ダイブマスター(潜水道)兼温泉ソムリエマスター(温泉道)が行く!

仕事は二の次?海と温泉とグルメと映画レビューの日々。色々ありましたが人生楽しまなきゃ損ってことで。メインはTWです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さすが静岡がんセンター!

2006年10月25日 | がんのことあれこれ
常にがん医療をリードし続ける静岡がんセンターの新しい試みが始まるようです。
今まで蓄積してきたよろず相談のデータベースが生きてくることでしょう。



詳細は、がんナビをご覧頂くとして、先日この班会議に参加しないかと
お誘いを受けたのですが、時既に遅し、予想以上の参加希望者殺到につき
参加することができませんでした。

がん対策情報センターがないよりまっしにしろ、どうも患者の側に立った
設計になっていないような感じを受けるので、これこそ待ち望んでいたものと
大変期待しております。
立上げ前から患者の声を取り入れるために、このような会議を開催している
姿勢そのものが嬉しい。

国立がんセンターも運営評議員に患者会代表を入れてはいるものの、
2名だけですか?
予算も人員もないと愚痴を言う前に、患者を賢く使えばいいのです。

コメント (7)   トラックバック (2)

「日向1号(ひむか1号)」

2006年10月19日 | がんのことあれこれ
つい今しがロトのCMで鈴木杏樹がこれを紹介していました。
ロトのCMで何故肺がん検診車のこと紹介してるんだろうと思いましたが、
宝くじ協会から宮崎県へ寄贈されたんですね。
今年のことかと思ったら04年でした。

夏みかんや発電所のことではありません。

私は、宝くじは買わない人なんですが、
宝くじもこんなところで役立っていたのですね。知らなかった。




コメント (2)

こっちも更新されてるな~

2006年10月18日 | がんのことあれこれ
がん情報サービスですが、こまめに更新はされてますね。
末端の現場担当者の苦労がしのばれます。ほんとにご苦労様です。
あなたのその努力は、ちゃんと拝見してますから!

一番最初に触ってみたのは、病院検索なのですが
(恐らくは使用頻度は高いでしょうに何故画面の一番下におくかね。)
まず細かい条件にチェックをつけてというのはいいなと思いました。
「専門医がいる」「専門看護士がいる」とかチェック項目(←うろ覚えです)は、
なかなかいいです。

そのチェック項目の上に、ドロップダウン形式で都道府県を選択するのですが、
都道府県を指定せず(つまり全国を対象にして)検索しようと思うと
出来ませんでした。
「都道府県選択なし」の項目がないので、全国から検索したいのに
いちいち都道府県別にしか検索できなくて、こりゃダメじゃんでした。

しかし、今見ましたら・・・



ご覧の通りすっかり画面構成が変更されておりました。
「専門医のいる病院」とかの検索は、出来なくなってました。
各病院から「それではうちが検索でヒットしないじゃないか!」とか
クレームでたんでしょうかね(爆)。
それ以上の情報は、リンクを辿って自力でということですね。
残念ながら自宅近隣の病院を探すというレベルにダウン。
いつか条件検索を復活させてほしいなと思いました。

念のため病院名をクリックすると下記の画面になるので、
「○」表示で「専門医による~の実施」有無などは確認できます。



今後の更新に期待します!



コメント (2)

藤田さん公式発表

2006年10月17日 | がんのことあれこれ
本日夕方頃でしたか、アメブロの
「銀座で働く社長のブログ」で公式発表が出ました。



謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
心よりご冥福をお祈り致します。

コメント (2)

更新されてるな~

2006年10月17日 | がんのことあれこれ
さも開催前から存在しているページであるがごとく。
がん患者支援プロジェクトの協力のもととかそんな言葉は一言もなし。
何しろ

「日本での普及に関してブランド使用を含めて公式に許可を受け、活動しています。」

ということらしいので。はいはい。




コメント (6)

藤田さんの番組放送?

2006年10月17日 | Weblog
11月18日(土)NHK教育 22:00~23:30の中で藤田社長が少し?
出られるようです。
この時間だとETV特集でしょうか。
mixi内での葬儀に参列された方の情報です。

コメント (4)

藤田社長が・・・

2006年10月17日 | Weblog
ブログ、NCIのサイトともに更新されてはいませんが、
mixiで葬儀の日程を知りました。
12日(木)にお亡くなりになられたようです。

TVでのお姿を拝見し、カウントダウンが始まっているかもと思いましたが、
彼は特別だ!という思いから、ブログの更新はなくても
「大丈夫だ」と自分に言い聞かせていました。

しかし・・・

昨日帰ってきてからmixi内のコミュニティの書き込みを見て、
ついにその時が来たことを知りました。

心よりご冥福をお祈りいたします。
藤田さんお疲れ様でした。

コメント (2)

レイクランドホテルみづのさと宿泊

2006年10月16日 | 病院ついでに温泉
「病院ついでに温泉」シリーズが続いてます。

前回のかめや恵庵さんの時は、富士山が遠かったので、
今回は、とにかく富士山がど~ん!と見える場所、部屋を探しました。
値段が一番手ごろだったため、「みづのさと」さんへ。



今回はこちらのお部屋。

当日予約なので定価のままですが、旅窓なら1泊2食付で2万切ります。
この日は、¥21、000(税抜)でした。
客室露天風呂がついてこの値段は、リーズナブルです。

ご来光ツアー開催中につき、
縁起かつぎにご来光も見てきてもらいました。
「元気な日を1日でも長く」と願ったことでしょう。

お部屋は、こんな感じ。



一緒ではないので今回は出資なし。自腹を切って頂きました。
仕事がなければ一緒に行きたいけど・・・。また今度だな。

このまま様態が安定して、病院ついでの温泉が出来るといいのだけど。

コメント

06年10月16日(月)CT検査なり。

2006年10月16日 | がん治療経過
CTは、3ヶ月に一度ですが何か早いです。
この3ヶ月を元気に過ごせたことに感謝。

首から下全部撮影で、午前A科、午後B科の受診で1日仕事です。
緊急入院を言い渡されると困るので(←過去2回の教訓)、
毎度入院の準備はして病院へ参ります。

さて、その結果は・・・

セーフ!

全く大きさに変化なく、腫瘍マーカーも変化なしの基準値内につき、
A科主治医にB科受診の必要なさそうですねと言われました(笑)。

そして、その場でB科主治医に電話を入れて下さり患者の状況を説明、
B科主治医も「じゃ、帰ってもらっていいですよ」と、
次回の内視鏡検査の予約だけ入れて終了しました。

通常の病院だとこのような連携ってあるのでしょうか。
驚きと感心と・・・場所が違うとこうなのかと妙に納得したのでした。

変化のないものを無理やり今すぐどうこうする必要もないのでは?とのことで、
紹介状をもらって別病院へ行く予定でしたが、ひとまず延期となりました。

おかげで医療費を削減できました。
病院にとっても患者にとっても良かったです。
「B科行っても変化ありませんねで1分で終了でしょうから」と(^^;;)。

というわけで、ランチして会計すませて・・・

結果良好につき「富士山見に行く」と言い出し、
ピックアップしといた宿に予約を入れました(笑)。
緊急入院に備えて予約は、結果良好なら当日に入れろと釘を刺されていたのです(笑)。

コメント

News23「がんを生きぬく」体験者が語るがん克服法編

2006年10月06日 | がんのことあれこれ
3夜連続の3夜目です。

三人のがん患者と一人の患者家族をスタジオに招き生中継でした。
参加者のお一人は、たぶんどんぐりの会の方ですね。



患者会設立、モンブラン登頂というキーワードから「生きがい療法実践会」
を思い出しました。親子で肝臓がんだそうです。
肝臓がんを患った父を見て、娘は保健師を目指し、
現在は、がんを克服し、保健師をされています。

6回の手術を乗り越えつい先日克服宣言をしたという関原さんは、
どこかでお名前を拝見したなと思いましたら、
先日の市民公開講座で講演された方でした。
平日なのでもちろん参加することは出来ませんでしたが。



その他、小児がんの父の方は、子供が3歳の頃眼底に出来たがんを切除して、
当然ながら子供は全盲という障害を負っておられるということでした。

「治療を取るか子供をとるか」ではありませんが、
「命をとるか視力を取るか」厳しい選択を強いられたとのこと。
まして子供が3歳でしたから、これからまだまだ先が長く、
がん患者としてよりも障害者としての人生を生きることになると
話されていました。

皆さん、おっしゃるのは希望をもって前を見て生きる。
いつまでも悲しんでいたり、落ち込んでいたりすると免疫力が下がるので、
開き直ることも大切だと。

モンブラン登頂は難度が高いですが、日本なら富士山登頂を
目標にがんばってみるのもいいかもしれません。
いや、ピンクリボンしかり、RFLしかり何とかウォークに参加するのも
立派な目標の一つになると思います。

私は患者ではありませんが、患者さんの最初の一歩を踏み出すための
背中を押してあげる手助けが出来たらいいなと思いました。

コメント (2)