緑の館絵画を楽しむ会 (医療・介護の現場に癒しの絵画展示)

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室

人生は一連の雲の流れのよう No.267

2020年05月02日 | 緑の館 心の世界

   当たり前と思っていた日常の中に「運命の出会い」がある。

 40年前に描いた風景画の雲が今も動いているかのよう。

 こうしている間にも、世を照らした数々の顔が走馬灯のように浮かんでは消える。

 悲しみの涙は雨となって心を濡らすも心のキャンパスは今も当時のまま。

 これまでに流した涙は全て悪しきものとは限らない。

 一心で描いていると遠い過去がおぼろげに見えてくる。

 今まで止まっていた時計が動き出したかのように筆が進む。

 あるがままに生きる喜びに満たされている。

「大自然の力」は目に見えない神秘の鼓動となって魅了する。

 天変地変があっても何も無かったかのように雲は流れゆく。

 「緑の館絵画を楽しむ会」のHPはこちらです。

この記事についてブログを書く
« 新型コロナウイルス終息の願... | トップ | 亡き人を偲ぶ…オードリー・ヘ... »
最新の画像もっと見る

緑の館 心の世界」カテゴリの最新記事