to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

パレード

2010-02-26 01:23:56 | the cinema (ハ行)
歪みはじめる、僕らの日常
製作年度 2010年
上映時間 118分
原作 吉田修一 『パレード』(幻冬舎刊)
脚本・監督 行定勲
音楽 朝本浩文
出演 藤原竜也/香里奈/貫地谷しほり/林遣都/小出恵介/竹財輝之助/野波麻帆/正名僕蔵/石橋蓮司

表面的な人間関係で満足しながら、都内のマンションで共同生活を送る若者たちの日々を描く青春群像ドラマ。
映画会社勤務の直輝(藤原竜也)、イラストレーター志望の未来(香里奈)、フリーターの琴美(貫地谷しほり)、大学生の良介(小出恵介)たちは、2LDKマンションで共同生活を送っていた。それぞれが不安や焦燥感を抱えながら、怠惰な共同生活を続けていたが、男娼のサトル(林遣都)が現われたことで変化が起こり始め……。

群像劇はどちらかというと苦手なんですが、藤原竜也クンと林遣都クンが共演しているということで
観たいと思っていました。
殆ど予告も観ないで行ったのですが、「一見青春映画のふりをした、恐怖映画」(監督談)
好き嫌いは分かれるかも知れないですが、かなり良かったです

嫌なら出て行くしかなくて、居たければ笑っていればいい

映画会社に勤める健康オタクの直輝はこの部屋に最初から住んでいる最年長者で、
イラストレーターで雑貨屋店員の未来は、おかまバーの常連で、時には辛辣。
無職の琴美は若手人気俳優と熱愛中で、一日恋人の出演しているドラマを観て過ごす。
大学生の良介は先輩の彼女に恋をしたみたいだが告白できずに悩んでいる、めんどくさがり屋。
ある日ひょんな事でタケルが棲みつくようになった頃、街では女性を狙った暴行事件が連続して発生し、
上辺だけの付き合いで、ゆるく優しい関係を保ってきた彼らの共同生活のバランスが崩れ始める――

謎めいたタケルは、若いだけに率直でもある
人と繋がるとは、どういうことなのか....

子供ではない―。
でも、大人とも呼べない、青年期の彼ら。
大人になる為に、ちゃんと人と、社会と関わる為に、
困難を避けてばかりでは宿題は終わらない。
彼らはむきだしになるのを恐れ、孤独を恐れながらも各々自分なりのストレス発散法を持っているが、
自分以外には実はそんなに興味がない。

"本当の自分"を演じないで居られる関係。そんな時間。
それを手にすることはそんなに大変なことなのか…?

いつも舞台調の藤原君が、まずそぎ落とすことから始めたといい「寝起きのテンション」で演じたというだけあって、オーラを消したマジメ青年、良かったです。
去年から「ROOKIES -卒業-」「風が強く吹いている」「僕の彼女はサイボーグ」と
なんだかよく観ている小出恵介くんは、この頃堺さんと被ってしまいます、普通の青年(笑)。
貫地谷さんは、いまのドラマともチョット被る、ってか時代劇では余り感じない"作りすぎた普通"がキニナル。
さり気ないセリフが、いちいち重い。表情はとてもいいのに、少ないセリフに重量感。
香里奈は、凄くメリハリのある女性を上手く演じていて、
そして、つい先日の「DIVE!!」とはまた違う、アブナ目の林遣都クン、さすがです!飄々と演じて、存在感を放っていました

空気人形」とはまた違う都会の若者の、心の闇を描いた作品。
あまり情報を入れないでご覧になる方がいいかも知れません。
若い方が圧倒的に多かったですが、この世代の親の世代にも観て欲しい作品ですね。
コメント (6)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« まっすぐな男 | トップ | 台北に舞う雪 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2010-02-26 13:34:17
kiraさーん★

これ気になってたんですよ、予告篇いっぱいみたから。

なかなか評判もいいみたいですよねー、
でもわたし斗真くんの方いっちゃって。
こちらはDVDで観ようと思いまーす。

楽しい週末を、、!
migちゃん* (kira)
2010-02-27 15:25:11
観ようかどうか迷ってたから、migちゃんの斗真くん作品記事、
ちょっと斜め読みしたよ
なぜか、この作品も「人間失格」も、劇場予告観てないの
今月はかな~り劇場鑑賞したほうなんだけどね~??

migちゃんの感想まってま~す☆
お互いに、楽しめる週末を!
藤原君 (sakurai)
2010-03-09 12:09:42
そっか、オーラを自ら消したのねえ。
なるほど。
普通の青年の藤原君に価値があるなあと思って見てましたから。
いまどきの・・というよりも、アタシのときも(都会じゃないけど)若者ってあんな感じだったかも・・。
林君が秀逸でしたね。
いい青年だけじゃないんだといううれしい驚き。これからも楽しみです。
sakuraiさん* (kira)
2010-03-09 23:29:51
放っておいても情報が手に入れられて、
逆に要らない情報にも囲まれている現代の若者って、
器用に見せかけていても、その実は・・・と、
思いながら観てしまいました。
なんか、私の頃はもっとみんな武装してなかったよなぁ~と。
林君、この年齢じゃないと出せない貴重な雰囲気、ありましたね
Unknown (sabunori)
2010-03-11 17:02:25
kiraさん、こんにちは。
ものすごく興味深い物語でしたね。
でも観終わると胸の中にモヤモヤが渦巻いてしまって離れない・・・なんとも居心地の悪さを感じてしまう作品でした。
「そういうもの」なのかなぁ。
本当の自分すら装わなければいけない?
基本的に誰もが他人に無関心でしたね。
時々カフェなどで隣にいる人の会話が聞こえてくると若い女性が自分のことばかりものすごい勢いで語っている場面に遭遇します。
そのたびに「自分のことが大好きで他人には興味ないのかなぁ」と感じるのですが
彼女らが特別というわけではないのかもしれないと思ってしまいました。
sabunoriさん* (kira)
2010-03-12 18:45:24
この原作者の吉田修一さんと監督は、同じ年であり、
どちらも九州出身というところから、
監督はこの、都会に集まった若者の目に映る都会というモノ。
そこにかなりの共感を覚えたらしいです。
私はそれより幾分前の世代ですが、そういえば・・・と、
昔の自分をあれこれ思い出しました。
確かにホンネばかりでは特に友人関係は上手くいかず、離れていく人も多かった。
それだけに、嘘偽りの無い友人だけが残ったのでしたが

こういうゆるく優しい関係を保つ為に、さほど興味の無い隣人への話題を共有したり、
「察しろよ」があまりなく「踏み込まないで」オーラを出すことが必要なのでしょうね。
この作品は、若者社会への警告でしょうか。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

24 トラックバック

パレード (花ごよみ)
  吉田修一の原作を映画化。 監督・脚本は行定勲。 本を読みました。 シェアハウスの住人達、 動く彼、彼女を見たくて 映画館に足を運びました。 映画ではどのようにして、 彼等の危うい関係を伝えるのか? とても興味がありました。 もちろん本の方が彼等の心理状...
パレード<初日舞台挨拶> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:行定勲 原作:吉田修一『パレード』(幻冬舎刊) 脚本:行定勲 監督補:大野伸介 都内のマンションでルームシェアしている4人の男女。彼らはその居心地の良い居場所を壊さないように、それぞれの生活に深く関わらないよう...
『パレード』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「パレード」□監督・脚本 行定 勲 □原作 吉田修一□キャスト 藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林 遣都、小出恵介、竹財輝之助、野波麻帆、中村ゆり ■鑑賞日 2月21日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5...
【パレード】 (日々のつぶやき)
監督:行定勲 出演:藤原竜也、小出恵介、香里奈、貫地谷しほり、林遣都    歪みはじめる、僕らの日常 「都内のあるマンションの一室、2LDKに住む4人の男女。 映画配給会社に勤める健康オタクの直輝、先輩の彼女に想いを寄せる大学生の良介、自称イラストレ...
パレード (LOVE Cinemas 調布)
吉田修一の同名小説を映画化。監督・脚本は『世界の中心で、愛をさけぶ』、『クローズド・ノート』の行定勲。出演は『カイジ 人生逆転ゲーム』の藤原竜也、ドラマ『リアル・クローズ』の香里奈、『スウィングガールズ』の貫地谷しほり、『風が強く吹いている』の小出恵...
パレード (Memoirs_of_dai)
視線 【Story】 映画会社勤務の直輝(藤原竜也)、イラストレーター志望の未来(香里奈)、フリーターの琴美(貫地谷しほり)、大学生の良...
パレード (シネマDVD・映画情報館)
表面的な人間関係で満足しながら、都内のマンションで共同生活を送る若者たちの日々を描く青春群像ドラマ。吉田修一による第15回山本周五郎賞受賞作の原作を基に、『世界の中心で、愛をさけぶ』『遠くの空に消えた』の行定勲監督が映像化した。『DEATH NOTE デスノート』...
映画レビュー「パレード」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
劇場版 パレード オリジナルサウンドトラック◆プチレビュー◆都市生活に巣食うモラトリアムという透明の闇。若手実力派俳優5人のキャスティングが絶妙だ。 【70点】 都内のマンションでルームシェアする、直輝、未来、琴美、良介。彼らは色恋抜きの関係を保ち、怠惰...
パレード (だらだら無気力ブログ)
第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の同名小説を行定勲監督が藤原竜也を 主演に迎えて映像化。 表面的な付き合いの人間関係で共同生活を送る若者たちの日常を描く。 共演に香里奈、貫地谷しほり、小出恵介、林遣都ら。都内の2LDKのマンションで健康オタクで映画...
パレード (映画) (をとなの映画桟敷席 ~ほぼ毎日が映画館)
        © 2010 映画『パレード』製作委員会 映画「パレード」 ルームシェアする4人の若者のもとに、一人の風来坊がやってきたことで、はじめはお気楽に見えた彼らの共同生活から、じわじわとそれぞれの持つ心の闇があぶり出されていく・・・。という印象...
パレード (★ Shaberiba )
コレは今の若者の日本の 縮図!?っとは言いたくない~(涙)
『パレード』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:行定勲原作:吉田修一出演:藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介公式サイトはこちら。<Story>「上辺だけの付き合い、それくらいが丁度いい」都内の2LDKマンションに暮らす男女四人の若者達。映画会社勤務の直輝(藤原竜也)、イラストレ...
パレード (銅版画制作の日々)
ベルリン国際映画祭で、国際批評家連盟賞受賞を受賞! 先日鑑賞した「今度は愛妻家」の行定勲監督の最新作です。賞をゲットしたということで、ちょっと気になり観に行って参りました。 原作は吉田修一の同名小説。この作品で吉田は第15回山本周五郎賞を受賞しているそう...
「パレード」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2010年:ショウゲート/監督:行定 勲) 第15回山本周五郎賞を受賞した、吉田修一の同名小説を、「GO」や、先ごろ公開の「今度は愛妻家」等で知られる行定勲監督が映画化。 映画配給会社に勤める直樹(
『パレード』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
映画会社勤務の直輝、イラストレーター志望の未来、フリーターの琴美、大学生の良介たちは、2LDKマンションで共同生活を送っていた。それぞれが不安や焦燥感を抱えながら、怠惰な共同生活を続けていたが、男娼のサトルが現われたことで変化が起こり始め……。[上映時間:1...
パレード (映画道)
「上辺だけの付き合い、それくらいが丁度いい」都内の2LDKマンションに暮らす男女四人の若者達。映画会社勤務の直輝、イラストレーターの未来、フリーターの琴美、大学生の良介。それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、“本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生...
「パレード」:新橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あれ、ここ、また新橋じゃない。 {/kaeru_en4/}いいんだ。俺たちの時間は直線に進んでいるんじゃない。ループを描いてまたもとのところに戻っているんだ。 {/hiyo_en2/}それってなんだか、「パレード」の中のセリフみたいね。 {/kaeru_en4/}藤原竜也、香里奈...
パレード (迷宮映画館)
「GO」以来の秀作ではないかと・・・・。
パレード (龍眼日記 Longan Diary)
都内の2LDKマンションで共同生活をする4人の若者。 朝晩のジョギングを欠かさない映画配給会社勤務の直輝(藤原竜也)、 自称イラストレーターで雑貨ショップ勤務の未来(香里奈)、 先輩の恋人に思いを寄せる大学生良介(小出恵介)、 売り出し中の俳優である恋人...
パレード (映画的・絵画的・音楽的)
 『パレード』を渋谷シネクイントで見てきました。  予告編を見て興味をおぼえ、また監督の行定勲氏による前作『今度は愛妻家』が素晴らしかったこともあり、こちらもぜひ見てみようという気になりました。 (1)一見したところでは、今度の映画も、監督の前作と同じよう...
パレード (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2010年 製作国:日本 監 督:行定勲 表面的な人
『パレード』 (シネマな時間に考察を。)
現代を生きる都会の若者たちに巣くう “透明” すぎる闇。 一見ありふれた日常、楽しい時間、気楽な関係が引き起こす、 得体の知れない “モンスター” がそこに居る。 『パレード』 2010年/日本/115min 監督・脚本:行定勲 原作:吉田修一 出演:藤原竜也、...
『パレード』 『悪人』 ラストの秘密 (映画のブログ)
 『悪人』の記事に関連して、質問をいただいた。  コメント欄で回答するにはあまりにも長くなったので別の記事としたが、回答に当たっては...
パレード (のほほん便り)
かなり賛否両論で、評価する方は、とても褒めてたので興味を覚え、観てみました。今をときめくキャスティングが魅力的。金髪の林遣都もインパクトありました。それぞれのキャラがたっていて、ルームシェアする若者達という設定。その距離感が「チャットのような場」と言っ...