ダイブマスター(潜水道)兼温泉ソムリエマスター(温泉道)が行く!

仕事は二の次?海と温泉とグルメと映画レビューの日々。色々ありましたが人生楽しまなきゃ損ってことで。メインはTWです。

キッチン男の晩ごはん

2015年04月30日 | 食べログ

香港の途中ですが、週末に三鷹にあるすごいインパクトのお店に行ってたのでアップします。
そう言えばチャリで前を通ったことあったこと思い出した!
今まで行かなかったことを後悔するほどB級がっつり系でした(笑)。
店の外に券売機があって、メニューも写真入りで大きく掲示されてますので分かりやすい!
定食よりも丼系が中心のようです。
ちなみに女性大歓迎とデカデカと書いてありましたので女子もどうぞ。



店内は決して広くないのですが4人テーブルをできるだけ設置してみました的なレイアウトです。
カウンターは、この4席のみです。
ここに恰幅のいい野郎どもが座りやがるので、後ろから見ててむさくるしいというか、
狭そうというか、お隣さんがどうしても気になってしまいそう。

  

テーブルには、醤油、お酢、ドレッシングなど。
旦那は、常連さん一押しの満州トロトロ坦々油そばです。>¥790
見るからにカロリーの高そうなジャンキーな色合いですね。
ここまで来ると野郎バージョンにしてから揚げもトッピングさせてしまいましょう!(笑)。
ご飯もマンガのような大盛りでついてくるので、最後はぶち込むべし。
それにしてもグツグツしてて舌やけどしそう。
恐らく山椒だと思いますが、日本ではあまり使わない種類のものでした。
おりしも香港から帰ってきたばかりでしたので、とってもアジアな香りが鼻へ伝わり、
頭の中が一気にアジアになりました。
店内の装飾品もなんかも中国っぽいんですよね。オーナーの趣味でしょうか。

  

私は、またか!と言われそうなハンバーグ定食です。>¥890
やはりグツグツになって運ばれてきました。
最後の仕上げは、オーブンということですね。
このデミグラスソースは、濃くってご飯に見事にマッチしております。
このソースを最後には旦那のご飯にもかけて完食しましたよ。
ハンバーグで失敗することは少ないですが、こんな濃い~デミグラスソースで出してくるところも少ないような。

  

ついでにシュウマイも頼んでしまいました。 太るよ~。
3個で¥240です。サイズは、結構大き目です。



11時半にインした時は我々のみでしたが、
11時45分あたりからぞろぞろとガテン系の作業服を着たおっさん連中がわんさかやってきて、
あっちゅうまに満席になりました。
12時半の前に店の前を通ったら行列になってました。
人気店なんですね!
昼間からここへ来る女子はいないようです。
私だけ???


公式サイト


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

コメント

バーニーズダイナーハンバーグ

2015年04月29日 | 食べログ

香港の途中でしたが忘れてた食べログを一つアップしておきます。

先月の草津温泉からの帰りに伊香保から高速に乗るので、渋川伊香保IC近辺でランチして帰りました。
ぴのんのランチも捨てがたかったのですが、お手軽にICに近いこちらへ。

  

女性受けしそうなきれいな店内ですね。
ダイナーなので当然アメリカンな雰囲気のお店です。伊香保なのにアメリカン(笑)。
レディースランチも用意されてます。
田舎にしちゃとってもオシャレ。
こういう時に食べログあるとホント助かるわ。
メニュー通りに私はレディースランチを、旦那はボリュームランチをオーダーしました。
ソースは、選べます!

  

まずは、コンソメスープが来ましたよ。
同じタイミングでレディースランチとボリュームランチが来ました。
私は普通にデミグラスソースを、旦那は和風にしました。
お肉は柔らかく手ごね風ですね。
ハンバーグで失敗することはまずないですが、好みの味付けでした。

    

レディースランチのうれしいところは、チーズケーキ(スフレに近い)がついてるところです。
これも思いっきり手作りですね。
お皿が家庭的でほっこりしますね。

  

観光客相手に商売してるところではないので良心的なお値段で食事できます。
普段使いにも利用できそうで嬉しい。
田舎へ行くと蕎麦ばっかりでジャンキーな食べ物を欲する時があるんですが、
こういうお店があると助かります。

我が家は、相変わらずハンバーグが大好きです(笑)。

食べログのサイトは、こちら


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

/

コメント

銅鑼灣の南北楼

2015年04月27日 | 食べログ

香港到着日は、お昼をぬいてホテルへ直行、燕でお茶しただけでしたので
ぶらぶらした後、夕方17時に早めの食事にすることにしました。
到着して間もない、ましてや5年ぶりでしたのでどこで食事したらいいかも分からなかったので
安直ですがガイドブックにお世話になることにしました。
多分どちらのガイドブックにも載ってそうですが鉄板エビチリが評判の南北楼さんです。



四川料理のお店ですが、後で友人に聞いたところによると香港で四川料理というのは珍しいそうです。
広東、上海、北京料理が主流のようですね。
日本人は、中華でひとくくりですが地元民にとっては、きっと明確に違うのでしょう。
香港の食文化について一つ勉強になりました。

南北楼さんは、大通沿いではないですがリーガーデンズのあたりをうろうろしてたら見つけられると思います。
適当ですみません。
店の外から中の様子が見えないのは不安にはなりますが、ガイドブックに載ってるのできっと無問題!
いざ入店です。

赤を基調とした四川料理っぽい店内(?)。
テーブルクロスは、オレンジです。以外にも店内そんなに広くはなく、2階に個室でもあるのかなと思ったら、
2階はトイレがあっただけでした。
時間が早かったので日本人カップルが一組いらしただけでしたので静かに食事することができました。

まずは、つきだし?3品。きゅうりの漬物(?)、キムチ(めちゃウマ!)、ピーナッツ。
お茶は、すぐもってきてくれました。
何て香りのいいお茶だこと!ジャスミンでもなくウーロンでもなく???
紅茶みたいな中国茶ですは、果たして何茶だろう・・・。



とりあえず評判のエビチリを真っ先にオーダーです。
サイズは、大・中・小とあったのですが同行者もエビ好きなため大(10個入り)で頼みました。>510HKD
エビの直径は5cmはあろうかという大きなサイズで食べ応え十分です。
ぷりぷりであることは言うまでもなく、アツアツを貪り食いました(笑)。
緑色は、ネギかと思いましたが歯ごたえがあってやたらとシャキシャキしてまして・・・
あ、これセロリだ。
当方セロリは苦手なんですが、そんなにツンと来ませんので食べやすかったです。
シャキシャキの食感がとても良かったです。

  

こちらは、担担麺ですが一番小さなサイズを注文したにもかかわらず結構なサイズで出てきました。
何とか完食しましたが、同行者2名はギブアップしておりました。>60HKD
胡麻というよりは、ピーナッツペーストで味付けされてて日本の担担麺とはちょっと違いました。
でも、コクがあって美味しかったです。



ご飯ものが食べたいというリクエストでエビチャーハン(小)を一つ。>150HK
うす味ですがパラパラのチャーハンで日本とさほど変わらない味付けで食べやすいです。



魚も食べたいというので白身魚の甘酢あんかけ(小)をオーダー。>165HKD
これは、サクサクに仕上がってました。
味は、日本で食べる酢豚の白身魚バージョンそのもの。
酢豚に入ってるパイナップルは不要派ですが、入ってますね。



それにしても全部美味しい!ハズレなし。そして、提供時間もすごく早かったです。
滞在時間約40分程度でしょうか。
お酒も飲まないので食事もすぐ終わってしまいました。
やっぱり香港って食事が美味しいんだ~と一同納得。

締めて1,188HKD也。
た、高い・・・。アジアに来て毎日こんな贅沢な食事はしてられない。

公式サイト


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

/
 

コメント

銅鑼灣の八方燕

2015年04月25日 | 食べログ

銅鑼灣と書いてコーズウェイベイと読みます。
読めへんわい!
というのはひとまず置いておいて・・・。

中華圏の国なんで喫茶店で燕の巣です。
さぞかし高いのだろうなと思いましたら、そんなでもなかったです。
店内は、女子ウケしそうな感じです。
WiFiありました!
休憩がてら仕事もできそうです。窓際にぶらさがってるのは、燕ですね。

  

とにかく東南アジアにきたらばマンゴーですよ。
特にマンゴーにグレープフルーツが入ってるやつ。>58HKD
これめちゃくちゃ美味しいんですよ。
あっさりしててお口直しにすごくいい。
こってりしたものを食べても最後の〆にマンゴーデザートを食べたらお口さわやか。
普通にアイスクリームもありますけどね。>68HKD
どっちも燕の巣がのってるの分かりますか。
味はないんですが、食感を楽しむのかな。
もちろん美容と健康によさそうです。

  

夜はこんな感じ。ジャーディンズStにあります。



現在1HKDが¥15くらいですね。物価は、日本と同じくらいでしょうか。
ほかの東南アジアよりも高いですね。
もう少し割安感がほしいところですが、円安なので仕方ない部分もある・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

/

コメント

香港へ(その1)

2015年04月23日 | Weblog

では、アジアつながりで香港です。

遊びでもなく、仕事でもない理由でちょっと香港へ行ってきました。
実に5年ぶりでした。
東南アジアにはしょっちゅう潜りに行ってますが、香港は潜れても海が美しくないので
いつも素通りするのみ。
今回街中をちょっと歩く暇があったので、ぶらぶらと食べ歩きしてきました。

空港の中でもこんな肉がぶらさがってて、アジアに来たな~という感じがします。
この感じが大好き。
以前来た際にも天気が悪かったのですが、やっぱり今回もこんな曇り空でした。
この時期、湿気でムンムンです。
日本の梅雨のよう。

  

アメ横なんていううさんくさい店を発見(笑)。
「優の良品」とかも東南アジアでよく見かけますよね。
ゴミゴミしてて、高層ビルばかりで、ああ香港だな~と。

  

写真だけ見てるとシンガポールとよく似てる。
今後は、香港に行く回数が増えるかもしれません。
温泉はないですが、一応海に囲まれてるので潜ってる人はいるんですよね。
でも、裕福層はインドネシアやタイ、ミクロネシアに潜りに行ってるのかな。

しばらく香港グルメネタが続きます。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

/

コメント

帰宅

2015年04月22日 | Weblog

5日間旦那をほったらかしてようやく帰宅しました。
5日間ほったらかしたのは、初めてかも。
きっと私がいない間に自分の好きな肉ばっかり食べて太ってるだろうな。
嫁がせっかく10kgやせたのに、ますます太る旦那をだれか止めてくれ~。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

/

コメント (2)

フィリピン・アニラオ(その2)

2015年04月16日 | ダイビング

アニラオの続きです。

海中に十字架が沈んでるところがあるんですが、ここは魚の数がすごかった。
面白いほどに集まります。
餌付けしてるようで、こんな状態になります。
右は、ギンガメアジの群れです。

  

左:ニシキフウライウオ、右:かなり小さいカミソリウオ

    

左:ウバウオ、右:リングアイジョーフィッシュ

    

左:ニシキテグリ、右:ツバメウオの群れ

    

最後にアニラオのリゾートはどんなところかというと・・・
こちらは、レストランとバーです。
ウォーターサーバーがあって水は、フリー。コーヒー、紅茶も無料で好きな時に飲めます。
食事は、こちらのレストランでバイキングでしたが残念ながら全然補充が追いついてませんでした。
一度ランチに出遅れたことがあって、ほとんど何もなく補充を頼んだら「ない。」と言われ・・・。
日本人経営なのに、これはひどいと思いました。

    

時間つぶしの漫画が多数あります。

  

レストランの前にダイビングサービスがあり、ここにはテラスがあって船もここから出ます。
ポイントは、遠くても30分程度なので1日3本潜る人が多かったです。
サービストと一体になっているので無駄な移動がなく、その点楽ちんです。
リゾートは、西向きなので海に沈む夕日がきれいです。

  

目の前がハウスリーフでそのまま潜れるロケーションになってます。
ビーチダイブが好きな人は便利ですね!
ただし、アコモはビーチ側のこの3棟のコテージ以外は、声も筒抜けの本当のほったて小屋。
エアコンのない部屋もあるので、そりゃあ熱いと思います。
満室になるとしょっちゅう電気も切れるので、窓のない部屋は悲惨。
現在は、少しは改善されてるのでしょうか???
私たちが宿泊したのは、まさしくほったて小屋(とりあえず窓はあった)でした。
エアコン付きで部屋代を支払ってるのに、電気が切れエアコン使用不可。
眠れませんでしたよ。
さすがに帰国してからクレームを入れました。返金とか当然ないですけど。

  

フィリピンは、旅費が安くて有り難いのですが食事がおいしくないのと(私の口にはあわない)、
アコモのセンス悪いというか使い勝手悪いというか、ほったて小屋で狭く、ひどいと窓もない部屋に入ることもしばしば。
安いリゾートを選んでるので仕方ないのもあるんですが、プールもないところが多い・・・。
それで何となく足が遠のいてしまいました。
海は、本当に素晴らしいんですけど・・・。
最近は、年を取ったせいもあってある程度の快適さを求めてしまうようになりました。

現在アニラオには、ほかにも日本人経営のリゾートが建っているようなので選択できるようになりました。
ロケーションはどこも同じで目の前がハウスリーフになっているようです。

部屋と食事の不満とそんな思い出がつい全面に出てしまうリゾートでしたが、
海は、普通に良かったです。
次回アニラオに行くとしたら別のリゾートにするかな。


公式サイト


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

/

コメント (2)

フィリピン・アニラオ(その1)

2015年04月15日 | ダイビング

最近温泉ばかりでしたのでたまにはダイバーらしく潜水ネタを(笑)。
GWにフィリピンに潜りに行く予定してるんですが、
しばらくフィリピンに行ってなかったので(インドネシアとタイが素晴らしすぎて)
予習がてら復習してみよう。

フィリピンはいつが最後だったかなと思い調べてみると・・・
2010年のGWが最後でした。
その際に行ったのがアニラオというところでした。
マニラから車で3時間ほどのところにあります。
だいたいセブ(マクタン空港)経由各リゾート地へ行くのが多いですが、
3時間の車さえ我慢すればマニラから乗り継ぎがない分、行きやすいです。

写真を見てみるとフィリピンらしくマクロ宝庫ですね。
なかなかすごい!

左:ハナタツ、右:エビと共生するギンガハゼ?

  

ふっさふさのカエルアンコウ。このタイプのカエルアンコウは、実はここでしか見たことないです。

  

左:カラフルなウミウシ、右:セミホウボウ

  

左:何エビ?よく見たらお腹にたわわに卵を持ってます、右:ハナヒゲウツボ

  

左:ピグミーシーホース、右:オオモンカエルアンコウ

  

左:2匹いるのわかりますでしょうか。オリビアシュリンプ、右:カミソリウオ?

  

だいたい浅いところでこんな珍しい魚のオンパレードで海中はにぎやかです。


つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

/

コメント

草津温泉共同浴場 凪乃湯と躑躅の湯

2015年04月14日 | 温泉

これで最後になります。
現在は、草津温泉には19の共同浴場がありまして、なかなか全湯制覇はできないのですが
こちらは、極楽館のすぐ隣にある凪乃湯です。
場所が分からず入っていなかったのですが、チェックアウト後に探したらあっけなく
見つかりました。
こんなところに!という奥まったところになりました。
入浴はしなかったのですが、見学だけしてきました。
ここは、地下に降りるタイプでした。

  

とても小ぶりな浴場でした。
ちなみに湯畑周辺の共同浴場は(関の湯とかも)、夕方以降は地元優先になります。
入らなかったので、次回の宿題にしておきます。

  

帰り際に温泉街から一番遠い躑躅(つづじ)の湯を探しにきまして、何とか見つけられました。
温泉街から歩けなくもないですが20分はかかりそうです。
車は、道の駅に置いて公園方面に側道を下りていくと躑躅の湯です。
まさか道の駅の近くにあったとは・・・。
ちょうど鍵が開けられたところだったようですね。

  

観光客もここまでなかなか来ませんので、ほとんどが地元民利用です。
きれいにされてますね。朝から草津の湯に入れてとっても気持ちがいいです。

  

おっちゃんが一人温泉街からてくてく歩いてきたと言ってました。
数泊素泊まりして、あちこちの共同浴場めぐりをしているということでした。

草津温泉は、何度入っても飽きないですね。
また来よう!と思いました。
次は、親を連れてきたいな~。



にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

/

コメント

寒いですね。

2015年04月13日 | Weblog

スタッドレスを外したと思ったら雪が降ってこの寒さ。
何なんでしょうね。
こたつとストーブがまだしまえません。

でも、私の頭の中は・・・南の島のことでいっぱいです(笑)。
せっかくのGWが待ってますので飛びたいと思います。
待ってろよ。海!




にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

/

コメント