ダイブマスター(潜水道)兼温泉ソムリエマスター(温泉道)が行く!

仕事は二の次?海と温泉とグルメと映画レビューの日々。色々ありましたが人生楽しまなきゃ損ってことで。メインはTWです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

RELAY FOR LIFE JAPAN 2007 in TOKYO

2007年09月26日 | リレー・フォー・ライフ


芦屋に引き続き、船の科学館(お台場)でも行われます。

東西で開催して大々的に寄付金を集めるのですから
それなりの患者支援活動をお願いしますよ!

>日本対がん協会さん!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


コメント (6)

「余命1ヶ月の花嫁」再放送

2007年09月26日 | がんのことあれこれ
長島千恵さんのドキュメンタリーが再放送です。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20070921et0d.htm

術後5日目?くらいでしょうか。
入院中に泣きながら見ておりました。
見逃した方は、どうぞ。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

コメント   トラックバック (1)

ちょっと出かけます。

2007年09月14日 | Weblog
自分も家族も元気な内に新婚旅行なんぞに行ってきます!


どこ行くねん!?

ここです。
ヒントは、インド洋です。でへっ。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


コメント (8)

ゴーヤチャンプル

2007年09月14日 | 豆腐シリーズ
沖縄の定番です。
行ったらとりあえず食べてましたが、自分で作ったことなかったのです。
でも、超簡単じゃないですか。
ゆでる時間別にして、調理自体は所要5分ってとこですか。

ゴーヤは、半分に切って輪切り。
わたはスプーンでとってください。
苦味を取るために塩もみしてからゆでます。
木綿豆腐は、水きりしてからさいの目にして使用。
フライパンにごま油をひき、いためます。
塩コショウでアジを整えてください。



とき卵(だし醤油を少し入れると美味しい)を回し入れ半熟になったら完成!
カレー粉をふりかけカレー風味にしても美味しいです。



もやし、豚肉とか入れても美味しいと思います。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

コメント

ファイトだ!優奈ママ!

2007年09月11日 | がんのことあれこれ


本日の朝日新聞「ひと」欄に優奈ママがっ!!!!!
負けるな優奈ママ!
がんばれ優奈ママ!
生きろ優奈ママ!

最後まで諦めない がんと共に
優奈ママのサイトはこちらです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


コメント (2)

昆布じゃこふりかけやっこ

2007年09月03日 | 豆腐シリーズ
冷奴は、ねぎ、しょうが、かつおぶし、醤油で頂くのが定番でしたが、
見事なアレンジに感激!
「いつでも豆腐」 by 小田真規子著(高橋書店)に掲載されてました。

まずは、おじゃこ適量。


どこの家庭の冷蔵庫にでもありそうな、フジッコの昆布の佃煮も適量。
これに、本にはしょうゆ、砂糖、みりん、ラー油とまぜまぜとありますが、
砂糖は、カロリー多くなるのと佃煮に含まれるので省略しましょ。



奴の上にまぜたものをかけて、上からすりゴマを振り掛けると
ごまの風味豊かな冷奴の出来上がり!所要1分!?
もちろん手は汚さない!



いきなり涼しくなって、湯豆腐の季節になりつつありますかね。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


コメント (10)

「ロスト・ハイウェイ」

2007年09月01日 | 映画
1997年(アメリカ)原題「LOST HIGHWAY」135分

★★★★★←独断と偏見による



とは言ってもボン・ジョヴィのアルバムではありません(笑)。
デビッド・リンチの作品です。文句なしに満点評価。
「インランド・エンパイア」公開記念ということで許して下さい。
しかし「インランド・エンパイア」が一番近くで上映されているのが、
恵比寿ガーシネとは(-_-;)。遠くて見にいけません。残念極まりない。

前作「マルホランド・ドライブ」は比較的オンエア率高いのですが、
何故か「ロスト・ハイウェイ」は、オンエアされず
(←私の記憶ではスカイ・パーフェクTVのPPV一度のみ)
録画出来ずじまい。そんなところへ近所のGEOにて半額セールやってたので、
借りてきました。劇場鑑賞から実に10年。感慨深い!

デビッド・リンチ御年61歳です。この作品の頃は、51歳ですか。
考えてみて下さい。51のおっさんがこんな映像と音楽を提供できるなんて、
やはり頭の中は普通ではあるまい。
なかなかハリウッドでは評価しがたいでしょう。
どちらかと言うとカンヌ向きです。

この作品は映像もさることながら、そのおどろおどろしい音楽と共に、
お楽しみ頂きたい作品です。
鑑賞後とっととサントラ買いに走ったものです。
サントラは、こちら。



NINE INCH NAILSのTrent Reznorがプロデュースしてるんですが、
最高にカッコイイ。いや、いかがわしというのでしょうか。
RAMMSTEINやらMARILYN MANSONやら最初と最後は
Devid Bowieでめます。
特に劇中のポルノ映像が流れるシーンでのRAMMSTEIN起用が
気味悪くおどろおどろしくて最高。
そして、そのシーンではご丁寧にMARILYN MANSONまで登場して、
さらに気味悪さ最高潮に達します。
ちなみにMARILYN MANSONは、Trent Reznorにより発掘され、
デビューしてます。あのルックスで、あの楽曲がリンチの
センスとぴったり一致したのでしょう。
ここまで映像と音楽がはまると鳥肌立ちます。
それゆえ大画面大音響で鑑賞するに限ります。

お得意のストーリー破綻形作品ゆえ、ストーリーの整合性を求める方には、
不適切な作品ですので、デビッド・リンチとはそういうものだと
ご理解頂ける方のみオススメ致します。

主演は、「ンディペンデンス・デイ」で大統領やってたビル・プルマンと
「蝿の王」で純朴な少年だったバルサザール・ゲティ。
怪しげなパトリシア・アークエットは黒髪と金髪で登場。
極めつけは、顔が真っ白なロバート・ブレイクで怪しさ倍増。
以後、この手のキワモノ人物を登場させるのは、リンチの専売特許!?
「マルホランド・ドライブ」でのカウボーイも意味不明でよかった。

とにかく訳の分からん映画です。
しかし、その訳の分からなさをアレやコレや楽しむのもまたよろし。
そうやって余韻に浸りながら、サントラを聴いてまた思い出す。
二度も三度も美味しい「The Perfect Drag」(by NINE INCH NAILS)かな。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


コメント (7)   トラックバック (4)