馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

心と脳と体が分離

2018-10-21 14:40:08 | 首都散策・秋季

女心と秋の空

今年を振り返るにはまだ、早過ぎると
言われるかもしれんが

老人には心地よい風呂加減と同じで
今がチャンス

今年は最悪の年であったようだが
よくよく考えりゃ幸せな年で
あったかもしれない

  

師走の押し迫った時期に一年を振り返ろと
急かされても考えているうちに新年を迎え

新年の抱負や初心を考えろと言われりゃ
思いついた頃にゃ半年が過ぎるという塩梅か

歯が抜け入れ歯の隙間からスウハァーウーハァー
言っている間にヒューと一年が過ぎる

女心と秋の空どころじゃない
ウジウジする心は若い時も老人になった今も変わらん

好きだ!愛してると言えないじゃん
言う度胸もないのは若い時と今も変わらん

こうして老人は一生を過ごすんか( ^ω^)・・・
堪らん人生じゃ

私も

  

死にかけ手前で本当の気持ちを言おうと思っても
告白どころじゃないだろう

息吸う力も失せ声さえ出すこともできんだろう
それじゃ今のうちに言っ説くか!

言えない(〃艸〃)ゥフッ
恥かしくて言えるかい

こうして一日が過ぎ半年が過ぎ
もう一年が経過している

でも癒えんなぁ
恥かしくて((´∀`*))ヶラヶラ

夜汽車の影

  

毎日の散歩も身体は時計の如く
規則正しく散歩コースを歩いているが

心はいつも告白を何時しようかとドキドキさせながら
歩いている

その分、前方不注意で歩きゃ
フラフラしているモウロク爺ィと蔑まれる

脳を愛に告白に注ぎ歩いていりゃ
知り合いに出くわし挨拶されても

記憶障害で名前が出ない
口をもぐもぐさせてりゃ

遠くでとうとうボケなさったにゃーという
声が聞こえてくる

何言っていやがるんだと独り言を言いながら
告白の機会と愛の言葉を考えて

忙しんじゃと毒吐く

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 馬を探して3千里(蒙古の1里... | トップ | 昨夜も平和な一日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・秋季」カテゴリの最新記事