緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室

亡き人を偲ぶ…オードリー・ヘップバーン No.268

2020年05月22日 | 緑の館絵画を楽しむ会

 

   緑の館仙台絵画展示室はオードリー・ヘップバーンの作品を絵画と共に展示しています。

 

 オードリー・ヘップバーンの日めくりカレンダーにこんな一節が書かれていました。

 

「心から愛する人を失えば、最初は耐えられない。けれども月日がたつうちに、痛みがあるからこそ愛する人の姿を鮮明に思い出すようになるの」

 

 さらに、日めくりをめくると

 

「庭仕事は心を潤し、癒してくれる。生活の一部にリズムが生まれるし、こうありたいと願う自分の姿が見えてくるの」

 

 オードリー・ヘップバーンが、緑の館仙台絵画展示室で皆に自分の思いを語っているように思えるのです。

 

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。

この記事についてブログを書く
« 人生は一連の雲の流れのよう... | トップ | 2020年度 緑の館 癒しのコ... »
最新の画像もっと見る

緑の館絵画を楽しむ会」カテゴリの最新記事