最後のスプリント勝負に。ラストコーナーを抜け先頭に立った吉田隼人選手(マトリックス・パワータグ)が抜きんでた加速で勝利。水谷は4位となり惜しくも表彰台を逃しました。

しかしながら、水谷は23歳以下のツアーリーダーの証であるピュアホワイトジャージを獲得。国内のトップシーンで戦えるスプリント能力を知らしめました。

結果
P1決勝順位

1位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)  1h19’41”
2位 雨乞竜己(キナンサイクリングチーム)
3位 住吉宏太(愛三工業レーシングチーム)
4位 水谷翔(シマノレーシング)
5位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)
6位 渡邊翔太郎(愛三工業レーシングチーム)



▲レース前のプレゼンテーションphoto:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/)

 


▲シマノレーシングは常に先手を打つ走りを見せた。photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/)


▲周回賞を狙いに行く水谷翔


▲勝利した吉田隼人選手(マトリックス・パワータグ)


▲水谷翔がピュアホワイトジャージを獲得photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/)


 

 『宇都宮ロードレース』 2017/03/19(日)
【開催地】宇都宮市新⾥甲、鶴カントリー倶楽部周辺特設コース/ 周回6.4km(左回り)
【開催日】2017/03/12 
【レース】P1クラス 12:30- 80.4㎞(11 周×6.4 km +パレード10km)
【出場選手】入部正太朗・木村圭佑・湊諒・秋田拓磨・西村大輝・横山航太・小山貴大・水谷翔

2日目はアジア最大級のワンデイレース『ジャパンカップ』のコース一部を利用した80㎞のロードレース。1周6.4㎞と短く、ゴールにもなる鶴カントリー前の登り区間は一気に標高を稼ぐ劇坂区間となるため、ヒルクライムの能力、一気に踏み切るパワー、様々なテクニックの駆使も必要な難しいコースです。

シマノレーシングは積極的に前に出る場面が多く見受けられますが、後半、優勝候補とみられるチームの動きへの対応が十分にできなくなってきます。

入部がアタックを繰り出し、西村らが粘りを見せますが最終ラップへ突入する最終局面で先頭で展開していた十数名に対応できていたのは西村のみ、その直後に入部、水谷らが続きます。

最後の登りを鋭く駆け上がったのは吉岡直哉選手(那須ブラーゼン)。後続を引き離し、地元栃木のレースでJプロツアー初勝利を飾りました。

シマノレーシングは、それまでも積極的なレースをしていた西村大輝選手が5位に食い込み、国内トップシーンで勝利を狙える力を再び取り戻したことをアピールしました。

P1決勝順位
1位 吉岡直哉(那須ブラーゼン)          1h42’49”
2位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)        +01”
3位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)          +02”
4位 岡篤志(宇都宮ブリッツェン)
5位 西村大輝(シマノレーシング)            +03”
6位 野中竜馬(KINAN Cycling Team)          +04”
7位 早川 朋宏(愛三工業レーシングチーム)       +07”
8位 横塚 浩平(LEOMO Bellmare Racing team)     +09”
9位 ホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)      +12”
10位 谷順成(VICTOIRE 広島)            

 


▲この日積極的に動いたシマノレーシングだったが、勝つために必要な課題も多く残った。


▲ロードレースを制した吉岡直哉選手(那須ブラーゼン)


 

***20170318JPTうつのみやクリテリウム***
photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/)

*********************************

***20170318JPTうつのみやロードレース***
photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/)

*********************************

 


この記事をはてなブックマークに追加

[Next Race]JPT開幕!宇都宮2連戦

2017年03月16日 | レース・イベント情報


『宇都宮クリテリウム』 2017/03/18(土)
【開催地】広栃木県 宇都宮清原工業団地内 周回3.0km(右回り)【開催日】2017/03/12 
【レース】P1クラス決勝 13:00-60km(20周×3 km) ※予選は9:50-
【出場選手】入部正太朗・木村圭佑・秋丸湧哉・秋田拓磨・西村大輝・横山航太・小山貴大・水谷翔

 『宇都宮ロードレース』 2017/03/19(日)
【開催地】宇都宮市新⾥甲、鶴カントリー倶楽部周辺特設コース/ 周回6.4km(左回り)
【開催日】2017/03/12 
【レース】P1クラス 12:30- 80.4㎞(11 周×6.4 km +パレード10km)
【出場選手】入部正太朗・木村圭佑・湊諒・秋田拓磨・西村大輝・横山航太・小山貴大・水谷翔

宇都宮にてJプロツアー開幕2連戦が行われます。

2017国内トップシーン開幕を告げるJプロツアーが宇都宮市にて行われます。
昨年までのクリテリウムに加え、アジア最大級のワンデイレース『ジャパンカップサイクルロードレース』で使用されるコースの一部を利用したロードレースも行われます。

2017/03/18土曜日のクリテリウムは昨年、入部正太朗キャプテンが惜しくも2位となっているだけに開幕戦勝利に期待がかかります。

2017/03/19日曜日のロードレースは鶴カントリークラブの登り坂頂上がゴールに設定。急勾配の丘での攻防は欧州のクラシックレースを彷彿させるエキサイティングな展開が予想されます。


▲2016年大会の宇都宮クリテリウムでは入部正太朗選手が惜しくも2位、リベンジを狙うphoto: http://www.cyclowired.jp/

////////////////チームスケジュール2017////////////////
・1/30-2/1   第1次強化合宿
・2/19-28   第2次強化合宿
・3/12        西日本チャレンジサイクルロード--広島県広島中央森林公園
・3/18        JPT宇都宮クリテリウム--栃木県宇都宮市
・3/19        JPT宇都宮ロードレース--栃木県宇都宮市
・3/25        国道480号 鍋谷峠道路・父鬼バイパス 開通記念プレイベント 
・4/1-6       UCI2.1ツアー・オブ・タイランド     
・4/9          チャレンジサイクルロードレース   
・4/22       JPT東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-1  
・4/23        JPT東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-2  
・5/7-15     第三次強化合宿 未定 未定
・5/21-28   UCI2.1ツアー・オブ・ジャパン       
・6/1-4       UCI2.2ツール・ド・熊野           
・6/10        JPT那須塩原クリテリウム
・6/11       JPT那須ロードレース

・6/11-18   UCI2.1ツール・ド・コレア        
・6/23      全日本自転車競技選手権大会 個人タイムトライアル 
・6/24.25   全日本自転車競技選手権大会 個人ロード・レース 
・7/1          JPT第51回 JBCF ⻄日本ロードクラシック 広島大会 Day-1 
・7/2          JPT第51回 JBCF ⻄日本ロードクラシック 広島大会 Day-2 
・7/16        JPT石川サイクルロードレース 
・7/22        JPTみやだ高原ヒルクライム 
・7/23        JPTみやだ高原ロードレース 
・7/29        JPT大⽥原クリテリウム 
・7/30        JPT片岡ロードレース 
・8/18-19   SHIMANO 鈴鹿ロードレース 
・9/3          JPTタイムトライアルチャンピオンシップ 
・9/8-10     UCI2.2ツール・ド・北海道  
・9/16        JPT秋吉台カルストロードレース 
・9/17        JPT維新やまぐちクリテリウム 
・9/23        JPTまえばしクリテリウム 
・9/24        JPTまえばし赤城山ヒルクライム
・10/8        JPT輪島ロードレース 石川 
・10/14      JPTおおいたいこいの道クリテリウム 
・10/15      JPTおおいたロードレース 
・10/21-22 UCI2.HC ジャパンカップサイクルロードレース 

・10/28.29 JPT南魚沼ロード&タイムトライアル(JPTチャンピンンシップ) 
・11/12      UCI1.2ツールド沖縄
////////////////////////////////////////////////////////


この記事をはてなブックマークに追加

[Report]西日本チャレンジロードで入部選手が勝利

2017年03月14日 | レースリポート

『西日本チャレンジロードレース』

【開催地】広島県中央森林公園
【開催日】2017/03/12 
【レース】12:00スタート 61.5km (12.3km×5Laps)
【出場選手】入部正太朗・木村圭佑・秋丸湧哉・湊涼・秋田拓磨・西村大輝・横山航太・小山貴大・水谷翔

チームとしてはロードレースシーズン開幕戦と位置づける『西日本チャレンジロード』にて入部正太朗が優勝しました。

今年、このレースにフルメンバーで参加した国内トップチームはシマノレーシングのみ。強敵となる選手は数名、チームとしては少人数での参加となっていたためシマノレーシングとしては負けられないレースでもありました。

選手の話し合いにより作戦は立てず、それぞれが優勝を目指すことを意識しスタート。

組織としての優位性は利用しながらも、チーム内のそれぞれもライバルと言った形となります。

レースは立ち上がりからアタックを繰り返えし、数的に優位にあるシマノレーシングが主導権を握りました。

野中竜馬選手(KINAN Cycling Team)が常に先行グループにチェックを入れ、重要な逃げには谷順成選手(VICTOIRE広島)も入り、集団は主にイナーメ信濃山形チームや竹之内悠選手(Toyo Frame)等がペースを保ち逃げは簡単に決まりません。

この日一番のライバルと目されていた野中選手(KINAN Cycling Team)は接触による機材トラブルで戦線を離脱。最終ラップには入部正太朗、西村大輝、小山貴大のシマノレーシング3名にこの日レース序盤から逃げに入り存在感を示していたVICTOIRE広島の谷順成選手が加わり4名が抜け出します。

これを追走できるチームは無く、逃げ切りが濃厚。ここから好調の西村大輝選手がアタック、独走を開始します。さらに入部正太朗選手が後方から合流し、そのまま西村選手が牽引。ゴールは入部正太朗が選手が先着し優勝を果たしました。

3位争いでも小山貴大選手が先着し、シマノレーシングは1,2,3位を独占。トップ10に7名を送り込むこととなりました。

リザルトとしてはコンチネンタルチームとして当然といえるものかもしれませんが、全選手が積極的に攻め続けた走りの内容は納得できる形となり、オフシーズンからここまでのトレーニングはしっかりと形になった実感を得ることができました。

本格的に始まるロードレースシーズンに向け、チームの意識を高めてゆきます。


▲ウォーミングアップ。イベントレースと言え勝ちを意識し緊張感が高まります。


▲最前列には地元チームのVICTOIRE広島と並びスタート


▲1周目には小山貴大選手らが若干抜け出しホームストレートを通過


▲2周目完了時、入部正太朗、水谷翔、横山航太、秋丸湧哉、谷順成選手(VICTOIRE広島)、野中選手(KINAN Cycling Team)選手が抜け出す。
  これで決まってもおかしくない展開だが、後続集団を元全日本TTチャンプ中村龍太郎選手(イナーメ信濃山形)らが強力に牽引し阻止されます。


▲中村龍太郎選手が牽引するメイン集団


▲3周完了時、シマノレーシングは常に逃げを試みます。西村大輝、小山貴大、木村圭佑、谷順成選手(VICTOIRE広島)、野中選手(KINAN Cycling Team)選手


▲第2集団では入部キャプテンのアタックにそうはさせまいと全力でチェックを入れる?秋田拓磨、横山航太、秋丸湧哉


▲ラストラップで独走に持ち来んだ西村大輝に入部が単独追いつき、そのまま西村が牽引


▲この日一番強さを見せた入部正太朗が優勝、腰の故障から復活し強さを取り戻している西村大輝が2位


▲小山貴大が3位。4位は強さを見せた谷順成選手(VICTOIRE広島)今後の活躍に注目の選手が現れた


▲健闘をたたえ合う西村大輝と入部正太朗キャプテン


▲上位10名の表彰

西日本チャレンジロードレースAクラスリザルト

1 入部正太朗  シマノレーシング  1h32m43s
2 西村大輝    シマノレーシング  +02s
3 小山貴大    シマノレーシング  +17s
4 谷順成      VICTOIRE広島      +17s
5 横山航太    シマノレーシング  +24s
6 設楽彗斗    VCfukuoka         +28s
7 秋田拓磨    シマノレーシング  +28s
8 木村圭佑    シマノレーシング  +29s
9 水谷翔      シマノレーシング  +29s
10 竹之内悠   Toyo Frame        +29s
11 湊 諒     シマノレーシング  +29s
21 秋丸湧哉   シマノレーシング  +44s


この記事をはてなブックマークに追加

[Next Race] 西日本チャレンジサイクルロードに参戦

2017年03月08日 | レース・イベント情報


 西日本チャレンジサイクルロードレース

【開催地】広島県中央森林公園
【開催日】2017/03/12 
【レース】12:00スタート 61.5km (12.3km×5Laps)
【出場選手】入部正太朗・木村圭佑・秋丸湧哉・湊諒涼・秋田拓磨・西村大輝・横山航太・小山貴大・水谷翔

シーズン最初のロードレースとして『西日本チャレンジロードレース』へ参加します。

過去、アジア大会や全日本選手権等、多くの名勝負が繰り返されてきた広島県中央森林公園のコースは、広島空港の滑走路を囲むように作られたコーナーと起伏が連続するコースです。レースは61㎞のショートレースとなりますが、力が無ければ前に残る事ができません。

チームはこのレースを皮切りに本格的なシーズンへと向かいます。

▲前年大会(2016)ではマトリックスパワータグが1,2,3位を独占


▲前年大会(2016)シマノレーシングは水谷翔選手が4位、木村選手、入部選手が続きました。

////////////////チームスケジュール2017////////////////
・1/30-2/1   第1次強化合宿
・2/19-28   第2次強化合宿
・3/12        西日本チャレンジサイクルロード--広島県広島中央森林公園
・3/18        JPT宇都宮クリテリウム--栃木県宇都宮市
・3/19        JPT宇都宮ロードレース--栃木県宇都宮市
・3/25        国道480号 鍋谷峠道路・父鬼バイパス 開通記念プレイベント 
・4/1-6       UCI2.1ツアー・オブ・タイランド     
・4/9          チャレンジサイクルロードレース   
・4/22       JPT東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-1  
・4/23        JPT東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-2  
・5/7-15     第三次強化合宿 未定 未定
・5/21-28   UCI2.1ツアー・オブ・ジャパン       
・6/1-4       UCI2.2ツール・ド・熊野           
・6/10        JPT那須塩原クリテリウム
・6/11       JPT那須ロードレース

・6/11-18   UCI2.1ツール・ド・コレア        
・6/23      全日本自転車競技選手権大会 個人タイムトライアル 
・6/24.25   全日本自転車競技選手権大会 個人ロード・レース 
・7/1          JPT第51回 JBCF ⻄日本ロードクラシック 広島大会 Day-1 
・7/2          JPT第51回 JBCF ⻄日本ロードクラシック 広島大会 Day-2 
・7/16        JPT石川サイクルロードレース 
・7/22        JPTみやだ高原ヒルクライム 
・7/23        JPTみやだ高原ロードレース 
・7/29        JPT大⽥原クリテリウム 
・7/30        JPT片岡ロードレース 
・8/18-19   SHIMANO 鈴鹿ロードレース 
・9/3          JPTタイムトライアルチャンピオンシップ 
・9/8-10     UCI2.2ツール・ド・北海道  
・9/16        JPT秋吉台カルストロードレース 
・9/17        JPT維新やまぐちクリテリウム 
・9/23        JPTまえばしクリテリウム 
・9/24        JPTまえばし赤城山ヒルクライム
・10/8        JPT輪島ロードレース 石川 
・10/14      JPTおおいたいこいの道クリテリウム 
・10/15      JPTおおいたロードレース 
・10/21-22 UCI2.HC ジャパンカップサイクルロードレース 

・10/28.29 JPT南魚沼ロード&タイムトライアル(JPTチャンピンンシップ) 
・11/12      UCI1.2ツールド沖縄
////////////////////////////////////////////////////////


この記事をはてなブックマークに追加

[Report]トレーニングキャンプin鹿児島が終了

2017年03月03日 | チーム活動

【2/20-28 トレーニングキャンプin鹿児島】

鹿児島県指宿市を本拠地としていたトレーニングキャンプが終了しました。

温暖で、トレーニングのための走行環境が素晴らしい鹿児島県での合宿はここ数年恒例となっております。雨に降られることもしばしばありましたが、トレーニングはほぼ計画通りに行われました。

 


↑初日は強い雨と風の中、フェリーで到着した鹿児島県志布志市から鹿児島県南大隅町へ走行。


↑本拠地となった指宿は開聞岳や砂蒸し風呂で有名な場所。南国の雰囲気そのものの温暖な環境でのトレーニングが可能

指宿市様が歓迎会を開催してくださいました。市長からありがたい歓迎のお言葉をいただき、合宿へ向け気持ちが高まります。


↑合宿中には南大隅町立根占中学校に卒業生である水谷翔選手を中心に、入部キャプテン、湊選手、野寺監督が訪問。最新のロードバイクに触れてもらう事と共に、水谷選手から後輩たちへのエールなども含めた講演が行われました。未来ある彼ら、一生懸命になれるものを是非見つけてもらいたいと願います。


↑合宿の締めに【サイクルフェスタIN桜島】に参加。午前はショートタイムトライアル、午後にヒルクライムという2レースを行い入部正太朗キャプテンが見事総合勝利!が、地元、鹿屋体育大学の選手や高校生選手含め強敵が揃い苦戦を強いられたレースとなりました。

最終日は鹿児島県国分市から宮崎県都城市、日南市を経由し串間市へ。ここにある温泉施設で合宿終了となりました。驚くことにこの施設でも歓迎を受けてしまいました。職員の方々が集まりクラッカー鳴らし歓迎のお言葉を頂戴しました。選手との会話で自転車チームと知り急遽です。あたたかい皆様の対応に感激です。

2月はキャンプが続き、距離、強度ともに充実したトレーニングを行いました。疲労を抜きながらトレーニング量を保ち、迫るシーズンインに向かいます。

 


この記事をはてなブックマークに追加

[Focus] 堺市立大仙小学校で交流会を開催しました

2017年02月14日 | チーム活動

堺市立大仙小学校へ、交流イベントのためお邪魔してまいりました。

この活動はツアー・オブ・ジャパンの堺ステージホームチームとして大会アピールも兼ねたもの。
なんといっても大仙小学校はツアー・オブ・ジャパン堺ステージのコース、最終コーナー前にある学校です。

堺という町が自転車産業で有名な事。
なぜ自転車産業が盛んになったか、堺の歴史と交えた話。
それゆえに国内最大級のレースが堺をスタートする事。
自転車に乗るときの安全の心構え、等を野寺監督から説明。

その後、幾つかのグループに分かれ、選手から最新自転車の機能を説明するなかで、児童との交流をさせていただきました。

この交流の中で、少しでも地元やそこに関わるチーム、レースの事に興味を持ってもらえたら嬉しい事です。
自転車とい乗り物を、より楽しく安全に活用してくれたならと願ってやみません。

 


この記事をはてなブックマークに追加

[Focus]沖縄トレーニングキャンプ終了

2017年02月13日 | チーム活動

1月31日から2月13日の日程で、開催されていたキャンプが終了しました。

天候に恵まれない日もありましたが、ほぼ予定通りの日程を消化。

2017年シーズンに向けた強化を本格的にスタートし、集中力が高まりつつあります。


この記事をはてなブックマークに追加