ダイブマスター(潜水道)兼温泉ソムリエマスター(温泉道)が行く!

仕事は二の次?海と温泉とグルメと映画レビューの日々。色々ありましたが人生楽しまなきゃ損ってことで。メインはTWです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「幸せなオリンピックだった」

2008年08月19日 | Weblog
冨田選手がそう言うならメダルでなくともいいんです!(T▼T)
最終種目鉄棒に日本国民の緊張は最高潮に達したことでしょう。

「もう私たちには祈ることしか出来ません。」by NHKアナウンサー

そうなんです。なので両手を合わせ祈りながら冨田選手の鉄棒を見守りました。
コールマン・・・掴んだ!足は決して開きません!
最後の降り技、伸身の新月面・・・(栄光への架け橋になるか・・・)
「あ~っっっ!!!!!」

表情をあまり表に出さない冨田選手もやはり悔しがっています。
せめて一歩ずれるくらいの着地にしてあげたかった。
でも、終了後インタビューで「幸せだった」と。これを聞いてまた涙。

内村選手の銀メダル後のインタビューとは、やはり言葉の重みが違うんですね。
いや、内村選手は次回のオリンピックで今回取った銀メダルの
本当の意味を知ることになるんです。
そして、そのとき彼の口から発する言葉は、冨田選手と同じものとなるでしょう。

それにしても、中国は団体、個人、種目別5種目とメダル量産でした。
かつてのソ連のようです。
群を抜いてるので日本としては、今後も厳しい戦いになりそうです。
とりあえず次の世界選手権お願い!

追伸:後方伸身2回宙返り3回ひねり(月面でもなく新月面でもなく)という技は、
   私は始めて見たのですが、あれ「ホートン」という名前はつかないのでしょうか。

さてと、あとはシンクロに期待ですね。
うわ~トランポリンの外村が現在2位!!!!!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

コメント

続・日本レスリング女子超男前!

2008年08月17日 | Weblog
大雨が降って気温が下がったので久しぶりにクーラーを消しました。
でも、オリンピックは実に熱いです。

本日の私のメインディッシュは、男子競泳メドレーリレーではなく
(銅メダルおめでとう!)、女子レスリングと体操種目別。これしかない!

いや~厳しかった!
世界選手権6連覇で安定している伊調馨選手でも、
準決勝は、ぎりぎりのところで踏みとどまった試合となりました。
実況、解説者もひやひや。
そして、その影響か決勝戦での馨選手は攻めきれない。
結局クリンチで決まったのですが、このクリンチは曲者!

両者ポイントなしで進むと運任せのクリンチで窮地に立たされるのですが、
これは、もう守る方が圧倒的不利です。
だからこそ技でかなわない外国人選手は、あえてそれを狙ってくるという。
ここがスポーツ精神にのっとったルールなのかどうか納得できません。
しかし、その窮地も見事に跳ね返し伊調馨選手は、金メダルを手にしました。
ただもうボロボロの馨選手は、バンザイもままならない状態で、
勝ちが決まった瞬間やはり泣いてました。
でも、良かった。金メダル取れて(T▼T)。

浜口選手もアネテ同様銅メダルを手にしました。
この人は、なぜこうもさわやかなんでしょうね。
散々審判の変なポイントのつけ方に苦しんできた人ですが絶対腐らない。
じつに清いこと。やっぱり人間が違いますね。
銅メダル私には金メダルに見えますよ。
すばらしい試合をありがとう。

今BSで体操の種目別やってるんですが、
内村選手が床で5位入賞!
これはロンドンに向けての準備運動みたいなもんです(笑)。
年齢から考えればロンドンの次も行けるでしょう。
冨田選手は、鞍馬5位!おしい!

先日ご紹介したオクサナ・チュソビチナ選手は、見事跳馬で銀メダルを獲得!
オリンピックのメダルは、EUNで出場したバルセロナ以来です。
素晴らしい!これなら次の世界選手権も行けそうです!?

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ



コメント (3)

日本レスリング女子超男前!

2008年08月16日 | Weblog
朝から既に3回泣いています。

伊調千春選手があまりに厳しい試合を勝ち抜いて決勝進出を果たしたこと。
心臓が止まるかと思うくらいドキドキしながら試合を見守りました。
そして、銀メダルを獲得!
吉田選手は、連覇!
どちらも涙なくしては、見られませんでした。

実にストイックな伊調姉は、「姉妹で金メダル」はなりませんでしたが、
その輝きは金メダルに匹敵していました。
ご自分でもそれをよく分かっておられた実にすがすがしい男前なコメントに
また涙しました。

「この4年間、馨と歩んできた道は最高だった。」

そう思えることが金メダルだと思います。
もう人間が違います。

吉田選手は、圧勝な感がありましたが、それでも「不安」という言葉を
口にされてましたから、やはり連勝ストップが相当トラウマだったでしょう。
でも、それを乗り越えての金メダルに涙です。

2ヶ月後には、日本で世界選手権だそうですから、
休む暇なしですが、お疲れ様でした。そして、おめでとう!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


コメント (2)

「これが結果です。」

2008年08月15日 | Weblog
毎日泣きそうになりながらTV観戦しているのですが、
今日はさすがに涙が出ました。

女子柔道の塚田選手です。悔し涙で言葉が出ない。
TVを通して痛いほど悔しさが伝わってきました。
でも、柔道家は言い訳しません。搾り出した一言がコレです。

解説の阿武さんも泣いておられたのかアナウンサーに
「阿武さん大丈夫ですか。話せますか?」
一緒に練習してきた阿武さんは、我々よりも塚田選手の悔しさを感じたでしょう。
でも、表彰式は笑顔で迎えることが出来たのでホッとしました。
立派ですよ。銀メダルですよ。

そして、塚田選手の分まで石井選手が頑張って金メダル取ってくれました。
「金メダルの重圧なんか斉藤先生に比べたら屁でもない。」
斉藤監督は、見てくれも怖いですからね(笑)。

金メダルの興奮冷めやらぬ中インタビューでしたから、
しゃべりすぎた石井選手に対して解説の篠原さんが一言・・・
「まあ石井は、しゃべらんことです。」

さすが篠原さんコメントが違う。
ついでに表彰式の時には、

「ちなみに僕は、圧勝でしたけどね。」
NHKもLIVEだからカットできない(笑)。

柔道の皆さんお疲れ様でした!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


コメント

悲劇乗り越え、銀メダルと4位入賞

2008年08月14日 | Weblog
もうTVから目が離せません。
今日は課長が予定休だったので、10時50分から北島選手の200m決勝を観るべく、
休憩室TV前にて観戦。誰も観に来ないのが不思議(いや、仕事中ですから)。
10分ほど離席し、金メダルの瞬間を観て仕事に戻りました(^^;;)。
号外が出ていたようですね。

体操男子個人総合は、13時からLIVEだったので昼休憩を13時からとし、
1時間のTV観戦。
しかし、放送始まるなり、いきなり冨田選手の吊輪の落下シーンに
全身が凍りつきました。
何というか・・・言葉で表すと「ぐしゃっ」って感じで落下。
競技続行不可能かも!?

続いて内村選手の鞍馬が録画で放送され、またも凍りつきました。
一度ならずとも二度の落下・・・。どうなるの!?

休憩時間内に体操が終わらなかったので、どうなったんだろうと
心配で心配でやはり仕事になりませんが、
その後Yahooトップで内村選手が銀メダルを取ったことを知り、安堵しました。

この二人の落下には、心臓が止まりそうになりましたが、
どのくらい凍りついたかというと、まるで今年のフィギュアスケート世界選手権で
浅田選手がトリプルアクセルに入る前に派手に転んで壁に激突したことを思い出しました。

その後の浅田選手は、転んだことなどなかったかのようにパーフェクトの演技で
逆転しましたが、アナウンサーが「諦めるわけにはいきません。」
言っていたのを思い出しました。

冨田選手は、その後は本来の力を発揮し、途中17位から4位入賞へ。
内村選手は、ひょうひょうと演技して、着地を決めては「へへっ」という
感じで笑うのが、実にかわいい。
そして、終わってみれば銀メダルの快挙!
実にロス五輪の具志堅さん以来のメダルだそうで。
そんな取ってなかったっけ~と思いましたが、
冨田選手が個人総合で金メダルを取ったのは、世界選手権でしたね。

平成生まれの19歳は、きっと次の五輪ではやってくれるでしょう。

がんばれニッポン!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

コメント

「一本は芸術です。」

2008年08月12日 | Weblog
ほんとにその通り!一本は、まさに芸術。
その言葉通り100点満点(by解説の山口さん)の見事な一本勝ち!
谷本選手は、返した瞬間にもう勝利を自覚されてましたね。
ほんとに見事で相手は呆然。立ち上がれませんでした。

しかし、金メダリストの放つ言葉は重みが違いますね。
LIVE中継で、恩師古賀さんとフィギュアスケート金メダリストの
荒川静香さんがコメントされていましたが、
古賀さんは恩師でもあるので谷本選手の事情はよくご存知でしょうが、
荒川さんがあまりにも畑違いの競技のコメンテーターとして出演されていたので、
ちょっと心配したのですが(^_^;)、
金メダルを取るまでの苦労はやはり分かり合えるようで、
全く競技が違うにも関わらず、的を得たコメントをされており驚きました。

しかし、連日金メダルは連覇という快挙!
ガンバレ日本!

あ、ゴールデンから外されましたが体操日本男子銀メダルも
逆転の銀メダルではらはらしましたが、おめでとう!
体操のおかげで仕事が全く手につきませんでした。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

コメント

白血病の息子のために

2008年08月11日 | Weblog
毎日オリンピック観戦し、感動で涙しています。

「息子のためにいい仕事しました。」

内柴選手かっこよかったですね。金メダル、そし連覇おめでとう!


さて、体操女子選手でオクサナ・チュソビチナという選手がいます。
http://www2.asahi.com/olympic2008/news/TKY200808110145.html

彼女は、女子体操では異例の33歳。
さすがにもうオリンピックには出てこないだろう(アテネには個人として出場)
と思っていましたが(昨年の世界選手権が最後かと)、
何とドイツ国籍で再度五輪出場を果たしました。

彼女は、バルセロナ五輪で旧ソビエトのEUNとして出場し、
金メダルを手にしていますが、その後、ソ連は崩壊。
祖国ウズベキスタンの選手として活躍、ウズベキスタンに数々のメダルをもたらしていました。
20代後半になっても体操を続ける彼女に何か理由があるのだろうかと
思っていましたが、金メダルを取った後、結婚し、息子を出産。
その息子が白血病のため、祖国では治療できずドイツで治療を受けさせるために
体操で賞金を稼ぎ、治療費に当てているということでした。
現在息子さんの病状は安定しているそうですが、
ドイツに恩返しがしたいとドイツ国籍を取得、北京へ来たのでした。

彼女の息子さんのためにチュソビチナ基金もあり、
日本でも彼女のためにファンによる募金活動が行われていたようです。

チュソビチナ選手は、類まれなる脚力の持ち主で跳馬のスペシャリスト。
跳躍力はスゴイものがあります。世界選手権でも種目別跳馬では、
金メダルも獲得していました。
女子選手では、ロンダート(ソビエトのユルチェンコ選手がやった飛び方です)から入って、
塚原の2回ひねり、2回半ひねり系の跳躍が主流ですが、
脚力のある彼女の場合、ロンダートから入らずそのまま前から入るか、
4/1ひねって入るかの男子跳馬のような飛び方をするのが特徴です。
滞空時間が長いのでそれはそれは迫力のある跳躍を見せます。

またバルセロナ五輪16歳当時では、床でもスゴイ技をやってました。
当時でもウルトラC(今のようにE難度、F難度は存在しません)とか言ってましたが、
Cで間に合わないのでD難度が出来たころでしょうか。
今で言うE難度の伸身の月面宙返りのチュソビチナバージョン(!)をやってました。

月面宙返りというのは、1回目の宙返りに1回ひねりを加えるのが正当バージョンですが、
彼女の場合、2回目の宙返りに1回ひねりを加えたオリジナルの技でした。
なので、このとき新技申請がなされていたように記憶しています。
月面宙返りは月面宙返りなのでチュソビチナという技の名前はつきませんでしたが、
彼女以外で男子も合わせて、この技を見たことがありません。

とにかく彼女がまだ体操を続けていることが奇跡のようです。
そして、世界が彼女の事情を知っていますから、
舞台に立つだけで拍手が沸き起こります。

良い演技が出来れば種目別決勝(跳馬)に出場してくるかもしれません。
とても期待しています。がんばれチュソビチナ選手!

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

コメント

夏休み

2008年08月08日 | ダイビング

のんびりと夏休みを過ごしてきました。さて、どこだ?



海がきれいだ。手前の赤っぽいのは全部海草です。
この島では、9割の方が海草の仕事をして生計を立てています。



こういう石造を見ると「らしい!」という感じがしますね。



夕焼けのグラデーション。調度沈んだ直後です。
私は飲まないので南の島で一杯ひっかけるのは、バナナミルクシェイクです(笑)。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

コメント

チャリ通勤1週間

2008年08月08日 | Weblog
経過です。

体重は、変化なし。
そんな早く効果は出ませんよね。はい。

チャリ通勤と同時に始めたのが下剤服用(^^;;)。
人間ドックで「1週間も溜めたら体にいいことないでしょう!」
と言われまして、下剤飲んででも出すように指導を受けました。

で、下剤ってどんなもんだろうと思いましたがあまりに効果バッチリ。
出るわ出るわ
よくぞ今までこんなものを1週間も溜め込んでいたものだと驚きです。
1日2回は出すようになりまして、お腹はだいぶすっきりした感じになってます。
今までは、もうガスでパンパンでしたから。

あとは、カロリー制限するようになりました。
買うときは、必ずカロリーを見る。
それと間食禁止、ジュース→水かお茶のみ。
それからラーメン、ご飯の大盛りもやめました。
「女性は無料で大盛りに出来ます」とか言われると、
「じゃあ・・・お願いします。」だったんですがやめました。
っていうか、ラーメン自体も食べないようにしてます。
無性に食べたくなりますが・・・。

これ以上メタボになりたくないので、夏の間に大台を下回れるように自転車がんばります。

9800円のママチャリでも負けへんでぇ。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


コメント

7月は・・・

2008年08月02日 | Weblog
先月は、7月10日に某社ミッションを終え、夏期休暇を取っておりました。
休暇前に人間ドック(11日)も受診し、12日には赤道直下の南の島へ。
海では、マンボウと戯れて・・・(最高の休暇であった。また報告します)、
帰ってきたらまた某社別ミッションのため、調布へ飛ばされ・・・
現在は、そこでぬくぬく?仕事をさせて頂いております。

西武新宿線という東京でも超ローカルな(どこの沿線も乗入れしない不自由な路線)
沿線に住む私が調布へ行くとなると、馬場→新宿→調布と乗継ぐ必要があり、
通勤時間は、下手すると2時間(だいたい調布から徒歩20分て!しかもバスないし)はかかるのでした(-_-;)。

それが面倒で面倒で何とかならないものかと考えていたところ、
調布なら自転車でも通えるのではという情報をキャッチし、
メタボ改善にも良いかと思い、現在は着替持参してのチャリ通を実行。
思いのほか近かった。そして、うざい満員電車に揺られることもなく、
暑いけど快適な通勤を手に入れたのでした。
電車なら2時間かかっても、チャリなら何と45分!!!!!!

「自転車は、都内最速!」とは、嘘ではなかったです。
通勤費は、がっちり会社から子宮いや、支給されてますから、
お金は浮くわ、脂肪減少するわ(←させたい!)一石二鳥です。

会社には、ドアを開けるとそこに
「脱!メタボリック!」
と書いてあって、初出社からカウンターパンチをくらった雨のち晴れでした。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


コメント (4)