ダイブマスター(潜水道)兼温泉ソムリエマスター(温泉道)が行く!

仕事は二の次?海と温泉とグルメと映画レビューの日々。色々ありましたが人生楽しまなきゃ損ってことで。メインはTWです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沖縄那覇(その14)3日目晩御飯 ちゅらさん亭

2016年10月31日 | 食べログ

多少高くても沖縄の郷土料理食べたいよね~と話していました。
で、食べログで検索してこちらを目指しました。
来てみてビックリ。



なんや去年この店の前まで来たやん!
店前に生け簀があるんですよね。いかにも観光客相手にしてるお店かと思い、
スルーしていったのでした。一筋入ったこの裏にあるのが東雲食堂です。

沖縄の魚一覧が琉球語で書かれてます。
右は、メニュー一覧です。時価のものもあるので店員さんに聞いてみましょう!

    ← クリックで大きくなります。

入店すると、まずはカウンター席がありまして、その奥は全てお座敷(掘りごたつ式)でした。
一部テーブル席やソファ席があるようでした。お店は、細長いつくりになってます。
満席かと思ったら、ちょうど座敷のテーブルが2つあいてました。
本日のおすすめがボードに書いてありますので煮魚を注文しようとしましたが、
¥2,500とかちょっと高かったのでやめました。

  

とりあえずオリオンビールで乾杯。下戸の私は、例によってマンゴージュースです(笑)。
とっとと出てきた突き出しのもずくと別注の島らっきょう。

  

「どちらをご覧になられて来ましたか?」と聞かれ、「食べログ」と答えると
「では、サービスで1品お出しします。」と嬉しいお言葉。
ウミブドウ食べたかったのよ!ありがとさん。
味は特にないけど、食感を楽しむものなのかな。
右は、今回どこかしらで食べようと狙っていたグルクンのから揚げです。
塩で食べてもいいし、ポン酢もあります!まいう~!
はさみでチョキチョキしながら身を分割して食べました。

  

真っ黒なイカスミソーメンチャンプルーにモズクの天ぷら。
どちらも出来立てで美味しかった~。
この後数日は、真っ黒なう〇こが出たのでした(笑)。
もずくの天ぷらは、結構やわらかめなんですね。
もっとさっくり系かなと勝手に想像してました。

  

調味料ですが、トウガラシが入ってます。お酢の沖縄バージョン???
辛かったですが、お料理がパンチの効いた味になりましたよ。



最後の晩餐ということで一番高くつきましたが、ご覧の料理に生ビール2杯、
マンゴジュース2杯で締めて¥5,580でした。
地元民も御用達みたいですし、まあ安い方になるのかな。
人気店で人数多い場合は、リザーブしといた方が良さそうです。

公式サイトは、ないようですね。
ヒトサラのサイトは、こちら

つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



コメント

沖縄那覇(その13)2日目ランチ ステーキハウス88

2016年10月30日 | 食べログ

ダイビング終了後、リベルテさんに2泊目のグレース那覇さんへ送迎してもらい、
チェックインが14時からだと言うのでお腹も減ったしランチに出かけました。
国際通りまで徒歩3分の立地ですので、すぐです。
何やら外国人がたくさんいて、高価なカメラを構えらっしゃる。
何が始まるのか全く分かっていませんでしたが、88の前で勧誘してるお姉さんに聞いたら
何とか(失念何か練り歩きみたいやつ?)が始まるというので、
皆さんお集まりだという。

私:「じゃあ、あの2階の窓側の席で見られたりする?」
店員さん:「はい、ご案内できます。」

やった!どうせステーキを食べようとしていたので即決でお店が決まった。
だいたい暑いしね。早くクーラーのきいたところへ避難したかったのだ。
お店は、ご覧の通りまだガラガラ。>12時半頃

  

沖縄と言えば、肉だよね。当方ブロック肉が食べられない偏食野郎ですが、ハンバーグはOKなのさ。
ステーキ屋なら当然ハンバーグもあるので、今回来沖の際には肉を食べようと決めてました。
テーブルには、調味料が並んでますな~。ゴリがTVで言ってたA1ソースもちろんありましたとも。

  

サラダバーとブルーシールアイス10種類食べ放題にしたので、まずはサラダバーへ。
フォルクスみたいなもんですね。
待ってろよ~ブルーシールアイス!

  

ドレッシングどんだけ~。種類大すぎ。しばらく悩むも、ここはアレだ。
沖縄だからシークワーサードレッシングに決定!
スープは通常であればコーンスープになりそうなもんですが、
沖縄はマッシュルームのクリームスープと相場が決まっておる。

  

で、テーブルに戻り祭り観戦開始。まだ、まばらですね。

  

お!来た来た!
空手の型やってるぅ~。当方初段もちにてじ~っくり見ました。
ちょっとさばき方が違うんですが、剛柔流であることをセイパイにて確認。
降りて行って一緒にやりたかったわ。まだ、体は覚えてるぞ。
やぐらみたいなのを回したりもしてました。
そして、どうやら地区ごとにチーム編成されてるようです???
沖縄市長も登場してましたね。
SPEEDの今井恵理子さんは、いませんでした。
東京で議員の仕事が忙しいということにしておきましょう。

  

そうこうしてるうちにやって来ました。

私:ハンバーグデミグラスソース
旦那:サーロインステーキ
A1ソースかけてみましたが、むせるほどに酸っぱかったです。
私は、デミグラスだからいいや。>A1

  

合間合間にアイスクリームを食べて一応10種類全部の味を楽しめました。
今夜は、晩御飯なしだからいいのさ!!!!
祭りが終わるとお客さんがなだれ込んできて満席で行列になりましたよ。
こちらは、涼しいところで美味しいお肉をいただきながらの特等席観戦でございましたわ。
このお祭りは、沖縄ではメジャーな那覇大綱挽の前に行われる大綱挽行列(うふんなすねーい)でした。

  

しかし、祭り観戦というよりもほぼ空手の型を披露する練り歩きになってました(笑)。
帯の色が浅い子供たちは、なつかしのゲキサイ1ゲキサイ2なんかやってましたね。
当方黒帯取ってからセイウンチンが最後だったかな。
スーパーリンペイとか先生の演武見てるとすんごいかっこよかった~。
空手やりたくなってきたぞ(笑)。

ステーキハウス88グループ
公式サイト

つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



コメント

沖縄那覇(その12)民宿たつや旅館

2016年10月26日 | ダイビング

1泊目と3泊目にお世話になりました民宿たつや旅館さんをご紹介いたします。
一人¥3,700(朝食付き)からは想像できないきれいなお部屋です。
民宿というよりは、ペンションに近い雰囲気ですね。
なお、こちらは一番広いお部屋になります。
特に「お風呂」ですが、ここまで広くする必要があるのか甚だ疑問ではありますが(笑)。
洗い場があります!なぜか「あの」高いパンテーンが置いてあります。助かります!
海でバシバシになった髪には、パンテーンは有り難いのです。
また、今回利用しませんでしたが屋上があるんです!!!!
そこにダイビング機材が干せるんです!!!!
トイレタンクの上に小さな可愛らしいピンクの箱がありますが、
この中に予備のトイレットペーパーと何と生理用品まで入ってました!!!!!
何て女性に配慮した民宿なんだ。
おばさん感動(T▼T)。
でも、おばさん今年4月に子宮全摘しましたので、もう関係ありませんが。

    

お部屋の一角には、大きなソファと冷蔵庫と窓際にCD、MDプレーヤー設置。
そして、沖縄ソングベスト(マスター編集?)のCDとMDがありました。
プレイヤーから流れてくる「なだそうそう」に癒されたのであります。
ノートは、この部屋にお泊りになったお客さんが書いたものです。
私もイラスト入りで書いてきましたよ。
注目すべきは、しきりにマスターの沖縄料理が美味しいと書かれていました。

   

こちら玄関です。門限がありますので、門限を過ぎたら秘密の入り口から出入りしてくださいね(笑)。
あ、それから全自動洗濯機がありまして、洗剤も柔軟剤も無料で使わせてもらえます。




  ← クリックで大きくなります。

あ、アレ忘れてきた!なんて場合は、マスターに言えばだいたい出てきます(笑)。
自転車は、ちょっと故障気味ではありますが何台もあるんで在庫がなくなる心配はありません。
「沖縄・離島情報」もバックナンバーからすべて揃ってました。
素晴らしい。三線の響きにもいやされました。

女性の一人旅の方、是非マスターとのゆんたくをお楽しみください。
あんまり流行ると困るので隠しておきたいですが、特別にアップしておきます。

クーラーのきいた部屋で飲むヨーゴが美味しい。
沖縄森永乳業の製品にて沖縄でしか販売してません!





つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



コメント

沖縄那覇(その11)初日晩御飯 りうぼう

2016年10月25日 | ダイビング

今回宿泊がイレギュラーになってしまい

1泊目 民宿たつや旅館さん 1泊朝食付き¥3,700(ツイン2名利用の一人)
2泊目 グレース那覇さん 1泊素泊まり¥2,000(ツイン2名利用の一人)
3泊目 民宿たつや旅館さん

に戻るという連休特有の満室状態に相当悩まされました。
おかげでダイビングサービスの送迎の方にもご迷惑をかけてしまいすみませんでした。
しかし、民宿たつや旅館さんは、自転車乗り放題にて色々と那覇市内を彷徨うことができたので、
楽しかったです。おかげで民宿たつや旅館さんは、24時間営業のお食事処三笠のすぐ近くということが分かりました。

繁華街と歓楽街が混在してますので無料案内所もあちこちにあるんですが、良い子は近づかないように(笑)。
88は、あちこちにありますね~。ここは、比較的立地が悪いせいか混雑してませんでした。
ジャッキーは、いつも行列ですね。

   

このジョージとかいうお店は、イタリアンみたいです。
でも、ステーキもデフォルトでありましたよ。沖縄へ来てピザもな~と旦那が言うので却下。
わたくしとしましては、新規開拓したかったのですが・・・。
右は、辻スーパーの2Fにあるレストラン&カフェグルメ辻さん。
結構なお値段につき、こちらも却下。
ついでに1Fのスーパー辻を覗いてみましたが、コレと言ったものがなくひやかした上に撤退です。

  

で、結局民宿たつや旅館さんの目と鼻の先にあるりうぼうにて沖縄チックな食べ物を買ってきて部屋で食べましたとさ(笑)。
ちなみにほぼ隣というべき距離には、ほっともっとがありました。なかなか流行ってるみたいです。
東京のド田舎よりもほっともっと率高いです。明らかに。
さすがに沖縄へ来てほか弁は嫌だと旦那が言うのでこれも却下。
結果りうぼうです(笑)。ま、Tポイントも貯まるしな!
願わくは、WAONが使えたらポイント二重取り(笑)。

買い込んだものは、とりあえずのオリオンビールです。←旦那専用
6缶買ったらくじ引けて何と1等賞をあてるわたし)。
私は飲めないのでさんぴん茶です。それから、沖縄そばのカップ麺を一つ。
ジーマミ豆腐(5個入り)
もずく酢(3個入り)のシークワサー味
もずく酢に至っては、コレ飲み物ですね。さわやかで美味しかった。
ジーマミは、たれが甘くデザートに近い感じです。
ビール抜きで¥777でした。セコイ夫婦である。

    

最後に本気のデザート用としてブルーシールアイスで締めです。はい!



うまかった~。ログ付けをしながら22時には就寝となりました。
明日も早いしね!

つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



コメント

沖縄那覇(その10)慶良間諸島 アイダー

2016年10月24日 | ダイビング

慶良間に遠征しているので本日は3本です。
ポイント名がよく似ていますので混乱しそうでしたが、
調べたらこのポイント15年位前に潜っていました。
その際は、渡嘉敷島に滞在、阿波連ビーチできれいな星空を見たことを鮮明に覚えています。
そんな懐かしいポイントでした。

ハタケさんが、潜行してすぐに張り付いているのがピグミーシードラゴンのいる?小さな根です。
くまなく私も探索しましたが、見つけられませんでした。
透明度は、このように大変good!です。
ただ、天気がよくありません。
太陽の光が届かないのが残念です。ケラマブルーを撮りたかった~。

   

ハタケさんに「来い」と指示され、行ってみるとオドリハゼ~!!!!!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
まあ、何という悩ましく撮りづらいところにいらっしゃることよ。
サンゴが邪魔でこれでは近づけません。
なので、最大限近づいて引っ込まないよう息を殺して何とか下記2枚を撮影。
ピントが甘い!!!!!!甘すぎる!!!!!
くどいようですが、いかんせん700万画素!
むしろ700万画素できれいに撮る方が腕が必要じゃないのか!?(滝汗)


   

その後、またカメさんを撮影し、サラサハゼなんぞを撮影したりで終了。

   

下記は、エグジットの様子です。皆さん上がって行かれます。
長年やってますと、当方どんどん面倒くさい動作を簡略化してしまうのですが、
水面へあがりながらまず片フィンをはずし、水面に到着することには、もう片方のフィンもはずし、
はしごをつかむところで両フィンを渡してしまいます。
そうすると無重力で楽ちん。足が解放されます。

  

場合によっては、水中でBCをはずす時もありました。
レギだけ加えてBCはずしながら上がって行き、全開放方式(?)。←勝手に命名
なぜかハワイでは、水中ですべて外して上がらせてましたね。

帰りのボートもまたどんぶらっこっこで1時間かけて帰っていきました。
寒いのでゴアテックス着こみました。

右は、片付けをなさっているスタッフの皆さん。
皆さん、沖縄らしく真っ黒です。かっこいい!

   

あ~楽しかった。ケラマって近い!チービシはもっと近い!
キャンプ・ハンセン(金武)の軍人さんにお聞きしましたが、
入隊したらどこに配属になりたいか・・・
ズバリ!沖縄がダントツ、又は、グアムらしいです。
それだけ環境が良く、家族も一緒にという方が多いそうです。
確かに、トラック諸島に飛ばされた軍人さんたちは海以外のアクティビティがなく、
仕方なく(?)ダブルタンクでテックでもやるか的な・・・。


3日間お世話になりましたリベルテさんは、下記です。
半日ボートダイブ午前(本島沿い、チービシ)×2日間 ¥26,000
1日ボートダイブ(ケラマ)+オプション1ダイブ×1日間 ¥14,000 + ¥5,600
計 ¥45,600(税抜)

タイトル:沖縄ダイビングショップ「リベルテ」
URL:http://www.liberte.jp/
サイト説明:沖縄県那覇市のダイビングショップです。





にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

コメント

沖縄那覇(その9)慶良間諸島 アリガー

2016年10月22日 | ダイビング

ナカモトが不発に終わりましたが、気を取り直して2本目です。
何度も言うようですが、幼魚を見つけるとつい撮ってしまうのがダイバーの性(さが)。
お許しください。

左:イロブダイ幼魚
右:欧米人大好物のウツボ

   

左:カクレクマノミ(=いわゆるニモ)
右:見事なオオイソバナ

この見事なオオイソバナの写真には、右上に小さくダイバーなんぞを入れて撮りたいところですね。
できね~よ

  

このカメさんは、バリバリとサンゴを食べてました。
食事に夢中になりすぎで全然逃げないから撮りまくりです。
こんなとこゴルゴに狙われたら一発で殺されますよ(笑)。>アオウミガメさん

  

あまり撮影してなかったようですが、こうして思い出してみると楽しんでますね。>自分

つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

コメント

沖縄那覇(その8)慶良間諸島 アイダーアイダー

2016年10月20日 | ダイビング

本日は、ケラマ3連発で港を出発する際には、天気も良く日陰に避難していたほどですが・・・
出向してみると海は大しけにて、ゲロってるダイバーもいらっしゃいました
風が強くうねりもひどかったです。
波の高さは4mくらいでしょうか。
波を超えて船を進める感じでした。
ケラマに近づく程に雨も降りだして、寒いのでウェットスーツを着るようにとの指示。
当方バーグハウスの完全防水(ゴアテックス仕様)を着こんでおりましたので、
ぬかりなし。→全く寒くはなかったですがTシャツ1枚の方はちと厳しいかと。
海況はその場でないと判断できませんが、この季節船上での防寒対策は、
された方がよろしいかと思います。

さて、港の様子です。日中は、開いてるであろう釣り具やさん。
そして、港で飼われている?犬。かわいいです。
人間慣れしてまして、近寄ったら「わいの腹なででくれ~」と言わんばかりにお腹を見せて仰向けに(笑)。
なでてやると「超気持ちいい~と北島康介ばりに喜んでおられました。
どっかのスナックで飼われている犬のようです???

  

殿様ダイビングにて、器材のセッティングやらは全てスタッフの方々が一生懸命してくださいます。
この大きなボートで3サービス合同の乗り合いとなっております。

  

トイレもあるでよ。着替えもできる隔離スペースもありました。>あたしゃ未使用

  

慶良間諸島のポイントマップです。

 ← クリックで大きくなります。

1本目は、ひたすらナカモト目指して泳ぎます。
結構な距離でしたよ。そして深い!!!!!
ナカモトのいる場所に行ったら、DCの減圧を気にしつつ這いつくばって順番に撮影。
左:フィッシュアイで潜るガイドのハタケさん。
右:パワーショット(大人の部活カメラ)で撮影する旦那。

    

この中にナカモトがいるはずですが・・・右のように空っぽ?????アレ????
い、いない・・・。 とりあえずでゴミを撮影していた我々でした(T▼T)。
視認できてないので無理もない。 皆さまの証言によると右上の方にいたらしいです。

  

ナカモトを後にして、途中何かを撮っているハタケさん。
何が撮れていたのでしょうか???
見たい方は、リベルテさんのブログをご覧くださいませ。>こちら




つづく・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



コメント

沖縄那覇(その7)チービシ キンメホール

2016年10月19日 | ダイビング

2本目は、キンメホールです。
さあ元気に行きまっしょい!
ガイドの縄田さんは、ボートを運転し、水中をガイドし、空港に到着したであろう
お客さんからの電話対応もし、一人3役でとってもお忙しそうです。
ご苦労様です。

  

キンメホールは、小さい穴です。しかし、中は想像以上にワイルドだぜぇ~。



ご覧ください。このキンメモドキの群れ。
これでも少ないのだそうで季節によってもっと増えるらしいです。

    

しか~し!このキンメホールの主役は、むしろこっちでは!?
キンメホールの出口付近ですが、フタイロカエルウオがうようよいます。
どうやらここは、フタイロコロニーの模様。旦那がサンゴの壁にへばりついてフタイロを追いかけておりました。
これなら体が2色というのがよくわかるアングルではないでしょうか。
素早いのでなかなか全身を横から捉えることができないのですが、
ここは、うようよいたおかげでいいのが撮れました。

  

反対に私は、穴の中で底辺を凝視してしておりました。
サンゴや石をのけて探すこと数分。何かいそうな気配がする!
そんなアンテナがピンピンしておりましたころ・・・
左:恐らくはオリビアシュリンプを発見!!!!!エビに見えないかもしれませんがエビです。
キンメと格闘中の縄田さんのフィンを引っ張り、オリビアをお知らせ。

右:ソリハシコモンエビ!?はたまたミカヅキコモンエビ!?
いずれにせよコモンエビです。はい。
オトヒメエビ数匹いたので、これはいそうだと底の隅のほうに目をやるといました。
だいたい群れてます。>コモンエビ
ただ、体が透明なため撮影するのが難しい。 ましてや当方700万画素です。
これは、ではありません(笑)。

   

左:さらに底に這いつくばっているとベニハゼ系を発見!最初は、ダルマハゼかと思いましたが、
サンゴから出てくるなんてまずないんで、違うかな~と思いつつ撮影。
ピントが非常に甘いので、ボケボケですがどうかお許しください。
くどいようですが700万画素ですから~。残念!
右:ウミウシですね。非常に撮りづらい狭いところにいました。

    

減圧停止後に上がりました。
ここで2本潜ってもいいな~。まさしくお魚天国でございました。満足満足。



最後にキンメモドキを優雅に操る謎のガイド(?)縄田さんの動画をお楽しみくださいませ。




つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



コメント

沖縄那覇(その6)チービシ ナガンヌ北

2016年10月18日 | ダイビング

本日は、チービシです。
ケラマに行かなくともほぼケラマという立地上、この透明度の良さ。天気もいいと来た。
日ごろの行いの良さが分かるであろう。
無人島がありましてそれがナガンヌ島というのでしょうか。
その北側を潜るので、ポイント名は、そのまんま(笑)。
関係ありませんが、縄田さんお腹たるんでますよ?

  

どうですか。この透明度の良さ。サンゴもピキピキでございます。

    

おおおお!早速アオウミガメ登場しました。こうなれば撮影大会です!
左:旦那が私を撮影してくれてました。ナイス!
右:私は、縄田さんとカメを被写体にして、カメが泳ぐ様子を撮影です。
しかし、構図が悪かったぁ~。
写真の色が全然違うのは、私のカメラが古いせいです(T▼T)。>たった700万画素
きょうびスマホでも1500万画素くらいありますでしょうか。 ← 「きょうび」言うな、
カメラを新調するなら沖縄もう一回行けるからして、故障するまで使いますよ。

  

さて、カメさんはどんどん海面に浮上されていきまして全員でお見送りいたしました。
絵になるな~。フォトジェニックよのぉ~。

  

小物も掲載しておきましょう。
左:旦那が撮影したフタイロカエルウオ!真っ黒に見えるかもしれませんが、この魚は体が2色になっているため
このような名称です。尾っぽの方がオレンジなのは分かりますでしょうか。
右:私が撮影したツユベラの幼魚。大人になったら全然違う模様になってしまうので、
幼魚を狙うのはダイバーの性(さが)。

  

つづく・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

コメント

沖縄那覇(その5)本島・自謝加瀬ドロップ

2016年10月17日 | ダイビング

水面休息30分にて2本目へ。
2本目も海面から見る限り地味なポイントへ。
通常流れるのであまりお客さんを連れてこないポイントということでしたが・・・
残念ながら流れていない。しかし、透明度は1本目よりもいい。
サンゴもすばらしくモルジブのようであった。

特に獲物(私たちが大好物な獲物)がおらず、貝なんぞを撮る私。
ウミウサギは久しぶりに見ました。
正式名称は・・・長いから忘れました。

左:ウミウサギ
右:シャコガイ(子供)

     

こいつは、黒い〇があるのでクロホシハゼかな????
近寄るとすぐ引っ込むので遠くから撮影しましたが、フラッシュが届ないのでダイバーでなければ「?」でしょう。
だいぶがんばりましたが、この程度です。
ほんとすぐひっこむな~。



ダテは、あちこにいるしクビアカも結構いました。
しかし、レアなカエルウオやギンポ、ハゼ系はいそうですが見つけられなかった。
初ポイントだったので勝手がわからないというのもハンデです。
だいぶ底辺を這いながらくまなく捜索したつもりですがイシガキカエルウオばっかだったな。
ジョーの穴なんかもそれっぽいのたくさんありましたが、こちらも不発。
でも、楽しかったです。

つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ





コメント