一級建築士の「住宅のヒントと秘訣」

注文住宅を考えたら「住宅の考え方が180度変わる」住宅勉強会やセミナー、他では聞けない住宅や建築がわかるブログ。

4日間のセミナー

2008年03月03日 21時27分12秒 | 建築家の日記
みなさん、こんばんは。ミタス一級建築士事務所の清水です。

「4日間出張?海外?」
「いえ、国内です。」
「どこに遊びに行くの?」
「いえ、仕事ですよ」(^^)ゞ
「ウソだ~!絶対遊びに行くんでしょ!」

同じく設計事務所をしている仲間との会話ですが、
4日間、泊り込みでセミナーを受けてきました。

建築に関する内容ではありません。
経営者として考え方やスキルを学びたかったのです。

ミタス一級建築士事務所は独立して今年で9年目になります。
その前から経営者としての勉強はしてきましたので、
日帰りや半日の建築以外のビジネスセミナーは何度も受けていますが、

通常では選択肢にも入れていなかった4日間も時間が取られるセミナーは
今回初めて受けました。


ひとりで自宅兼用で設計事務所を行っている建築士は多いです。

でも、ハウスメーカーや工務店の下請けを一切行わず、工事を行わない住宅専門の設計事務所で、施主から直接仕事をもらって、この広さの事務所を構え、スタッフを数名雇っているところは、日本全国探しても非常に少ないです。

非常に少ない理由は、やっていけないからです。

ミタス一級建築士事務所のお客様からもよく言われるのは、「こんなにやってもらって赤字にならないのか、心配です。」というお言葉です。

確かに、打ち合わせには私以外に設計担当やインテリア担当が同席し、何度も何度も納得いくまで繰り返します。完全なオーダーメイドのため準備もかなり時間が掛かります。忙しいときには、外部の設計事務所に頼んでCAD図面を描いてもらいます。

設計が終わっても工事が始まれば、私が何度も現場へ足を運び、業者や現場監督、職人さんと打ち合わせやお願いを行います。

現場へほとんど行かない設計事務所にありがちな、何かトラブルがあれば工事業者の責任にすることなく、設計監理者としてミタス一級建築士事務所が責任を負うべきものはすべて負っています。



完全オーダー制とうたっているハウスメーカーや工務店と比較すると、「あれのどこが一体完全オーダーなのか?」と首を傾げたくなるほど、

比べ物にならないくらい本当に完全オーダーのため、仕様や仕上げ材、タオル掛けやワイングラス用の金具など非常にキメ細かくご要望に合うように、いろいろ探して提案していますから、がんばってくれているスタッフの負担もかなり大きいです。ひとりの担当が何軒も担当することはできません。


普通に考えれば、「なぜ他では絶対にやってくれない、こんなことまで、こんな僅かな金額でしなければならないのだろう…」と考え込んでしまうでしょう。

そこはひたすら「何も考えず、年中無休、24時間対応!」で私がフル活動することでカバーして来ました。スタッフも精一杯支えてくれています。


ですが、もし私が事故や病気で何かあったら…。
もうこれを真剣に考えなければならないときが来ました。万一の場合、皆さんに迷惑を掛けてしまいます。

私がいなくても機能する組織にするには、そして私を求めるもっと多くの人々の役に立つには、本当の意味での良質な住宅をもっとたくさん提供し、日本の住宅の品質を本物にするためにもっと役に立つには、そのためにどうするか…。

赤ひげ先生のようなことをこの1年間以上あちこちでしてきましたので、そういう組織にするための、新たに投資する蓄えは無し。今の体制のままでは、仕事量の拡大は無理があります。リスクを考えると次の一手が出せない。今後どうやって拡大していくか?


今回のセミナーは、こういう想いを胸に参加を決めました。

このセミナーは、夜中の2時過ぎまで毎日続きました。休憩は昼食の1時間と夕食の1時間のみ。休憩時間を除いても1日15時以上です。じっと座ってただ聴いているだけでは、もちろんありませんでした。

これだけいろんなエネルギーを必要とした4日間は、部長としてみんなを引き連れて参加した学生時代のクラブ合宿以来のことでした。


言葉や文章では説明できない、良い意味で物凄くエネルギッシュで内容の濃いセミナーでした。


高校のとき「快適な住宅を設計する建築家になろう」と決め、理系を選択し大学も建築学科に進み、今の仕事になっています。

さらに25歳のときに、ある強い決意をし行動しました。

このふたつの決意が合体して、今の私が結果として居るのです。


今回のセミナーは、この25歳で決意したときのことを強く思いださせてくれました。あの25歳のときの気持ちに戻れました。もう一度恐怖心を捨てて、人生を掛けてチャレンジしてみようという気持ちにさせてくれました。

私の子供にも、自分の人生の目標が出来さえすれば、受けさせてやりたいセミナーでした。


毎日50本以上吸っていた煙草は、20年前に止めてから1本も吸っていませんが、私の今回の目標が達成するまで、お客様が知らずに私に出されたコーヒーやお茶は、ありがたく頂くとして、

今度はアルコールもコーヒーもお茶も絶ちます。

スタッフには、味にはうるさく、「真心を込めて最高のコーヒーやお茶を飲んで頂こうと思ってコーヒーやお茶を入れるように!」とまで言われている私に、毎日何度も出さなくて済むので、喜ばしいことかもしれません。(^^)



というわけで、決して遊びに行ったわけはなく今後のミタス一級建築士事務所の発展のために必要な出張でしたので、ユーザーやお問い合わせの皆さんにはご迷惑をお掛けいたしましたが、お許し下さい。

ユーザーの方は、私のこのブログをお読み頂いている方が多いので、私が出張していることをご存知で問合わせメールを控えて頂いてくれていたようです。どうもありがとうございました。




住宅設計 ミタス一級建築士事務所

ALL contentsCopyright ® 2008 mitasu




コメント   この記事についてブログを書く
« 資材価格と外壁の穴開け | トップ | 耐震補強工事と住宅リフォーム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

建築家の日記」カテゴリの最新記事