to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

今日の恭子ちゃん♪

2010-06-30 23:02:04 | Heart pink
今日の「堂本兄弟」収録に、
お友達の彩野ちゃんが観覧に来ていたんですね
恭子ちゃんの楽屋の前で撮った写真を、彩野ちゃんがブログでアップしていますよ~
最新!今日の恭子ちゃんです(笑)

あと、若林さんスゴイです!
怒涛の更新~
今年のメナードの年賀状の恭子ちゃんの可愛いこと
(遡っていってくださいね。)

恭子ちゃんにブログをやって欲しいという声もきこえますが、
忙しいので、とてもムリでしょう。
こうしていろんなお友達のブログに登場して近況を知ることが出来るので、それで満足です
コメント

今夜の堂本兄弟♪

2010-06-27 22:38:16 | Heart pink
今夜もいつもの フジ23時15分から~

ゲストは篠原ともえちゃん♪
・・・・・・アポなし生電話出演=吉田拓郎サン
ともえちゃん、新作プリプリプリティ、寝起きkinkiって、ホント?
セッションするのは『レインボー・ララ・ルー』(オリジナル)

今回のともえちゃんの衣裳は、全部彼女の手作りなんですね~。
3日徹夜して頑張った作品。
そしてその衣裳に合わせたかのようなピンクの可愛い靴は恭子ちゃんからのお誕生日プレゼントなんですね
レコードや♪の柄がキュート
irregularchoice イレギュラーチョイス というブランドなんですね~初めて知りました!



黒木瞳さん30th Anniversarydeディナーショーの6月23日に、恭子ちゃん行っていたんですね
きくPのブログでも触れられていますが、
そこで会った神田うのちゃんとのツーショットが、うのちゃんのブログでみれます♪

コメント (2)   トラックバック (1)

いつかの大輔くん♪

2010-06-27 22:12:14 | Weblog
日本経済新聞電子版で連載のあった 北島康介×高橋大輔対談
ようやく動画で観ることができました!


北島康介TV 高橋大輔(前編・その2)
大輔と康介(後編)①
大輔と康介(後編)②


先日のDOIの記事に、ちょうど見つけた動画を貼っておきました☆

コメント

いつかの恭子ちゃん♪

2010-06-26 23:56:12 | Heart pink
若林さんのブログが更新されています
昨年12月の週間現代の恭子ちゃんや、
そのひとつ前の号で掲載予定だった写真も公開して下さってます
お蔵入り写真なんて、お宝~(笑)
衣裳に合わせたネイルは、メイクの間に仕上げてるんですって~さすがプロですよね~
プールサイドのワンピの恭子ちゃんも素敵♪
カメラマンの恭子ちゃんのシンプルなスタイルも好き

若林さん、いつも有難うございます
コメント

ドリーム・オン・アイス♪

2010-06-26 23:14:52 | Weblog
最近、記事を読むのも遅くなってる気が・・・

sanspo
msn.com
jiji.com
nikkansports.com

できたてホヤホヤの大輔くんのEXプログラムは「アメリ」?
明日の放送は帰ってきてからのお楽しみになりそうです

コメント

新プログラム~♪

2010-06-24 23:06:13 | Weblog
かねてからウワサの、大輔くんとステファン・ランビエールのコラボ、
本当だったんですね~。コチラで確認できました~。

曲はステファンが選んで、2日でSPが出来たこと。
シェイ-リン・ボーンと、もう一つSPをつくること。
だから、もしかすると試合毎にSPが違うかもしれないっていうのも大変そうだけど、楽しみ♪
パスカーレ・カメレンゴとは既に新しいFPを作ってきたことも驚きの速さ

靴の問題もいい方向に向かってそうだし、
ステファン直伝のスピン~楽しみです♪

明日からの新横浜ドリーム・オン・アイス、6月25日(金)~27日(日)お披露目はあるのでしょうか 
6月27日(日) 13:00~14:00 フジ ドリーム・オン・アイス2010

7月 4日(日) 19:00~21:00 日テレプラス フレンズオンアイス2009(再)

7月4日(日) 21:54~22:48 テレ東 ソロモン流


・7月 6日(火)19:00~21:00 フジテレビONE ドリーム・オン・アイス2010(完全オリジナル版)
・7月11日(日)17:00~18:55 BSフジ ドリームオンアイス2010 
・7月12日(月)19:00~21:00 フジテレビONE ドリーム・オン・アイス(完全オリジナル版)




コメント (2)

雑誌インタビュー♪

2010-06-22 23:03:04 | Heart pink
ヤングマガジン最新号6月21日発売の、
ヤンマガ創刊30周年「温故知新」企画!というコーナーに、
懐かしい恭子ちゃんのグラビア集と、インタビュー記事がありました。

恭子ちゃんがタイを大好きになったきっかけだったんですね~。
過去の対談などもちゃんと覚えていて、記者さんも嬉しいだろうなぁ~

スタイリストさんはちばひろみさんとなっていますが、
ネイリストは若林さん。
また、ブログで紹介して下さるかもしれませんね

今回のメロンちゃんもちょっと眠たげなお目目
恭子ちゃんの黒髪セミロングヘアから推測すると、「幻夜」辺り??
リラックスしているみたいで可愛いですよ~。是非チェックして見て下さい
コメント

今夜の堂本兄弟♪

2010-06-20 22:55:10 | Heart pink
いつもの フジ 23時15分~
ゲストは 世界のナベアツ、ケンドーコバヤシ
セッションするのは「大阪で生まれた女」+BORO


ネイリストの若林さんのブログが更新されて、
先日の映画祭の恭子ちゃんのネイルがアップされています。
テーマは"大人になった(龍ヶ崎)桃子ちゃん"だったのね~ナルホド・・

    
コレに嵌っています♪
あんまりお酒は、、という方でも、ワインほどアルコール強くないし、仄かに甘くてフルーティ
コメント (2)

パーマネント野ばら

2010-06-17 21:07:41 | the cinema (ハ行)
「ずっと好き」はどこにもないから
私は毎日、小さな嘘をつく──。

製作年度 2010年
上映時間 100分
原作 西原理恵子
脚本 奥寺佐渡子
監督 吉田大八
出演 菅野美穂/小池栄子/池脇千鶴/畠山紬/夏木マリ/江口洋介/加藤虎ノ介/ 山本浩司/宇崎竜童

西原理恵子の同名人気漫画の映画化。監督は、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『クヒオ大佐』の吉田大八。
あらすじ: 娘を連れて出戻ったなおこ(菅野美穂)と、その母まさこ(夏木マリ)が営む町に一つの美容室「パーマネント野ばら」。町の女性たちは日々店に集ってはおしゃべりに興じ、恋にまつわるさまざまな悩みや人には言えない小さなうそを告白していた。一方、なおこは高校時代の恩師カシマ(江口洋介)と恋をしていたが、その恋にもある秘密が隠されていた……。


「いけちゃんとぼく」も評判が良かったみたいだし、観にいきたかった同じく西原理恵子原作の「女の子物語」も観れなかったのでちょうど待ち時間もなかったコチラを観てきました。
吉田大八監督、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』は、ちょっと私には合わなかったけど、この作品はやっぱりちょっと同じ臭いがしました(笑)が、
登場キャラがコチラの方がなんか好き(笑)
普通に楽しめました。

「パーマネント野ばら」にたむろするパンチなスリーアミーゴスが傑作。
なおこのオカンのまさこ役の夏木マリが、いかにもなヘアにメイクで可笑しい。ここで彼女に頭を預けるのはかなりやっぱ勇気がいるかも(笑)
でも、なにしろたった1軒の美容室だから「男に浮気されて」アブナイテンションのみっちゃん(小池栄子)も、
実はまさこの夫カズオ(宇崎竜童)の浮気相手も来てるらしい

なおこの幼馴染のもう一人、ともちゃん(池脇千鶴)の人生もかなり壮絶なのだけど、なんか悲壮感がない(笑)。
彼女は、亡くした愛猫も、夫の遺品も忘れるために埋葬するのだけど、、この時のセリフが最後に活きてくる。

女たちはみな激しく・・とことん「男運が悪い」。
だけど、彼女たちに「不幸」という文字は似合わない。
ヒモ男、DV男、浮気男…それでも女たちはへこたれず「パーマネント野ばら」に現れる。。。
そして、そんな彼女たちの話の相手をしながら、ただひとり順調な恋をしているかに見えたなおこが、
「もう....理解できない」と、泣きじゃくる―…

…たぶん、女たちは町の人のことはお見通しなのだ。なおこの「秘密の恋」も、、、。
どうしようもない自分の男のことも。
だけど、恋して泣いて、諦めずにまた恋して―、この町で生きていくのだ。

ひなびた町で展開されるどの恋も、少し痛くて少し可笑しい。
いつも必死なのに、ほろ苦さも中くらいの描き方がかえって爽快。
ラストを含め、女たちの一途さと、可愛さ強さを味わう100分でした。

コメント (4)   トラックバック (21)

やっと発表~♪「恋愛戯曲」

2010-06-15 20:44:57 | Heart pink
深田恭子、4年半ぶりの映画主演で3役3変化!
の見出しでびっくり~。
原作を知らなかったので、2役とばかり思っていました。

eiga.com
シネマトゥデイ
まんたんウェブ
オリコン
Movie Walker

 架空の女性作家?

地味でさびしい人妻
台本上のゴージャスな女性作家
現実のワガママで男を振り回す脚本家

共演者もかつてご一緒した事がある方も多く、
座長ならではの緊張感もあったかもだけど、楽しんで撮れたのではないかしら。
最初の目撃情報はたしか去年の冬。…長かった
椎名桔平さんも恭子ちゃんも冬は連ドラがあり、撮影は長かったのですよね~。お疲れさまでした。

9月25日公開、舞台挨拶も楽しみにします
コメント

アサイン、発表~。

2010-06-14 20:51:19 | Weblog
大輔くん、N杯(10・22~)と、スケアメ(11・12~)でしたね~。

47NEWS

yomiuri ONLINE

Suponichi Annex

真央ちゃんの振り付け師も発表になりました。
真央ちゃんの滑りは優雅で、品があって、ローリー・ニコルさんとのFS,スローな曲が楽しみです。

大輔くんは何気に2大会ともシュルタイスと被ってるし(笑)
小塚くんはジュベール、ミハルと被ってて、織田君はスケアメも中国もリッポンくんと一緒
美姫ちゃんは2つともあのかたと被ってる.....

どう逆立ちしても海外観戦に行けないんだけど、
中国、フランスも豪華メンバー~。行ける方が羨ましい
いずれにしてもみなさんの新プログラムが楽しみです

関大、Disukeくんブログが更新されて、18日の「金スマ」にも出演予定になってますが・・
安住アナとの続編かも~お買い物篇?
楽しみですね~♪
コメント

今夜の堂本兄弟♪

2010-06-13 23:10:19 | Heart pink
ゲストはあの宮根誠司サン
DMBBとセッションするのは「Mr.サンデー」

きくPのブログに、堂本シスターズ(笑)のちっちゃい画像があります。
今月8日の恭子ちゃん♪
髪、アップにしてるのかな~。
首が細くて長いから、恭子ちゃんアップが似合うんだよね~
楽しみです。


彩野チャンのブログに、メロンちゃんと久々に登場してます
「ステキな金縛り」これから撮影なのかな?
オフでもちゃんと綾野ちゃんとのお付き合いしてるのね♪
今回は恭子ちゃんお買い上げの品がアップされてなくて残念~。
コメント

孤高のメス

2010-06-10 23:30:46 | the cinema (カ行)
製作年度 2010年
上映時間 126分
原作 大鐘稔彦
脚本 加藤正人
監督 成島出
出演 堤真一/夏川結衣/吉沢悠/中越典子/松重豊/矢島健一/成宮寛貴/平田満/余貴美子/生瀬勝久/柄本明


ひとりの医師の真摯な姿を通して現代医療の問題を投げかけるヒューマン・ドラマ。現職医師・大鐘稔彦によるベストセラー小説を映画化したもの。
あらすじ: 1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻(堤真一)は病院の体制に不満を感じながらも、次々と困難なオペに取り組み、医師としてやるべき仕事にまい進していく。しかしそんな中、病に倒れた市長のために、違法となっている肝臓移植手術を施すべきか否かの選択を迫られ……。

今月一番の楽しみでした。
あいにくの小雨模様のお天気でしたが、夕方の回に間に合いました。
吉沢君が目当てだと公言していましたが(笑)これは予想通りとっても良かったです!
大袈裟に感動を煽らず、そこにいて、命と向き合う医師をクッキリと描く。
登場人物の描き方、キャスト、制作陣の全てに誠実さが感じられました。

物語は成宮君演じる新米医師の母親浪子(夏川結衣)が、現役の看護士でありながら、勤務先である院内で適切な処置を受けられず急死したところから始まる。
シングルマザーだった浪子の遺品の中に息子が見つけた一冊の日記。挟まれていた一枚の写真・・・。
1989年の浪子のオペ担当看護士としての苦しい胸のうち、さざなみ市民病院の実態が綴られていて――

堤さん、ちょっと普通っぽいブラックジャックがとっても良かった!
ピッツバーグ大学で高度な外科医療技術をもちながら、なぜ地方の病院を転々とさすらうのか、
目の前の命を救うこと。ただそれだけの為に何ものにも屈せず、揺るがず、命と向き合う当麻を、
誇張することなく演じていて、素敵です。
(原作の当麻はかなりヒーロー然と描かれていると堤さんが仰っていました)



原作はシリーズもので、かなりな長編であるらしいけれど、たった2時間でそのドラマと緊張感を見事に描いている!
医師役の吉沢悠くんも、事前に本格的に医療指導をうけたというだけあって、
観客も、これはかなりレベルの高い外科手術に立ちあう事になります。


この当麻が魅力的なのは、その天才的技術と汚れのない医療への信念なのだけど、
それを2倍にも3倍にも素敵にするのが、彼をリスペクトする浪子の想いであり、学閥の枷に苦しむ青木の存在なのだと言う気がする。
人を救うはずのメスを手渡し、死に追いやっていた日々の苦しみからこの二人を救う当麻の存在が際立ちます。
患者を救うのみならず、彼らを息苦しさから解き放ち、生きがいと誇りを取り戻す当麻の確かな存在感...。



医療は患者のためだけにある
現在は淡路島の診療所でへき地医療に従事している淡路島の“ブラック・ジャック”原作者・大鐘稔彦氏の理想であろう。
そして、きっと誰もが待ち望んでいるヒーロー。

キャストは皆さん余さん、生瀬さん、堀部さんに至るまで文句なしの適材適所。
いつもは舞台ばりの太いお声の堤さんが打って変わった優しいトーンのセリフで凄くよかったし、
浪子の女学生のような熱く可愛い鼓動が聞こえそうな夏川さん、とっても伝わってきました
そしてタイトルコールは、普段のイメージからは最も遠い(ゴメン)意外にもあの方の口から。


←画像クリックで舞台挨拶記事に。

こみ上げてくるのは、嬉し涙だったのかも。
今年の劇場鑑賞の上位決定です
コメント (4)   トラックバック (32)

普通の日々・・?

2010-06-09 22:12:28 | Weblog
大輔くんにとって、いつものオフシーズンではなかった今年。
いろんなお仕事を通してファンを楽しませてくれています♪
シティウエーブインタビュー

面白いところで、こんなお仕事も♪

そして、以前目撃情報のあった「金スマ」にやっと登場ですね♪
まぁ、あの番組は好き嫌いが分かれそうな作りではありますが(苦笑)
しかも、あまりに有名になったアノことや、この事が誇張もなく伝えられるんでしょうか~
でもね、楽しみではありますね。


これ、、いってもいいですか?(笑)
高橋詰め合わせ その3
コメント

「BOX 袴田事件 命とは」トークイベント

2010-06-07 20:01:46 | Weblog
トークイベントが決定しましたね。
お時間が合う方は是非。

<第1回トークイベント>---------------------------
■日時:6月14日(月)19:30~19:50(19:30の回上映前) 
■会場:銀座シネパトス 
中央区銀座4-8-7先 三原橋地下街 TEL:03-3561-4660

■トークテーマ:裁判員制度と冤罪について

■ゲスト:大谷昭宏氏(ジャーナリスト)
<プロフィール>
1945年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業後、読売新聞大阪本社入社。約7年間にわたり社会面コラム『窓』欄を担当したのち退社。その後、大阪に事務所を設けてジャーナリズム活動を展開している。現在、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」「やじうまプラス」「スーパーモーニング」等の番組にコメンテーターとしてレギュラー出演中。

■ゲスト:越川道夫(こしかわ・みちお)氏
<プロフィール>
立教大学卒業後、助監督、劇場勤務などを経て、映画の配給宣伝に従事。渋谷シネ・アミューズの立ち上げ後、97年、スローラーナーを設立。映画批評家。

<第2回トークイベント>----------------------------
■日時:6月15日(火)18:30~18:50(18:30の回上映前)
■会場:渋谷・ユーロスペース
東京都渋谷区円山町1-5 Q-AXビル 4F  TEL:03-3461-0211

■トークテーマ:「袴田事件」と冤罪被害について

■ゲスト:菅家利和氏(「足利事件」冤罪被害者)
<プロフィール>
1946年栃木県足利市生まれ。足利市立第二中学卒業後、メリヤス工場、金物店など職場を転々。78年に保育園のバス運転手になる。91年12月、4歳女児殺害事件の容疑者として逮捕される。93年7月、宇都宮地裁で無期懲役判決、2000年7月に最高裁で無期懲役刑が確定。02年12月の再審請求が08年2月に棄却されたが、高裁での即時抗告審でDNA型再鑑定を実施し、不一致が判明。09年6月に釈放され、10月再審公判が開始。10年3月26日、無罪判決が確定した。

コメント