きたネット★環境情報Blog

北海道の環境を守り育てる活動を支援する、「北海道市民環境ネットワーク」事務局から、北海道の環境活動情報を発信しています。

「となりのヒグマと ともに生きるために」閲覧・ダウンロード・配布フリー

2022-08-22 | きた★ネット事務局から
きたネットmorinokoチーム制作 コープさっぽろ未来の森づくり基金モリイク23号(2022.4発行)記事
「となりのヒグマと ともに生きるために」閲覧・ダウンロード・配布フリーとしました。
(記事の加工や部分利用、商用利用などは原則禁止、ご相談承ります)
安全な暮らしのためにご活用ください。

8/20札幌のSTVホールで開催された「ヒグマシンポジウム〜ヒグマが山からおりてくる。これからのヒグマとのつきあい方〜」にて配布されたリーフレットです。


ーーー
こちらからどうぞ
http://www.kitanet.org/higuma.pdf
ーーーー
コープさっぽろ未来の森づくり基金広報誌「モリイク」23号(2022.4発行)に、きたネットmorinokoチームで、ヒグマの会事務局長・酪農学園大学教授の佐藤喜和先生のご協力で、アーバンベア、人に近いところに棲むクマと共に生きるための記事を作成、掲載しています。
「ヒグマはそばにいる」という意識のもとで、必要な知識、装備や行動を提案する記事です。
その記事を、コープさっぽろ未来の森づくり基金のご協力をいただき、どなたでも見ていただけるように、また、必要であればダウンロード、印刷配布していただけるようにしました。ぜひ、ご覧ください。


北海道には、常にヒグマは、そこにいます。街中に住んでいる方も、昨年の札幌市東区でのヒグマ出没と、それによる人身事故があったことを忘れないで、「自分ごと」として、知識、装備、行動を身につけませんか。
モリイク23号 全記事はこちらからご覧いただけます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

8月16日(火)まで大丸札幌店で「コープ未来あしたの森づくり基金展」

2022-08-08 | きた★ネット事務局から
札幌駅の大丸札幌店で「サツエキのナツヤスミ」開催中です。
8月16日(火)まで。

6階 グリーンパティオにて。コープさっぽろの広報誌「モリイク」に紹介された記事をもとにした「森に行こう。森で育とう。森を育てよう。コープ未来あしたの森づくり基金展」をやっています。
ここ10年超、山本牧さん、鈴木玲さん、雪印種苗の木村浩二さん、檜山知弘さん、新岡薫さん、山川泰弘さん、と、きたネット会員のみなさんと一緒に作ってきた事業、作品がずらり並んでいます。「となりのヒグマとともに生きるために」も配布して下さってます。

活動紹介、動画、モリイクのバックナンバー大放出してます。
「森のコワイ!あぶない? 野山の安全安心ノート」も出したんですがなくなったので、追加でつくることになりました。データで見る方、こちらです。
その他「サツエキのナツヤスミ」地球のなぞなぞや、
マルシェ、ナカガワのナツヤスミなども。
木育やヒグマの会のワークショップ、音楽プログラムもあります。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7/30~9/25どろ亀さん×C.W.ニコルさん追悼展 「森の心、そして祈り」

2022-07-26 | きた★ネット事務局から
22世紀の森づくりの会・森づくりの仲間たち協議会からのお知らせです。

どろ亀さん×C.W.ニコルさん追悼展「森の心、そして祈り」
7/30~9/25 富良野市博物館

今年は「どろ亀さん」こと、高橋延清さんの没後20年。東大演習林の育ての父「どろ亀さん」と、彼のばか息子C.W.ニコル氏から受け取ったバトンを次代につなげ、広げていくこと=森づくりに対する「知見・技術面」とともに、「森の心」を普及することで、森づくりひいては自然界、環境に対する関心を広め深めていこうと富良野市博物館で追悼展を開催します。
どろ亀さんの富良野森の教室、ニコルさんの「森の祈り」展から、二人の生い立ちから活動、業績などを展示します。また9月10日には富良野でトークイベント、東大演習林の尾張林長による講演も。詳細はフライヤーの裏面をご覧の上、ぜひご高覧、ご参加ください。
詳細はチラシをご覧ください。
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月18日~19日全道の花の地図 フラワーソン

2022-05-02 | きた★ネット事務局から
6/18-19 今年もフラワーソン。



「フラワーソン」は「フラワー・ウオッチング・マラソン」の略語で、
見つけた野鳥の数を競う「バードソン」の“植物版”です。
ただし種数を競うことに重点を置くのではなく、
活動を通じて環境保護に対する意識を高めるとともに、
地域間のつながりを深めることをねらいとしています。

1997年に第1回を実施して以来、2022年で6回目になります。
北海道全域を約950の地区に分け、6月18日と19日の2日間、
その地区に“どんな花が咲いているか”をグループ単位で調べます(お一人でも参加できます)。
調査の対象となるのは、開花している野生種(帰化植物を含む)すべてです。
植物に詳しくなくても、わかる花だけでも大丈夫です。
詳細はこちらをご覧ください。

北海道フラワーソン2022

開催日/6月18日(土)、19日(日)

主催/北海道新聞社 公益財団法人北海道新聞野生生物基金

協力/ESRIジャパン株式会社 (ESRIジャパンについて  )

実行委員長/金子正美(酪農学園大教授)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6/5 ごみ拾いビーチウォーク 参加者募集

2022-04-27 | きた★ネット事務局から

「ごみ拾いビーチウォーク」

ラブアース・クリーンアップin北海道」の恒例メインイベント、石狩の浜をきれいにする「ごみ拾いビーチウォーク」を開催します。

 

  

   

貴重な石狩の海岸を守るための活動です。

浜辺には、漂着ごみ、レジャー後の放置ごみ…多くのごみが散乱しています。

私たちの手で、キレイな浜辺を取り戻そう!

※石狩浜は、海浜植物をはじめ、海辺の自然の宝庫です → 石狩浜の自然(石狩浜海浜植物保護センター)

 

■日にち 6月5日(日) 

 ・事前または当日に中止や延期の判断をする場合があります

    ※中止等の場合は、本ホームページでお知らせいたします。事前に確認ください

■時間

 ・受付 10:00~12:00(時間内にお越しください)

 ・活動 10:30~12:30(開始・終了は自由です)

   ※簡単な開会式を行いますが、参加は自由です

 ・閉会式は行いません。活動終了後、随時おかえりください。  

■場所 石狩市石狩三線浜(石狩湾新港東ふ頭東側) ※地図 → 石狩浜現地

    ・当日は看板やのぼりで道案内します
    ・自家用車をご利用の場合は、駐車場所を確保しますのでご利用ください
    駐車場所内でのトラブルや事故の責任は一切負いかねますので、ご了承ください

■内容 ごみ拾い・分別

    ・ごみ分別表→こちら ※事前にご確認ください 

■参加費 100円(保険代を含む)※小学生以下無料

■持ち物 軍手・火ばさみ(お持ちの場合)・タオル・飲み物・雨具など

           [服 装] 動きやすく、汚れても良い服装と靴でお越しください
※簡易トイレを準備します

■送迎バス 9:30出発・13:00到着予定

    ・発着場所は、 札幌エルプラザ西側(北8条西3丁目) ※地図 → 集合場所 

    ・定員20名程度・先着順(要申込み)

    ・往復料金200円(参加費は別途)

■申込み

 ・申込フォーム (下記QRコードから) 

    ・E-mail等の場合は以下をお知らせください。

       参加者氏名、所属、参加人数(うち、小学生以下の人数)、

     連絡先住所・電話・E-mail、

          交通手段(自家用車=台数・バス利用=利用人数)

    ※締切りは6月2日(木)

■ラブアース・クリーンアップin北海道事務局

        E-mail lecu@kitanet.org(@は小文字に変換)

        FAX(011)215-0149、 電話(011)215-0151

 

■主催:NPO法人北海道市民環境ネットワーク、NPO法人北海道海濱美化を進める

■協力:石狩市、NPO法人ezorock

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「となりのヒグマと ともに生きるために」ダウンロード・配布フリー

2022-04-02 | きた★ネット事務局から

モリイク23号(2022.4発行)記事
「となりのヒグマと ともに生きるために」
閲覧・ダウンロード・配布フリーとしました。
安全な暮らしのためにご活用ください。

ーーー

こちらからどうぞ
https://bit.ly/3JWGJKM

ーーー

コープさっぽろ未来の森づくり基金広報誌「モリイク」23号(2022.4発行)に、きたネットmorinokoチームで、ヒグマの会事務局長・酪農学園大学教授の佐藤喜和先生のご協力・ご指導をいただいて、アーバンベア、人に近いところに棲むクマと共に生きるための記事を作成、掲載しています。
「ヒグマはそばにいる」という意識のもとで、必要な知識、装備や行動を提案する記事です。

その記事を、コープさっぽろ未来の森づくり基金のご理解をいただき、どなたでも見ていただけるように、また、必要であればダウンロード、印刷配布していただけるようにしました。ぜひ、ご覧ください。
(記事の加工や部分利用、商用利用などは原則禁止、ご相談承ります)

本日、札幌市西区の三角山で、ヒグマが2名の調査員を襲う事故が発生しました。被害者は環境団体職員で、私たちの仲間です。今回はスペシャリストによる調査中の事故で、一般の方が遭遇する事故ではないと考える方もいるかもしれませんが、北海道には、常にヒグマは、そこにいます。街中に住んでいる方も、昨年の札幌市東区でのヒグマ出没と、それによる人身事故があったことを忘れないで、「自分ごと」として、知識、装備、行動を身につけていきましょう。

本件に関するお問い合わせは office@kitanet.org

モリイク23号 全記事はこちらからご覧いただけます。
https://www.sapporo.coop/common/img/mori-iku/moriiku_23.pdf

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「どんぐりプロジェクト」動画、秋・冬編 公開!

2022-03-30 | きた★ネット事務局から
「どんぐりプロジェクト」動画、秋・冬編作りました!
円山の森と動物園のイキモノから、北海道の命と自然を考える
◆◆コープ未来の森づくり基金&札幌市円山動物園 コラボ企画◆◆



きたネットでは、コープさっぽろの委託を受けて、
コープ未来の森づくり基金と札幌市円山動物園のコラボ事業、
北海道の森といのちのつながりを学ぶ、
小学生を対象とした環境教育プログラム「どんぐりプロジェクト」の企画_運営に関わり、
2016年から年に4回、春・夏・秋・冬に、
円山動物園で環境教育イベントを開催してきました。
しかし2020年・2021年は新型コロナ感染症対策により、
プログラムの実施が難しい状況となったことから、
この機にこれまでのプログラムの四季のテーマを4本の動画にまとめました。

・円山動物園のどんぐりを育てて、森のなりたちを学びます。
・森の四季を体験し、森の豊かさ、いのちのつながり、ヒグマ、エゾシカ、オオワシ、カエルなど北海道の生物について学びます。
・生態系や種の保全に、動物園が果たす役割、市民ができることを考えます。
・自然との付き合い方を身につけた、環境保全を担う人を育成します。
「どんぐりプロジェクト」動画は、コープ未来の森づくり基金のyoutubeからご覧いただけます。

(公開済み)
春編〜雪解け一番 キーワードは「早起き」
夏編〜豊かだけど命がけ
(公開しました!!)
秋のどんぐりプロジェクト〜森は実りの季節
冬のどんぐりプロジェクト〜雪の森と春待つイキモノ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3/12田舎で夢を実現するための助成金活用オンラインセミナー

2022-03-07 | きた★ネット事務局から
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
楽縁プロジェクト×資金調達セミナー
「田舎で夢を実現するための助成金活用オンラインセミナー」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やりたいことや豊かな暮らしを実現するために必要な活動資金。
資金調達方法の1つである助成金について、実際に申請・採択された経験者からの視点と、助成金申請のサポートを行う中間支援組織の視点からお話しします。
活動をされている方やこれから活動したいと考えている方はもちろん、そんな人を日ごろから支援されている中間支援のスタッフの方も、ぜひご参加ください!
助成金の探し方や申請時のポイントを共有し、ワークを通して助成金の活用方法を一緒に考えましょう!

【日時】
2022年3月12日(土)14:00~17:00(13:45開場)
【場所】
オンライン開催(Zoom)
開催前日までに、参加方法をメールでお送りいたします。
※後日視聴の方は、開催後に視聴用のURLをお送りいたします。
※Zoomの接続が不安な方は、早めにご参加ください。
【対象】
・自然の中で健康に暮らすライフスタイルや田舎暮らしに興味がある方
・社会活動や起業をしようと考えている、もしくはすでにしている方
・助成金の申請を担当している、もしくは申請を予定されている方
・助成金の情報や基礎を知りたい方 など

【当日プログラム】 
※当日の進行状況によっては時間が前後する可能性がございます。
時間 内容
13:45~ 入室可能
14:00~ 流れと団体の趣旨説明、参加者同士の自己紹介
14:15~ 「自然の中で、健康に暮らしていくライフスタイルを叶えるための助成金を活用した3つのポイント」 講師:シャイニング棚田くん
兵庫県市川町で棚田の保全活動しながら、自給自足に近い自然の中の暮らしの実践者で、多くの方々のサポートしてきた“シャイニング棚田くん”ことNPO法人棚田Lover's理事長の永菅裕一さんから、実際に助成金を活用されたポイントお話しいただきます。
14:40~ 助成金の活用方法や申請時のポイント説明とワーク
講師:NPO法人エコネット近畿 正阿彌崇子、山下比呂
16:40~ 感想シェア
17:00~ セミナー終了、休憩
17:10~ 田舎暮らしを早く現実化し、お米を育てていくための楽縁プロジェクト、棚田エコ学園の提案(※希望者のみ)
~17:30 終了
 
【講師紹介】
●永菅 裕一(ながすが ゆういち) 愛称:シャイニング棚田くん 【NPO法人棚田Lover's理事長】
棚田くんプロフィール
http://tanadalove.boo.jp/pdf/profile.pdf
棚田くんの想い
http://tanadalove.boo.jp/pdf/omoi.pdf
 
●正阿彌 崇子(しょうあみ たかこ) 【NPO法人エコネット近畿副理事長・事務局長】
 大学時代にタイの山地民カレン人が暮らす農村地帯にフィールドワークをし、農村の楽しさや文化の豊かさに触れました。それから、文化と環境保全のつながりと大切さを感じ、様々な環境団体で活動をしています。
 課題解決活動への資金調達については、2014年に准認定ファンドレーザーを取得し、講演や講座の運営、団体支援を行っています。
 
●山下 比呂(やました ひろ) 【NPO法人エコネット近畿職員】
 岐阜県出身で、小さい頃は家の近くにある山に登り、ひらけた場所から知り合いの家や学校を探したり、暇さえあれば手入れされていない空き地のど真ん中に秘密基地を作って遊んでいました。
 現在は、大学在学時のご縁からNPO法人エコネット近畿で事務局職員として、助成金申請の相談業務や資金調達や助成制度紹介を行う「助成金セミナー」のオンライン開催、助成財団との交流会事業「助成サミット」の運営に携わっています。
【参加費】
一般:5000円
主催団体会員:2500円
※イベント申込時に会員へのご入会も可能です。
 その場合は、参加費と年会費を合わせてお振込みいただきます。
【申込方法】
下記の「申込フォーム」からお申込みください。
<申込締切>3月11日(金)まで
【お問い合わせ】
NPO法人棚田 LOVER's、古民家しろめて
TEL:090-2359-1831
E-mail:shiromete@yahoo.co.jp
【主催・共催】
NPO法人棚田 LOVER's、古民家しろめて
NPO法人近畿環境市民活動相互支援センター(略称:エコネット近畿)
NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」
NPO法人地域の未来・志援センター
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2/21【森林・山村多面的機能発揮対策交付金 制度説明会・活動事例報告】

2022-01-05 | きた★ネット事務局から


【森林・山村多面的機能発揮対策交付金 制度説明会・活動事例報告】

令和4年度の交付金の制度説明会と、
本交付金を活用して活動している団体の報告会を開催します。


(参加費無料)

森林・山村多面的機能発揮対策交付金は、
森林の多面的機能発揮とともに、関係人口の創出を通じ、
山村地域のコミュニティの維持・活性化をはかるため、
地域住民や地域外関係者等による活動組織が実施する森林の保全管理、
森林資源の活用を図る取組等を支援する制度です。

■開催概要
日時 2月21日(月)13:30~16:00
形式 オンライン(ZOOMウェビナーを利用)
プログラム
 1 令和4年度交付金制度説明会(13:30~)
  ・森林・山村多面的機能発揮対策の概要
  ・関係人口の創出・維持の活動    
   (北海道水産林務部森林環境局森林活用課)
  ・森林・山村多面的機能発揮対策事業の進め方    
   (北海道森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会)
 2 活動事例報告会/活動組織の事例発表(15:00~)
  「アカエゾマツの大径林を目指す森づくり」    
    冷水峠森づくりの会
  「石山六区の一年」
    石山六区森林保全の会
  「森林のボランティア活動」
    森ボラ協議会
 ※個別相談会
  新型コロナウイルスの感染予防対策のため開催いたしません。
  交付金制度の申請内容は、説明会に参加いただくか、
  北海道森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会のホームページ
  掲載の資料(後日掲載予定)をご確認いただき、ご理解ください。
  (https://shinrin-sanson.h-green.or.jp/)
 ※交付金に関する質問
  説明会当日2/21~2月24日(木)まで、
  北海道森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会のメールで受付
  回答は同協議会ホームページ に後日掲載します。
  ・質問(E-mail)morimidori@h-green.or.jp
  ・回答(HP掲載)https://shinrin-sanson.h-green.or.jp

■参加申込み
 事前申込み要、2月17日(木)まで、参加費無料

 1.ウェブから(URL) https://shinrin-sanson2022.peatix.com/view
 2.メールやFAXでは、以下をお知らせください。
   宛先:きたネット(E-mail office@kitanet.org/FAX 011-215-0149)
   ①お名前 ②所属 ③連絡先住所 ④電話番号 ⑤メールアドレス(必須)

・開催日2日前までに、参加のURLやパスワード、
 資料ダウンロード方法などをメールでご連絡します。
・パソコン、タブレット、スマホなど、
 インターネットに接続できる環境でご参加ください。
・開始30分前からアクセス(入室)が可能です。
(録画視聴について)
・お申込みいただいた方には、後日、録画のURLをお知らせします。
・録画のみの視聴も可(要申込み)

■主催
 北海道森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会
 北海道水産林務部森林環境局森林活用課
 NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」

■問い合わせ
 〇制度説明会・活動事例報告に関すること
  NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」
   TEL: 011-215-0148 
   E-mail: office@kitanet.org 
 〇森林・山村多面的機能発揮対策交付金に関すること
  北海道森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会
   TEL: 011-261-9022 / FAX:011-261-9032
   E-mail: morimidori@h-green.or.jp

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「きたネット環境活動応援SHOP」OPEN

2022-01-05 | きた★ネット事務局から

北海道の環境活動を応援するオンラインショップ
「きたネット環境活動応援SHOP」OPENしました。
第一弾として、きたネット会員団体「ひぐまの会」と、
「モリノコ商会」のコラボTシャツ、クリアファイルを販売しています。
ぜひご訪問ください。

購入は、きたネットのオンラインショップで。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

助成制度のご案内

2021-10-25 | スタッフのつぶやき

助成制度の案内動画

環境活動に助成を行っている団体や財団、法人の担当者による10分間の助成制度のご紹介動画です。
申請を検討している市民団体の皆様は、ぜひご視聴いただき、申請にご活用ください。

※募集要項をよくご確認の上、申請を行ってください。
※お問い合わせは、各財団のHPまたは<問い合わせ先>にご連絡ください。

※動画撮影、編集は環境助成サポートチームの3団体で行いました。
《環境助成サポートチーム》
 NPO法人北海道市民環境ネットワーク(きたネット)
 NPO法人地域の未来・志援センター
 NPO法人近畿環境市民活動相互支援センター(エコネット近畿)

※ご紹介動画を掲載しているのは、環境助成サポートチームで主催しているオンライン交流会「助成サミット2021」の参加者のうち、動画撮影及び広報を希望された団体や財団、法人です。

動画

1.公益財団法人自然保護助成基金

2.公益財団法人SOMPO環境財団

3.TOTO株式会社

 

 

■その他団体の助成金関連情報■

===============================================================

【セブン-イレブン記念財団】

2022年度「活動助成」「NPO基盤強化助成」の応募受付を開始しました。
セブン‐イレブン記念財団の「環境市民活動助成」は、お客様がセブン‐イレブンの店頭募金を通して、地域の環境市民活動を支援する助成制度です。

◆応募期間
  〇活動助成・NPO基盤強化助成:2021年10月11日(月)~10月31日(日)
   ※いずれも当日消印有効。地域美化助成は応募受付を終了しました。
◆助成対象
  ・日本国内に活動の場を有する団体
  ・環境活動を行っている国内のNPO・一般社団法人・任意団体(自治会、町内会含む)
  ・地域住民が主体的に行う非営利の活動であること
  ・政治、宗教活動を目的としておらず、反社会的な勢力とは一切関わりがないこと
◆助成対象期間:2022年4月1日~2023年3月31日
◆助成の種類
 1.活動助成
   ・自然環境保護や気候変動対策、脱炭素化をめざす取り組みなど、
    市民が主体となって行う環境活動の資金を1年間支援。助成金額上限100万円。
 2.NPO基盤強化助成
   ・持続可能な活動を実現する自主事業の構築・確立をめざすNPO法人に対し、
    事業資金・専従職員の人件費・事務所家賃を原則3年間支援。助成金額上限400万円
    (原則3年間 総額1200万円の継続助成)。
◆対象活動分野(活動助成、NPO基盤強化助成)
  A.自然環境の保護・保全(森林・里地里山・里海・その他)
  B.野生動植物種の保護・保全
  C.総合環境学習
  D.暮らしの中のエコ活動
◆応募方法
2022年度環境市民活動助成より、Web申請を開始します。
各助成の応募要項をご覧の上、必要事項を入力してください。
Web申請システム⇒https://7midori.yoshida-p.net/

《応募・問合せ先》
  一般財団法人セブン‐イレブン記念財団  環境市民活動助成担当
  〒102-8455 東京都千代田区二番町8番地8
 TEL)03-6238-3872〔受付時間9:30~17:00(土・日曜を除く)〕
  FAX)03-3261-2513
  eメール)oubo.22★7midori.org (★を@に変えてください)

====================================================================


【地球環境基金事務局】
「2022年度助成金説明会」と「オンライン個別相談会」のお知らせです。

★2022年度助成金説明会の開催★
https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/schedule/index.html
今年度は、各会場でテーマを設定し、助成プロジェクトの事例紹介も予定しています。
オンライン開催(一部会場併用)のため、団体の所在地を問わず、どの地域の説明会にも参加いただけます。

<各会場の日程・テーマ>
北海道 2021年11月5日(金) 10:00~12:00(オンライン)地域循環共生圏・SDGs
東北 2021年10月25日(月)13:30~15:15(オンライン)国際協力
関東 2021年10月22日(金) 15:00~16:30(オンライン)若手プロジェクトリーダー
中部 2021年10月26日(火) 18:00~19:30(オンライン)地球温暖化防止・脱炭素
近畿 2021年10月18日(月) 18:30~20:00(オンライン)循環型社会形成
中国 2021年11月4日(木)15:00~17:00(オンライン)  地域循環共生圏・SDGs
四国 2021年11月2日(火)18:30~20:00(オンライン)地域協働
九州 2021年11月4日(木)  18:30~20:00(長崎市会場+オンライン)環境教育

★オンライン個別相談会の日程★
11月8日(月)  10:00〜12:00、15:00〜17:00、18:30〜19:30
11月9日(火)  10:00〜12:00、15:00〜17:00、18:30〜19:30
※個別相談会ご参加される方は、助成金説明会に参加いただく必要があります。
 助成金説明会のお申し込み時に個別相談についてもお申し込みください。

★「応募方法」、「要望書の書き方講座」など説明動画(YouTube)★
説明会ご案内ページの下方に、説明動画を掲載しています。
要望書を作成される際に、ご参考にしていただければ幸いです。
https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/schedule/index.html

____________________________
独立行政法人 環境再生保全機構
地球環境基金部 地球環境基金課
〒212-8554 川崎市幸区大宮町1310番
ミューザ川崎セントラルタワー8階
Tel:044-520-9505
Fax:044-520-2192
http://www.erca.go.jp

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11/2「石狩浜ごみ拾い」参加者募集

2021-10-25 | ラブアース・クリーンアップin北海道

「石狩浜ごみ拾い/プチ?ビーチウォーク」参加者募集

きたネットと、石狩浜を拠点に活動している「うみいく」は共同で、石狩浜の環境保全活動を行う石狩浜海浜植物保護センターの協力を得て、石狩浜でごみ拾い活動を実施します。

    

 

■場所 石狩浜海水浴場(あそびーち石狩)周辺

    ※ごみの状況により、あそびーちの灯台側または、灯台に向かう途中の浜

■日程 2021年11月2日(火) ※少雨決行

■時間 10:00~11:30くらい

    ※集合 10:00 現地集合・現地解散/ 地図 

■内容 ごみ拾い・分別

■その他

・参加費は無料

・参加希望者の方は以下をお知らせください。(宛先mail office@kitanet.org) 

  お名前

  所属(あれば)

  連絡先電話番号

  人数

・ごみ袋やトングは準備しますが、軍手などはご準備ください。

・コロナ対策のためマスクは着用してください。

■連絡先

 NPO法人北海道市民環境ネットワーク

   ℡ 011-215-0148 

   mail office@kitanet.org

 

■主催 NPO法人北海道市民環境ネットワーク、うみいく

■協力 石狩浜海浜植物保護センター、石狩市

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【ご案内】10/24「ラブアースの森づくりin白老」

2021-10-08 | きた★ネット事務局から

「ラブアースの森づくりin白老」参加者募集中!


白老町の「ラブアースの森」で、間伐や枝切りなどの森づくりと薪割り体験、

ウヨロ川のフットパスを歩いて、自然観察を行います。


     

[日時] 2021年10月24日(日)10:00~
[場所] 白老町石山/トラストの森、ラブアースの森、ウヨロ川
 ※札幌から送迎バス発着
[募集]30名(先着)※送迎バスあり先着22名
[参加費]  1000円(保険代込み)
[送迎バス] ※札幌大通公園NHK前発着
 ・8:00出発~17:30到着予定
 ・先着22名
 ・料金は往復1000円(小学生以下500円)

※新型コロナ感染症の予防対策として
・昼食、飲み物は各自でご用意ください。
・マスクの着用をお願いします。

[持ち物] 昼食、飲み物(きのこ汁を用意します)
    軍手、タオル、帽子、長靴、防寒着・雨具等
    汚れてもいい服装と靴でお越しください。 

[プログラム]
 10:00 開会・作業説明・体操
      森づくり:育樹(除間伐)、薪割り体験
 12:30 昼食
 13:30 自然観察:フットパスウォーキング
 15:30 閉会・現地解散

チラシダウンロード 裏(申込書)

◆参加申込み◆

事前申込み要 10月20日(水)まで
・申込フォームからお申し込みください。→ こちら

     

・下記内容をメール(office@kitanet.org)
 ----------------------------------
「10/24ラブアースの森づくり」を申込みます。
・参加者氏名・年齢:
・他参加者名・年齢:
・住所:〒
・電話:
・Fax
・E-mail:
・送迎バスの利用:有/無
----------------------------------
※お申込の際にいただいた個人情報は、
 きたネットからの資料の発送やご連絡のみに使用いたします。

[申込み・お問合せ]
 NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」
  〒064-0809 札幌市中央区南9条西3丁目2-5 南九条ビル603 
  電話/011-215-0148  FAX/011-215-0149
  E-mail/office@kitanet.org


[主催] NPO法人北海道市民環境ネットワーク
[共催] NPO法人ウヨロ環境トラスト

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【中止】6/6「ごみ拾いビーチウォーク」

2021-05-07 | スタッフのつぶやき

6/6「ごみ拾いビーチウォーク」ですが、
道からの要請があり、やむなく6/6は中止としました。
今後につきましては改めてご連絡いたします。

 
貴重な石狩の海岸を守るための活動です。
浜辺には、漂着ごみ、レジャー後の放置ごみ…多くのごみが散乱しています。
私たちの手で、キレイな浜辺を取り戻そう!
※石狩浜は、海浜植物をはじめ、海辺の自然の宝庫です
石狩浜の自然(石狩浜海浜植物保護センター) 
http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/.../kaihins.../657.html
「ごみ拾いビーチウォーク」は、 新型コロナウィルス拡大のため、内容を一部変更して実施します。
ごみ袋や用具の予備等は主催者側で準備しますが、各自が自主的に活動していただく内容とさせていただき、できる限り密を避ける工夫をいたします。参加には万全の対策をとってくださいますよう、お願いいたします。
下記内容をご確認いただき、参加をご希望の方はお申し込みください。
 
実施内容  
■日にち:【2021年6月6日(日) は道からの要請により中止/今後につきましては改めてご連絡いたします】 
・雨天中止 
・新型コロナウィルス感染症の状況により、直前で中止や延期の判断する場合があります。
※上記中止等の判断をした場合は、本ホームページでお知らせいたします。事前に確認ください。
■時 間:10:00~12:30の間/時間内に各自で活動
・集合時間は設けません。
・10:00~11:30頃までにお越しいただき、1時間ほど活動してください
■開催場所:石狩市石狩三線浜(石狩湾新港東ふ頭東側) 
※地図 → 石狩浜現地 http://www.love-earth-hokkaido.jp/.../uid000165_GBW%E9%9B...
・当日は看板やのぼりで道案内します
・自家用車をご利用の場合は、駐車場所を確保しますのでご利用ください
 なお、駐車場所内でのトラブルや事故の責任は一切負いかねますので、ご了承ください
・送迎バスを運行します(下記)
■内 容:ごみ拾い・分別後、指定場所に集積
■参加費:100円(保険代:当日受付でお支払いください)
■持ち物等:[持ち物] 軍手・火ばさみ(お持ちの場合)・タオル・飲み物・雨具など
       [服 装] 動きやすく、汚れても良い服装と靴でお越しください
 ※簡易トイレを準備します
■送迎バス 9:30出発・13:00到着予定
・発着場所/ 札幌エルプラザ西側(北8条西3丁目)
※地図 → 集合場所 http://www.love-earth-hokkaido.jp/.../uid000165_.pdf...
・定員20名・先着順(要申込み)、往復料金300円(参加費は別途)
■参加の注意点
・開会式、閉会式は行いません。受付(ごみ袋受け取り)後、各自活動を開始し、終了後ご帰宅ください。
・全体写真は撮影しません。活動中の写真、個別のグループ写真の撮影は対応します
・参加記念品は配布しません
・ごみ分別表→http://www.love-earth-hokkaido.jp/.../uid000165_.pdf...
※事前にご確認ください。 
 
詳細と申し込みはこちらから
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きたネット移転のおしらせ

2021-03-02 | きた★ネット事務局から

この度、きたネットは移転することになりましたので
お知らせいたします。

移転先 住所 
〒064-0809
札幌市中央区南9条西3丁目2-5 南九条ビル603
(地下鉄 中島公園駅 徒歩1分)
・ビルの1階は蕎麦屋「福住」
・入口はビルに向かって左側の奥(福住の左手)
・駐車場はありません(ビルの裏手中通りに有料駐車場あり)

電話番号は変更ありません
電話 011-215-0148
FAX 011-215-0149

営業開始は、3月12日からとなりますので
ぜひお立ち寄りください!
(移転のため、3月10日、11日は連絡不可となります)
現在地では3月9日が最終日となります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする