団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

優しい生徒にほのぼの

2017-11-07 05:22:25 | 日記
中日新聞の読者投稿欄に78歳の無職の女性が「優しい生徒にほのぼの」という作文を
載せていらっしゃいます。



 朝、自宅近くの畑で夫の仏前に供える花を切っていた時のことです。

 突然、「おはようございます、おばあちゃん。ご苦労様です」と大きな声が聞こえました。
顔を上げると、自転車の男子中学生と目が合いました。
驚いた私は「気を付けてね」と手を振るのがやっとでした。

 「私のような年寄りに登校途中で声をかけてくれるなんて・・・」。
男の子の優しさにほのぼのした気持ちになりました。
きっと心の温かい人になるよう、大切に育てられてきているのでしょう。
彼が社会に出る頃、思いやりのある素晴らしい青年に成長しているだろうなと思いました。

 爽やかな1日をありがとう!

 以上です。


>「私のような年寄りに登校途中で声をかけてくれるなんて・・・」。


こんなことがあると、その一日がうれしくなりますよね。
先日 眼科からの帰り、自転車で自宅へ向かって坂道を下っていますと、
前から3台自転車がやって来ました。
スポーツ車でのサイクリングのようでした。
すれ違いざま、最後尾の自転車に乗っていた若い女性が「おはようございます」と
私に声をかけてくれました。
私も彼女に「おはようございます」と返答をしました。
一瞬のことでしたが、何か気持ちが爽やかになりました。(笑)






松山千春「初雪」【Official Music Video】
コメント (14)