REPORT

SHIMANO Racingの活動をブログで紹介します。

[Report]関西シクロクロス堺 横山航太と木村圭佑が参加

2017年01月16日 | レースリポート・動画

2017年1月15日、堺市みなと堺グリーン広場にて開催された関西シクロクロスに、横山航太選手と木村圭佑選手が参加しました。

横山はU23ナショナルチャンピオンジャージにて参加(エリート混走ですが許可をもらって着用)、木村も2017年新ジャージをお披露目する形となりました。

横山は後方からのスタートとなりますが追い上げ3位、トレーニングとして参加した木村はだいたい中程位でした。

シクロクロスはロードと比較し短時間で高強度、しかもバランスを保つテクニックと集中力が必要とされ、ロード選手の基礎能力を鍛える冬のトレーニングとして効果が期待できる競技です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

[Focus]2017年シマノレーシング/チーム体制

2017年01月01日 | ニュース

2017年「シマノレーシング」の所属選手、スタッフを発表致します。

□□■ 2017年チームメンバー ■□□

シマノレーシング(UCIコンチネンタルチーム)
・選手
入部正太朗 19890801 奈良県    シマノレーシング (キャプテン)
木村圭佑   19911215 滋賀県    シマノレーシング
秋丸湧哉   19910601 大阪府    シマノレーシング
湊諒      19920412 青森県    シマノレーシング
秋田拓磨  19940101 福井県    シマノレーシング
西村大輝   19941020 兵庫県    シマノレーシング
横山航太   19950820 長野県    シマノレーシング
小山 貴大   19961128 群馬県    シマノレーシング
水谷翔    19970202 鹿児島県   シマノレーシング

以上9名
(氏名・生年月日・出身地・2016年所属チーム)

・チームスタッフ
チームマネジャー  野寺秀徳   (株)シマノ
メカニック           大久保修一  (株)シマノ
マッサージャー    鳴島孝至   小守スポーツマッサージ療院
ドクター         熊井 司   奈良県立医科大学付属病院
ドクター         磯本慎二   奈良県立奈良病院
(役割・氏名・所属)

シマノレーシングは2017年、上記9名で活動をスタートします。
近年、若返りを繰り返してきたチームは、試行錯誤の中で強化の活動を行ってまいりました。
2016年はその努力が実を結び始めたシーズンであったと実感しております。
2017年、継続メンバーのみ9名のチームとなりますが、進化を続けるに十分な素質を持つメンバーでの活動ができると自負しています。

今季も変わらぬご支援、ご注目よろしくお願いいたします。

 


この記事をはてなブックマークに追加

[Report]横山航太がU23シクロクロス選手権タイトルに輝く

2016年12月18日 | レースリポート・動画

全日本シクロクロス選手権大会
日時:2016年12月11日(日)10時
場所:栃木県宇都宮市
道の駅うつのみや ろまんちっく村特設コース

栃木県宇都宮市で開催された全日本選手権シクロクロスU23にて横山航太が勝利し、U23カテゴリーの日本チャンピオンに輝きました。

横山は優勝候補者としてこのレースにスタート、序盤から織田聖選手(弱虫ペダルサイクリングチーム)と抜けだした横山は順調にペースを刻み、2名の戦いに持ち込みます。

最終ラップに織田選手を引き離した横山は単独でゴール。2014年依頼2度目の全日本シクロクロスU23のタイトルの獲得に成功しました。

▼シクロワイヤードのレース記事
http://www.cyclowired.jp/news/node/219290

シクロクロス全日本選手権2016女子・U23・ジュニア

▲All photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/)


この記事をはてなブックマークに追加

[Next Race] 横山航太、宇都宮開催の全日本シクロクロス選手権U23へ

2016年12月10日 | レース・イベント情報
全日本シクロクロス選手権大会

日時:2016年12月11日(日)10時
場所:栃木県宇都宮市
道の駅うつのみや ろまんちっく村特設コース
(〒321-2118 栃木県宇都宮市新里町丙 254 番地)

全日本シクロクロス選手権大会U23カテゴリーに横山航太選手が出場します。
2014年にアンダー23カテゴリー1年目にしてタイトルに輝いた横山選手は、2015年大会では沢田選手(ブリジストンアンカー)に敗れ2位。今回,横山選手はタイトル再奪取を目指しスタートします。

横山航太選手出場のU23カテゴリーは10時10分にスタートします。

詳しい情報は下記JCF公式ホームページからご覧ください。↓
http://jcf.or.jp/?p=48309

この記事をはてなブックマークに追加

[Report]ツール・ド・おきなわ「チームカーから見たレース」

2016年11月29日 | レースリポート

 

2016年11月13日、国内ロードレースシーズンの締めくくりとして行われた「ツール・ド・おきなわ2016 男子チャンピオンレース」。今年もシマノレーシングのチームカーの中からレースを追ったレポートをお届けする。

■ゼッケン1番、チームカーは2番

シマノレーシングの入部正太朗キャプテンにとって、ツール・ド・おきなわは相性のいいレース。2014年3位、2015年2位と表彰台を一段ずつ上がり、もちろん今年は優勝を目指すのみ。

そんな入部選手にはゼッケン1番が与えられた。昨年優勝した海外選手が来日しなかったため、繰上りで1番が回ってきたのだ。実は入部選手にとって1番をつけるのは「選手生活で初めて」とのことで、本人もちょっとうれしそう。スタート前は「今日は感触がいい」と語っており、1番『防衛』に向け自信を見せていた。

したがって、他のシマノレーシングの選手も一ケタ台のゼッケンをつける。2番・木村圭佑選手、3番・湊諒選手、4番・秋田拓磨選手、5番・横山選手。いずれも20代前半~半ばの生きのいいメンバーだ。

一方、チームカーがつける番号は2番。つまり参加16チームのチームカーの隊列の中で、前から2番目となる。ちなみに、ワンデーレースのチームカーの隊列は、成績に関係なく前日の監督会議でのくじ引きで決まる。(ツアー・オブ・ジャパンなどのステージレースの場合は、選手の総合順位をもとに隊列が決まる)

前であればあるほど、チームカーからレースの状況を目視しやすいし、選手への補給もスムーズになる。野寺秀徳監督のくじ運のファインプレーだ。

こうして数字的には幸先のいいシマノレーシングのツール・ド・おきなわのスタートとなった。

ツール・ド・おきなわでは2年連続表彰台の入部選手。自身初めてのゼッケン1番をつけて走る


チームカーは2番をつける。レースを進めるうえで有利なポジションだ


■ベテランの目

ツール・ド・おきなわのチームカーは、大会側が用意したレンタカーを使用する。昨年、そのチームカーが他の自転車から落ちたパーツ(ハンドルバーのエンドキャップ)を踏んで、パンクしてしまうという予想外のハプニングに見舞われた。

もちろん210㎞の長丁場のレース、今年もどんなことがあるかわからない。スタート前には大久保メカニックが「今年は背筋200㎏のを連れてきたから」と笑顔で声をかけてきた。どうやら同乗の若いメカニックは力自慢で、もしまたパンクした時はジャッキとしても期待できるらしい(!?)。

空がようやく明るくなってきたころ、選手たちがスタートラインに整列。そして6時45分、定刻通りにレースは始まった。チームカーには野寺監督と僕、後部座席には大久保さんらメカニック2人が乗り込んで、集団の後を追う。レンタカーの室内はさほど広くないため、メカニックの頭の上にはチューブを使ってホイールが2本固定されている。

レースは名護市内を抜けて本部半島へ。目の前の集団内では、活発にアタック合戦が繰り広げられているようだ。シマノレーシングからも若手の秋田選手と横山選手が積極的に動く。この2人を逃げに乗せるのが、チームとしての序盤の作戦。スタートでもしっかり前に並んでいた。

しかし、同じことを考えているチームは他にも多いようで、この日はなかなか逃げが決まらない。隊列2番目につけるチームカーにも、集団の緊張感が伝わってくるようだ。

ところで今年はAbema Freshによるライブ中継もあるので、スマホアプリを立ち上げてライブ動画をチェック。審判がレースの状況を伝えるラジオツール(競技無線)と合わせて、チームカーの中でもレースの状況はある程度把握できる。

そんな中、20㎞地点に設定されたスプリント賞にさしかかったとき、後部座席の大久保メカが「横山が獲ったんじゃないか」と、つぶやく。

前の席に座っている野寺監督や僕からははっきりと見えなかったが、20分ほど経ってからラジオツールが、横山選手のスプリント賞をアナウンスした。大久保メカの言う通りだった。

様々な機器を使って情報収集しても、長年レースにかかわっているベテランの目にはかなわないなと感じさせられた瞬間だ。



ツール・ド・おきなわで使用したチームカー。今年はパンクしませんように…

■キャプテンからの伝言

集団は本部半島を一周し、沖縄本島西側の国道58号を北上していく。時間が経つにつれて、晴れ渡った空は沖縄らしいブルーに染まり、左側の車窓には海も広がっている。

しかし、ハイペースで進むレース展開にチームカーの中も景色に目を向ける余裕はほぼない。スタート1時間以上経ってもまだ逃げは決まらず、秋田選手、横山選手の2人だけに「負担をかけられない」と湊選手もアタック合戦に参加し、一時は11人が抜け出す。これで決まるかと思ったが、他のチームが追いかけてきて、つぶされてしまった。

この展開は、きっと選手への負担も大きいだろう。ようやく、この日初めてラジオツールがシマノの選手がチームカーを呼んいるとアナウンスする。ゼッケン4番の秋田選手だ。チームカーは2番目につけているので、集団の後ろまで上がるのはあっという間だ。しかし、レース全体のスピードは落ちていないので、あわただしくボトルや補給食を渡す。

その数分後、その秋田選手がオランダ人選手とともに2人で飛び出したとのアナウンス。ほぼ70㎞地点、2時間近く走って、そろそろ1度目の山岳賞が始まろうかというタイミングだ。集団はついにこの逃げを容認したようで、路肩にはトイレ休憩で止まる選手がちょっとした列を作っていた。

やがて集団とチームカーは国道を右折し、山岳賞が設定された照首山・普久川ダムの上りへと入る。先ほどまでの広い道を打って変わり、細く曲がりくねった上り坂となり、隊列のスピードもぐっと下がる。

逃げの2人と集団とのタイム差はみるみる開き、その差が1分以上になった。チームカーは審判カーから許可をもらい、集団を抜いて秋田選手の元へ向かう。クラクションを鳴らしながら、選手たちを右側から抜いていくとき、入部キャプテンの声が聞こえた。

「秋田に後ろ止まってるって言ってください!」

集団のスピードは落ちているので、無理して逃げのペースを上げる必要はないというメッセージだ。チームカーが逃げ集団に追いつくと、野寺監督が秋田選手に「ゆっくり行けよ」と、先ほどの入部キャプテンの伝言を伝える。

この逃げにはいつの間にかマトリックスパワータグのホセ・ヴィセンテ・トリビオ選手と安原大貴選手が追いついて、4人になっていた。ホセ選手は今年のJプロツアー年間チャンピオンで、このおきなわも優勝候補のひとり。前半から動いてきたのはちょっと意外でもある。今年のツール・ド・熊野で新人賞を獲得した秋田選手が、彼ら相手にどのような走りを見せるか。

延々と続いたアタック合戦の末、秋田選手がついに逃げに乗る

■作戦通りの展開で後半戦へ

山岳賞の地点で、僕はいったん撮影のためチームカーを下りる。まだ朝の9時。天気はいいが標高330mの山の上は空気がひんやりしている。

続いて上がってきたメイン集団を撮影し終え、レースが本島北部を一周する間、動画やSNSなどで状況をチェックする。逃げと集団とのタイム差は最大で8分ほどに開いたようだ。そしてマトリックスの2人がペースアップし、秋田選手らは逃げから脱落しているようでもある。

その情報通り、2度目の山岳賞に最初に現れたのはマトリックスの2人のみ。次に秋田選手たちが現れるかと思ったが、約3分後に姿を見せたのは集団だった。77人でスタートしたがすでに30人あまりに絞られている。そして国内有力チームが前を固め、後半戦に向けての本格的な戦いがまさに始まろうとしていた。

秋田選手はこの集団にも残っていないようだが、シマノレーシングの他の4人は集団後方でまだまだ余裕がありそうだ。秋田選手のおかげで集団コントロールに加わる必要がなく、レース中盤は脚を休めることができたようだ。

野寺監督はチームカーを路肩に寄せて僕を拾うと同時に、トランクから補給のドリンクやジェルなどを運転席に移した。レースは残り80㎞ほど、いよいよここからが正念場だ。

レースは山を下り、東海岸へと向かう。先頭のマトリックス2人は吸収され、集団の人数も20人ほどに減ったようだ。シマノは入部、木村、湊の3選手が残っている。ここまではシマノレーシングとしては作戦通りの展開だ。

シマノレーシングの中で今年最も成長した木村選手。6月の全日本選手権(伊豆大島)では3位表彰台を獲得した。シーズン終盤に調子は落とし気味だが、人数を減らしたこの集団に難なく残っているのはさすがだ。

チームカーは、この集団から少し遅れた横山選手へ補給。日も高くなってきて、気温も上がってきた。横山選手は「かけ水」(身体にかける水)を要求する。

チームカーからの補給は選手やスタッフにとっては当たり前のことでも、間近で見るとかなりの迫力だ。一歩間違えば選手とクルマが接触して大事故にもなりかねないが、チームカーと自転車のスピード、選手とスタッフの呼吸を合わせて、ボトルや補給食を渡すのはまさにプロの技だ。

チームカーは横山選手の集団を抜いてメイン集団に追いつく。その集団から、アタックに反応して湊選手が加速するのが見えた。まだ残り6~70㎞ほどあり、様子見の仕掛け合いかに見えたが、終わってみるとこの動きがレースを決定づけるものだった。



チームの中で今年最も成長したひとり木村選手。この日も粘りの走り


横山選手へボトルを手渡す野寺監督。チームカーからの補給は危険と隣り合わせでもある

■強豪ぞろいの先頭集団の中へ

ラジオツールが読み上げる逃げのメンバーのゼッケンをチェックする。人数は8人で、ブリッツェンの増田選手、雨澤選手、ブリヂストンアンカーの内間選手、西薗選手、マトリックスの吉田選手、キナンのジャイ・クロフォード選手、チーム右京のベンジャミン・プラデス選手、そしてシマノの湊選手。周りは湊選手より実績・経験が豊富な選手がほとんどで、この中から誰が勝ってもおかしくない、強力な顔ぶれだ。

ライブ動画をチェックすると、湊選手もこの8人の中で積極的にローテーションに参加している。まだまだ十分に力を残しているようだ。

気づいたときには、後方の集団とは1分ほどのタイム差が開いた。集団も追いつくほどのスピードが出ないようだ。たまらず、ここから入部選手が追走に飛び出し、畑中選手(チーム右京)とベイビーダンプのオランダ人選手と3人で追いかける。

昨年も同じような展開で追走を成功させ、最終的に2位表彰台をつかんだ入部選手だが、今年もその再現ができるだろうか。

野寺監督は「ペースでいけば追いつくから」と入部選手を励ます。

さらに、チームカーは先頭まで上がり、湊選手にも「後ろから入部が1分差で追ってきている」と情報を伝える。

もちろん先頭にシマノの選手が2人入れば理想的な展開だが、他チームの選手もそうはさせたくない。というよりも、この8人で勝負を決めたいという思いが強いはずだ。ペースが緩むことはなく、湊選手と入部選手が連携する動きを作るのは難しくなっていく。

タイム差が1分前後で縮まらないまま、追走3人はバラバラになり、入部選手は単独での走りを余儀なくされ、ますます状況は厳しくなる。

その後方では一度遅れた横山選手が木村選手らの集団に追いついていた。前半からアタック合戦に積極的に動いていた横山選手だが、まだ力強い走りを見せている。この日履いた、シマノの新型ホイールとの相性もいいようだ。

ライバルチームの動きに反応し、先頭集団に入った湊選手。力強い走りを見せた


今年こそ表彰台の頂点を狙った入部選手は、苦しい追走を強いられることに

■それぞれの成長を見せたレース

チームカーは再び先頭8人の後ろにつけた。この集団のまま逃げ切れば湊選手に表彰台のチャンスはある。さらに、このレースは上位10人にまでUCIポイントが与えられるので、それはほぼ確実だ。

レースは再び曲がりくねった内陸部に入る。集団の直後につける大会関係車両の数が多く、先頭8人の動きはチラチラとしか見えない。

残り25㎞あたりでようやく湊選手らの姿をとらえたが、いつの間にか人数は4人に減っている。

どうやら8人が2つに分かれたらしい。新たに先頭に飛び出したのは増田選手、内間選手、ジャイ選手、ベンジャミン選手の4人。いずれも優勝候補ばかりだ。

チームカーの中では湊選手らが先頭4人に再合流する展開を願ったが、はるか先へ行ってしまったのか姿はもう見えない。後ろに残された西薗選手、雨澤選手は前にチームメイトがいる状況で、なかなかペースも上がらないようだ。

ラジオツールが伝えるタイム差も徐々に広がっていく。さらに残り15㎞で先頭4人から増田選手が単独アタックしたという情報も伝えてきた。そのまま増田選手は力の違いを見せつけ、独走で2年ぶり2度目のツール・ド・おきなわ優勝を飾った。

一方、湊選手の集団には先頭から脱落したベンジャミン選手が合流。5人での4位争いとなりそうだ。

ひとつでも上の順位を獲ってほしい。そういう思いで、チームカーの中も湊選手の走りを見守った。最後はスプリント力のあるベンジャミン選手に続く5位と健闘した。

プロ2年目、シマノレーシングに移籍して1年目の湊選手にとってはUCIレースで自己最高のリザルト。自身初のUCIポイントも獲得した。しかし、本人も語っていたように、「これからがスタート」という結果だ。来季のさらなる飛躍が楽しみだ。

一方、優勝候補だった入部選手は最後まで単独走を強いられ、10位でゴール。もし追走が成功していれば、という無念さはあるが、「自分の力が足りなかった」と悔しさをにじませていた。

過去2年のように表彰台という華々しい成績は残せなかったシマノレーシング。しかし、5人の選手がそれぞれの場面で働き、チームに貢献する走りを見せた。ここ数年、若手育成を掲げるシマノレーシングの努力が着実に前進していることを、シーズン最終戦でも証明してみせた集大成のレースだった。

ちなみに、今年のチームカーはトラブルらしいトラブルもなく無事ゴール。何とか最後まで選手をサポートすることができた。そのチームカーの中から撮影した動画も公開中なので、ぜひチェックしてほしい。

最後は4~9位争いのスプリントに挑んだ湊選手。惜しくも5位に


健闘した湊選手を野寺監督が出迎える

ツール・ド・おきなわ2016 シマノレーシング チームカーから見たレース 2016ツール・ド・おきなわ 湊諒5位 インタビュー 2016ツール・ド・おきなわ 秋田拓磨が逃げる インタビュー

 

All Photo&Movie&Text : Tatsuya Mitsuishi


この記事をはてなブックマークに追加

[Report] Raphaスーパークロス野辺山で横山が初日3位、2日目4位の快走

2016年11月28日 | レースリポート

2016年11月26-27日、『Raphaスーパークロス野辺山2016』が長野県野辺山村・滝沢牧場内の特設コースにて開催され、国内外のTOP選手が集結したUCIレース1日目で3位表彰台を獲得、2日目のUCIレースでも4位となりました。

横山は12月11日に栃木県宇都宮市にて開催される『全日本選手権U23クラス』でタイトル奪取に挑みます。

↓Raphaスーパークロス野辺山2016の詳しい様子はシクロワイヤードをご覧ください。
DAY1 http://www.cyclowired.jp/news/node/218195
DAY2 http://www.cyclowired.jp/news/node/218252


▲Raphaスーパークロス野辺山DAY1、横山航大が3位に入る photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/)

 


この記事をはてなブックマークに追加

[Movie]ツール・ド・おきなわチームカーからの映像

2016年11月19日 | 動画
ツール・ド・おきなわ2016
チームカーから見たレースの様子を動画で紹介します。
選手、監督のやりとり等、臨場感が伝わる映像となっております。


この記事をはてなブックマークに追加

[Report]ツール・ド・おきなわ2016(UCI1.2)湊諒が5位 入部正太朗が10位

2016年11月14日 | レースリポート

【開催地】沖縄県名護市(スタート&ゴール)
【日時】2016年11月13日(日)
  6:45 スタート 210㎞(名護21世紀の森体育館前)
  12:00- フィニッシュ予定(名護21世紀の森体育館前)
【出場選手】入部正太朗・木村圭祐・湊諒・秋田拓磨・横山航太

国内のロードレースシーズンを締めくくる『ツール・ド・おきなわ2016』が、11月13日、沖縄県名護市をスタート・ゴール地点とし、沖縄本島北部やんばる地区をめぐるコースで開催された。

今年で第28回を迎えるツール・ド・おきなわは、一般公道を封鎖して市民レースやサイクリングなど24カテゴリーものレースやイベントが行われ、総勢4700人以上が参加する国内最大級の自転車イベントの一つ。

その最高峰であるチャンピオンロードレースは、210㎞の長丁場の争い。16チーム、77選手が上り下りの厳しいコースでの戦いに挑んだ。

シマノレーシングは2014年3位、2015年2位とこのレースと相性のいいキャプテン入部正太朗が表彰台の頂点を目指す。4人のチームメイトもアシストしながら、自らのチャンスを切り開いていく。

ようやく空が明るくなり始めた6時45分、レースはスタート。まだ肌寒いが空は晴れ渡り、これから暑くなることが予想された。海沿いの細かなアップダウンの道が続く序盤は、なかなか集団が逃げを容認せず、長時間に渡ってハイペースのアタック合戦が繰り広げられる。

シマノレーシングは当初の作戦通り秋田拓磨、横山航太、そして湊諒らがアタック合戦に加わるも、なかなか決定的な逃げが決まらない。その中で20㎞地点に設けられたスプリント賞は、タイミングよく飛び出した横山が獲得した。

その後もアタックが決まらないままレースは続いたが、70㎞付近でシマノの秋田とバルト・ディリエッセン(ベイビーバンプサイクリングチーム)が飛び出すと、ようやく集団もペースを落とした。

その直後に山岳賞の普久川ダムの上りが始まり、逃げの2人が先頭で突入。さらに集団から追走してきたホセ・ヴィセンテ・トリビオと安原大貴(ともにマトリックスパワータグ)が追いつき、逃げは4人になる。

集団は海外招待チームのベイビーダンプとチームサワーランドがコントロールするが、タイム差は最大8分近くまで広がる。

しかし、後から合流したマトリックスの2人は強力で、2度目の普久川ダムの上りに入る前に秋田とディリエッセンが逃げから遅れ、さらに追いついてきた集団からも脱落してしまう。

130㎞地点の2度目の山岳賞は、マトリックスの2人が先頭で通過。国内有力チームが先頭で追走する集団は3分差。集団の人数は少なくなっているが、シマノレーシングは秋田の逃げのおかげで入部正太朗、木村圭佑、湊諒、横山航太の4人を温存し、後半に向けて有利な状況を築いた。

140㎞地点でマトリックス2人の逃げは吸収され、メイン集団も20人あまりに減少。この中から新たにアタックが起こり、シマノレーシングからは湊諒が反応。結局、8人が抜け出し、この中には宇都宮ブリッツェン、ブリヂストンアンカーが2人送り込むなど強力なメンバーがそろい、瞬く間に後ろの集団に対して約1分のリードを奪う。

この危険な集団を逃がすまいと、後方集団からは入部が畑中勇介(チーム右京)らとともに追走を試みるが、差はなかなか縮まらない。太陽が高くなるにつれて気温も上がり、選手たちの表情からも疲れが見えてくるようになった。

シマノレーシングは、先頭8人の中に入った湊に期待がかかる。その湊は、先頭集団の中で積極的にローテーションするなど力強い走りを見せていた。

しかし、残り25㎞地点で先頭8人が2つに分裂し、湊は後ろの4人に取り残されてしまう。

さらに先頭4人から増田成幸(宇都宮ブリッツェン)がアタックし、独走態勢を築く。そのまま2位以下に30秒以上の差をつけて、自身2度目のツール・ド・おきなわ優勝を飾った。2位はジャイ・クロフォード(キナンサイクリングチーム)、3位は地元沖縄の内間康平(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)と続いた。

4位争いは先頭から脱落したベンジャミン・プラデス(チーム右京)と湊ら4人のスプリント争いになり、プラデスに続いて湊が5位に入った。湊にとってはUCIレースで自己ベストのリザルトで、自身初のUCIポイント獲得となった。

3年連続表彰台を狙った入部は、惜しくも追走届かず単独で10位フィニッシュ。その直後の集団内にいた横山が14位に食い込んだ。各チーム上位3人の成績で競うチーム総合では、シマノレーシングは5位に入った。

表彰台には届かなかったものの、今シーズン最後のレースでチームとしての連携という部分で確かな成長を見せたシマノレーシングの走りだった。

<コメント>
湊諒
「個人としてはチームオーダーもできていたし、動けてはいたけど、自分の力が足りなくて表彰台を逃してしまった。アンカー勢とブリッツェン勢の2人ずつの応酬に脚を使ってしまった」
※他の選手のコメントは動画をチェック

<リザルト>
ツール・ド・おきなわ チャンピオンロードレース210㎞
1 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)5時間07分21秒
2 ジャイ・クロフォード(キナンサイクリングチーム)+34秒
3 内間康平(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)+41秒
4 ベンジャミン・プラデス(チーム右京)+3分46秒
5 湊諒(シマノレーシング)st
6 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)st
7 西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)st
8 吉田隼人(マトリックスパワータグ)st
9 畑中勇介(チーム右京)+5分36秒
10 入部正太朗(シマノレーシング)+7分09秒

14 横山航太(シマノレーシング)+7分14秒
38 木村圭佑(シマノレーシング)+14分58秒
DNF 秋田拓磨(シマノレーシング)

2016ツール・ド・おきなわ 湊諒5位 インタビュー

2016ツール・ド・おきなわ 秋田拓磨が逃げる インタビュー

【text/photo/movie】Mitsuishi by OCN 


この記事をはてなブックマークに追加

[Next Race]ツール・ド・おきなわ2016 UCI1.2

2016年11月11日 | 日記

『ツール・ド・沖縄2016 UCI1.2』

【開催地】沖縄県名護市(スタート&ゴール)
【日時】2016年11月13日(日)
  6:45 スタート 210㎞(名護21世紀の森体育館前)
  12:00- フィニッシュ予定(名護21世紀の森体育館前)
【表彰式】 15:00-17:00
【出場予定選手】入部正太朗・木村圭祐・湊諒・秋田拓磨・横山航太

国内ロードレースシーンを締めくくる大会、『ツール・ド・おきなわ』が、今年も名護市をスタートゴールとした沖縄北部で開催されます。
UCIカテゴリー1.2に指定されたこのレースは全長210kmの長丁場。
レース序盤は美しい海に沿って走る平坦貴重なコース設定ですが、中盤以降は峠とアップダウンを繰り返し、
選手の体力を削る厳しいコースが続きます。この長丁場には、ロードレースに必要な要素が凝縮されておりご
まかしは効きません。体力、技術、判断力そして生命力、すべての要素を満たした者だけが勝利する事ができる
レースとなるでしょう。また、レースをコントロールするチーム力も勝敗を大きく分けるポイントとなります。
シーズン最後のレースながら、1年間作り上げたチームワークを試されるレースとなります。

入部正太朗キャプテンは2014年第3位、2015年には2位に入る活躍を見せており、今年のシマノレーシングの目標はただ一つ。
この『ツール・ド・おきなわ』でのチャンピオンを出すことだけです。

シーズン最後のレース、全力を尽くし戦います。

大会公式ホームページ↓
http://www.tour-de-okinawa.jp/

シマノレーシング ライブブログ↓
http://blog.goo.ne.jp/liveshimano


▲2015年大会ラスト5㎞でアタックに出る入部正太朗 photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/)

 


▲2015年大会、2位でフィニッシュする入部正太朗 photo:Hideaki TAKAGI(http://www.cyclowired.jp/)

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

[Report]幕張新都心クリテリウム、エキシビジョンレースで水谷翔が勝利

2016年11月07日 | レースリポート

サイクルモードと合わせ開催された『幕張新都心クリテリウム』、国内招待トップチームで争われるエキシビジョンレースで19歳の水谷翔選手がスプリント勝負を制し勝利しました。

国内トップチームから各3名がエントリーし争われたこのレースはエキシビジョンと位置づけられながらも、高額な賞金がかかるレース。各チーム本気の攻防がみられました。

スプリンターとしての才能を持つ水谷選手をエースとし、秋丸湧哉選手、小山貴大選手がアシストとしてレースへ挑みました。
秋丸選手のアシストから残り500mで集団先頭に出た水谷選手はそのまま最終コーナーを抜け加速。
畑中選手(チームUKYO)、小野寺玲選手(宇都宮ブリッツエン)の追い上げをかわし見事勝利しました。

水谷翔選手はロードレース初勝利。
来季以降のメジャーレースで勝利を狙える位置にいる事をアピールしました。


▲All photo:Satoru Kato(http://www.cyclowired.jp/)

 


この記事をはてなブックマークに追加