ダイブマスター(潜水道)兼温泉ソムリエマスター(温泉道)が行く!

仕事は二の次?海と温泉とグルメと映画レビューの日々。色々ありましたが人生楽しまなきゃ損ってことで。メインはTWです。

「多重がんを克服して」 黒川宣之 著

2006年04月30日 | 書籍のご紹介


<多重がんの定義>

・同時に発生するか、異なった時に発生するかは問わない。
・浸潤、再発、転移は含めない。
・一つの臓器、両側臓器、あるいは組織に独立して発生したニ個以上のがんは、
 一つの腫瘍として登録・集計する。部位が違えば多重がんとする。
・組織型が異なる場合は、同じ部位にあっても多重がんとする。

国際がん研究機構(IARC)、国際がん登録協議会(IACR)より

私は同時に二つ以上できるのが多重がんと思っていたのですが、
このような定義があったのですね。
この定義に基づきがん登録も行われているようです。

著書の黒川さんは、前立腺がん→半年後大腸がん→二年後胃がんと
短期間に3度のがんを体験されています。

最初の方こそ闘病記となっていますが、半分はがん医療の問題点や
最近の患者会の動きなどにも触れられており、大集会のことも書かれてました。
さすが元記者ということで、これからがんのことを勉強しようとしている方への
入門編としてもバランスよく書かれた本であると思います。

どちらも朝日新聞の記者ですが、
上野さんの闘病記が内面をさらけだしたものであるのに対して
(だからこそ自分と重なる部分が多く泣いてしまったのです)、
黒川さんの場合は、がんをとりまく環境のことにも重点が置かれています。

今後も気になる本は、どんどん紹介していきます。
コメント

「リレー・フォー・ライフ日本版を考える会」無事終了。

2006年04月30日 | リレー・フォー・ライフ


当日は、このジャンパーを着てがんばりました。
ご参加頂いた方誠にありがとうございます。
忙しく走りまわっていたので、最初の方の様子は分からないのですが、
パネルディスカッションは良かったみたいですね。
CaoRuさんの涙に涙された方が多かったと思います。

「1人じゃないことを分かってほしい。」

ホリキンさんももらい泣きされていたようですが、
皆さんの心にも響いたでしょうか。

9月本番で会いましょう。
コメント (6)   トラックバック (1)

「命のリレー」

2006年04月26日 | リレー・フォー・ライフ

インストゥルメンタルバージョン


オルゴールバージョン

「命のリレー」とは、シュウさんの親友である中年ロッカーさん率いるバンド、
その名もJ-BANDの皆様が作詞、作曲を手がけられた
「がん患者支援プロジェクト」のために作って下った曲なのです。

いや、がん患者とその家族のために作って下さった曲なのです。
今まであっただろうか。曲まで作ってしまう患者会が!
いや、CPSPは患者会とはちょっと毛色が違いますが・・・。

4月29日(土)に「命のリレー」に命が吹き込まれます。
是非皆さんも聞いて下さい。
コメント

「マチベン」

2006年04月24日 | Weblog


NHKで土曜日の夜やってるんですが、ドラマを全く見ない私が2週連続見ています。
遅い時間にやってることと、映画でも法廷劇が好きというのもあり、
たまたまチャンネルを合わせた時に、見入ってしまいました。
江角マキコ主演で、かっこいい弁護士役をクールに演じてます。
特に江角マキコのファンでもないのですが、終始難しい顔してる江角さん
かっこよすぎです。セリフもにくい!

「出所したら美容師やってください。私、髪切りにいきますから」

ここでほろっと来ましたね。この人の正義ここにありって感じで。

昨日は保険金殺人でしたが、次回は富山の呼吸器外しも記憶に新しい
「安楽死を裁けますか」というタイトルで放送されます。

公式ホームページはこちら。結構はまってる人いるんですね。
http://www.nhk.or.jp/dodra/
コメント (4)   トラックバック (5)

お疲れモード

2006年04月16日 | Weblog
月の半分まで来ましたが、すでに残業時間が30時間に達し、
さすがにしんどい毎日です。は~。
冷蔵庫も常時空ですから、この2週間は毎日コンビニ(晩御飯)&ドトール(朝食)生活。

そんなだから掃除というものをここしばらくやっておりません。
特に便所の汚れは気になるのですが、疲れてどうにもやる気がおきなくて。

男性の方へ言いたいのは、飛び散らかさないでということ。
旦那は、飛び散らかしても平気な顔してます。
自分で掃除してみろ!と言いたくなりますが、言ってもやらないし、
結局は私がやらなきゃいかんのです。

いい加減部屋にも綿ぼこりが激しくなってきたので、ようやく本日午後やりました。

部屋の掃除、トイレ掃除、お風呂掃除と寝床を春仕様にして疲労困憊。
特にお風呂のカビがひどかったので、カビキラー全面噴射でやっつけました。
非常に強い洗剤なんで、目が痛くなりました。
が、きれいさっぱりとカビを撃退。
居間にちらかっていたものも所定の場所へしまってすっきりしました。

やはり部屋はきれにひとかないと生活がすさんでしまいますね。
期の始まりは、どうしても残業激しくこんなことも繰り返しです。
映画見てる暇あったら掃除しろって言われそうですが、
気分転換の方を優先してしまう私です。

コメント (4)

「がんと向き合って」 上野創 著

2006年04月16日 | 書籍のご紹介


「がんサポート」の巻頭対談やETV「働き盛りのがん」にも出演されていた
上野創さんの著書です。
朝日新聞の記者さんで、朝日新聞をよく見たら絵門ゆう子さんの記事を
書かれてました。そんなこともあり、俄然興味が沸いてきて、
読みたいと思っておりました。立ち寄った近所の本屋で偶然に見つけ、購入。
ボリュームがそんなにないので、4時間で一気に読んでしまいました。

精巣がんでなくても、恐らくは、がん患者、その家族であればご自分の体験に
大いに重ねることと思います。
副作用の苦しみは、末期であれ、初期であれ苦しいものであること。
激しい鬱状態になり、ついに口から「死にたい」という言葉を発したこと。
長野オリンピックを見て、励まされたこと。
ありのままの気持ちが綴られていると思います。
TVを拝見し、奥様にも興味を持ったのですが、その奥様のことも書かれてます。
とてもはきはきしてる方だなと思いましたが、奥様も新聞記者だそうです。

久しぶにり本を読んで泣きました。
本を読んで泣いたのは「アルジャーノンの花束」以来でした。
とても良い本でした。
コメント (4)   トラックバック (1)

「サウンド・オブ・サンダー」

2006年04月16日 | 映画
2004年(アメリカ/ドイツ)原題「A Sound Of Thunder」102分

★☆☆☆☆(←独断と偏見による)



<出演>

エドワード・バーンス(「15ミニッツ」他)
キャサリン・マコーマック(「テイラー・オブ・パナマ」他)
ベン・キングズレー(「オリバー・ツイスト」「サンダー・バード」他)

<感想>

今更のアップになりますが、実は公開初日に見ておりました。
どうしようもなくB級の臭いが漂っておりましたが、
この手のB級作品は、私が見てやらねば誰も見ない!と思いまして。
ジャッキーの「The Myth」より観客が多かったのは、ちょっとショック。
チケット購入時には、「どこでもお好きな席をお選び下さい」と言われました。
つまり、まだ誰も購入してませんよいうことですね。
さすがB級無名俳優作品です。俳優陣全く花ございません。
「ザ・コア」主役のアーロン・エッカートよりさらに花がないです。
この作品を見ると「ザ・コア」が素晴らしい作品に思えたりします。
突っ込みどころ満載という点では、どちらもいい勝負ではありますが。

さて、SF作品であること以外は、見に行くまでどういう作品なのか
全く前情報なしでしたが、ポスターを見て「パニック」ものであると理解。
「ザ・コア系か」と思いましたら、内容はそれ以下でした。

ほとんどCGでごまかした作品というか、俳優さんたちのバックもCGですから、
とにかくしょぼくて、「あちゃ~」という感はぬぐえない。
シド・ミードがデザイン担当したらしいのですが、
SFの金字塔「ブレードランナー」にははるかに及ばなかったです。
監督も、ピーター・ハイアムズと分かり、さらに「あちゃ~」でした。

ピーター・ハイアムズと言えば、シュワちゃんの「エンド・オブ・デイズ」
などヒット作品もありますが(単にシュワちゃん人気?)、
今回は、俳優さんにも花がなく苦戦ではないかと思います。
どうせB級なら「レリック」的な作品の方が好感が持てたりします。



内容はないに等しく、予想通り「ザ・コア」的にどんどん登場人物が
そこで殺さなくてもという場面で次々にお亡くなりになっていかれました。
で、残るのはやっぱりその二人ですかとハリウッドお約束健在です。
博士が妙なサルになったのには、さすがに苦笑。しかもしょぼCG。

文句ばっかり並べてますが、こういうくだらん作品が日本で公開されることに
意義があるのです。なので、皆さんも見て文句言って、宣伝して下さいね。
もちろんビデオスルーでも誰も文句言わない作品ですから、
決して1800円は払っちゃいけません(爆)。
金券ショップご利用で安く鑑賞致しましょう。


コメント

平岩医師の「がんのWeb相談室」再開

2006年04月15日 | 書籍のご紹介
猛烈にお忙しかったのでしょう平岩先生ですが、
ようやく「がんのWeb相談室」が再開しました。



ご自分でも「約10ヶ月ぶり」と書かれていました。
「がんのWeb相談室」に助けられた人も多いことと思います。

また、昨年11月にはこの「がんのWeb相談室」が本になりましたので
(罹患率トップの「胃がん」編と死亡率トップの「肺がん」編あり)、
そちらで質問、回答をじっくり読むことも可能です。





平岩先生、お体を壊さない程度にこれからも頑張って下さい。
コメント (1)   トラックバック (1)

Yahoo!ボランティアへ掲載されました。

2006年04月14日 | リレー・フォー・ライフ




Yahoo!ボランティアのイベント情報に掲載して頂きました。
皆さん、是非お越し下さい。お待ちしております。
コメント

<ご注意>4月29日(土)は歩きません。

2006年04月12日 | リレー・フォー・ライフ

「リレー・フォー・ライフ日本版を考える会]への参加を検討されている方へ。

 4月29日(土)の青葉公会堂でのイベントは、
リレー・フォー・ライフ(RFL)の第1回ではありません。
屋内(公会堂)での、ディスカッションや説明の会となります。

(ウォーク/ランは、行いません。) 

 本番のRFL(今夏・関東地区にて計画・準備中)に向けて
RFLというイベントへの思いや、参加方法等を、
映像等の資料も使いながら、ご紹介するとともに、
ご来場のみなさんからもご意見をいただければという企画です。

 当初は、お試し程度にでもウォークが出来るような会場を..
と考えましたが、諸条件により、屋内のみでのプログラムとしました。
まずはRFLの仕組みなどを より多くの方に理解していただき、
それぞれの地元で、同様のお知らせイベントや本番のリレーを
計画していただければと願っております。

以上お間違えのないようご注意下さい。

コメント