Hidenori Nodera 『輝く路の上で』

SHIMANO Racing監督、野寺秀徳のブログ

キャリア教育

2009-10-30 23:56:39 | インポート

昨日の事ですが、堺市立西陶器小学校にてキャリア教育に、講師として参加させていただきました。

キャリア教育と聞いて、私自身、最初は何の事なのか理解していませんでした。

子供たちが、仕事とは具体的にどのような事なのかを知り、日々の学業に目的意識をもたせ、社会に出て生きるために必要な力をつける。

つまり、そんな事なのではないかと思います。Photo_3

今回私は選手として、自転車の凄さ、そしてその可能性を子供たちに話してきました。

会社の方は、実際自転車ができるまでの企画の説明をするだけでなく、社会の厳しさをさり気なく盛り込んだ講義をしていました。

その授業を聞く彼らの真剣な眼差しに、未来を作り上げる次世代の力を感じずには居られません。

彼らはこれから、今回の授業をもとに、どんな人のために、どんな自転車を、いくらで売るか。

彼ら自身で考えて、2ヶ月後に発表するそうです。

このような教育方法がある事に関心し、私自身、彼らと共に多くを学んだと思います。

彼らには未来を作り上げる使命があり。

彼らには未来を自由に作っていく権利があります。

今、私の生活の一部に、誰かが考えたロードバイク無しには居られないように、未来には彼らが考えた自転車が、誰かにとって必要不可欠な乗り物になるかも知れません!

何だかわくわくしてきますね。

そんな授業が私の小学校であったなら、もうちょっと勉強にも熱が入ったような気がしますね~。

西陶器小学校のみんな。いかした自転車作ってなー!

コメント (4)

猫に襲われる

2009-10-29 19:57:20 | インポート

今日のトレーニングは十分な時間が無く、軽くタイムトライアルバイクの調整程度。

1年以上タイムトライアルバイクに乗っていなかったため、止まって調整しながらの練習でした。

    Noko1

すると、一匹の猫が寄ってきます。

ぬき足さし足しのび足。

かなり警戒した様子です。


目的はおそらく、ポケットに忍ばせた香ばしいパン。

距離をとってこちらを見ている猫に、一切れパンを投げてやると美味しそうにムシャムシャ。

更に距離を詰めてきた猫にもう一切れ投げるとムシャムシャ。


ここからがこの猫の凄い所でした。

一気に図々しくなって、私がパンを千切ろうとした瞬間、その手を猫パンチの嵐です!

ちょっと爪が立って痛てぇーじゃーありませんか!!

その後、猫とのパン切れ争奪のせめぎ合いが始まり、気がついた時には、練習時間タイムリミット・・・

自転車、大した調整せずに終わってしまいました

次のレース成績悪かったら、オミャーのせーだかんなー

え?そんな所で油売ってる方が悪いって?そ、そーだったのか・・・


Noko

私の家にも猫はいますよ。

彼も金魚を襲おうとしているのでしょうか。

つまり、私は猫にとって金魚レベル・・・

てーか、同じ猫に見えてきた!

コメント (5)

朝ですね~

2009-10-29 08:20:07 | インポート

            朝ですね~
昨日は寝不足で1日過ごしました。

練習中に側溝に落ちそうになること数回。

人と話していてなお眠りに落ちそうになること数回。

パソコンのキーボードにヨダレを落としそうになること数回。

なんとか耐え抜いて夜を迎え、気がついたら朝でした^^;

いや~。深い眠りは気持ちがよいですね!

お陰で今朝は気持ちがスッキリ!

トレーニングもデスクワークも、睡眠不足では危険です!

皆様、睡眠はしっかりとりましょう。

コメント

 ありがとう

2009-10-27 21:58:55 | インポート

昨日1枚の手紙が届きました。

お世話になっているお店のおばちゃんから。

チームが大きなレースで勝った後、即日大阪に帰れれば、必ず祝勝会をした焼肉屋さんです。

私が全日本選手権で勝ったとも、このお店で祝勝会をあげました。

ここ最近は店主である、おじちゃんの体調が思わしくなく、無理をして開けていたお店を決心して閉めてしまうとの事。


 


「シマノの皆さまには、

    楽しい事や嬉しい事

         色々と喜ばせて頂きました。 

                有難く幸せでした。」




そんな言葉が綴られた手紙、目の奥が熱くなってしまいました。

身内のように優しく、そして厳しく接してくれた御二人。

残念ですが、しかたありません。

どんな事にでも終わりはあります。

だからこそ、終わる前に精いっぱい努力して、楽しんで、感動して。

終わる事を惜しむ事が出来るのは、とても幸せな事なのかもしれません。

おじちゃん、おばちゃん。今までありがとうございました。

シマノのメンバーも、喜びを心から分かち合って頂いた御二人に感謝しています。

そして、まだまだ長生きしてください。

        Photo_2

コメント (2)

感謝

2009-10-26 01:29:32 | インポート
ジャパンカップが終わりました。

コース上の歓声の渦、走っているこちらが興奮するほどでした。

あんなに沢山の観客の前で走る事ができて、選手は幸せです。



応援してくださった皆様。

ありがとうございました。

コメント (13)