ダイブマスター(潜水道)兼温泉ソムリエマスター(温泉道)が行く!

仕事は二の次?海と温泉とグルメと映画レビューの日々。色々ありましたが人生楽しまなきゃ損ってことで。メインはTWです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ネイサン・チェン選手のこと その4

2018年04月22日 | フィギュアスケート

2018年世界選手権FS最終滑走の演技。
原題:「Mao's Last Dancer」
邦題:「小さな村の小さなダンサー」

https://youtu.be/8c9CLtGFDC4

何も言えね〜。
泣いた。
今見ても何度見ても泣くしかない。

あと数時間でWFSがAmazonから届くはず。
いつ届くかわからないが復復習としてあげときます。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

コメント (2)

ネイサン・チェン選手のこと その3

2018年04月20日 | フィギュアスケート

まずは、どんな演技をするのか見てみよう。
ごめんなさい。つべの貼り方忘れた

https://www.youtube.com/watch?v=NEDyIIpwslQ

SP:106.39

これで17才。あり得ん。
カッコイイかカワイイか美しいか。
この場合は、美しいが正解(思いっきり個人的見解にて失礼)。


何が美しい?


指先が美しい。
背中が美しい。

ラインが美しい。
ポーズが美しい。
所作が美しい。
あちこち美しい。
圧倒的に美しい。

バレエやってる人間が滑るとこうなる。
まるでプルシェンコのようにダンサー。
陸であろうが氷の上であろうが基本バレエが仕込まれてるからそこは絶対崩れない。
崩しようがない。
体に染みこんでるから。
勝手にバレエ再現するから。
そういうプロやから当然の結果。

そこにジャンプ要素が加わる。
今度は、体操競技やってた時の空中感覚が加わる。
大事なことなのでもう一回書くよ。

体操競技やってた時の空中感覚

バレエと体操競技とフィギュアスケートの融合の完成形を見ることになろうとは。

全部まるっと大好物だから沼に落ちる。
「あれ?何か美しいな。」に始まり、
色々調べまくったらバレエと体操競技と出た。
遡るとチビネイサン出てきた。
神童と呼ばれていたらしい。
その10年後に世界選手権で優勝するとか、五輪はあんななって全米が泣いた的な展開。

バレエやってる、体操やってる、アイスホッケーやってる、ピアノ弾いてる、ギター弾いてる、歌を歌う、中国語しゃべるとか。
ズブズブにはまっていくはめに

いいことばかり書いてもアホやと思われるから少しだけ書いとこうか。

単独ジャンプには、ステップか何らかの振付から入るのが理想的。
だが、しかしクワドにステップを入れることが非常に難しい。
そこごまかしてステップからのトリプルジャンプでは、もはや勝負はできない。
基礎点を積み上げることが戦略。
だからフリップには、ステップをつけずにそのままジャンプに入る。
ジャンプ着氷後に流れるようになると怖いものなしとなるが、そこはまだ伸びしろと考える。

唯一アクセルが苦手らしい。
どの選手にとってもアクセルは難しい。
唯一の前向きに侵入するジャンプだから当然。
羽生のバックアウトカンウターからのアクセルは誰も真似できない。
あれを「ハニュウアクセル」と呼んでもいいレベル。

ただし、明暗を分けるのはこのアクセルジャンプだったりするので克服する必要はある。
ランビエールもパトリック・チャンも苦手だった。
最後までこの二人は、アクセルに苦戦していた。

高橋大輔を救ったのは、アクセルジャンプだったのではないかと思う。
アクセルが2本入るかどうかは、点数として非常に大きい。
ネイサンは、その埋め合わせをクワドで行う。
そんな苦手ならアクセル飛ばなきゃいいじゃんとなるが、
そこはルールで必ずアクセルジャンプを1回は入れないといけないというのがある。

しかし、苦手と言いつつネイサンは、アクセル降りてる。
しかもこの動画ではイーグルから跳んでるし。
ちょっとごまかした感はあるけどイーグル→アクセル→イーグルでサンドになってるしね。

イーグルがまた美しい。
小塚のイーグルを彷彿させる。

最後にイケボについて。
演技の前に実は、声がええなと気づいた。
色々検索してたらイケボと出た。
私だけじゃなかったのか。
一般的に見て(聴いて?)声がイケてるらしい。
そして、早口。
リスニングができないほど早い。
記者からももう少しゆっくりしゃべれと突っ込まれるほど早いらしい。
頭の回転が早いことと何か関係があるのかもしれない。
いや、知らんけど。

つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

コメント

ネイサン・チェン選手のこと その2

2018年04月15日 | フィギュアスケート

ネイサン・チェン選手について検索をかけてヒットするサイトのまとめ。
そもそも公式サイトは、存在しないらしい。
ご本人公認は、FBのみ。
FBは、アカウントなくても見られますが、当方FBやっておらず非常に見づらいです。
できればFBではなくHPで作成頂きたかったですが、ボランティアですから文句も言えません。
情報等を追うには、非常に助かります。
感謝申し上げます。

さて、まずはWikiサイトが下記。

ネイサン・チェン Wikiより

この世に存在するネイサン♥なブログは、下記2つ。
いや、もっとあれば教えてください。
当方の検索能力では、このお二方しか把握できておりません。

ネイサン・チェン ~Le Corsaire 2016~

↑ Cherryさんブログ

BABE collection

↑ BABEさんブログ

ここからは、一部ネイサンを取扱ってくださているブロガーさん。

オオナゾコナゾ

↑ 種子島ピーさんブログ

★フィギュアスケートのヴィーナス★

↑ 管理人様のお名前が不明ですみません。
※ 某選手フィルタあり

つれづれなるままに・・・


↑ かみやんさんブログ
※ 全くのフィルタなしという稀有な存在とお見受けいたします。しかも理論的。

当方で参考にさせていただいているのは、このくらいです。
あとは、フィギュアスケートYou Tubeさんやフィギュスケートまとめ零さんなど。
都度検索して利用してるという感じでしょうか。
しかし、ブログはやはりPCからの方が見やすいので、どうしても仕事が忙しいと
ブログ閲覧までの敷居が高くなってしまうのです。
ここもそうやって放置していたわけですから。

スマホに強制的に機種変させられて、これで五輪も俄然楽しくはなったのですが・・・
ツイッターとやらがクセモノでした。

見なくてもいいものガンガン流れてくるようになりました。
無視するには、ミュートがブロックという機能を使うそうです。それ知らないから(汗)。
また、巻き込みには注意しないと、とにかく怒られます。
巻き込みは、「」らしいです。
受験生?にそれを指摘されたりもしました。orz

ネイサンファンの方々は、優しい人ばかりで巻き込みのことをクレームしてきた方は、
一人もいらっしゃいません。むしろ巻き込んでその会話に入れてよかったくらいのお心の広い方ばかりです。
その様子を見てか、「これが本当のファンの姿ではないのか」と書いてる方もいらっしゃいました。


つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ



コメント

出身地鑑定!!方言チャート

2018年04月15日 | Weblog

おもろい。滋賀県てでよる。京都やねんけど。

https://ssl.japanknowledge.jp/hougen/


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

コメント

ネイサン・チェン選手のこと

2018年04月15日 | フィギュアスケート

ダンスヲタ友人から聞いたのが3年前くらいでしたでしょうか。
アメリカですごいのが出てきたぞと。
何がどうすごいのか、フィギュアスケートYouTubeさんのところで動画探しへ。

その時どの演技をみたのかは覚えてない。
そして、

「姉さん事件です!」が起きる。

クワドをいきなりそんな飛ぶ????何者?
方や中国でもボーヤンが4ルッツを飛んでジャンプ構成がすごいことになっていた。何者?

シニアの世界では、ハビと羽生が2種3クワド構成。
羽生に至っては、アクセルを2本とも後半に持ってくるとか2本ともコンボにするとか
とんでもない基礎点合戦が勃発。
パトリック・チャンを倒すためには、基礎点で対抗するしかない。
オーザー陣営はそう考えたらしい。

そこへ昌磨がシニアにあがってくる。
ほどなくしてシーズンイン直後の団体戦(KOSEプレゼンツなんとかかんとか)で
4フリップをしれ〜っと飛びやがった。

そう言えば高橋が、バンクーバー直後の世選で4F飛んだことあったな。
完全に回転不足やったけど。
それでも余裕の優勝。しかも真央ちゃんと揃って。
日本人として誇らしいことよ。

イタリアの地で「道」で優勝する高橋。
渾身の「鐘」で優勝する真央ちゃん。

この時の真央ちゃんのフィニッシュを小塚が完コピして話題になった。
それくらい真央ちゃんは、完璧にやったのだ。あの「鐘」を。

話がそれた。
フィギュアスケートの世界が歪んでることは、色んなブログを見て多少知っていた。
ただ、バンクーバー、ソチ、今回の平昌。
もっと歪んでしまった。
で、さらにルール改正が来る。

後半にジャンプを飛べば1.1倍 → 後半全固め打ちしました → 後半ばかりに飛ぶのはどうかといちゃもん

6クワド飛びました → プロトコル上6クワド認定 → マイナスついてるんで5クワドといちゃもん

エビデンスは、エビデンス!

紀伊国屋で羽生本だらけのコーナーがあった。
平昌全記録と書かれているが、実質ほぼ羽生本だった。
ネイサンのことなどは、所詮他国選手につき、あってもA4の半分ほど。
ハビは、羽生と同じくクリケットなので比較的掲載されていたのではないか。
ネイサンは、6クワドなのか、5クワドなのかメディアの意見は割れたままだった。

https://youtu.be/NEDyIIpwslQ

つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

コメント